鉄道 に関する技術一覧

「鉄道」に関する技術の関連情報です。 「鉄道」 の関連技術、「鉄道方式,他に分類されない設備」「機関車,動力車」 など、その他「鉄道」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「鉄道」の分野ページはこちら

鉄道に所属する技術動向

鉄道の分野に属する技術の状況としては、2017年に884件、2018年に753件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、鉄道の分野においては特に近年車両を移動するものまたは入れ換えするものの分野における動向が活発であり、他にも連結器,引張または緩衝装置や 鉄道のための他の補助装置といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはルネサスエレクトロニクス株式会社や三菱電機株式会社、東日本旅客鉄道株式会社が豊富な実績を残しており、 東日本旅客鉄道株式会社などは、 鉄道や運輸といった分野も含め、 ルネサスエレクトロニクス株式会社や大同信号株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

鉄道』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】二面構造体(パネル)の二面の接合を摩擦接合で施工する場合において、継ぎ手部の変形を抑え、良好な接合部を得る継ぎ手形状を提供する。【解決手段】パネル31,32は、実質的に平行な2つの板33,34と該2つの板33,34を接続する第3の部材35とからなる。一方のパネル32のそれぞれの板33,34の端部を他方のパネル32のそれぞれの板33,34の端部に摩擦接合で接合す...

    パネル構造体、摩擦接合方法、およびパネル

  2. 【課題】大電力化され一個あたりの発熱量が増加したLEDランプを光源として採用したLED信号灯具において、基板の小型化により集中する発熱を熱伝導にバラツキのない状態で放熱可能とする。【解決手段】LEDランプを保持する基板3を点灯時の発熱を伝導するのに充分な板厚を有する金属板で自立構造として形成し、LEDランプ2が取付けられた状態とした基板3を絶縁性熱伝導シート5を介して...

    LED信号灯具

  3. 【課題】接合品質を確保して、溶接痕を視覚的に目立たなくする。【解決手段】板状部材1,2を重ね合せ、その面外方向からレーザビームRを移動しながら連続的に照射し、レーザビームRを照射した板状部材2の反対側の板状部材1の内部までの領域を加熱溶融する。それにより生じた溶融池Pの底部が反対側の板状部材1の外側面S1に到達しないように、レーザビームの出力またはビーム移動速度を制御...

    レーザ溶接方法、レーザ溶接継手、外板パネルおよび鉄道車両の構体構造

  4. 技術 空気ばね

    【課題】円錐台又は角錐台状の外周面を持つ支持部材を有する空気バネにおいて、支持部材の外周面と内筒とに亘って配備される環状の弾性体を、通常の正常動作時における柔らかいバネ特性を持つものとしながらも、大荷重時には硬いバネ特性が発揮できて腰のあるものとなるよう、非線形特性が備わったものに改善する。【解決手段】外筒1と、内筒2と、これら両者1,2に亘って配備されるダイヤフラム...

    空気ばね

  5. 【課題】非接触ICカードと通信機能付き携帯情報端末とを組み合わせて使用することによって、より簡便に乗換案内等の経路検索を行える携帯情報端末、非接触ICカード、コンピュータプログラムおよび経路案内システムを提供する。【解決手段】携帯電話(携帯情報端末)200は、自動改札機310の通過時に、非接触ICカード201を介して当該自動改札機から入場駅の情報321を受信するととも...

    携帯情報端末、非接触ICカード、コンピュータプログラムおよび経路案内システム

新着の技術

鉄道』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】主に、無人搬送車に取付けて使用可能な汎用性の高い連結機構を設けて、台車の側に連結機構を設ける必要をなくし得るようにする。【解決手段】無人搬送車2の後部に取付けられた連結器本体5と、 連結器本体5に対して前後に往復移動自在に設けられた連結器可動部6と、 連結器可動部6を後方へ向けて付勢可能な付勢手段7と、 押込みによって連結器可動部6に対する保持および解放...

    台車連結機構

  2. 【課題】鉄道車両の内部構成の変更を回避しつつ、所望の周波数帯域の音を選択的に吸音できる荷物棚、及びかかる荷物棚を適用した鉄道車両を提供する。【解決手段】荷物棚11では、本体部12の長手方向に延在する中空部Fが気柱共鳴孔部Hによって外部に連通している。かかる構成により、中空部F内で定在波が発生し、気柱共鳴孔部Hの位置からの中空部Fの長さで定まる共鳴周波数において、気柱共...

    荷物棚及び鉄道車両

  3. 【課題】列車通信システムにおいて、ミリ波通信の減衰を考慮しつつ、製造コストを抑えるための技術を提供する。【解決手段】本願明細書に開示される技術に関する列車通信システムは、線路沿いに配置される複数の基地局装置(20、20A、12)と、それぞれの基地局装置と通信可能である中央装置(11)と、線路を走行する列車に搭載され、かつ、複数の基地局装置と通信可能である車上無線装置(...

    列車通信システム

  4. 【課題】レールの接続部における段差へのブレーキパッドの接触を回避し得、運転の円滑化を図り得る軌道走行式機械を提供する。【解決手段】制動装置40の走行方向前後位置に、レール4の接続部4bにおける段差4cを乗り越える補助スライド機構60を配設し、補助スライド機構60は、レール4上を転動するガイドローラ61とする。

    軌道走行式機械

  5. 【課題】復調の方式が異なる複雑な回路を設けたり、列車検知信号の出力を大きくしたりすることなく、車上装置の種類を判別できる列車制御システムを提供する。【解決手段】列車制御システムは、地上に設置したループコイルLCに車上装置1から変調された列車検知信号を送信し、該ループコイルを介して地上装置2で受信した列車検知信号を復調して列車の在線/非在線を検出する。そして、車上装置か...

    列車制御システム

鉄道 ページ上部に戻る