馬具,詰め物,かわ張りされた物品 に関する技術一覧

「馬具,詰め物,かわ張りされた物品」に関する技術の関連情報です。 「馬具,詰め物,かわ張りされた物品」 の関連技術、「ばん馬具,それに関連して用いる器具,むちまたはその他同種のもの」「くら,あぶみ」 など、その他「馬具,詰め物,かわ張りされた物品」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「馬具,詰め物,かわ張りされた物品」の分野ページはこちら

馬具,詰め物,かわ張りされた物品に所属する技術動向

馬具,詰め物,かわ張りされた物品の分野に属する技術の状況としては、2017年に103件、2018年に58件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、馬具,詰め物,かわ張りされた物品の分野においては特に近年ばん馬具,それに関連して用いる器具,むちまたはその他同種のものの分野における動向が活発であり、他にもくら,あぶみや 皮革,帆布,またはその類似品からの物品の製造といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはトヨタ紡織株式会社や株式会社イノアックコーポレーション、株式会社タチエスが豊富な実績を残しており、 トヨタ紡織株式会社などは、 運輸や家具,家庭用品または家庭用設備,コーヒーひき,香辛料ひき,真空掃除機一般といった分野も含め、 トヨタ自動車株式会社や帝人株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

馬具,詰め物,かわ張りされた物品』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】 パッド本体に一体に設けられた張出し部の表面に、発泡成形時の空気による凹部が形成されるのを簡単な構成により防止することを課題とする。【解決手段】 発泡樹脂製のパッド本体33の背面33b側の少なくとも上辺部33cに、連結部41と、該連結部から前記パッド本体の背面と間隔を有するように内側に延設されたフランジ部43とからなる張出し部40が一体に設けられ、前記パッ...

    シート用パッドおよびその製造方法

  2. 【課題】フレームにネット状のシートを張った座体において、シートの耐久性を向上させる。【手段】シート4の外周部4aはフレーム3を外側から包み込んでおり、シート4の端縁4bはフレーム3の下面に固定されている。フレーム3のコーナー部3aの外面にはゴム等の緩衝材11が配置されている。緩衝材11の存在により、シート4への負担が軽減されて、シート11がコーナー3aで突き破られるこ...

    椅子等の身体支持装置

  3. 【課題】低反発性で高い通気性を有するクッション材を提供する。【解決手段】低反発性ポリウレタンフォームの粒状物をバインダーで結合させてなる粒状物成形体2を有するクッション材1。

    クッション材

  4. 【課題】 植物由来の原料を用いて高い材料特性を有する自動車の座席用ウレタンフォームを提供する。【解決手段】少なくともポリオールと、イソシアネート化合物と、を反応させてなるウレタンフォームであって、ポリオールには植物性油脂にアルキレンオキサイドが少なくとも1分子付加したものであり、かつ、分子鎖末端にはヒドロキシエチル基を有する下記構造のものを使用した。化1】。

    自動車座席用ウレタンフォーム

  5. 【課題】マチ部の内側に設けられる補強布にテンションを付与する必要がなく、且つマチ部の前端に相当する縫製部から表皮カバーが確実に開裂するサイドエアバッグ装置を提供する。【解決手段】エアバッグモジュール8を補強布20により包み込み、その自由端21、23の双方を表皮カバー14の縫製部19に縫い込む構造のため、補強布20にテンションを付与する必要がない。従って、縫製部19が蛇...

    サイドエアバッグ装置

新着の技術

馬具,詰め物,かわ張りされた物品』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】 詰め物材の配合比率を調整することによって要求を満足するクッション体を効率的に実現すること。【解決手段】 複数種類の詰め物材を含むクッション体の詰め物材の配合比率を演算する方法において、詰め物材ごとに配合比率の許容可能な範囲と、詰め物材ごとに評価項目に及ぼす影響度合いとを記憶する基本データ記憶段階と、評価項目に関する指標データを入力する指標データ入力段階と...

    クッション体詰め物材の配合比率決定方法および配合比率演算装置

  2. 【課題】シートカバー取付構造の実用性の向上を課題とする。【解決手段】シートカバーを構成するカーペット32の縁部に形成されたループ部36に挿入されたワイヤ60が乗物用シートに係止されることで、シートカバーを乗物用シートに取り付けるシートカバー取付構造において、両端部に折返部62a,bが形成されたワイヤの長さ寸法が、ループ部の長さ寸法より短くされている。そして、ループ部に...

    シートカバー取付構造

  3. 【課題】従来の中綿シートは寝具やスポーツ衣料などの中材として保温性に優れ家庭での洗濯も容易で綿状に膨らんで柔軟性を有するが形状安定性、速乾性の点では改良の余地があった。そこで、本願では薄手・軽量で洗濯が容易且つ速乾性を有する、形状安定性に特に優れた中綿素材の提供を目的とする。【解決手段】緯糸挿入機能を有する経編機を使用して化学繊維のマルチフィラメント糸のみを使用して粗...

    中材用経編布帛

  4. 【課題】本発明は、クッション材と一体化して車両用シートパッドを構成する車両用シート芯材において、機械的物性を大きく損なうことなく、クッション材との接合性を高める手段を提供する。【解決手段】車両用シート芯材10は、クッション材40と一体化されて車両用シートパッド1を形成するための、車両用シート芯材10であって、成形型100のキャビティ101内に複数の発泡樹脂粒子21を充...

    車両用シート芯材及びシートパッド

  5. 【課題】シート構造に凹状の小物入れを簡便に形成できるようにすること。【解決手段】着座者の荷重を弾性的に受け止めるクッションパッド10と、クッションパッド10を被覆するクッションカバー20と、が一体的に成形されるシートクッション3(一体発泡パッド)において、シートクッション3の表面部には、同表面部の一般面3Bから凹む開口形状の凹部3Aが設けられている。

    一体発泡パッド

馬具,詰め物,かわ張りされた物品 ページ上部に戻る