装飾技術 に関する技術一覧

「装飾技術」に関する技術の関連情報です。 「装飾技術」 の関連技術、「美術作業,例.造形,組紐飾り彫り,彫刻,焼印,はめこみ加工,に用いる機械,装置または工具」「装飾効果の創作,モザイク,寄せ木細工,紙張り」 など、その他「装飾技術」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「装飾技術」の分野ページはこちら

装飾技術に所属する技術動向

装飾技術の分野に属する技術の状況としては、2017年に227件、2018年に188件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、装飾技術の分野においては特に近年美術作業,例.造形,組紐飾り彫り,彫刻,焼印,はめこみ加工,に用いる機械,装置または工具の分野における動向が活発であり、他にも他に分類されない塗装または絵画,絵画の保存,特殊な美術的表面効果または表面仕上げを得るための表面処理や 特殊デザインまたは絵画といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては大日本印刷株式会社や凸版印刷株式会社、日本写真印刷株式会社が豊富な実績を残しており、 大日本印刷株式会社などは、 運搬,包装,貯蔵,薄板状または線条材料の取扱いや印刷といった分野も含め、 株式会社DNPファインケミカルや株式会社タイカといった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

装飾技術』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】意匠性に富み、偽造が困難で、簡単に偽造判別することができる偽造防止体及び偽造判別方法を提供する。【解決手段】基材11と、基材11の所定領域に形成され、入射した光のうち、左円偏光又は右円偏光のいずれか一方の光のみ反射する第1光選択反射層12と、第1光選択反射層12に形成され、左円偏光を入射したときは、その左円偏光を右円偏光に変換して射出し、右円偏光を入射したとき...

    偽造防止体及び偽造判別方法

  2. 【課題】容易に偽造することができないとともに、真偽の識別が確実かつ容易であり、しかも、手軽に運搬することができる対象物の識別媒体および識別方法を提供する。【解決手段】対象物に貼り付けた識別媒体10は、自然光のもとで見ると2層体の色と絵柄が重なって見えるが、簡易判定器の右と左の各円偏光フィルタを通すと、右と左とで別々の色と絵柄が見え、さらに、視野角を大きくすると、高分子...

    対象物の識別媒体及び識別方法

  3. 【課題】転写用フィルムを用いて金属膜、特に金属厚膜を転写法で形成したときに、その表面や端面に歪やバリ状の剥がれが生じない転写用フィルムおよびそれを用いた有機EL素子の製造方法を提供することを課題とする。【解決手段】ベースフィルム上に転写用層として少なくとも金属膜を有する転写用フィルムにおいて、金属膜が、連続的または断続的な複数領域に分断されている転写用フィルムにより、...

    転写用フィルムおよびそれを用いた有機エレクトロルミネッセンス素子の製造方法

  4. 【課題】ラベル類、カード類、その他の被転写材の表面にホログラム層を含む転写層を転写した場合、該転写後の転写層の表面に任意の印刷、特にオフセット印刷が可能なホログラムシート原反および該原反に印刷された印刷物を提供すること。【解決手段】被転写材の一方の面に接着層を介して、少なくともホログラム効果層、ホログラム形成層およびOP層(保護層)を含む転写層が転写され、転写後の転写...

    ホログラムシート原反および該原反に印刷された印刷物

  5. 【課題】コレステリック液晶の旋光性、選択反射性を利用した偽造防止効果が高く真偽判定が容易な真偽判定体用転写箔等を提供する。【解決手段】本発明の真偽判定体用転写箔1は基材フィルム11上に、剥離層兼保護層12を設け、当該剥離層兼保護層上に見る角度によって選択反射性を有し色彩変化を生じるコレステリック液晶層13を設け、当該液晶層上の一部に、通常の印刷インキによる地紋印刷14...

    真偽判定体用転写箔と真偽判定体

新着の技術

装飾技術』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】金箔の搬送や貼付作業などの金箔の取扱いを容易にする技術に関し、自由形状の表面を有する被装飾物の表面にある程度の大きさを備えた金箔を貼付する作業を容易に行うことができるようにする。特に金箔の貼付作業に慣れていない菓子職人などであっても、食品の所望領域への金箔の貼付を容易に行うことができるようにする。【解決手段】樹脂シート2に金箔4を静電気で吸着した金箔担持シート...

    金箔担持シート及び金箔流通パッケージ

  2. 【課題】多様な視覚的状態を示す造形物・造形物展示体・造形物照明設備、その造形物を製造する造形物製造装置及び造形物製造方法を提供する。【解決手段】複数の溝部G以外の部分が透過性を有する造形物3の少なくとも一部において複数の溝部Gの少なくとも一部が互いに平行かつ一定ピッチであり、互いに平行かつ一定ピッチである複数の溝部Gの少なくとも一部において溝部深間隔率が最小溝部深間隔...

    装飾体、装飾体製造装置及び装飾体製造方法

  3. 【課題】1つの転写箔で透明な成形品の両面を加飾し、さらに、成形品の裏面の加飾性を高めることができる加飾成形品を提供する。【解決手段】成形品の表面に両面転写箔が貼り付けられた加飾成形品であって、前記両面転写箔は、前記成形品の表面上に、少なくとも接着層、裏面絵柄層、表面絵柄層、保護層が順番に積層された状態であり、前記成形品の裏面には、前記両面転写箔の裏面絵柄層に設けられて...

    加飾成形品

  4. 【課題】より簡易な構成によってマーブリング模様を作成する。【解決手段】媒体にマーブリング模様A2を描画するマーブリング模様の作成方法であって、所定の画像A1を、水性インクを用いて撥水性シート40に印刷する工程と、シート40に印刷された画像A2の上に、転写溶液を塗付する工程と、転写溶液が塗付された画像A2を、シート40から媒体に転写する。

    マーブリング模様の作成方法

  5. 【課題】逆方向の動きを同時に表現しながらも、目に過度な疲労を与えることがなく、また、動きを正確に認識可能とする技術を提供する。【解決手段】表示体1は、凸部又は凹部を含んだレリーフ型の第1及び第2回折格子がそれぞれ設けられたホログラム領域HR1及びHR2を含み、第1回折格子は、傾き角を変化させる観察条件下で、第1回折光を表示する部分が移動するように構成され、第2回折格子...

    表示体、転写箔、粘着ラベル及びラベル付き物品

装飾技術 ページ上部に戻る