航空機,飛行,宇宙工学 に関する技術一覧

「航空機,飛行,宇宙工学」に関する技術の関連情報です。 「航空機,飛行,宇宙工学」 の関連技術、「軽航空機」「飛行機,ヘリコプタ」 など、その他「航空機,飛行,宇宙工学」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「航空機,飛行,宇宙工学」の分野ページはこちら

航空機,飛行,宇宙工学に所属する技術動向

航空機,飛行,宇宙工学の分野に属する技術の状況としては、2015年に730件、2016年に917件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、航空機,飛行,宇宙工学の分野においては特に近年軽航空機の分野における動向が活発であり、他にも地上設備または航空母艦の甲板上の設備や 航空機の装備,飛行服,パラシュート,動力装置または推進伝達機構の設備または装置といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはザ・ボーイング・カンパニーや三菱重工業株式会社、川崎重工業株式会社が豊富な実績を残しており、 三菱重工業株式会社などは、 器械や分離,混合といった分野も含め、 中菱エンジニアリング株式会社や宇宙開発事業団といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

航空機,飛行,宇宙工学』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】放電プラズマによる気流誘起現象により高温下や含塵環境下においても安定して気流を発生させることができ、空気力学的特性の制御などを行うことが可能な気流発生装置、気流発生ユニット、気流発生方法、気流制御方法、および気流発生装置または気流発生ユニットを備えた翼、熱交換装置、マイクロマシーン、ガス処理装置を提供することを目的とする。【解決手段】誘電体41の表面と同一面に...

    気流発生装置、気流発生ユニット、翼、熱交換装置、マイクロマシーン、ガス処理装置、気流発生方法および気流制御方法

  2. 【課題】機械的なクラッチング問題を排除するガスタービンエンジンを提供する。【解決手段】ガスタービンエンジン10、特にターボシャフトエンジンは、タービン18およびガスジェネレータ圧縮機20が取付けられたスプール14と、タービン18と圧縮機20との間に位置する加熱手段22と、第1のシャフト12と、第1のシャフト12に取付けられたフリータービン24と、スプール14とシャフト...

    ガスタービンエンジンおよびターボシャフトエンジン

  3. 【課題】衛星追跡情報の生成/配信方法と装置を提供する。【解決手段】先の長い期間にわたって有効な衛星追跡データを提供する方法と装置。少なくとも一部の衛星追跡データは、リモート受信機で規定されるフォーマットにフォーマット化される。フォーマット化されたデータは、配信ネットワークを介してリモート受信機に伝送される。このように、リモート受信機は、最新の衛星追跡データを受信しなく...

    衛星追跡情報の生成/配信方法と装置

  4. 【課題】非接触式のICカードを利用して利用者の空港内の移動を管理し、利用者の流れを良くし、搭乗時間の短縮を図る。【解決手段】ICカードにはカード番号、PNR、搭乗データ、預け手荷物タグ番号及び利用者が各通過ポイントを通過したときの情報を記録する。搭乗手続ファイル12は各ICカードの記録と同一内容のデータを格納する。チェックイン処理部3はICカードのカード番号及びPNR...

    空港内総合ICカードシステム

  5. 【目的】従来に比べて少ない有害物質及び騒音の発生で改善された効率を持つエネルギー供給装置を航空機での使用のために提供する。【構成】主駆動装置、補助駆動装置、ラム空気タービン又はNiCd電池に置換するための航空機の機内にあるエネルギー供給装置において、直流を発生する燃料電池1への空気供給のため、航空機空調装置の廃気又は航空機外部空気が使用され、燃料電池廃気から航空機への...

    航空機の機内にあるエネルギ—供給装置

新着の技術

航空機,飛行,宇宙工学』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】変位部が変位した場合の本体部の姿勢の変化に基づいて、本体部の姿勢を速やかに制御することが要求される場合がある。【解決手段】制御装置は、本体部に対して変位可能に保持される変位部の変位先の位置を示す第1情報を取得する第1取得部と、第1情報に基づいて、前記変位部が前記変位先の位置に変位した後の前記本体部の姿勢を予測する予測部と、予測部が予測した前記本体部の姿勢に基づ...

    制御装置、移動体、制御方法及びプログラム

  2. 【課題・解決手段】本発明は、動力伝達ギアボックスに接続されたターボシャフトエンジンを備えた多発ヘリコプタの推進システムの構造に関し、ヘリコプタの安定巡航飛行時に少なくとも1つの待機モードで動作可能な少なくとも1つのハイブリッドターボシャフトエンジン(20)と、各々のハイブリッドターボシャフトエンジン(20)を制御するための少なくとも2つのシステム(30、40)であって...

    ハイブリッドターボシャフトエンジンおよび該ハイブリッドターボシャフトエンジンを再始動させるシステムを含むヘリコプタの推進システムの構造

  3. 【課題・解決手段】液体推進剤エンジンのための改良された点火方法 宇宙船エンジンの燃焼を開始する方法であって、 推進剤タンクヒータ(25)を点火するステップと、 一旦ヒータ(25)が安定状態に達すると、第1の推進剤を含む第1のタンク(23)および第2の推進剤を含む第2のタンク(24)を加圧するステップ、および並行して、温度の点火閾値(T13、T14)および圧力の点...

    液体推進剤エンジンのための改良された点火方法

  4. 【課題・解決手段】UAVの安全のためのシステム及び方法が提供される。認証システムを用いて、UAVまたはユーザー識別情報の少なくとも一方を確認し、ユーザーとUAVとの間にセキュリティ保護された通信を提供し得る。UAVは、飛行規制のセットに従って動作し得る。飛行規制のセットは、UAVに近いジオフェンシング装置に関連付けられ得る。

    ジオフェンシング装置

  5. 【課題・解決手段】本発明は、主にダイヤルベース、ローラ、ダイヤル取手、リセット弾性部材、及びセンサを含むダイヤル組立体を提供する。ダイヤルベースには、第1の回動通路と第2の回動通路とが設けられている。ローラは、第1の回動通路において据えられ、且つ第1の回動通路に沿って回動可能である。ダイヤル取手は、ダイヤルベースと回動可能に連結され、且つ第2の回動通路に沿って回動可能...

    ダイヤル組立体、リモートコントローラ及び無人機の制御方法

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • ワクチンと自然免疫制御

    2009年6月、世界保健機関(WHO)は、新型インフルエンザA(N1H1)のパンデミック(pande…

  • CCS(CO2の分離・回収、地下・海底貯留)

    CCS(Carbon dioxide Capture and Storage:二酸化炭素回収・貯蔵技…

  • 燃料電池車

    水素を燃料とし、空気中から取り込んだ酸素と反応させることで生み出した電気エネルギーを駆動力に利用する…

ページトップへ

航空機,飛行,宇宙工学 ページ上部に戻る