鉄道以外の路面車両 に関する技術一覧

「鉄道以外の路面車両」に関する技術の関連情報です。 「鉄道以外の路面車両」 の関連技術、「手動推進車両,例.ハンドカート,乳母車,そり」「畜力牽引運搬車」 など、その他「鉄道以外の路面車両」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「鉄道以外の路面車両」の分野ページはこちら

鉄道以外の路面車両に所属する技術動向

鉄道以外の路面車両の分野に属する技術の状況としては、2015年に3,675件、2016年に3,591件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、鉄道以外の路面車両の分野においては特に近年畜力牽引運搬車の分野における動向が活発であり、他にも自転車用制動装置や 自転車スタンド,自転車の駐車または貯蔵のための支持または保持具,自転車の不許可使用または盗難を防止したり表示する器具,自転車錠,自転車練習装置といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては本田技研工業株式会社やトヨタ自動車株式会社、株式会社ジェイテクトが豊富な実績を残しており、 トヨタ自動車株式会社などは、 運輸や基本的電気素子といった分野も含め、 アイシン精機株式会社や株式会社ジェイテクトといった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

鉄道以外の路面車両』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】所望の駐車区画に車両を駐車させるための運転操作量を車両運転者に確実に教示する。【解決手段】バックモニタカメラ10で得られた車両後方画像は駐車ECU16に供給され、ディスプレイ18上に表示される。駐車ECU16は、車両後方の駐車区画を認識し、駐車区画に進入するために必要な目標操舵角を算出する。センサ14からの検出信号により車両が停止していると判定された場合、駐車...

    駐車支援装置

  2. 【課題】 複数のトリガに応じて画像を記録するものでありながら、記録データの参照や管理が容易な移動体用記録装置を提供することを目的とする。【解決手段】 本発明に係る移動体用記録装置1は、撮像部2と、撮像部2からの映像信号に応じた画像データを作成する信号処理部3と、加速度センサ31、操作ボタン32及び通信回路33等から与えられる入力信号に応じて複数種類のトリガを発生可...

    移動体用記録装置

  3. 【課題】高応答での車線逸脱防止を達成しながら、車線逸脱という状況下において、走行安全性を向上できると共に運転者への認知性も向上できる車線逸脱防止装置を提供すること。【解決手段】自車両が走行車線から逸脱しそうになることを判断する逸脱判断手段と、該逸脱判断手段により自車両が走行車線から逸脱しそうであることが判断された場合には、逸脱を回避する方向のヨーモーメントを左右輪の制...

    車線逸脱防止装置

  4. 【課題】複合している各運転操作に相関させて車両の様々な危険状態を判定し、これらの危険状態をより効果的に回避することができるような運転支援を可能とする運転支援装置の提供。【解決手段】運転支援装置は、ハンドル41、アクセル42、ブレーキ43などからなる車両操作手段4からそれぞれの車両操作量を検出する車両操作量検出手段1、車両の諸状態量を把握する車両状態量把握手段(車両状態...

    運転支援装置

  5. 【課題】PWM駆動による放射ノイズを低減すると共に、大出力化と生産性の向上と重量の低減とが可能な電動パワーステアリング装置を得る。【解決手段】電動機4と、減速機構35と、発熱部品を搭載するパワー基板41と、非発熱部品を搭載する制御基板60と、トルクセンサ用コネクタ52と車速センサ用コネクタ53と電源用コネクタ51とが一体に成型され、配線用の導電板がインサート成型された...

    電動パワーステアリング装置

新着の技術

鉄道以外の路面車両』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】他車両の対地速度が一定のときの自車両の減速又は自車両の対地速度が一定のときの先行車両の加速により相対速度Vrが減少している場合は、衝突回避支援ECU20のタイミング算出部21は、加速度Grを用いずに距離D及び相対速度Vrを用いて、時間T2よりも短い時間T1を衝突までの時間として算出する。タイミング算出部21は時間T1に基づいて衝突回避支援の開始のタイ...

    衝突回避支援装置

  2. 【課題・解決手段】作業車両の車体カバーは、外通気カバー部と内通気カバー部とを備える。外通気カバー部は、外部の空間に連通する外通気孔を有する。外通気カバー部は、鉛直方向に対して傾斜して配置される。内通気カバー部は、外通気カバー部の内方において外通気孔に対向して配置される。内通気カバー部は、雨樋部と通気部とを有する。雨樋部は、外通気孔から進入した水を受けるように構成される...

    車体カバー及び作業車両

  3. 【課題・解決手段】車両用サブフレーム(1)では、前方部材(20)の突出部(24、31)が、幅方向に本体部から突出しながら上方側に延在して上端部(25、32)を有すると共に前方側に凸の形状を呈し、上端部(25、32)が、車体への前方取付部として機能することにより、簡便な構成で、良好な生産性や高い強度等を確保しながらサスペンションの支持剛性を向上することができる。

    車両用サブフレーム

  4. 【課題】従来の故障閾値に加え、故障閾値の内側に中途故障診断閾値を設定し、或いは検出分解能単位で中途故障診断閾値を設定して中途故障を検出し、不用意なシステムダウンを抑制することができ、信頼性を向上した中途故障診断システム及びそれを搭載した高性能な電動パワーステアリング装置を提供する。【解決手段】電気装置の正常時における計測値の平均値及び標準偏差から正規分布を算出し、計測...

    中途故障診断システム及びそれを搭載した電動パワーステアリング装置

  5. 技術 車両

    【課題・解決手段】ボンネット部(21)とフロントバンパー部(22)との境界部分に前方に向けて開口しかつ車幅方向に延びる第1の凹部(26)が形成される。ヘッドライト部(32)に前方に向けて開口する第2の凹部(35)が形成される。フロントフェンダー部(16,17)に側方に向けて開口しかつ前後方向に延びる第3の凹部(40)が形成される。第1〜第3の凹部(26,35,40)の...

    車両

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • 機械学習・深層学習(Deep Learning)

    2012年6月26日、Google Official Blog は、ネコと思しき1枚の画像とともにあ…

  • 生体情報デバイス・バイオセンサ

    「音楽を学習した人工知能は、人間を感動させることができるか?」をテーマに、クラブイベント「2045」…

  • 画像診断・生体イメージング

    医療の診断において、非侵襲的あるいは低侵襲的な検査方法として、生体組織を可視化するin vivoイメ…

ページトップへ

鉄道以外の路面車両 ページ上部に戻る