他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品 に関する技術一覧

「他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品」に関する技術の関連情報です。 「他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品」 の関連技術、「光学的視認装置」「他に分類されない物品の保持または支持装置」 など、その他「他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品」の分野ページはこちら

他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品に所属する技術動向

他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品の分野に属する技術の状況としては、2016年に4,268件、2017年に4,809件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品の分野においては特に近年潤滑方式または装置の配置または適用の分野における動向が活発であり、他にも衛生装置の配置または適用や 他の車両部品,このサブクラスの他のいずれのグループにも分類されない車両または車両部品といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはトヨタ自動車株式会社や株式会社デンソー、本田技研工業株式会社が豊富な実績を残しており、 トヨタ自動車株式会社などは、 他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品や化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池といった分野も含め、 株式会社デンソーやアイシン精機株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】衝突対象の推定、すなわち歩行者との衝突および車両との衝突の区別を可能にするとともに、それに対応した保護装置の作動を可能にすること。【解決手段】衝突対象と車両の衝突を検出する衝突検出手段1と、前記衝突情報および車速から何に衝突したかを予測する衝突状態推定手段2と、衝突状態推定手段2の信号から歩行者保護装置8と乗員保護装置6のどれを作動させるか、または複数の乗員保...

    車両用衝突判別装置

  2. 【課題】簡単な構成の映像によって、運転支援を可能にする。【解決手段】(a)に示すように、車両1が後進して駐車位置40に駐車する際の支援として、後方の映像に重ねて、進行予測曲線5aとともに、車幅を平行に延長したガイドライン5bを表示する。ガイドライン5bによって、車両の向きを確認することができる。(b)に示すように、後方映像に重ねて、進行予測曲線5aのみ表示したり、(c...

    車両の運転支援装置

  3. 【課題】車載機器などで、運転者が装置を注視せずに安全に操作が行えるような、操作入力装置および方法を提供する。【解決手段】形状ジェスチャと方向ジェスチャなどの2種類のジェスチャを検出し、一方のジェスチャによって、操作モードを選択し、他方のジェスチャによって、その操作モード内におけるパラメータの変更を行えるように構成した。

    操作入力装置および方向検出方法

  4. 【課題】 道路形状、障害物を検出し、リスク最小走行軌跡を算出するリスク最小軌跡生成装置およびそれを用いた危険状況警報装置を提供する。【解決手段】 危険状況警報装置10は、障害物検出レーダ1、白線検出カメラ2、走行状態検出センサ3、CPU5を備える。CPUは、障害物検出レーダから障害物の情報を取得し、白線検出カメラから道路形状と自車両の走行位置を取得する。さらに、走...

    リスク最小軌跡生成装置およびこれを用いた危険状況警報装置

  5. 【課題】運転者に自身の走行状況をリアルタイムに認識させて経済的且つ安全な車両の運転を支援可能なエコドライブ支援装置、カーナビゲーションシステム及びエコドライブ支援プログラムを提供する。【解決手段】GPS受信機30からの測位データに基づいて、速度、加速度、アイドリング時間が所定の警告条件に該当するか否かを判定し、判定結果に基づいてタッチパネル式液晶ディスプレイ15に警告...

    • 公開日:2007/11/01
    • 出願人: 堀川渉
    • 発明者: 堀川渉
    • 公開番号:2007-284049号

    エコドライブ支援装置、カーナビゲーションシステム及びエコドライブ支援プログラム

新着の技術

他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】センサ用ホルダ(100)は、バンパ(1)の表面部(12)に配置されるセンサベゼル(2)と、バンパ(1)の裏面側に突出したセンサ本体(3)を保持する保持部(61)と、保持部(61)から延在してバンパ(1)の裏面部(13)に当接自在な脚部(62)とを有する取付具(6)とを備え、取付具(6)は、センサ本体(3)に対して放射状に広がる複数本の脚部(62)を有...

    センサ用ホルダ及びセンサ装置

  2. 【課題・解決手段】マーカ(3020)は、ユーザの身体の任意の部分であるか、又はユーザに身に付けられる任意の印である。センサ(3040)はユーザに身に付けられる。操作領域算出部(2020)は、カメラによって生成された撮像画像に写っているマーカ(3020)の位置に基づいて、撮像画像に含まれる操作領域を算出する。認識部(2040)は、操作領域内に写っている操作体の位置又は動...

    情報処理システム、情報処理装置、制御方法、及びプログラム

  3. 【課題・解決手段】車載装置(100)は、自動運転システム(300)が搭載される車両(1)に搭載される。要求取得部(111)は、車両(1)に乗車している複数の乗員のうちのいずれかの乗員から、自動運転システム(300)を制御する権利である制御権の移転を要求する移転要求を取得する。制御権管理部(112)は、移転要求の要求元の乗員である移転要求者の運転資格の有無を判定し、移転...

    車載装置、制御権管理方法及び制御権管理プログラム

  4. 【課題・解決手段】運転支援装置(10)は、移動体(100)の周辺に存在する物体を検出し、検出された物体の移動を予測する。運転支援装置(10)は、移動体(100)と検出された物体とが衝突するか否かを予測する。運転支援装置(10)は、移動体(100)と物体とが衝突すると予測された場合に、物体の移動の予測が外れたことが検知されたか否かと、検出された物体に移動体(100)の運...

    運転支援装置、運転支援方法及び運転支援プログラム

  5. 【課題】慣性要素の質量に関係なく、ベルトリールの挿入を保証するロック機構を提供する。【解決手段】慣性要素24が枢動するベルトリトラクター用のロック機構12において、軸受28は当初位置と軸受28内のロック位置との間にて回転可能に支持された慣性要素24を含む、凸型の支持面34と、凹型の軸受36とを含む円錐形軸受28を設ける。円錐形軸受のため、慣性要素は、ベルトリールに対し...

    ベルトリトラクター用のロック機構

他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品 ページ上部に戻る

周辺技術分野

整理標準化データをもとに当社作成

分野番号表示ON

その他の分野

他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。