船殻の清掃装置 に関する技術一覧

「船殻の清掃装置」に関する技術の関連情報です。 「船殻の清掃装置」 の関連技術、「水洗浄装置」「シヨツトブラストの研掃板の回収」 など、その他「船殻の清掃装置」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「船殻の清掃装置」の分野ページはこちら

技術一覧

検索結果:1〜50件を表示(130件中)1/3ページ目

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 次へ
  1. 【課題・解決手段】本発明は、燃費を向上しつつ推進器の推進効率の低下を抑制する船舶及び船舶の清掃方法を提供する。バラスト水を溜めるバラストタンク(10)を備えた船舶(100)であって、推進器(1)と、水噴出手段(2)と、を備え、水噴出手段(2)は、推進器(1)の少なくとも一部が水面から露出した場合に、推進器(1)に向かって水を噴出する。また、水噴出手段(2)を制御する制...

    船舶及び船舶の清掃方法

  2. 【課題・解決手段】磁石ホイールが開示される。本発明の磁石ホイールは、均衡ブロックと;均衡ブロックに設けられ、磁力で均衡ブロックを付着対象物に付着させる磁性体;及び均衡ブロックに設けられ、磁性体から発生される磁場を付着対象物の方向へ誘導する磁気遮蔽ブロックとを含む。

    磁石ホイール

  3. 【課題・解決手段】表面水を用いて流体を冷却する冷却装置(1)が、その内部で流体を収容し且つ移動させる少なくとも1つのチューブ(8)を含み、チューブ(8)を冷却し、それにより、流体も冷却するよう、チューブ(8)の外部は、動作中に表面水中に少なくとも部分的に浸水させられる。冷却装置(1)は、浸水させられる外部でのファウリングを妨げる光をもたらす少なくとも1つの光源(9)を...

    表面水を用いて流体を冷却する冷却装置

  4. 【課題・解決手段】磁石ホイールの荷重分散装置が開示される。本発明の磁石ホイールの荷重分散装置は、複数の磁石ホイールのそれぞれに一側部が連結され、内部が互いに連通しない上部空間部と下部空間部とが具備された複数のシリンダー部と、複数のシリンダー部を互いに連結し、流体の移動通路となる流路部とを含み、流路部は、上部空間部と下部空間部の流体を互いに混ざらないように移動させて磁石...

    磁石ホイールの荷重分散装置

  5. 技術 作業装置

    【課題】作業対象物に近接または接触した状態で所望の作業を行う作業装置であって、装置全体の重量の増加を抑制しつつ、作業対象物に近接または接触させるためのより大きな力を得ることができるようにする。【解決手段】作業装置1は、ダムの堤体3に作業装置1を接触させる力を発生する力発生手段4と、堤体3に作業装置1を接触させる力を増大する力増大手段5とを備える。力発生手段4は、スラス...

    作業装置

  6. 【課題・解決手段】受信手段120は船舶が航行する水域の水温、船速およびそれらが維持された期間を示すデータを受信する。指標値取得手段123は受信手段120が受信した水温と船速に応じた防汚塗料の減少量を記憶手段121から読み出す。指標値特定手段124は指標値取得手段123が読み出した減少量に、受信手段120が受信した期間の時間長を乗じて、当該期間における防汚塗料の減少量を...

    船舶の汚損リスクを管理するための装置、プログラムおよび記録媒体

  7. 【課題・解決手段】−ボートの洗浄を行うように構成された少なくとも1つのボート船体洗浄ブロック(103);−ドック(100)内で長さ方向で船体を移動させるための少なくとも1つの並進ブロック(101)、及び;−ドック(100)内でボートを持ち上げるための少なくとも1つの持上げブロック(102)を備える自動ボート洗浄ドック(100)。並進ブロック(101)は、−ドック(10...

    自動ボート洗浄ドック、及び自動ボート洗浄ドック内でのボート洗浄のための関連の方法

  8. 【課題・解決手段】浸水表面を清掃するための清掃ヘッドが開示されている。清掃ヘッドは、本体部分と、本体部分の外周に延びたスカート部とを備え、スカート部は、使用の間、清掃ヘッドが浸水表面上に配設されると、本体部分と清掃が望まれる浸水表面との間でシーリング機能を果たす。清掃ヘッドはさらに、使用の間、清掃ヘッドが浸水表面上に配設されると、浸水表面上の物質を浸水表面から分離させ...

