積層体 に関する技術一覧

「積層体」に関する技術の関連情報です。 「積層体」 の関連技術、「積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品」 など、その他「積層体」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「積層体」の分野ページはこちら

積層体に所属する技術動向

積層体の分野に属する技術の状況としては、2017年に7,484件、2018年に5,558件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、積層体の分野においては特に近年積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品の分野における動向が活発です。

この分野でのメインプレイヤーとしては大日本印刷株式会社や日東電工株式会社、凸版印刷株式会社が豊富な実績を残しており、 トヨタ自動車株式会社などは、 運輸や基本的電気素子といった分野も含め、 株式会社豊田中央研究所やトヨタ紡織株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

積層体』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】耐汚染性に優れることは元より、特に耐スクラッチ性に優れた化粧シートを提供することである。【解決手段】繊維質基材シート上に、エチレン系樹脂からなる発泡層とオレフィン系樹脂からなる第1被覆樹脂層とが順に積層された化粧シートにおいて、前記発泡層と前記第1被覆樹脂層とが架橋された層であると共に前記第1被覆樹脂層が前記発泡層より高い架橋度であることを特徴とする化粧シート...

    化粧シート

  2. 【課題】紫外線の透過率が低く、耐光性が高く、例えば光学用フィルムとして用いた場合の外観が優れ、ハードコート層との密着性に優れた有用なフィルムを提供する。【解決手段】少なくとも3層からなる積層ポリエステルフィルムであって、中間層に紫外線吸収剤を含有し、少なくとも片面に塗布層を有し、フィルム全体の波長380nmの光線透過率が5.0%以下であり、全光線透過率が75%以上であ...

  3. 【課題】加熱や吸湿による変形によってガスバリア性が損なわれる等の欠点を回避可能なガスバリア性フィルム、およびこれを用いたディスプレイを提供することを課題とする。【解決手段】基材フィルム2上に必要に応じプライマー層3を介して薄膜層4が積層されたガスバリア性フィルム1において、基材フィルムとして熱膨張係数が50ppm/℃または/および湿度膨張係数が10ppm/%RHであり...

    基材フィルム、並びにガスバリア性フィルムおよびこれを用いたディスプレイ

  4. 【課題】高反射率を有することは勿論のこと、耐久性に優れた新規な光情報記録媒体用反射層または半透明反射層を提供する。【解決手段】Cuを0.5%(原子%の意味、以下同じ)以上、並びにNd,Sn,およびGeよりなる群から選択される少なくとも1種の元素を合計で0.5〜3%含有するか;及び/又は希土類元素の少なくとも一種を0.1%以上含有するAg基合金で構成されていることを特徴...

    光情報記録媒体用の反射層または半透明反射層、光情報記録媒体及び光情報記録媒体用スパッタリングターゲット

  5. 【課題】二面構造体(パネル)の二面の接合を摩擦接合で施工する場合において、継ぎ手部の変形を抑え、良好な接合部を得る継ぎ手形状を提供する。【解決手段】パネル31,32は、実質的に平行な2つの板33,34と該2つの板33,34を接続する第3の部材35とからなる。一方のパネル32のそれぞれの板33,34の端部を他方のパネル32のそれぞれの板33,34の端部に摩擦接合で接合す...

    パネル構造体、摩擦接合方法、およびパネル

新着の技術

積層体』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】本発明は、合わせガラス用のポリビニルアセタール樹脂フィルムであって、ポリビニルアセタール樹脂フィルムを構成する樹脂組成物中のポリビニルアセタール樹脂の、ブルックフィールド型(B型)粘度計を用いて20℃、30rpmで測定された、濃度10質量%のトルエン/エタノール=1/1(質量比)溶液の粘度が100〜1000mPa・sであり、ポリビニルアセタール樹脂フ...

    合わせガラス用のポリビニルアセタール樹脂フィルム

  2. 【課題・解決手段】吸湿変形を十分に抑制できるハニカムサンドイッチ構造体及びその製造方法を提供する。ハニカムサンドイッチ構造体(1)は、炭素繊維織物の目の部分に窪み部(6b)を有するハニカムコア(3)と、一対の表皮と、窪み部(6b)の一部を充填する樹脂層(8b)と、樹脂層(8b)とハニカムコア(3)とから構成される部分の表面露出領域を覆う遮水膜(7b)とを備え、窪み部(...

    ハニカムサンドイッチ構造体及びその製造方法

  3. 【課題・解決手段】転写層に画像を形成するときの搬送性、及び被転写体上へ転写層を転写するときの転写性の双方を良好なものとできる離型部材一体型転写シートを提供すること。離型部材一体型転写シート300は、第1の支持体210上に粘着層220が設けられた離型部材200と、第2の支持体10上に転写層20が設けられた転写シート100とが、粘着層220と第2の支持体10とが対向するよ...

    離型部材一体型転写シート、印画物の製造方法、転写シートの製造方法、及びプリントシステム

  4. 【課題・解決手段】2液型接着剤用の硬化剤であって、ポリオールと少なくとも4,4’−ジフェニルメタンジイソシアネートを含むイソシアネート化合物との反応生成物(B−1)と、ジイソシアネートのイソシアヌレート体、ビューレット体、アロファネート体及びアダクト体からなる群から選ばれる少なくとも1つのイソシアネート化合物(B−2)を含有する2液型接着剤用の硬化剤、ポリオール化合物...

  5. 【課題】 防曇性及び防汚性の少なくともいずれかを有し、プライマー層が設けられた積層体において、端部の視認性にも優れる積層体などの提供。【解決手段】 基材と、前記基材上にプライマー層と、前記プライマー層上に防曇性及び防汚性の少なくともいずれかの機能を有する機能層とを有する積層体であって、 前記積層体の端部の前記機能層側の表面が、前記端部の端辺に沿った頂辺部を有する...

    活性エネルギー線硬化性樹脂組成物、積層体、及びその製造方法、並びに物品

積層体 ページ上部に戻る