鉄道 に関する技術一覧

「鉄道」に関する技術の関連情報です。 「鉄道」 の関連技術、「鉄道方式,他に分類されない設備」「機関車,動力車」 など、その他「鉄道」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「鉄道」の分野ページはこちら

鉄道に所属する技術動向

鉄道の分野に属する技術の状況としては、2015年に732件、2016年に760件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、鉄道の分野においては特に近年車両を移動するものまたは入れ換えするものの分野における動向が活発であり、他にも連結器,引張または緩衝装置や 鉄道のための他の補助装置といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはルネサスエレクトロニクス株式会社や三菱電機株式会社、公益財団法人鉄道総合技術研究所が豊富な実績を残しており、 東日本旅客鉄道株式会社などは、 鉄道や運輸といった分野も含め、 ルネサスエレクトロニクス株式会社や大同信号株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

鉄道』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】二面構造体(パネル)の二面の接合を摩擦接合で施工する場合において、継ぎ手部の変形を抑え、良好な接合部を得る継ぎ手形状を提供する。【解決手段】パネル31,32は、実質的に平行な2つの板33,34と該2つの板33,34を接続する第3の部材35とからなる。一方のパネル32のそれぞれの板33,34の端部を他方のパネル32のそれぞれの板33,34の端部に摩擦接合で接合す...

    パネル構造体、摩擦接合方法、およびパネル

  2. 【課題】大電力化され一個あたりの発熱量が増加したLEDランプを光源として採用したLED信号灯具において、基板の小型化により集中する発熱を熱伝導にバラツキのない状態で放熱可能とする。【解決手段】LEDランプを保持する基板3を点灯時の発熱を伝導するのに充分な板厚を有する金属板で自立構造として形成し、LEDランプ2が取付けられた状態とした基板3を絶縁性熱伝導シート5を介して...

    LED信号灯具

  3. 【課題】接合品質を確保して、溶接痕を視覚的に目立たなくする。【解決手段】板状部材1,2を重ね合せ、その面外方向からレーザビームRを移動しながら連続的に照射し、レーザビームRを照射した板状部材2の反対側の板状部材1の内部までの領域を加熱溶融する。それにより生じた溶融池Pの底部が反対側の板状部材1の外側面S1に到達しないように、レーザビームの出力またはビーム移動速度を制御...

    レーザ溶接方法、レーザ溶接継手、外板パネルおよび鉄道車両の構体構造

  4. 技術 空気ばね

    【課題】円錐台又は角錐台状の外周面を持つ支持部材を有する空気バネにおいて、支持部材の外周面と内筒とに亘って配備される環状の弾性体を、通常の正常動作時における柔らかいバネ特性を持つものとしながらも、大荷重時には硬いバネ特性が発揮できて腰のあるものとなるよう、非線形特性が備わったものに改善する。【解決手段】外筒1と、内筒2と、これら両者1,2に亘って配備されるダイヤフラム...

    空気ばね

  5. 【課題】非接触ICカードと通信機能付き携帯情報端末とを組み合わせて使用することによって、より簡便に乗換案内等の経路検索を行える携帯情報端末、非接触ICカード、コンピュータプログラムおよび経路案内システムを提供する。【解決手段】携帯電話(携帯情報端末)200は、自動改札機310の通過時に、非接触ICカード201を介して当該自動改札機から入場駅の情報321を受信するととも...

    携帯情報端末、非接触ICカード、コンピュータプログラムおよび経路案内システム

新着の技術

鉄道』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】車両を改造することなく、車両扉との連携を間接的に行うことができ、迅速にホームドア装置の扉部を開閉することが可能なホームドア制御装置及びホームドア制御方法を提供することを目的とする。【解決手段】ホームドア制御装置1は、列車の前面を検出する列車検出部2と、プラットホームに停止した列車の車両扉を検出する扉検出部3と、列車検出部2の検出結果に基づいて、列車が所定の停止...

    ホームドア制御装置及びホームドア制御方法

  2. 【課題】機体そのものが損傷や故障等により制御不能になった際でも周囲の安全を保証でき、常に安定した飛行位置及び軌道での長時間の飛行を可能とする、ドローンの安全飛行システムを提供することを課題とする。【解決手段】ドローンの飛行軌道上に張設されたガイドラインと、このガイドラインに沿ってドローンを飛行させる誘導手段と、を備え前記誘導手段は、前記ガイドラインに沿って飛行するドロ...

    ドローンの安全飛行システム

  3. 【課題】行路番号情報と列車番号情報を紐づけて表示させることができる乗務員運用支援システムを提供する。【解決手段】列車の乗務員の現在位置を確認する乗務員運用支援システムにおいて、列車に搭載され車上装置4と同一の車両編成番号情報を発信する発信装置3を備え、携帯端末1は、近距離無線通信部17を有し、近距離無線通信部17により発信装置3から取得した車両編成番号情報を通信部15...

    乗務員運用支援システム

  4. 【課題】鉄道車両構造において、側構体と台枠の接合部分には、衝突等に対する構造強度が求められる。一方、側構体の最外面を構成する側外板の表面には、溶接痕が残らないのが望ましい。すなわち、側構体と台枠の接合には構造的な強度と外見的な美観が要求される。【解決手段】台枠と、側構体と、妻構体および屋根構体で組み立てられた鉄道車両構造であって、前記側構体は、 縦骨と長土台...

    鉄道車両構造

  5. 【課題】鉄道車両が衝突した時に、乗客に対してダメージを与えることの少ない鉄道車両用テーブルを提供すること。【解決手段】鉄道車両の座席に座った乗客に合わせて設けられた天板11と、天板11を支持する脚部材12とを有する鉄道車両用テーブル10において、脚部材12は、鉄道車両が衝突した時に、乗客への衝撃を緩和する緩衝部材13を有すること。これにより、鉄道車両の衝突時に、乗客が...

    鉄道車両用テーブル

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • 3Dプリンター医学応用

    3Dプリンタ、正しくは、積層造形(AM:Additive Manufacturing)技術は、今や家…

  • がん医療

    国立がん研究センターの統計予測は、2015年の国内全がん罹患者数を982,100人、同死亡数を370…

  • 機械学習・深層学習(Deep Learning)

    2012年6月26日、Google Official Blog は、ネコと思しき1枚の画像とともにあ…

ページトップへ

鉄道 ページ上部に戻る