積層体 に関する技術一覧

「積層体」に関する技術の関連情報です。 「積層体」 の関連技術、「積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品」 など、その他「積層体」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「積層体」の分野ページはこちら

積層体に所属する技術動向

積層体の分野に属する技術の状況としては、2015年に5,470件、2016年に5,491件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、積層体の分野においては特に近年積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品の分野における動向が活発です。

この分野でのメインプレイヤーとしては大日本印刷株式会社や凸版印刷株式会社、東洋紡株式会社が豊富な実績を残しており、 新日鐵住金株式会社などは、 冶金や成形といった分野も含め、 日本ペイントホールディングス株式会社や新日鉄住金化学株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

積層体』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】耐汚染性に優れることは元より、特に耐スクラッチ性に優れた化粧シートを提供することである。【解決手段】繊維質基材シート上に、エチレン系樹脂からなる発泡層とオレフィン系樹脂からなる第1被覆樹脂層とが順に積層された化粧シートにおいて、前記発泡層と前記第1被覆樹脂層とが架橋された層であると共に前記第1被覆樹脂層が前記発泡層より高い架橋度であることを特徴とする化粧シート...

    化粧シート

  2. 【課題】紫外線の透過率が低く、耐光性が高く、例えば光学用フィルムとして用いた場合の外観が優れ、ハードコート層との密着性に優れた有用なフィルムを提供する。【解決手段】少なくとも3層からなる積層ポリエステルフィルムであって、中間層に紫外線吸収剤を含有し、少なくとも片面に塗布層を有し、フィルム全体の波長380nmの光線透過率が5.0%以下であり、全光線透過率が75%以上であ...

  3. 【課題】加熱や吸湿による変形によってガスバリア性が損なわれる等の欠点を回避可能なガスバリア性フィルム、およびこれを用いたディスプレイを提供することを課題とする。【解決手段】基材フィルム2上に必要に応じプライマー層3を介して薄膜層4が積層されたガスバリア性フィルム1において、基材フィルムとして熱膨張係数が50ppm/℃または/および湿度膨張係数が10ppm/%RHであり...

    基材フィルム、並びにガスバリア性フィルムおよびこれを用いたディスプレイ

  4. 【課題】高反射率を有することは勿論のこと、耐久性に優れた新規な光情報記録媒体用反射層または半透明反射層を提供する。【解決手段】Cuを0.5%(原子%の意味、以下同じ)以上、並びにNd,Sn,およびGeよりなる群から選択される少なくとも1種の元素を合計で0.5〜3%含有するか;及び/又は希土類元素の少なくとも一種を0.1%以上含有するAg基合金で構成されていることを特徴...

    光情報記録媒体用の反射層または半透明反射層、光情報記録媒体及び光情報記録媒体用スパッタリングターゲット

  5. 【課題】二面構造体(パネル)の二面の接合を摩擦接合で施工する場合において、継ぎ手部の変形を抑え、良好な接合部を得る継ぎ手形状を提供する。【解決手段】パネル31,32は、実質的に平行な2つの板33,34と該2つの板33,34を接続する第3の部材35とからなる。一方のパネル32のそれぞれの板33,34の端部を他方のパネル32のそれぞれの板33,34の端部に摩擦接合で接合す...

    パネル構造体、摩擦接合方法、およびパネル

新着の技術

積層体』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 技術 積層体

    【課題・解決手段】本発明の目的は、ブルーライトカット機能に優れる硬化皮膜を形成することができる紫外線硬化型樹脂組成物の提供を提供することである。本発明の紫外線硬化型樹脂組成物は、重合性官能基を有するネマチック液晶性化合物(A)、カイラル剤(B)および光重合開始剤(C)を含有し、385nm〜495nmの波長領域の少なくとも一部の光の透過率を低減する硬化皮膜を形成するため...

    積層体

  2. 【課題・解決手段】本発明は、ビニルエステル樹脂(A)、及び芳香環を有するウレタン樹脂(B)が、水性媒体(C)中に分散して得られた水性樹脂組成物(D)、ならびに、カルボジイミド系架橋剤(E)を含有するコーティング剤であって、前記ビニルエステル樹脂(A)が、ノボラック型エポキシ樹脂及びビスフェノール型エポキシ樹脂からなる群より選ばれる1種以上のエポキシ樹脂(a1)と、酸基...

  3. 【課題・解決手段】強化繊維と熱可塑性樹脂とを含むプリプレグ基材の表面の少なくとも一方に、空隙率50%以上99%以下のシート状物を積層した積層基材。

    繊維強化熱可塑性プラスチックを用いた積層基材

  4. 【課題・解決手段】電子機器の表面に、ほとんど外力を必要とせずに容易に貼付けることができ、かつ、貼り直しも容易である表面保護用粘着シートを提供する。基材の片面に、粘着剤組成物の硬化物からなる粘着剤層を備えた表面保護用粘着シートであって、粘着剤組成物が、少なくとも(A)成分としての末端シリル基ポリマーと、(B)成分としてのシランカップリング剤と、(C)成分としての硬化触媒...

    表面保護用粘着シートおよび表面保護用粘着シートの使用方法

  5. 【課題・解決手段】粘着剤層が比較的高い凝集力を有している場合であっても、良好な定荷重剥離特性が得られる両面粘着シートおよびこのような両面粘着シートを安定的に製造できる両面粘着シートの製造方法を提供する。基材の両面に、粘着剤組成物の硬化物からなる粘着剤層を備えた両面粘着シートであって、粘着剤組成物が、少なくとも(A)成分としての末端シリル基ポリマーと、(B)成分としての...

    両面粘着シートおよび両面粘着シートの製造方法

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • CCS(CO2の分離・回収、地下・海底貯留)

    CCS(Carbon dioxide Capture and Storage:二酸化炭素回収・貯蔵技…

  • 太陽光発電・太陽電池・人工光合成

    2015年4月30日、米国の電気自動車ベンチャーTesla Motors社や宇宙開発ベンチャーSpa…

  • 人工筋肉・ソフトアクチュエータ

    人工筋肉とは、ゴムや導電性ポリマー、形状記憶合金、カーボン・ナノチューブなどで作られた伸縮性のアクチ…

ページトップへ

積層体 ページ上部に戻る