びん,広口びんまたは類似の容器の開封または密封,液体の取扱い に関する技術一覧

「びん,広口びんまたは類似の容器の開封または密封,液体の取扱い」に関する技術の関連情報です。 「びん,広口びんまたは類似の容器の開封または密封,液体の取扱い」 の関連技術、「びん,広口びんまたはこれに類似した容器への密閉部材の装着,密閉した容器の開封」「他に分類されないびん,広口びん,缶,たるまたは類似した容器の液体または準液体の充填,排除,じょうご」 など、その他「びん,広口びんまたは類似の容器の開封または密封,液体の取扱い」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「びん,広口びんまたは類似の容器の開封または密封,液体の取扱い」の分野ページはこちら

びん,広口びんまたは類似の容器の開封または密封,液体の取扱いに所属する技術動向

びん,広口びんまたは類似の容器の開封または密封,液体の取扱いの分野に属する技術の状況としては、2016年に261件、2017年に290件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、びん,広口びんまたは類似の容器の開封または密封,液体の取扱いの分野においては特に近年びん,広口びんまたはこれに類似した容器への密閉部材の装着,密閉した容器の開封の分野における動向が活発であり、他にも他に分類されないびん,広口びん,缶,たるまたは類似した容器の液体または準液体の充填,排除,じょうごや 他に分類されない液体の分与,配達,または移送といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては大日本印刷株式会社やトキコテクノ株式会社、澁谷工業株式会社が豊富な実績を残しており、 アサヒビール株式会社などは、 運搬,包装,貯蔵,薄板状または線条材料の取扱いや生化学,ビール,酒精,ぶどう酒,酢,微生物学,酵素学,突然変異または遺伝子工学といった分野も含め、 旭光電機株式会社や株式会社ニットクといった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

びん,広口びんまたは類似の容器の開封または密封,液体の取扱い』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【目的】個々の顧客に適した広告、割引を行うための個別広告手段を提供することを目的とする。【構成】個々の顧客の購入履歴に関する購入履歴情報(J10)に対応した広告用情報(J30)を記憶している広告情報記憶手段(F3)、店舗へ入店した顧客を特定するための顧客特定情報(J2)を入力する顧客特定情報入力手段(F2)、その顧客特定情報(J2)に対応した広告用情報(J30)を呼び...

    個別広告出力装置、個別広告出力方法および記録媒体

  2. 【課題】ガソリンスタンド側及び車両運転手側の両方にとって有益な、高品質且つ多様なサービスを実現可能なサービスシステムを提供する。【解決手段】車載装置10と固定局50との間でのDSRC通信によって、固定局50は車両側の要求を的確に把握することができる。そのため、例えばセルフサービスであっても、ユーザは、給油ノズル30aを車両の給油口に差し込んで給油を開始させるだけでよく...

    車両用燃料販売所におけるサービスシステム

  3. 【課題】低コストで、かつ、きめ細かく、多数の無人店舗の販売管理および機器保守管理を行う。【解決手段】自動販売機1a等と集中管理センタ5との間をインターネット回線網9を利用して接続可能にする。各自動販売機と各最寄りのアクセスポイント9a等との間、および集中管理センタ5とその最寄りのアクセスポイント9cとの間の通信コストのみを考慮すればよく、自動販売機が広域にわたって分散...

    無人店舗、広域無人店舗集中管理システムおよびガソリンスタンド遠隔管理システム

  4. 【課題】本発明は給油料金の精算処理を自動化することを課題とする。【解決手段】給油所の各計量機17は、各顧客の車両に搭載される夫々車載通信機32から送信される信号を受信する無線通信装置33が設けられている。この車載通信機32は、車両を所有する顧客の情報が格納されたICカード38が装着されており、送信要求信号により記憶媒体に記憶された情報を送信する。給油所管理センタ44は...

    給油所管理システム

  5. 【課題】 容器の殺菌に使用するエネルギを低減させるとともに装置をコンパクトにすることが可能な容器の殺菌装置を提供する。【解決手段】 金型から熱を付与しつつ金型により容器を成形する成形部9と、成形された容器に内容物を充填する充填部5と、を備えた容器の殺菌装置1において、成形部から充填部に成形された順に容器を所定の搬送速度で搬送する搬送手段7、13と、搬送手段の搬送経...

    容器の殺菌方法及び殺菌装置

新着の技術

びん,広口びんまたは類似の容器の開封または密封,液体の取扱い』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】本開示は、本体部分及び吐出ヘッドを備える手持ち式液体吐出デバイスを有する液体吐出システムに関する。吐出システムは、手持ち式液体吐出デバイスから遠隔に位置する成分システム、成分システムから手持ち式液体吐出デバイスまで延在する配管を含む。成分システムは、複数の飲料成分源を有し、手持ち式液体吐出デバイスからの飲料の吐出のために飲料成分を配管に供給するように...

    飲料吐出機

  2. 【課題】容器内の炭酸飲料から多量の泡が発生したり、炭酸飲料中の炭酸ガス濃度が不安定になったりすることを防止することが可能な、無菌炭酸飲料充填システムを提供する。【解決手段】無菌炭酸飲料充填システム10は、原料液を殺菌することにより、殺菌済み飲料を作製する飲料殺菌部41と、殺菌済み飲料を冷却する飲料冷却部43と、殺菌済み飲料に炭酸ガスを注入することにより、無菌炭酸飲料を...

    無菌炭酸飲料充填システム及び無菌炭酸飲料充填方法

  3. 【課題】容器開栓時の開栓トルクを比較的低い状態で維持しつつも、開栓時初期の開栓トルクを高めることができるキャップ付容器の製造方法を提供する。【解決手段】雄ねじ部32が形成された口金部23に、キャップ本体4の天面部41の内面にライナ5を有するライナ付キャップ3を螺着状態に装着したキャップ付容器を製造する方法であって、口金部23が、ライナ5と接する口唇部31と、その口唇部...

    キャップ付容器の製造方法

  4. 【課題】 容器にキャップを打栓する作業中に、その打栓が正常に行われたか否かを正しく判断することができるキャップ打栓方法およびその装置を提供すること。【解決手段】 駆動源6を駆動させてキャップチャック4を下降させ、容器Bの口元部B1にキャップCを押圧することで打栓を行うとともに、打栓中の駆動源6の駆動による押力をモニタし、予め保有する標準としての正常な打栓中における...

    キャップ打栓方法およびその装置

  5. 【課題】回転式の飲料充填機において、高い精度で液面レベルを検出できる液面レベル検出装置を提供すること。【解決手段】液面レベル検出装置は、旋回台の周縁に沿う円弧状の搬送経路を搬送される複数の容器100に充填される製品液の液面の高さである液面レベルh1を特定する。液面レベル検出装置は、容器100の外部から液面Sを含む容器100の画像を撮影する撮影部と、撮影した画像から液面...

    液面レベル検出装置、液面レベル検出方法、及び、充填機

びん,広口びんまたは類似の容器の開封または密封,液体の取扱い ページ上部に戻る