船舶またはその他の水上浮揚構造物,関連艤装品 に関する技術一覧

「船舶またはその他の水上浮揚構造物,関連艤装品」に関する技術の関連情報です。 「船舶またはその他の水上浮揚構造物,関連艤装品」 の関連技術、「船舶またはその他の水上浮揚構造物,艤装品」「船の進水,牽引による運搬,乾ドックへの入出渠,水難救助,水中での生存または作業用の装置,水中の物の引上げまたは探索用の装置」 など、その他「船舶またはその他の水上浮揚構造物,関連艤装品」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「船舶またはその他の水上浮揚構造物,関連艤装品」の分野ページはこちら

船舶またはその他の水上浮揚構造物,関連艤装品に所属する技術動向

船舶またはその他の水上浮揚構造物,関連艤装品の分野に属する技術の状況としては、2017年に800件、2018年に821件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、船舶またはその他の水上浮揚構造物,関連艤装品の分野においては特に近年船舶用の攻撃または防御用設備,機雷敷設,掃海,潜水艦,航空母艦の分野における動向が活発であり、他にも船舶用補機や 船の進水,牽引による運搬,乾ドックへの入出渠,水難救助,水中での生存または作業用の装置,水中の物の引上げまたは探索用の装置といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては三菱重工業株式会社や三井造船株式会社、ヤマハ発動機株式会社が豊富な実績を残しており、 三菱重工業株式会社などは、 器械や分離,混合といった分野も含め、 JFEエンジニアリング株式会社や三井造船株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

船舶またはその他の水上浮揚構造物,関連艤装品』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】どのような水質であっても確実かつ安価にIMOが定めるバラスト水基準を満たすバラスト水の処理装置および処理方法を提供する。【解決手段】海水をろ過して水生生物を捕捉するろ過装置4と、海水中の細菌類を死滅させる殺菌剤をろ過された海水中に供給する殺菌剤供給装置5と、殺菌剤が供給されたろ過水の供給を受けて該ろ過水中にキャビテーションを発生させてろ過水中に前記殺菌剤を拡散...

    バラスト水処理装置及び処理方法

  2. 【課題】エンジン出力を制御して着岸性を一層向上させる。【解決手段】スロットル開度検出手段21により検出したスロットル開度に応じた値が所定値以下で、ステアリング角度検出手段22により検出したステアリング角度に応じた値が所定値以上で、船速検出手段23により検出した船速に応じた値が所定値以上の時に、エンジン出力制御手段29によりエンジン出力を上昇させるように制御する。

    水ジェット推進艇のエンジン出力制御装置

  3. 【課題】 運転性に優れた小型船舶用ステアリング装置を提供する。【解決手段】 船体後部に船体に対して左右方向に転回可能に配置した船外機2と、運転席のステアリングホイールの操舵角に応じて船外機を転回するギヤ装置13と、前記ギヤ装置を転回方向に駆動する電動アクチュエータ22と、前記ステアリングホイールの操舵角を検出する操舵角センサ11と、前記操舵角センサの検出信号に応じ...

    小型船舶用ステアリング装置

  4. 【課題】舶用エンジンに起因するトラブルを未然に防止できる舶用エンジンの診断・保守システムを提供する。【解決手段】通信網10と、船舶20に搭載され、舶用エンジンに関するデータを収集し通信網へ送出する第1情報処理装置と、エンジニアリングセンタ30に設置され、第1情報処理装置から通信網を経由して受信された舶用エンジンに関するデータに基づいて舶用エンジンの診断及び寿命予測を行...

    舶用エンジンの診断・保守システム

  5. 【課題】船舶乗組員の低質化が船の運行管理上問題となり、その分陸上側の船舶管理会社の負荷が大きくなっている。【解決手段】運行されている船舶の少なくとも機関部の諸元データを船舶諸情報として船内パソコン1に自動的に取り込んで収録し、その収録データを通信衛星6を経由して陸側に設置したシステム管理会社7のデータサーバ8に入力して保管し、このデータサーバ8に陸側の認証されたクライ...

    船舶の運航管理方法とシステム

新着の技術

船舶またはその他の水上浮揚構造物,関連艤装品』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】タンクに収容されたLNGを貨物とするLNG船の航路上の所定の時点における前記タンク内の状態を推定するタンク状態推定方法である。前記タンクの諸元に係る情報を取得する第1工程と、前記航路上の対象の区間の始点における前記タンク内の状態に係る情報を取得する第2工程と、前記区間の気象予報値、および前記気象予報値の情報に基づいて求められた、前記区間における前記タ...

    タンク状態推定方法およびタンク状態推定プログラム

  2. 【課題・解決手段】本発明は、a)ポリマー骨格に共有結合している海水−加水分解性基であって、海水に晒されたときに加水分解またはイオン交換を受けて、ポリマーを海水に部分的に溶解可能または分散可能にすることができる、海水−加水分解性基と、b)ポリマー骨格に共有結合している双性イオン基とを含む被覆組成物であって、海水−加水分解性基および双性イオン基が結合しているポリマー骨格が...

  3. 【課題・解決手段】航行に制限のある特定水域に入った場合又はこの特定水域に近づいた場合における船舶の航行制御を自動で行うことで操船者の負荷を軽減しつつ安全な航行をサポートすることのできる船舶の推進器の制御装置を提供する。船外機20のECU21は、操作部(シフト・スロットル操作装置34、ステアリング装置35、トリムスイッチ36)から入力される信号に基づいてプロペラ27の回...

    推進器の制御装置

  4. 【課題・解決手段】船舶に搭載される排ガス発生装置から排出される排ガスを脱硫するための船舶用脱硫装置であって、長手方向を有する内部空間を画定するとともに、前記長手方向における一方側の端部に前記内部空間と連通する排ガス導入口が形成された吸収塔本体部、を含む吸収塔と、前記排ガス発生装置から排出される排ガスを前記吸収塔本体部に導くための排ガス導入装置と、を備えている。そして、...

    船殻一体型脱硫装置、船舶および船殻一体型脱硫装置の船舶への組み付け方法

  5. 【課題・解決手段】船体(1)と、船体(1)上に取り付けられた風力タービン(2))と、平衡錘懸架手段(18)によって船体(1)の下方に懸架された平衡錘(3)とを含む浮体式風力タービンについて説明する。設置方法についても説明する。平衡錘(3)は、1又は2以上の平衡錘浮力タンク(17)を含む。浮力タンク(17)の内部容積が空気で満たされている時には、平衡錘(3)の総浮力がそ...

    浮体式風力タービン及びこのような浮体式風力タービンの設置方法

船舶またはその他の水上浮揚構造物,関連艤装品 ページ上部に戻る