運搬,包装,貯蔵,薄板状または線条材料の取扱い に関する技術一覧

「運搬,包装,貯蔵,薄板状または線条材料の取扱い」に関する技術の関連情報です。 「運搬,包装,貯蔵,薄板状または線条材料の取扱い」 の関連技術、「物品または材料を包装するための機械,器具,装置または方法,荷解」「ラベル取付けまたはタッグ取付け機械,装置,または方法」 など、その他「運搬,包装,貯蔵,薄板状または線条材料の取扱い」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「運搬,包装,貯蔵,薄板状または線条材料の取扱い」の分野ページはこちら

運搬,包装,貯蔵,薄板状または線条材料の取扱いに所属する技術動向

運搬,包装,貯蔵,薄板状または線条材料の取扱いの分野に属する技術の状況としては、2016年に9,182件、2017年に10,127件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、運搬,包装,貯蔵,薄板状または線条材料の取扱いの分野においては特に近年ラベル取付けまたはタッグ取付け機械,装置,または方法の分野における動向が活発であり、他にも家庭のゴミまたはそれに類するゴミの収集または移送や 物品または材料を包装するための機械,器具,装置または方法,荷解といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては株式会社吉野工業所や大日本印刷株式会社、株式会社リコーが豊富な実績を残しており、 株式会社東芝などは、 計算,計数や基本的電気素子といった分野も含め、 東芝テック株式会社や東芝インテリジエントテクノロジ株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

運搬,包装,貯蔵,薄板状または線条材料の取扱い』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】企業での調達に適した電子商取引システムを提供することにある。【解決手段】オフィスサプライネット(OSN)センタ1が多くのユーザ企業5、7に対し、インターネット11でのオンラインの商品受発注サービスを提供する。OSNセンタ1は、複数の商品サプライヤ3A,3Bと接続され、複数サプライヤからの商品情報を商品データベース35内に保持し、複数サプライヤの商品の販売を一手...

    電子商取引システム及び電子商取引センタ

  2. 【課題】書類の管理を用紙それ自身に付した識別子を用いて、書類を用紙レベルで識別して管理する技術を提供する。【解決手段】書類管理システムは、印刷するための文字、画像等の情報を含むコンテンツを生成するコンテンツ生成装置300と、用紙1000に印刷を行う印刷装置400と、書類に承認を行うための事務用品として機能する承認装置500と、書類に設けられているRFID100を読み取...

    紙製品、書類管理方法、書類管理システム、事務用品および事務機器

  3. 【課題】ネットワーク上の仮想商店街におけるサービス方式に関し、磁気カードの携帯を不要とし、ポイント発行から還元までの時間を短くして顧客へのサービスを向上させるポイントサービスシステムを実現する。【解決手段】顧客の買物金額に応じてポイントを発行する手段1と、顧客が現在保有しているポイントを記憶する手段2と、顧客のポイント保有量に応じて、ポイントの還元として顧客の買物支払...

    仮想商店街におけるポイントサービスシステム

  4. 【課題】ユーザー、ディーラー、およびネットワークセンターに便宜を与え、さらに従来の業務活動との共存も可能とする。【解決手段】ユーザーからコンピュータシステム3に接続操作が行われた場合にディーラー特有の画面1300等をユーザー用機器1に表示させた上で、そのユーザーに商品検索や発注操作を行わせ得るようにし、ユーザーが発注した商品を個別取引条件に見合う態様でユーザーに提供す...

    流通支援設備

  5. 【課題】電子商取引において、代金の支払い者(商品購入者、サービス依頼者等)、代金支払い先(販売者、サービス提供者等)双方のリスクを低減することが課題である。【解決手段】購入者取引金融機関処理装置3は、購入者の依頼に応じてその口座残高を凍結し、仮決済情報を含む金銭情報である仮決済マネーを生成して、商品購入者処理装置1に送信する。処理装置1は、商品購入依頼と仮決済マネーと...

    決済システム

新着の技術

運搬,包装,貯蔵,薄板状または線条材料の取扱い』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】本発明は、多用途水筒に関し、液体が収容される収容空間が形成された水筒本体と、前記水筒本体の上部に結合して前記液体を外部に排出させるふたとを含み、前記ふたは、前記水筒本体上部のふた結合管と結合される本体結合管と、前記本体結合管の上部に設けられ、前記液体を外部に排出させる液体排出管と、前記本体結合管の内部に設けられ、前記水筒本体の収容空間に収容される第1...

    多用途ふたを有する多用途水筒

  2. 【課題・解決手段】少なくともプロピレン系樹脂層とエチレン系樹脂層を有する押出成形多層構造体に用いられる接着剤であって、オレフィン樹脂からなり、該オレフィン樹脂は、主鎖炭素数1000個当たり10〜200個の割合でメチル分岐を有していることを特徴とするポリオレフィン用接着剤が提供される。

    ポリオレフィン用接着剤および多層構造体

  3. 【課題】ピットの内部に配置される昇降機能付き台車に搬送車両で搬送した被搬送物を搭載するに当たり、段差により搬送車両の走行が阻害されることを防止できる開口塞ぎ機構を提供する。【解決手段】本発明の一態様は、床面Fから掘り下げて形成されたピット11の内部に配置されワークWを搭載する搭載部23が昇降可能なリフター付台車12によりワークWを搬送する搬送設備1に使用される安全柵開...

    開口塞ぎ機構

  4. 【課題】 簡単な構造でしかも操作が簡単で容易にスプリングを解いて分離できるようにし、コストダウンを図る。【解決手段】 入口2から入れられたスプリングSの集合を収容可能な容器1を備え、容器1内でスプリングSの絡みを解して解されたスプリングSを出口3から排出可能にしたもので、容器1を入口を上にして出口を下にしたとき入れられたスプリングが入口から出口に向けて自由落下可能...

    スプリングの分離装置

  5. 【課題】ダンボールケースのテープ封緘効果が好ましく、ダンボールケースの箱開き蓋折り畳み及びテープ封緘の効率が高く、実用的な製函機の差動封緘機構を提供する。【解決手段】製函機の差動封緘機構は、装置1、動力源出力軸2、ダンボールケース輸送機構3及びテープ貼り機構9を備える。動力源出力軸2は、装置1内に設けられ、動力源出力軸2が駆動アーム21に嵌着される。駆動アーム21は、...

    製函機の差動封緘機構

運搬,包装,貯蔵,薄板状または線条材料の取扱い ページ上部に戻る