    船舶清掃システム

  9. 【課題】水上から遠隔操縦で水面下の船底を清掃する機能を、水中電動モーターを使用せずに実現する船底掃除機を提供する。【解決手段】水上のポンプから延びる吸水ホース2と排水管に繋いだ送水ホース7を、船底掃除機のヘッド部に繋ぎ、吸水の陰圧でヘッド部を船底に吸着させ、バネで船底に押し付けた回転ブラシ5の駆動用水流タービン4を吸水流で回転させる。ヘッド部を三つの走行輪8で支え、送...

    船底掃除機

  10. 【課題】船舶の船底や船側外面から掻き落とした海洋生物を効率的に回収できる簡単な構造の清掃用回転ブラシ装置を提供をする。【解決手段】清掃用回転ブラシ装置17を、幅方向に並んで配置した一対の回転ブラシ器45、45と、この一対の回転ブラシ器45、45に取り付けたブラシ用カバー47と、から構成する。ブラシ用カバー47を、カバー本体49と、このカバー本体49の先端部又は上端部の...

    水中清掃機の回収機構付清掃用回転ブラシ装置

  11. 【課題・解決手段】本発明は、取り付け部材(120)と、大きな表面、特に、船体、を処理するための工具を保持するフレームとを備える工具マウント(100)に関する。本発明に依れば、前記取り付け部材(120)の近端部は、取り付け手段(121)を使用して支持システム(200)の遠端部(201)に位置決めされ、第1揺動軸心(S1)回りで揺動することができ、前記取り付け部材(120...

    工具マウント

  12. 【課題・解決手段】本発明は、大きな表面、特に、船体をクリーニングするための工具(100)に関し、これは工具本体(110)と、少なくとも1つのノズル本体(200)とを有し、このノズル本体のノズル(202,202’)は、当該ノズル本体(200)の表面中心点から放射状に外側に向けて移動するように配置されている。前記工具本体(110)には二つの回転ノズル本体(200)が配置さ...

    大きな表面をクリーニングするための工具

  13. 【課題】新規な船体用ロボット、例えば自立的であるとともに船舶が航行中でも作動できる船体用ロボットを提供する。【解決手段】船体クリーニングロボット10’は、船舶の船体をクリーニングするための少なくとも1つのクリーニング装置と、ロボット10’が船体の周囲を移動するようにロボット10’を船体上に保持する少なくとも1つの駆動トラックと、少なくとも1つの駆動トラック、付加的には...

    船体用ロボット

  14. 【課題】海中においてパイプをメンテナンスできるメンテナンス装置を提供する。【解決手段】メンテナンス装置100は、海中のパイプをメンテナンスする。メンテナンス装置は、複数の関節を有し、パイプの第1部分を解放可能に保持する第1グリップ部11を含む第1グリップ装置10と、複数の関節を有し、パイプの第2部分を解放可能に保持する第2グリップ部21を含み、第1グリップ装置に対して...

    メンテナンス装置

  15. 【課題】液体中で繰り返し接着を行うことができる接着構造体を提供すること。【解決手段】接着構造体1は、基部2と、該基部2上に形成される複数の突起3Aからなる気泡保持部3とを備え、気泡保持部3は水中で気泡9を保持するものであって、気泡保持部3は接着構造体1が挿入される液体5に対して接触角が大きい材料からなり、突起3Aの長さは、接着構造体1が気泡9を保持している状態で、気泡...

    接着構造体及びそれを用いた水中移動装置

  16. 【課題】船底又は船側の外面上を走行して清掃する際に、船底や船側の外面上での位置を正確に検出できる位置センサ装置を備えた水中清掃装置を提供する。【解決手段】支持体3の前側にキャスター型センサ49を設ける。センサ49の距離検出ローラ63が船底又は船側に押されたことを近接センサ80が検知すると、エンコーダ85が距離検出ローラ63の回転量の検出を開始し、旋回角度センサ103が...

    水中清掃装置及び位置センサ装置

  17. 【課題・解決手段】本発明は、移動台装置を備えた自動広域表面メンテナンスシステム(100)であって、移動台装置は少なくとも2つのアーム機構(130)の配備された少なくとも1つの垂直昇降用タワー(120)を有し、各々のアーム機構(130)は昇降台(131)を介して垂直昇降用タワー(120)に沿って垂直方向に走行可能であり、少なくとも2つの昇降台(131)は昇降用タワー(1...

