プレス に関する技術一覧

「プレス」に関する技術の関連情報です。 「プレス」 の関連技術、「プレス一般,他に分類されないプレス」 など、その他「プレス」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「プレス」の分野ページはこちら

プレスに所属する技術動向

プレスの分野に属する技術の状況としては、2016年に251件、2017年に309件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、プレスの分野においては特に近年プレス一般,他に分類されないプレスの分野における動向が活発です。

この分野でのメインプレイヤーとしてはアイダエンジニアリング株式会社や株式会社石垣、株式会社アマダが豊富な実績を残しており、 株式会社小松製作所などは、 水工,基礎,土砂の移送や地中もしくは岩石の削孔,採鉱といった分野も含め、 コマツ産機株式会社やトヨタ自動車株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

プレス』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】ガスハイドレートの充填率の向上、輸送及び貯蔵中の安全性、荷役時の扱いの容易性などを計ることができるガスハイドレートの造粒及び荷役並びに輸送方法を提供する。【解決手段】粉体状のガスハイドレートaを造粒装置7により圧縮成形してペレット状bにする。しかる後に、固形化したガスハイドレートb(b′,b″)を船30や貯蔵施設の貯槽に積み込む。

    ガスハイドレートの造粒及び荷役並びに輸送方法

  2. 【課題】磁気吸引力を自機内で吸収しつつ外部部材に及ぼす影響を大幅に軽減できるリニアモータを提供する。【解決手段】ステータ31の内周面に沿いかつ軸線方向に伸びるコア33とこのコア内に整列配設された複数のコイル37とを含むコイルユニット32を取付け、ステータ31の両端側に装着されたリニアブッシュ51で該軸線方向に往復直線運動可能に嵌挿支持されたロッド41の外周面に永久磁石...

    リニアモータおよびこれを駆動源とするプレス成形装置

  3. 【課題】ドラムから排出される処理物とプレッサーとの間の排出トルクを低減すると共に、プレッサーリングの摩耗を防止すること。【解決手段】ケーシング13内に設けられる濾過孔を有するドラム2と、該ドラム内で被処理物を軸方向に搬送する圧縮搬送手段と、前記ドラムの両端部側に形成した2つの開口部とを備え、一方の開口部より投入される被処理物を前記圧縮搬送手段で搬送する間に濃縮・濾過・...

    スクリュープレス

  4. 【課題】 スライドが下死点に位置させられるときだけでなく、必要なプレスストロークの全ての領域において充分なプレス荷重を発生させる。【解決手段】 プレス機械は、相互の機械的連結を遮断するように並列状に配置されかつスライド11を昇降させる複数のエキセン機構21A、21Bと、各エキセン機構21A、21Bを個別に駆動する複数のサーボモータ22A、22Bとを備えている。各エ...

    プレス機械およびプレスライン

  5. 【課題】酸化しやすい希土類合金磁性粉末を用いた場合でも、発熱・発火が起きないように安全にプレス成形を行い、かつ、最終的に得られる磁石の特性をも改善する。【解決手段】温度を30℃以下、相対湿度を65%以下に制御した大気雰囲気中において希土類合金磁性粉末のプレスを行う。このような大気雰囲気に調節された室内でプレスを実行し、それによって成形体24を作製した後、焼結ケース62...

    希土類合金磁性粉末成形体の作製方法および希土類磁石の製造方法

新着の技術

プレス』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】従来の回転加圧脱水機と比較して、より一層効率的に対象物を脱水することができ、より低含水率の脱水ケーキを得ることができる回転加圧脱水機を提供する。【解決手段】回転加圧脱水機1の濾室9の幅方向の中間位置において、アウタースペーサ4の内周面からインナースペーサ3に向かって突出するように金属製の電極部10が配置され、電極部10が電源装置の陽極に電気的に接続されるととも...

    回転加圧脱水機

  2. 【課題】リストリクタ出力の調整だけではケーキ含水率をうまく制御できない場合に、電気浸透電力又は無機凝集剤供給量を適切に調整することにより、ケーキ含水率を好適に制御できる回転加圧脱水機の制御方法を提供する。【解決手段】電気浸透脱水手段を有する回転加圧脱水機において、リストリクタ出力が、ケーキ含水率の計測値と目標値との偏差に基づいて算出された最適な値に調整されてケーキ含水...

    回転加圧脱水機の制御方法

  3. 【課題・解決手段】本発明は、飲料容器自動回収機(12)用の不正検出システム(10)であって:飲料容器自動回収機に入った少なくとも1つの容器(18)を検出するように適用された検出器(14)と;動作中に飲料容器自動回収機の圧縮機(24)の負荷を測定するように適用された圧縮機負荷センサ(28)であって、圧縮機は入った容器を前記検出器の下流で圧縮するように適用されている、圧縮...

    不正検出システムおよび方法

  4. 【課題】精度の高い疲労度を算出することが可能なプレスシステムを提供する。【解決手段】プレスシステムは、ワークをプレス加工するプレス部と、プレス部によるプレス加工のプレス荷重を検出する検出部と、複数領域に分割された、全スライドストローク長におけるプレス荷重領域の各領域に対するプレス荷重の回数を取得する回数取得部と、プレス荷重領域の各領域におけるプレス荷重に応じたプレス部...

    プレスシステムおよびプレスシステムの制御方法

  5. 【課題】コストを抑えつつ適切な荷重でプレス成形を行うことが可能なモーション生成装置を提供する。【解決手段】本実施の形態のモーション生成装置2は、サーボモータ35を駆動源としてスライド33を昇降駆動させてプレス成形を行うプレス装置3のスライド33のモーションを生成するモーション生成装置2であって、受信部21aと、モーション生成部23と、を備える。受信部21aは、基本モー...

    モーション生成装置、プレス装置、モーション生成方法、およびモーション生成プログラム

プレス ページ上部に戻る

周辺技術分野

整理標準化データをもとに当社作成

分野番号表示ON