巻上装置,揚重装置,牽引装置 に関する技術一覧

「巻上装置,揚重装置,牽引装置」に関する技術の関連情報です。 「巻上装置,揚重装置,牽引装置」 の関連技術、「エレベータ,エスカレータまたは移動歩道」「クレーン,クレーン,キヤプスタン,ウインチまたはタツクル用の荷物係合要素または装置」 など、その他「巻上装置,揚重装置,牽引装置」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「巻上装置,揚重装置,牽引装置」の分野ページはこちら

巻上装置,揚重装置,牽引装置に所属する技術動向

巻上装置,揚重装置,牽引装置の分野に属する技術の状況としては、2016年に1,632件、2017年に2,094件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、巻上装置,揚重装置,牽引装置の分野においては特に近年キヤプスタン,ウインチ,タックル,例.プーリ・ブロック,ホイストの分野における動向が活発であり、他にも他に分類されない巻上げ,もち上げ,牽引,または押進,例.荷物の表面に直接接してもち上げ,または押進をさせる装置や クレーン,クレーン,キヤプスタン,ウインチまたはタツクル用の荷物係合要素または装置といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては三菱電機株式会社や東芝エレベータ株式会社、ルネサスエレクトロニクス株式会社が豊富な実績を残しており、 株式会社日立製作所などは、 基本的電気素子や計算,計数といった分野も含め、 日立水戸エンジニアリング株式会社や株式会社日立ビルシステムといった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

巻上装置,揚重装置,牽引装置』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】負荷と移動距離に応じて、最高速度や加速度を変更し、運転時間を短縮し、乗客の移動時間を短縮してカゴの運行効率を上げることができるエレベータの制御装置を得る。【解決手段】インバータ4で給電されるモータ5により、乗客カゴ7にロープを介して連結された釣合錘8を有する巻上機6を駆動するエレベータにおいて、乗客カゴ7の重量をカゴ負荷として計測するカゴ負荷検出手段2と、次回...

    エレベータの制御装置

  2. 【課題】十分早くに地震を感知すると共に、しかも確実に地震を感知でき、したがって安全確実なエレベータの管制運転を行うことが可能な、エレベータ地震時管制運転システムを提供すること。【解決手段】エレベータに設置された地震感知器13と、前記エレベータのかごの運転を制御するエレベータ運転制御手段14と、地震波から求められた少なくとも地震規模を含むリアルタイム地震情報を受信する地...

    エレベータ地震管制運転システム

  3. 【課題】シーブ径を減少させた場合に、ロープの寿命・強度の低下を抑制して、安全性と信頼性を確保したエレベーターを提供する。【解決手段】ワイヤロープを構成する複数の素線それぞれに、樹脂材料が被覆され、ワイヤロープ全体に樹脂材料が被覆された構造のロープを用い、シーブ巻き掛け時に生じる素線相互の滑りによる摩耗、および、シーブとの接触による摩耗を低減させる。【効果】エレベーター...

    ワイヤロープとそれを用いたエレベータ

  4. 【課題】エレベータホールの本来の大きさを確保できるようになるエレベータ用防災装置を提供すること。【解決手段】壁4の開口部6に設置されたエレベータ用扉7よりも手前側に、火災発生時に開口部6を閉鎖する防災用開閉手段となっているシャッターカーテン30が配置されているとともに、開口部6の内面に配設された開口部用外枠組み15の上部内面部材となっている上枠部材13の上方空間部Sに...

    エレベータ用防災装置

  5. 【課題】昇降路の高さを抑制し、かつ高速化を可能としたエレベータ装置を提供する。【解決手段】1:1ローピングにおいて、トラクションシーブ1と駆動機構2とからなる薄型に構成された駆動装置を、かご4の上下方向への投影面による空間と、昇降路3内側壁3aとの間に設置するとともに、吊りロープ7の一端が連結されるかご4の取付け位置をかご4の天井4cよりも下方に構成した。この結果、高...

    エレベータ装置

新着の技術

巻上装置,揚重装置,牽引装置』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】復旧支援システムは、エレベーター装置(1)及び監視装置(2)を備える。監視装置(2)は、人数算出部(9)、人数情報取得部(10)、時間算出部(11)及び送信部(12)を備える。人数算出部(9)は、自動復旧が可能なエレベーター装置(1)を利用して避難が可能な単位時間当たりの人数を算出する。時間算出部(11)は、建物(5)に残っている人が避難するまでに掛...

    復旧支援システム

  2. 【課題・解決手段】昇降路に複数のかごが走行するマルチカーエレベータの安全制御装置において、複数のかごの各々の位置、速度を測定するかご位置速度計測器と、昇降路の複数の乗場ドアの開放を独立してそれぞれに検出する複数の乗場ドアスイッチとからの信号に従い、いずれかの乗場ドアが開いた場合に、戸開した階床が最下階で保守時ピット進入可能領域内にかごがいなければ保守時ピット進入を検知...

    マルチカーエレベータの安全制御装置および安全制御方法

  3. 【課題】油圧エレベータ内の油漏れの状況を詳細に把握して保守員に報知することが検出可能な、油漏れ検出システム、油漏れ検出装置、および油漏れ検出方法を提供する。【解決手段】実施形態によれば、油漏れ検出システムは、第1センサと、第2センサと、油漏れ検出装置とを備える。第1センサは、油圧エレベータ内の油漏れ検出対象箇所に設置された受け皿内に設けられ、予め設定された第1の量の油...

    油圧エレベータ内の油漏れ検出システム、油漏れ検出装置、および油漏れ検出方法

  4. 【課題】短時間で釣合錘装置の強度を高めることが可能にして、廃棄品の量が低減されたエレベータの釣合錘装置の改造方法を提供すること【解決手段】エレベータの釣合錘装置10の改造方法は、錘本体枠20の既存上梁を、既存縦梁50から取り外す取外工程と、既存縦梁50に改造取付孔61を加工する加工工程と、錘本体枠20の既存縦梁50に、改造上梁41を取り付ける取付工程と、を備えている。...

    エレベータの釣合錘装置の改造方法及び釣合錘装置

  5. 【課題】シンプルな構成で、より効率的な排煙が可能であるとともに、昇降路内に侵入した煙や火災による温度上昇が、昇降路内に配置されたエレベータの制御盤に影響しないようにできるエレベータを提供する。【解決手段】実施形態のエレベータは、昇降路と、吸気装置と、制御盤と、排気扉と、切替制御部と、を含む。昇降路は、エレベータの乗りかごを昇降させる巻上機が昇降路壁に配置されている。吸...

    エレベータおよび昇降路の排気方法

巻上装置,揚重装置,牽引装置 ページ上部に戻る