    メンテナンスシステム

  18. 【課題・解決手段】外殻周囲でロボットを駆動するためのロボットに搭載された駆動サブシステムを含むロボットのための船舶外殻ロボットナビゲーションサブシステムおよび方法。ロボット搭載センサーサブシステムはロボットおよび船舶運動を組み合わせたデータを出力する。ロボット搭載メモリーは、外殻形状ならびにロボットに関する所望の移動経路に関するデータを収容する。位置決定サブシステムは...

    船舶外殻ロボットナビゲーションサブシステム

  19. 【課題・解決手段】本発明は、海中の表面を洗浄するためのツール4であって、洗浄される表面に対して当てて、かつ好ましくは、洗浄される表面3に沿って移動するクリーニング面11を有する本体と、ツールが動作中に、および/または、開口部またはチャネルが、周囲の水がクリーニング面の中心に向かって流れ込むことができるように構成されている場合、面と洗浄される表面との間に間隙が提供される...

    海中の表面を洗浄するためのツールおよび方法

  20. 【課題】船体に損傷を与えず、人体・環境への影響を最小限に抑え、船底塗膜を作業性良く剥離することが可能な船底塗膜剥離剤と剥離方法の提供。【解決手段】アルコール系溶剤、水、無機系増粘剤を含有する船底塗膜剥離剤。および、エアレススプレーにより、その船底塗膜剥離剤を塗布し、一定時間放置後、高圧水により船底塗膜を剥離する。

  21. 【課題・解決手段】外殻ロボットは、ロボット本体と、外殻の周囲でロボットを移動させるための少なくとも一つの駆動モジュールと、搭載型動力源と、この搭載型動力源から動力の供給を受ける駆動モジュール用の動力サブシステムとを含む。複数の永久磁石要素が、駆動モジュールと関連付けられており、かつ、それぞれ、外殻に隣接したときの非短絡状態と、外殻に隣接していないときの短絡状態との間で...

    外殻ロボット駆動システム

  22. 【課題】本発明は特に大規模構造物の部品の表面を円滑化する方法及び装置を提供する。【解決手段】本発明は、特に例えば船の船体のような大規模構造物の部品(3)の表面(2)を、次なる塗装のために円滑化する方法に関し、次の工程を有する:部品(3)の表面(2)の凹凸の計測;素材除去及び/又は均一化剤による素材塗布による凹凸の均一化;表面(2)の計測前に表面(2)の所定の位置に参照...

    特に大規模構造物の部品の表面を円滑化する方法及び装置

  23. 【課題・解決手段】船体クリーニングロボットは、船舶の船体をクリーニングするための少なくとも1つのクリーニング装置と、ロボットが船体の周囲を移動するようにロボットを船体上に保持する少なくとも1つの駆動トラックと、少なくとも1つの駆動トラック、付加的にはクリーニング装置を作動させるために船体を通過する水によって活性化可能な少なくとも1つのタービンとを含む。

    船体用ロボット

  24. 【課題・解決手段】本発明は、広い範囲に及ぶ鋼製構造物表面(200)に対する可動式支持機構を備えた保守点検装置(100)であって、支持機構は少なくとも1つの垂直支持体(10)を有し、垂直支持体には垂直支持体(10)に沿って垂直方向に移動可能な、少なくとも1つの運転室(21、24)を有する水平支持体(20)が配置され、少なくとも1つの水平支持体(20)には少なくとも2本の...

    保守点検装置

  25. 【課題】係留保管している小型ボートの船底に付着する海洋生物を従来と比較し、疲れず清掃できる清掃用具を得る【解決手段】船底清掃用具の一部、例えば柄4の部分で、使用時邪魔にならない柄4の下側、且つ、ブラシ1に近い位置に浮力体固定ベース6を固定し、浮力体固定ベース6に、ベルト7で、浮力体5を固定する。浮力体5は、ペットボトルとして、このペットボトルの水中での浮力を利用しブラ...

