運輸 に関する技術一覧

「運輸」に関する技術の関連情報です。 「運輸」 の関連技術、「車輪,キャスター,車軸,車輪の付着力を増大させるもの」「車両用タイヤ,タイヤの膨張,タイヤの交換,膨張可能な弾性体一般への弁の取付け,タイヤに関する装置または部品」 など、その他「運輸」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「運輸」の分野ページはこちら

運輸に所属する技術動向

運輸の分野に属する技術の状況としては、2016年に14,653件、2017年に16,864件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、運輸の分野においては特に近年空気クッション車両の分野における動向が活発であり、他にも軌条と路面両用車両,水陸両用またはこれに類するもの,用途転換可能な車両や 車両連結器といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはトヨタ自動車株式会社や株式会社デンソー、本田技研工業株式会社が豊富な実績を残しており、 トヨタ自動車株式会社などは、 運輸や基本的電気素子といった分野も含め、 株式会社デンソーやアイシン精機株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

運輸』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】狭隘な場所に取り付けられる転がり軸受装置において、装置の大型化を避けつつ高剛性化を図り、その長寿命化を図ることを目的とする。【解決手段】転がり軸受装置100は、外輪1のフランジ14とハブ軸2のフランジ15との間の自由空間11を活用して、車両アウタ側の玉群4のピッチ円直径を車両インナ側の玉群5に比べて大きく設定している。これにより、転がり軸受装置100の大型化を...

    転がり軸受装置

  2. 【課題】カーカスコードの耐熱性を高め、ランフラット耐久性を向上させる。【解決手段】サイドウォール部3かつカーカス6の内側に配される断面三日月状のサイド補強ゴム層10を具えるランフラットタイヤ1であって、カーカス6は、タイヤ周方向に対して70〜90°の角度で配列したカーカスコード20をトッピングゴムで被覆したカーカスプライ6Aからなるとともに、カーカスコード20に、アラ...

    ランフラットタイヤ

  3. 【課題】 装置の軽量・コンパクト化を図ると共に、組立・分解時における作業性を向上させ、かつ補修費用を低減させた駆動車輪用軸受装置を提供する。【解決手段】 ハブ輪1と内輪部材6とからなる内方部材8と、外方部材7とを備えた複列の転がり軸受2と、等速自在継手3とがユニット化され、ハブ輪1の内周に硬化した凹凸部5が形成されると共に、これに内輪部材6の嵌合部13aを拡径させ...

    駆動車輪用軸受装置

  4. 【課題】第一の内輪軌道7の転がり疲れ寿命を確保し、しかも低コストの構造を実現する。【解決手段】炭素の含有量が0.45重量%以上である炭素鋼製のハブ2bと高炭素鋼製の内輪3とを、ハブ2bの端部に形成したかしめ部19により結合する。ハブ2bは、上記第一の内輪軌道7を含む斜格子部分を焼き入れ硬化する。内輪3は、心部まで焼き入れ硬化する。ハブ2bのうち、少なくとも上記かしめ部...

    車輪支持用転がり軸受ユニット

  5. 【課題】半導体発光素子を光源とする複数の灯具ユニットにより複数種類の配光パターンを形成するように構成された車両用前照灯において、半導体発光素子の温度上昇を抑制する。【解決手段】発光ダイオード42、52を光源とする複数の灯具ユニット20、22を、傾動可能に設けられた共通の金属製支持部材24に支持せしめた状態で灯室内16に収容する。複数の灯具ユニット20、22の一部または...

    車両用前照灯

新着の技術

運輸』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】センサ用ホルダ(100)は、バンパ(1)の表面部(12)に配置されるセンサベゼル(2)と、バンパ(1)の裏面側に突出したセンサ本体(3)を保持する保持部(61)と、保持部(61)から延在してバンパ(1)の裏面部(13)に当接自在な脚部(62)とを有する取付具(6)とを備え、取付具(6)は、センサ本体(3)に対して放射状に広がる複数本の脚部(62)を有...

    センサ用ホルダ及びセンサ装置

  2. 技術 作業車両

    【課題・解決手段】作業車両は、エンジン(11)と、前記エンジンの前方に配置された送風装置(22)と、前記エンジンからの排気ガスを処理するとともに前記エンジンの上方に配置された排気ガス後処理装置(30)と、前記送風装置からの空気の少なくとも一部を、前記排気ガス後処理装置がある上方へ持ち上げて案内する案内装置(40、50)と、を備える。

    作業車両

  3. 【課題・解決手段】マーカ(3020)は、ユーザの身体の任意の部分であるか、又はユーザに身に付けられる任意の印である。センサ(3040)はユーザに身に付けられる。操作領域算出部(2020)は、カメラによって生成された撮像画像に写っているマーカ(3020)の位置に基づいて、撮像画像に含まれる操作領域を算出する。認識部(2040)は、操作領域内に写っている操作体の位置又は動...

    情報処理システム、情報処理装置、制御方法、及びプログラム

  4. 【課題・解決手段】車両搭載機器とTCMS10との間で通信を行う列車通信システム100であって、TCMS10への信号を複数の車両搭載機器が接続可能なネットワーク110で伝送される形式であるネットワーク伝送形式の信号に変換してネットワーク110経由で送信し、また、ネットワーク110経由でTCMS10から受信したネットワーク伝送形式の信号を元の形式の信号に変換する、1つまた...

    列車通信システムおよび車両搭載機器

  5. 【課題・解決手段】鉄道車両用空気調和装置(100)は、冷媒を蒸発させる室内熱交換器(10)と、室内熱交換器との間で冷媒を授受することにより、室内熱交換器と共に冷媒を用いて冷凍サイクルを構成する協働機器群(20)と、廃熱源(WS)から廃熱を回収する廃熱回収部(81)、及び自己に伝えられた熱を室内熱交換器に放出する放熱部(82)を有し、廃熱回収部が回収した廃熱が放熱部に伝...

    空気調和装置、空気調和方法、及び制御プログラム

運輸 ページ上部に戻る

周辺技術分野

整理標準化データをもとに当社作成

分野番号表示ON