巻上装置,揚重装置,牽引装置 に関する技術一覧

「巻上装置,揚重装置,牽引装置」に関する技術の関連情報です。 「巻上装置,揚重装置,牽引装置」 の関連技術、「エレベータ,エスカレータまたは移動歩道」「クレーン,クレーン,キヤプスタン,ウインチまたはタツクル用の荷物係合要素または装置」 など、その他「巻上装置,揚重装置,牽引装置」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「巻上装置,揚重装置,牽引装置」の分野ページはこちら

巻上装置,揚重装置,牽引装置に所属する技術動向

巻上装置,揚重装置,牽引装置の分野に属する技術の状況としては、2015年に1,614件、2016年に1,620件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、巻上装置,揚重装置,牽引装置の分野においては特に近年キヤプスタン,ウインチ,タックル,例.プーリ・ブロック,ホイストの分野における動向が活発であり、他にも他に分類されない巻上げ,もち上げ,牽引,または押進,例.荷物の表面に直接接してもち上げ,または押進をさせる装置や クレーン,クレーン,キヤプスタン,ウインチまたはタツクル用の荷物係合要素または装置といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては三菱電機株式会社や東芝エレベータ株式会社、株式会社日立製作所が豊富な実績を残しており、 株式会社日立製作所などは、 基本的電気素子や計算,計数といった分野も含め、 日立水戸エンジニアリング株式会社や株式会社日立ビルシステムといった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

巻上装置,揚重装置,牽引装置』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】負荷と移動距離に応じて、最高速度や加速度を変更し、運転時間を短縮し、乗客の移動時間を短縮してカゴの運行効率を上げることができるエレベータの制御装置を得る。【解決手段】インバータ4で給電されるモータ5により、乗客カゴ7にロープを介して連結された釣合錘8を有する巻上機6を駆動するエレベータにおいて、乗客カゴ7の重量をカゴ負荷として計測するカゴ負荷検出手段2と、次回...

    エレベータの制御装置

  2. 【課題】十分早くに地震を感知すると共に、しかも確実に地震を感知でき、したがって安全確実なエレベータの管制運転を行うことが可能な、エレベータ地震時管制運転システムを提供すること。【解決手段】エレベータに設置された地震感知器13と、前記エレベータのかごの運転を制御するエレベータ運転制御手段14と、地震波から求められた少なくとも地震規模を含むリアルタイム地震情報を受信する地...

    エレベータ地震管制運転システム

  3. 【課題】シーブ径を減少させた場合に、ロープの寿命・強度の低下を抑制して、安全性と信頼性を確保したエレベーターを提供する。【解決手段】ワイヤロープを構成する複数の素線それぞれに、樹脂材料が被覆され、ワイヤロープ全体に樹脂材料が被覆された構造のロープを用い、シーブ巻き掛け時に生じる素線相互の滑りによる摩耗、および、シーブとの接触による摩耗を低減させる。【効果】エレベーター...

    ワイヤロープとそれを用いたエレベータ

  4. 【課題】エレベータホールの本来の大きさを確保できるようになるエレベータ用防災装置を提供すること。【解決手段】壁4の開口部6に設置されたエレベータ用扉7よりも手前側に、火災発生時に開口部6を閉鎖する防災用開閉手段となっているシャッターカーテン30が配置されているとともに、開口部6の内面に配設された開口部用外枠組み15の上部内面部材となっている上枠部材13の上方空間部Sに...

    エレベータ用防災装置

  5. 【課題】昇降路の高さを抑制し、かつ高速化を可能としたエレベータ装置を提供する。【解決手段】1:1ローピングにおいて、トラクションシーブ1と駆動機構2とからなる薄型に構成された駆動装置を、かご4の上下方向への投影面による空間と、昇降路3内側壁3aとの間に設置するとともに、吊りロープ7の一端が連結されるかご4の取付け位置をかご4の天井4cよりも下方に構成した。この結果、高...

    エレベータ装置

新着の技術

巻上装置,揚重装置,牽引装置』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】ケーブルガイド同士の干渉を回避しながら、コンパクトに一対のケーブルガイドを設置する。搬送設備は、走行路と、同一の走行路に沿って走行する第1の搬送台車(4)と第2の搬送台車(5)とを備えている。搬送台車に給電するため、先端部(28)が第1の搬送台車(4)に取り付けられ、基端部(22)が走行路に固定され、基端部(22)と先端部(28)との間でU字状に折り...

    搬送設備と自動倉庫

  2. 【課題・解決手段】エレベータのかご位置検出装置において、磁界発生器は識別用部材に渦電流磁界を発生させ、磁界検出器は識別用部材に発生した渦電流磁界を検出する。識別用部材は、かごの昇降方向に沿って連続して配置され、磁界発生器によって識別用部材に発生する渦電流の表皮深さに対する板厚が相対的に異なっている複数の導体を有している。隣接する導体の境界の少なくとも一部の形状は、かご...

    エレベータのかご位置検出装置

  3. 【課題・解決手段】上昇運転時の過速度を検出する第1の調速機(A)と下降運転時の過速度を検出する第2の調速機(B)を備え、カム式ワンウェイクラッチ(5)を介して綱車(4)の回転を第2の調速機(B)に伝えるようにしたエレベータ装置において、上昇運転時、第2の調速機(B)が誤って下降過速度を検出するのを防止し、または、下降運転に移行する際に調速機に衝撃が加わるのを抑制する。...

    エレベータ装置

  4. 技術 作業車両

    【課題・解決手段】作業車両は、少なくとも走行用の電動機を備え、前記電動機を制御するための速度指令値を生成し、かつ前記走行速度を調整するアクセルの開度が0よりも大きいときには、時間の経過に応じて前記速度指令値を変更し、さらに、前記電動機に発生させるトルクの指令値であるトルク指令値と前記作業車両の走行速度との関係に前記作業車両の実走行速度を与えて第1トルク指令値を生成する...

    作業車両

  5. 【課題・解決手段】キースイッチ32がキーオン状態であるか否かを検出するキーオン信号検出部21aと、バッテリ11への充電中であるか否かを検出する充電中信号検出部21bと、前記キーオン状態、かつ、充電中でない時間を稼働時間として算出する稼働時間算出部21cとを備え、前記稼働時間を出力するようにしている。これによって、稼働時間でない充電時間が削除された稼働時間が得られ、バッ...

    産業車両、産業車両の稼働管理システム、及び電動式フォークリフト

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • 3Dプリンター医学応用

    3Dプリンタ、正しくは、積層造形(AM:Additive Manufacturing)技術は、今や家…

  • 地下大空間・地下構造物

    周口店洞窟の北京原人、ラスコーやアルタミラの壁画洞窟に象徴されるように、人類は太古から地下空間を生活…

  • 生体情報デバイス・バイオセンサ

    「音楽を学習した人工知能は、人間を感動させることができるか?」をテーマに、クラブイベント「2045」…

ページトップへ

巻上装置,揚重装置,牽引装置 ページ上部に戻る