    浮力体付き船底清掃用具

    • 公開日:2012/03/01
    • 出願人: 柴田篤
    • 発明者: 柴田篤
    • 公開番号:2012-041027号
  26. 技術 研磨装置

    【課題】台車に設けられ、それぞれ回転して研磨対象を研磨する複数の研磨部材を同一円周上、若しくは、同一円周近傍に等間隔、若しくは、略等間隔で揺動部材に配置することにより、船体などの甲板を短時間、且つ、台車の進行方向に幅広に研磨することができる研磨装置を提供する。【解決手段】研磨装置10は、走行用車輪20(走行車輪24)と該走行用車輪20(走行車輪24)を駆動する走行用駆...

    研磨装置

  27. 【課題・解決手段】フレーム構造の形態の洗浄ツールにより水面下にある表面から付着物を剥がして取り除くための方法であって、洗浄ツールは、表面に対して作用する多数の洗浄装置を有するとともに付着物を剥がして表面を洗浄するために水状の洗浄流体を噴射するように構成され、洗浄装置がそれぞれ同時に回転するとともに、流体と付着物との混合物を更なる処理のために搬送する、方法において、洗浄...

    水面下の表面を洗浄する方法および洗浄設備

  28. 【課題】就航中の船舶をドックに入れずに、プロペラの保守管理行い燃料及び二酸化炭素排出量を削減する方法。【解決手段】就航中の船舶をドックに入れずに水中でプロペラの粗度を定期的に測定し、粗度が悪い場合は水中研磨をしてプロペラを良い状態に保つプロペラの保守管理手段を行い、燃料を削減する二酸化炭素排出量削減システムで。就航中のプロペラの汚れおよび運航に関する各種データーを二酸...

    船舶プロペラの水中保守管理による燃料削減量確認方法。

    • 公開日:2011/06/02
    • 出願人: 高森悟
    • 発明者: 高森悟 、...
    • 公開番号:2011-108216号
  29. 【課題】水中ロボット導入により部分的な作業工程の自動化を実現して、船底や船腹の清掃のコスト削減を図る。【解決手段】本発明は、装置本体を移動可能にすると共に浮力材として機能する車輪と、円筒カバーとスラスタの働きをさせるプロペラ及び清掃用ブラシを同軸に配置したスラスタ兼ブラシとを備える。このスラスタ兼ブラシは、減速用ギアをプロペラ用及び清掃用ブラシ用として別に設け、それぞ...

    水中清掃装置

  30. 【課題】非常に高い吐出圧力の高圧水を必要とせず、鋼構造体のさびを除去する作業速度が大きく、小さなピットあるいは孔中に存在するさびを除去する方法を提供する。【解決手段】鋼構造体に発生したさびを、高圧水を鋼構造体に噴射して除去するさび除去方法であって、高圧水に、振動子または振動子から繋がる部品の直接的な加振により、周波数が1.0kHz〜200kHzの脈動を与えることを特徴...

  31. 技術 横行装置

    【課題】ロンジの清掃作業などを行う場合、ロンジに取付けて掃除などの場所を替える際に、作業者が降りたり昇ったりすることなく横方向に移動することができ、安全で作業能率を大幅に向上することのできる横行装置を提供する。【解決手段】前面板3、前面板3より短かい後面板4及び前面板3と後面板4の上部を所定の間隔で固定する固定軸5a,5b又は天面板からなる上部枠2と、前面板3の下部に...

    横行装置

  32. 【課題・解決手段】水中に存在する清掃対象物表面に沿って移動しながら、この清掃対象物表面に向かって清掃ノズルユニット(3)より高圧水を噴射して清掃対象物を清掃する水中清掃ロボット(1)である。前記清掃ノズルユニットは、ロボット本体(2)に回転自在に設けられた回転軸(5)に取り付けられており、清掃対象物表面に対する高圧水の噴射の反力により、この回転軸と一体的に回転するよう...

    水中清掃ロボット

  33. 【課題】 船のドック入り間隔が選定でき、特に船の船体の状況或いは状態に依存して延長できるシステムと方法を提供すること。【解決手段】 船の船体(10)の状況或いは状態、特に外板(12)を調査及び決定又はそのいずれか一方を行うシステム(100;100’)と方法を提供するために、特に船の船体(10)の状況或いは状態に依存して船のドック入り期間を延長させるように選択でき、...

    船の船体の状況或いは状態を調査し且つ決定するか、又は調査するか、或いは決定するシステムと方法

  34. 【課題・解決手段】本願明細書において記載されるのは、ボートの自動洗浄のための船舶用設備であって、それが、部分的に水中に入れられた支持構造体(1)と、ボートを洗浄するための手段(26、28、41)と、ボート(8、30)に対して前記洗浄手段(26、28、41)の少なくとも一部を相互に配置するのに適した少なくとも一つのモータ(18、23、34、39)によって制御される動きを...

