鉄道以外の路面車両 に関する技術一覧

「鉄道以外の路面車両」に関する技術の関連情報です。 「鉄道以外の路面車両」 の関連技術、「手動推進車両,例.ハンドカート,乳母車,そり」「畜力牽引運搬車」 など、その他「鉄道以外の路面車両」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「鉄道以外の路面車両」の分野ページはこちら

鉄道以外の路面車両に所属する技術動向

鉄道以外の路面車両の分野に属する技術の状況としては、2016年に3,628件、2017年に4,212件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、鉄道以外の路面車両の分野においては特に近年畜力牽引運搬車の分野における動向が活発であり、他にも自転車用制動装置や 自転車スタンド,自転車の駐車または貯蔵のための支持または保持具,自転車の不許可使用または盗難を防止したり表示する器具,自転車錠,自転車練習装置といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては本田技研工業株式会社やトヨタ自動車株式会社、日本精工株式会社が豊富な実績を残しており、 トヨタ自動車株式会社などは、 運輸や基本的電気素子といった分野も含め、 アイシン精機株式会社や株式会社ジェイテクトといった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

鉄道以外の路面車両』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】所望の駐車区画に車両を駐車させるための運転操作量を車両運転者に確実に教示する。【解決手段】バックモニタカメラ10で得られた車両後方画像は駐車ECU16に供給され、ディスプレイ18上に表示される。駐車ECU16は、車両後方の駐車区画を認識し、駐車区画に進入するために必要な目標操舵角を算出する。センサ14からの検出信号により車両が停止していると判定された場合、駐車...

    駐車支援装置

  2. 【課題】 複数のトリガに応じて画像を記録するものでありながら、記録データの参照や管理が容易な移動体用記録装置を提供することを目的とする。【解決手段】 本発明に係る移動体用記録装置1は、撮像部2と、撮像部2からの映像信号に応じた画像データを作成する信号処理部3と、加速度センサ31、操作ボタン32及び通信回路33等から与えられる入力信号に応じて複数種類のトリガを発生可...

    移動体用記録装置

  3. 【課題】高応答での車線逸脱防止を達成しながら、車線逸脱という状況下において、走行安全性を向上できると共に運転者への認知性も向上できる車線逸脱防止装置を提供すること。【解決手段】自車両が走行車線から逸脱しそうになることを判断する逸脱判断手段と、該逸脱判断手段により自車両が走行車線から逸脱しそうであることが判断された場合には、逸脱を回避する方向のヨーモーメントを左右輪の制...

    車線逸脱防止装置

  4. 【課題】複合している各運転操作に相関させて車両の様々な危険状態を判定し、これらの危険状態をより効果的に回避することができるような運転支援を可能とする運転支援装置の提供。【解決手段】運転支援装置は、ハンドル41、アクセル42、ブレーキ43などからなる車両操作手段4からそれぞれの車両操作量を検出する車両操作量検出手段1、車両の諸状態量を把握する車両状態量把握手段(車両状態...

    運転支援装置

  5. 【課題】PWM駆動による放射ノイズを低減すると共に、大出力化と生産性の向上と重量の低減とが可能な電動パワーステアリング装置を得る。【解決手段】電動機4と、減速機構35と、発熱部品を搭載するパワー基板41と、非発熱部品を搭載する制御基板60と、トルクセンサ用コネクタ52と車速センサ用コネクタ53と電源用コネクタ51とが一体に成型され、配線用の導電板がインサート成型された...

    電動パワーステアリング装置

新着の技術

鉄道以外の路面車両』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 技術 運搬装置

    【課題】 走行体の走行中における収容物の安定した収容状態を確保する。【解決手段】 走行体に設置するための外筐と、外筐の内部に位置すると共に上方からの収容物の出し入れが可能な収容ケースと、走行体の進行方向において外筐の前後両端部間に架け渡された架渡部を有し左右に離隔して位置された伸縮可能な複数の弾性体と、上端部が弾性体に摺動可能に支持された被支持部として設けられ下端...

    運搬装置

  2. 技術 履帯車両

    【課題・解決手段】フレーム本体111の前部にフォーク状に張り出した左右1対の側板部112の間に、アイドラ122が軸支され、上記アイドラ122に履帯131が掛け回された履帯車両において、上記フレーム本体111と、アイドラ122との間の間隙を覆うカバー部材142が設けられている。

    履帯車両

  3. 【課題】車両走行時には荷台をスライドさせるローラー及び取付軸に荷重が加わらないようにして、車両の長寿命化、保守費用の低減を図る。【解決手段】シャーシフレーム1前後方向のローラー取付フレーム2に回転自在に取り付けられたローラー3と、ローラー3でスライド自在に支持される荷台30側スライドレール11と、シャーシフレーム側に固定の第1傾斜部材5と、荷台側に固定された第2傾斜部...

    荷台スライド式車両

  4. 【課題・解決手段】フロントフェンダは、少なくとも一部がホイールローダの前タイヤの上方に配置される第1部材と、第1部材の下面と対向する上面を有する上板、及び上板の後端部と接続され前タイヤの後方に配置される後板を含む第2部材と、上板の下面と後板の前面とに接続される傾斜板と、上板と第1部材とを連結する連結部材と、を備える。傾斜板は、連結部材の直下に設けられ連結部材が通過可能...

    フロントフェンダ及びホイールローダ

  5. 【課題】極めて簡単な操作で容易に自転車をセットすることができる自転車用スタンドおよび駐輪場を提供する。【解決手段】自転車用スタンドは、自転車のボトムブラケットシェルを下方から支持する支持部と、ボトムブラケットシェルを支持部に載せたとき、ボトムブラケットシェルを少なくとも水平方向に拘束する拘束部材とを有し、支持部によりボトムブラケットシェルを支持したとき、自転車の後輪ま...

    自転車用スタンドおよび駐輪場

    • 公開日:2018/12/06
    • 出願人: 吉田優
    • 発明者: 吉田優
    • 公開番号:2018-192818号
    • 公開日:2018/12/06
    • 出願人: 吉田優
    • 発明者: 吉田優
    • 公開番号:2018-192818号

鉄道以外の路面車両 ページ上部に戻る