筆記用または製図用の器具,机上付属具 に関する技術一覧

「筆記用または製図用の器具,机上付属具」に関する技術の関連情報です。 「筆記用または製図用の器具,机上付属具」 の関連技術、「筆記用または製図用の器具」「筆記具または製図具,筆記または製図のための付属具」 など、その他「筆記用または製図用の器具,机上付属具」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「筆記用または製図用の器具,机上付属具」の分野ページはこちら

筆記用または製図用の器具,机上付属具に所属する技術動向

筆記用または製図用の器具,机上付属具の分野に属する技術の状況としては、2016年に408件、2017年に422件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、筆記用または製図用の器具,机上付属具の分野においては特に近年他に分類されない机上付属具の分野における動向が活発であり、他にも筆記具または製図具,筆記または製図のための付属具や 筆記用または製図用の器具といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては株式会社パイロットコーポレーションや三菱鉛筆株式会社、パイロットインキ株式会社が豊富な実績を残しており、 株式会社パイロットコーポレーションなどは、 筆記用または製図用の器具,机上付属具や染料,ペイント,つや出し剤,天然樹脂,接着剤,他に分類されない組成物,他に分類されない材料の応用といった分野も含め、 パイロットインキ株式会社や武藤工業株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

筆記用または製図用の器具,机上付属具』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】書類の管理を用紙それ自身に付した識別子を用いて、書類を用紙レベルで識別して管理する技術を提供する。【解決手段】書類管理システムは、印刷するための文字、画像等の情報を含むコンテンツを生成するコンテンツ生成装置300と、用紙1000に印刷を行う印刷装置400と、書類に承認を行うための事務用品として機能する承認装置500と、書類に設けられているRFID100を読み取...

    紙製品、書類管理方法、書類管理システム、事務用品および事務機器

  2. 【課題】応力、衝撃力、振動等の機械的なエネルギーを圧電素子に伝達することにより、圧電素子の発生する起電力を利用し、有効かつ利便性に富む圧電発光装置を提供すること。【解決手段】あらゆる分野において、応力、衝撃力、振動等の機械的エネルギーを圧電素子に伝達することで、圧電素子の発生する起電力により、発光ダイオード等の発光体を発光させ、目的を達成しょうとするものである。

    圧電式発光装置

  3. 【課題】特殊な指示物体を用いることなく、指先や一般的なペン等の任意の指示物体を使用して指示された入力領域の位置の座標を特定することを可能にして、座標入力/検出装置の操作性の向上を図ること。【解決手段】任意の指示物体が挿入されて入力操作が行われる入力領域2に対して光を出射する照明装置4と、入力領域2の周縁部に所定の間隔を空けて設けられ、入力領域2に挿入されて照明装置から...

    座標入力/検出装置および電子黒板システム

  4. 【課題】低吸湿性と、柔軟性のある適度な毛腰を備え、かつ屈曲回復性や繰り返し使用による耐久性に優れたブラシ用毛材の提供。【解決手段】ポリプロピレンテレフタレートを主成分とするモノフィラメントのカットブリッスルからなり、屈曲回復率が65%以上であることを特徴とする。カットブリッスルの少なくとも一端にテーパー部を有することおよび/または断面形状が異形断面であることが好ましい...

    ブラシ用毛材およびその用途

  5. 【課題】オーバーコート層等の保護部材を必要とせず、可逆熱変色性インキにより形成された像や筆跡を剥がすことなく第1状態から第2状態に変色させ得ると共に、摩擦による損耗を起こしにくく、繰返し使用による持久性が高い摩擦体を提供する。更に、可逆熱変色性インキにより自由に像を形成することができる筆記具を提供する。【解決手段】可逆熱変色性インキ6を用いて形成された像を、摩擦熱によ...

    摩擦体及び筆記具

新着の技術

筆記用または製図用の器具,机上付属具』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】摩擦部材9をカバー14で被覆することで、摩擦部材9に触れることなくカバー14を押動しての操作が可能となり、紙面等に接触する摩擦部材9が汚れることを防止できる熱変色性ボールペン1を得る。【解決手段】ノック体10が、固定カム12の後方に配した摩擦部材9を被覆可能なカバー14を有し、カバー14を固定カム12に嵌着させた状態で、カバー14の下部と固定カム12に形成した...

    熱変色性筆記具

  2. 技術 筆記具

    【課題】 従来の筆記具においては、手で触れることができる外装を構成する部品である軸筒が金属で形成されているため、熱伝導率が高く、手や指先で直接触れた際に、ひんやりとした冷たい感じ(冷感)が得られる。しかし、金属で形成されているため、製造コストが高く、更に、樹脂成形品のような複雑な形状にすることができない。従来の筆記具においては、手で触れることができる外装を構成する部...

    筆記具

  3. 技術 筆記具

    【課題】本発明は、筆記具に磁石を用いたことにより、他の筆記具とは異なる新たな操作感を備えるとともに、他の筆記具に比べて筆記具を構成する部品数を少なくし、従来よりも小サイズの筆記具を提供することを課題とする。【解決手段】前記筆記先端21が前記先軸11から突出していない状態では、前記ボタン50の一部が前記スライダー40を前記開口部と反対方向に押圧することで、前記第1磁石6...

    筆記具

  4. 【課題】従来からある黒板のチョーク粉受けにチョーク粉受けを取り付けることが可能であり、その使用方法も極めて単純であるため、簡易に廃棄処分又は清掃ができるチョーク粉受けを提供する。【解決手段】チョーク粉受け1はチョークの粉を受け、チョーク孔11a及び粉孔11bを有する粉受け部10と、粉受け部10の下部に接続する漏斗状からなる接続部20と、接続部20の下部に接続するチョー...

    チョーク粉受け

  5. 【課題】転写ヘッドの押圧部における左右方向の押圧力が均一となり、被転写面に塗膜を均一に転写することができるとともに、転写荷重に対する応答性が良好な塗膜転写具を提供する。【解決手段】転写ヘッド5が、取付部5aと、この取付部5aから前方に延設された本体部片5bと、この本体部片5bの前端に連設された押圧部片5cと、本体部片5bの左右に、本体部片5bとは左右方向に離間して配置...

    塗膜転写具

筆記用または製図用の器具,机上付属具 ページ上部に戻る