    ボートの特に船体を洗浄するための自動洗浄用の船舶用設備

  35. 【課題・解決手段】露出面を処理する方法である。処理装置は、長尺状支持体を備え、さらに当該長尺状支持体の先端領域に少なくとも一つの可撓性表面接触部材を備えて準備される。前記可撓性表面接触部材を被処理露出面に配するために、前記長尺状支持体を、前記長尺状支持体の基端領域から操作する。前記可撓性表面接触部材を繰り返し移動することにより、前記露出面における処理を行う。

    露出面から物質を分離する方法

  36. 【課題】流出物から固体を除去、吸引及び分離する総合海中清掃システムを提供すること。【解決手段】本発明は、真空装置に接続された除去装置によって除去、真空化及び濾過の効果を同時に生じさせることにより動作する統合的な海中メンテナンスシステムに関し、真空装置は、貯蔵濾過装置に接続され、本システムは、水中の養殖システム、及び/又は構造物、及び/又は船、及び/又は装置の基体に付着...

    総合海中メンテナンスシステム

  37. 【課題】負圧領域を備えたことにより液体中に在る物体表面に密着し且つ物体表面に沿って移動可能な装置において、該負圧領域が気体で満たされている装置を提供する。【解決手段】環状の面Aを備える立体形状の第1領域と、面Aの内側に在る面Bを備える立体形状の第2領域と、面Aの外側に在る面Cを備える立体形状の第3領域とを具備する、液体中に在る物体表面に密着し移動可能な装置において、面...

    液体中に在る物体表面に密着し移動可能な装置

  38. 【課題】イガイ等の着生生物の清掃作業に際し、清掃作業の高効率化を図ると共に、長距離清掃にも適合させる。【解決手段】水路の壁面に着生している着生生物を掻き取る掻取り装置3と、該掻取り装置3によって掻き取られた着生生物を吸引する吸引口4と、前記壁面に接しながら移動する移動手段8を備えた水中清掃ロボットである。前記吸引口4に連通している破砕装置格納部16内に吸引口4から吸引...

    水中清掃ロボット

  39. 【課題・解決手段】本発明は、例えばボートや船舶の穴など物体表面上の海洋生育生物を処理するための方法及び装置に係わる。閉込め構成・装置を使用して一定容量の加熱流体を物体表面に接して閉込める。この閉込め構成・装置は、保持及び取付けローラーによって物体表面に接して保持され、その結果物体表面上を移動させて、物体表面の他の部分を処理することができる。加熱流体は、外部ヒーターから...

    物体表面の海洋生育生物を処理する方法及び装置

  40. 【課題・解決手段】船殻などの水面下面体を清掃する装置であって、その回転ディスク(1)は清掃すべき面体に対して加圧液を放出するノズル(2)を有している。該ノズル(2)は回転ディスク(1)の回転軸(3)に対して傾斜して取り付けられており、かつ回転軸(3)と同心状の中空スピンドル(4)を通して加圧液を供給されるべく配置されている。ノズルの傾斜配置において、清掃される面体に対...

    船殻などの水面下面体の清掃装置

  41. 【課題】船艙周壁の主要部分を壁シートで覆い、揚荷後の清掃作業を、大幅に簡略化できるようにする。【解決手段】船艙用シート1を、右舷壁シート7,左舷壁シート8,船首壁シート9,および船尾壁シート10で構成する。船艙2の各壁面3,4,5,6は、平坦面ではなく凹凸がある面となっているが、各壁面3,4,5,6の凹凸がある部分のほぼ全域を、前記各壁シート7,8,9,10で覆う。こ...

    船艙用シートおよびその設置方法

  42. 【課題】 補修等の為にドッグ入りして盤木の上に載置された船舶の船底外面に付着する貝殻等の付着物を除去して洗浄する船底洗浄車に於て、走行通路が狭くて低くても容易に洗浄作業が行える様にする。【解決手段】 車体2、走行体3、回転駆動装置4、昇降体5、平行リンク6、昇降シリンダ7、洗浄装置8とで構成し、とりわけ車体2と昇降体5との間に昇降体5を昇降案内する平行リンク6を設...

