馬具,詰め物,かわ張りされた物品 に関する技術一覧

「馬具,詰め物,かわ張りされた物品」に関する技術の関連情報です。 「馬具,詰め物,かわ張りされた物品」 の関連技術、「ばん馬具,それに関連して用いる器具,むちまたはその他同種のもの」「くら,あぶみ」 など、その他「馬具,詰め物,かわ張りされた物品」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「馬具,詰め物,かわ張りされた物品」の分野ページはこちら

馬具,詰め物,かわ張りされた物品に所属する技術動向

馬具,詰め物,かわ張りされた物品の分野に属する技術の状況としては、2016年に99件、2017年に103件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、馬具,詰め物,かわ張りされた物品の分野においては特に近年ばん馬具,それに関連して用いる器具,むちまたはその他同種のものの分野における動向が活発であり、他にもくら,あぶみや 皮革,帆布,またはその類似品からの物品の製造といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはトヨタ紡織株式会社や株式会社イノアックコーポレーション、株式会社タチエスが豊富な実績を残しており、 トヨタ紡織株式会社などは、 運輸や家具,家庭用品または家庭用設備,コーヒーひき,香辛料ひき,真空掃除機一般といった分野も含め、 トヨタ自動車株式会社や帝人株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

馬具,詰め物,かわ張りされた物品』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】 パッド本体に一体に設けられた張出し部の表面に、発泡成形時の空気による凹部が形成されるのを簡単な構成により防止することを課題とする。【解決手段】 発泡樹脂製のパッド本体33の背面33b側の少なくとも上辺部33cに、連結部41と、該連結部から前記パッド本体の背面と間隔を有するように内側に延設されたフランジ部43とからなる張出し部40が一体に設けられ、前記パッ...

    シート用パッドおよびその製造方法

  2. 【課題】フレームにネット状のシートを張った座体において、シートの耐久性を向上させる。【手段】シート4の外周部4aはフレーム3を外側から包み込んでおり、シート4の端縁4bはフレーム3の下面に固定されている。フレーム3のコーナー部3aの外面にはゴム等の緩衝材11が配置されている。緩衝材11の存在により、シート4への負担が軽減されて、シート11がコーナー3aで突き破られるこ...

    椅子等の身体支持装置

  3. 【課題】低反発性で高い通気性を有するクッション材を提供する。【解決手段】低反発性ポリウレタンフォームの粒状物をバインダーで結合させてなる粒状物成形体2を有するクッション材1。

    クッション材

  4. 【課題】 植物由来の原料を用いて高い材料特性を有する自動車の座席用ウレタンフォームを提供する。【解決手段】少なくともポリオールと、イソシアネート化合物と、を反応させてなるウレタンフォームであって、ポリオールには植物性油脂にアルキレンオキサイドが少なくとも1分子付加したものであり、かつ、分子鎖末端にはヒドロキシエチル基を有する下記構造のものを使用した。化1】。

    自動車座席用ウレタンフォーム

  5. 【課題】マチ部の内側に設けられる補強布にテンションを付与する必要がなく、且つマチ部の前端に相当する縫製部から表皮カバーが確実に開裂するサイドエアバッグ装置を提供する。【解決手段】エアバッグモジュール8を補強布20により包み込み、その自由端21、23の双方を表皮カバー14の縫製部19に縫い込む構造のため、補強布20にテンションを付与する必要がない。従って、縫製部19が蛇...

    サイドエアバッグ装置

新着の技術

馬具,詰め物,かわ張りされた物品』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】 必要に応じ、着座部分のシートを容易にかつ快適に脱着可能な座席を提供すること。【解決手段】 脱着交換可能なパッドと当該パッドと同形状の凹部を有する車両用座席であって、ナノファイバーから構成される繊維地組織とマイクロファイバーからなる立毛を有する繊維組織とから構成された面ファスナーが、パッドと凹部の接触面に配置されている車両用座席。さらには、パッドが繊維構造...

    車両用座席

  2. 【課題】品質を維持し、高い歩留まりを有し、さらに作業性向上、生産性向上にも優れたヘッドレスト付きバックパッドの製造方法の提供。【解決手段】発泡成形型6に裏当て材40を装着後、発泡原料を注入すると共に型を閉じ、裏当て材40が一体化されたパッド本体を発泡成形するヘッドレスト付きバックパッドの製造方法において、裁断片の縫合によって上部4aを袋状とし、下部4bはその下縁の一地...

    ヘッドレスト付きバックパッドの製造方法

  3. 【課題】第一表皮ピースの縫い代に、第二表皮ピースの縫い代との位置合わせ箇所となるノッチ部を作業性良く形成することにある。【解決手段】縫合部14の第一縫い代側の先端E1を基点として、第一表皮片11に予め設けられている第一切欠き辺41と、第二表皮片12に予め設けられている第二切欠き辺42とを、第一縫い代21aの縁端に向かうにつれて末広がり状に拡開して配置することによりノッ...

    表皮の製造方法

  4. 【課題】4枚のシート材の縫目を適切に十字形状とする。【解決手段】2枚のシート材を、互いの表面を合わせた状態で縁部から離れた個所において縫製することで、第1縫製体を形成する。なお、第1縫製体の縫製予定位置に溝部100が形成されており、溝部において、2枚のシート材が縫製される。また、同じ手法により、残りの2枚のシート材を縫製することで、第2縫製体を形成する。そして、第1縫...

    カバー製造方法

  5. 技術 意匠部材

    【課題】意匠部材の見栄えをより確実に向上させることにある。【解決手段】露出部11に、アンダーコート層14aと、金属蒸着層である意匠層14bと、トップコート層14cがこの順で積層されて設けられており、アンダーコート層14aの表面が、露出部11の表面に比して凹凸の少ない滑らかな面であるとともに、意匠層14bの存在がトップコート層14cを通して目視で確認可能である。

    意匠部材

馬具,詰め物,かわ張りされた物品 ページ上部に戻る