蓋によるびん,広口または類似の容器の密閉 に関する技術一覧

「蓋によるびん,広口または類似の容器の密閉」に関する技術の関連情報です。 「蓋によるびん,広口または類似の容器の密閉」 の関連技術、「フランジの付いている蓋,例.王冠,を用いそしてフランジを変形させることにより固定するもの」「あらかじめ形式されたねじ蓋を回転することにより密封するもの」 など、その他「蓋によるびん,広口または類似の容器の密閉」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「蓋によるびん,広口または類似の容器の密閉」の分野ページはこちら

蓋によるびん,広口または類似の容器の密閉に所属する技術動向

蓋によるびん,広口または類似の容器の密閉の分野に属する技術の状況としては、2017年に9件、2018年に9件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、蓋によるびん,広口または類似の容器の密閉の分野においては特に近年びんまたは広口びんとキャップイングヘッドとの間に相対運動を起こさせる機構の分野における動向が活発であり、他にも真空のもとで蓋をするための特殊な手段や スナップ—オンキャップを用いることによるものといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては澁谷工業株式会社や日本クロージャー株式会社、靜甲株式会社が豊富な実績を残しており、 澁谷工業株式会社などは、 コンベヤに関連して物品または物質の取り扱い装置,そのような装置を用いる方法や医学用の吸引またはポンプ輸送用具,体液を除去,処理,または導入する用具,排液システムといった分野も含め、 花王株式会社や東洋製罐グループホールディングス株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

蓋によるびん,広口または類似の容器の密閉』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】フィラ6とキャッパ10との間に設けられた中間ホイール8によって樹脂ボトル16の首部をグリップして搬送し、受渡しをする際に、樹脂ボトル16の姿勢を安定させる。【解決手段】樹脂ボトル16は、上端の口部側から順に、ねじ部16a、円筒部16bおよびフランジ16cが形成されている。フィラ6には、樹脂ボトル16のフランジ16cの下面を支持する支持部材18が設けられている。...

    樹脂ボトルの搬送処理システム

  2. 【課題】 軸受すき間に起因する磁石間隔の変動を抑制して巻き締めトルクのばらつきを少なくする。【解決手段】 キャッピングマシンのスピンドル11に取り付けられ、該スピンドル11と連動する治具本体12と、キャップ15を把持するチャック部16と、治具本体12側及びチャック部16側にそれぞれ互いに対向して配置された一対の磁石17,18によってスピンドル11の回転をチャック部...

    キャップ装着用治具及び該治具に用いられる玉軸受

  3. 【課題】キャッピング時に、容器6に対し加える下方へのプレッシャを小さくするとともに、容器6のフランジ部6cに傷を付けたり、切粉が発生することを防止する。【解決手段】首部6bにフランジ部6cが形成された樹脂容器6を、両側からグリッパ2,4によって挾持する。両グリッパ2,4の容器フランジ部6cへの当接部12,14には、上下に開くテーパ面12a,12bが形成されており、この...

    容器保持装置

  4. 【課題】容器を開栓することなくその密封性を評価する。【解決手段】容器2の外周と、この容器2の口部10にねじ込まれるスクリューキャップ20の外面とに、それぞれのねじ部のねじ端に対して一定の位置関係を有する標識M1、M2を配設する。スクリューキャップ20の装着後に、一対の標識M1、M2の位置関係に基づいてスクリューキャップ20のねじこみ状態の適否を判別する。

    容器口部の密封状態検査方法及びその検査装置、並びに、これら検査方法及び検査装置に適した容器口部の密封構造、合成樹脂容器、スクリューキャップ及び合成樹脂容器の予備成形体

  5. 【課題】検査サンプルおよび試薬を汚染および蒸発から保護する試薬容器用キャップの提供。【解決手段】シール可能な蓋を備えている試薬容器のためのキャップであって、a)蓋がキャップ・シール位置から横方向上方へ回動することができ、容器が傾斜した双安定性ヒンジによって開かれ、b)蓋には、蓋を開閉するための装置と接触することのできる1つまたはそれ以上のキャッチが設けてあり、キャップ...

    試薬容器のためのキャップ

新着の技術

蓋によるびん,広口または類似の容器の密閉』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】容器にねじ込みキャップを取り付けるための機械を提供する。【解決手段】対応する容器Cを保持する複数の把持手段と、対応するキャップを保持する把持部材28をそれぞれ有する少なくとも1つのねじ込みヘッド24と、把持部材の縦軸周りの回転運動及び縦軸に沿った把持部材の並進運動を制御する電気モータ30と、容器及び把持部材により保持されるキャップのねじの画像を検出する少なくと...

    容器にねじ込みキャップを取り付ける機械

  2. 技術 キャッパ

    【課題】薄肉の軟質容器であっても容器にグリッパ痕を残すことなく、かつ供回りすることなく、キャッピングを行うことができるキャッパを提供する。【解決手段】ネックグリッパ25と胴グリッパ26は、内容物が充填され、口部を封止された軟質容器Cを把持する。キャッピングヘッド40は、ネックグリッパ25と胴グリッパ26により把持された軟質容器Cの口部にキャップEを螺着する。プレッシャ...

    キャッパ

  3. 【課題】操作性を改善することができる蓋開閉装置を提供する。【解決手段】本発明の第1態様に係る蓋開閉装置は、回転軸と、チャッキング機構とを備える。回転軸は、第1端と、第1端の反対側の端である第2端と、第1端から第2端に向かう方向に沿う中心軸とを有し、中心軸周りに回転可能となっている。チャッキング機構は、回転軸の第1端側に取り付けられ、かつ、蓋のチャッキングを行う。チャッ...

    蓋開閉装置

  4. 【課題】打栓機のヘッド本体部に設置されたリングによって瓶に王冠の栓を打栓した後に、ヘッド本体部を上昇させた際に、ヘッドと瓶が離れにくいために、瓶がヘッドと一緒に持ち上がるとか、瓶同士がぶつかることが無い打栓機と打栓方法を提供する。【解決手段】打栓機はヘッド本体部3と戻し機構部4からなる。ヘッド本体部は、内周にテーパを有するヘッド本体17と、ヘッド本体17に内接するテー...

    打栓機及び打栓方法

  5. 技術 キャッパ

    【課題】ヒートシール方式のキャッパとPPキャッパやスクリューキャッパなどのキャッピングヘッドを昇降・回転させるキャッパで1台のキャッパを兼用する。【解決手段】スピンドル34の下端にキャッピングヘッドを取り付けるヘッド取付部34Aを設ける。スピンドル34をカムフォロワ38Bを用いたカム機構で昇降する。ヘッド取付部34Aに回転式キャッピングヘッドと、シールヘッドを取り付け...

    キャッパ

蓋によるびん,広口または類似の容器の密閉の詳細カテゴリ一覧

蓋によるびん,広口または類似の容器の密閉の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

蓋によるびん,広口または類似の容器の密閉 ページ上部に戻る