    船底洗浄車

  43. 【課題・解決手段】臨検船の化学、生物および放射線対抗手段洗い流しシステムを洗浄し、維持する方法および成分を開示する。システムは、沈積物、沈殿物、微生物スケール、微小無脊椎動物の汚損などの水スケールをシステムのパイプの内面から除去することにより、効果的に洗浄される。船体(21’)の底部の周囲で給水主管(20)から給水されるシステムの区間タップ(20’)を、洗浄のために分...

    洗い流しシステムの洗浄

  44. 【解決手段】 本発明は、囲まれた空間を洗浄するための装置及び方法に関する。装置において、洗浄媒体のための入口パイプ(1)は外面にネジ(10)を備えており、該ネジには垂直変位ナット(12)が配置されていて、該垂直変位ナットは駆動軸(6)がモータ(3)によって回転すると垂直に昇降するもので、該駆動軸は、洗浄媒体ディストリビュータ(18)には直接的に結合され、シールドパイ...

    囲まれた空間を洗浄するための装置及び方法

  45. 【課題】作業性が良く、且つ洗浄液の使用量を減少させることのできる船底洗浄装置を提供する。【解決手段】走行車12の天井12Aには窓ガラス20が配設され、窓ガラス20の上方には散水器24が設けられる。散水器24のノズル24A、24Aには、貯留タンク30の水が送液され、ノズル24A、24Aから船底46に向けて水が高圧で噴射される。散水器24の周囲には、伸縮自在なカバー32が...

    船底洗浄装置

  46. 【課題・解決手段】水面付近に浮かぶ洗浄対象物、例えば、海上に浮かぶ船舶を少ない洗浄剤の使用で容易に且つ効率よく洗浄することができる洗浄装置を提供する。この洗浄装置は、洗浄対象物の被洗浄領域を覆うことができる面積を有し、その周縁部に浮き袋を有する防水シートと、水面付近に浮かぶ洗浄対象物の下部に配置した防水シートの浮き袋に空気を供給して浮上させ、洗浄対象物を収容可能な防水...

    水面付近に浮かぶ洗浄対象物の洗浄装置および洗浄方法

  47. 【課題・解決手段】本発明は、船殻(2)上の生長物を除去するための装置に関する。該装置は、清掃要素(3)と該清掃要素を船殻(2)上で移動させるための手段とを有し、該手段が、少なくとも一つのケーブル(4)を有していて、該ケーブルが、船殻(2)のキールの下を通るように配置されており、該ケーブルに清掃要素(3)とケーブル(4)を移動させるための手段(5)とが連結されている。前...

    船殻上の生長物を除去するための装置

  48. 【目的】液面下の物体表面に密着しかつ物体表面に沿って移動することのできる装置において、物体表面を気体のみに接触せしめる二つの気体領域を具備し、該気体領域に物体表面に作用を施す装置を具備することのできる装置を提供する。【構成】外側のケーシングと内側のケーシングとを少なくとも具備したメインケーシングと;該外側のケーシングの開口部に装着されその一部分が物体表面に接触せしめら...

    液面下の物体表面に密着し移動可能な装置

  49. 【課題】従来、小型船舶の船底に付着した貝や藻などの不要物を除去する場合、水中に潜ってヘラのような器具でかき落したり、船を陸揚げして掃除をしていた。本発明は簡便な方法でそれら不要付着物を除去しうるものである。【解決手段】両端部が小径部で中間部に大径部を有する径を順次変化させた金属性コイルばね1と、上記コイルばね1の両端の小径部の孔に通されたロープ4とよりなり、上記ロープ...

    船底掃除具及びそれを用いた船底付着物の除去方法

  50. 【課題】吸着移動装置の負圧領域の面積を小さくするために環状の負圧領域を備え、あるいは負圧領域の部分と正圧領域の部分の両方を備え、あるいは吸着移動装置に二つの領域、例えば溶射材料の吹き付け領域と研掃材の吹き付け領域の両方を備えた吸着移動装置を提供する。【解決手段】吸着移動装置は、外側の筒状パーティション21と内側の筒状パーティション22とを少なくとも備えたメインケーシン...

    吸着移動装置(1)

    船殻の清掃装置の詳細カテゴリ一覧

    船殻の清掃装置の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

    船殻の清掃装置 ページ上部に戻る