プラスチックの加工,可塑状態の物質の加工一般 に関する技術一覧

「プラスチックの加工,可塑状態の物質の加工一般」に関する技術の関連情報です。 「プラスチックの加工,可塑状態の物質の加工一般」 の関連技術、「成形材料の準備または前処理,造粒または予備成形品の成形,プラスチックを含む廃棄物からプラスチックまたはその他の成分の回収」「プラスチックの成形または接合,可塑状態の物質の成形一般,成形品の後処理,例.補修」 など、その他「プラスチックの加工,可塑状態の物質の加工一般」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「プラスチックの加工,可塑状態の物質の加工一般」の分野ページはこちら

プラスチックの加工,可塑状態の物質の加工一般に所属する技術動向

プラスチックの加工,可塑状態の物質の加工一般の分野に属する技術の状況としては、2017年に5,648件、2018年に4,266件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、プラスチックの加工,可塑状態の物質の加工一般の分野においては特に近年成形材料の準備または前処理,造粒または予備成形品の成形,プラスチックを含む廃棄物からプラスチックまたはその他の成分の回収の分野における動向が活発であり、他にもプラスチックまたは可塑状態の物質からの特定物品の製造や サブクラスB29B,B29CまたはB29Dに関連する成形材料,あるいは補強材,充填材,予備成形部品用の材料についてのインデキシング系列といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては大日本印刷株式会社や株式会社ブリヂストン、富士フイルム株式会社が豊富な実績を残しており、 トヨタ自動車株式会社などは、 運輸や基本的電気素子といった分野も含め、 トヨタ紡織株式会社や村田機械株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

プラスチックの加工,可塑状態の物質の加工一般』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】溶媒を使用することなく光学的、物理的に優れ、特に寸法安定性に優れた光学フィルムを提供すること。特にその中でもセルロースエステルフィルムを偏光板保護フィルムとして採用した偏光板及び該偏光板を装着した液晶表示装置を提供すること。【解決手段】溶融流延によって形成されたセルロースエステルフィルムを有することを特徴とする光学フィルム。

    光学フィルム、偏光板及び液晶表示装置

  2. 【課題】電気的性質、熱的性質、機械的性質などの性質について、従来では得られなかった優れた異方性機能を発揮することができるカーボンナノチューブ複合成形体及びその製造方法を提供する。【解決手段】カーボンナノチューブ複合成形体5は、母材となるマトリックス中にカーボンナノチューブ6が一定方向に配列されて複合された状態で成形されている。マトリックスとしては、熱可塑性樹脂、硬化性...

    カーボンナノチューブ複合成形体及びその製造方法

  3. 【課題】耐熱性及び耐衝撃性に優れる成形品が、成形性良く得られるポリ乳酸系ステレオコンプレックスポリマー組成物、前記ポリマー組成物からの耐熱性ポリ乳酸系ポリマー成形品及びその製造方法を提供する。【解決手段】L−乳酸を主成分とするポリL−乳酸と、D−乳酸を主成分とするポリD−乳酸とからなるポリ乳酸を主成分とするステレオコンプレックス形成可能なポリマー(A)100重量部に、...

    ポリ乳酸系ポリマー組成物、成形品及びその製造方法

  4. 【課題】 溶融製膜した未延伸及び延伸セルロースアシレートフィルムにおいて、液晶表示装置に組み込んだ時に発生する表示むら、湿度による視認性の変化を大幅に解消する。【解決手段】 溶融流延によって形成され、Reむらが0〜10%、Rthむらが0〜10%、厚みむらが0〜2%、又はRe及びRth湿度変化率が0〜1.5%/%RHとする。

  5. 【課題】極めて均一な発熱領域を有し発熱層と絶縁層とが強固に一体化された発熱定着ベルト及びその製造方法を提供することを目的とする。【解決手段】本発明に係る発熱定着ベルトは、電子写真画像形成装置の画像定着部に用いられるシームレスの発熱定着ベルトであって、発熱層、絶縁層及び離型層を備える。発熱層は、カーボンナノ材料及びフィラメント状金属微粒子が分散されるポリイミド樹脂からな...

    発熱定着ベルト及びその製造方法並びに画像定着装置

新着の技術

プラスチックの加工,可塑状態の物質の加工一般』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】吸湿変形を十分に抑制できるハニカムサンドイッチ構造体及びその製造方法を提供する。ハニカムサンドイッチ構造体(1)は、炭素繊維織物の目の部分に窪み部(6b)を有するハニカムコア(3)と、一対の表皮と、窪み部(6b)の一部を充填する樹脂層(8b)と、樹脂層(8b)とハニカムコア(3)とから構成される部分の表面露出領域を覆う遮水膜(7b)とを備え、窪み部(...

    ハニカムサンドイッチ構造体及びその製造方法

  2. 【課題・解決手段】本発明の一実施の形態によれば、サイズ剤を利用して炭素繊維をサイジング(sizing)処理するステップと、前記サイジング処理された炭素繊維をカットするステップと、一面に第1樹脂がコーティングされた第1キャリヤフィルムの前記第1樹脂上に前記カットされた炭素繊維をまくステップと、第2樹脂がコーティングされた第2キャリヤフィルムの前記第2樹脂と前記第1樹脂の...

    炭素繊維シートモールディングコンパウンドの製造方法及び製造装置

  3. 【課題】ローラ部の外形および位置精度および接合強度が良好で、樹脂漏れなく摩擦材をローラ軸に対して一体成形でき、また搬送性能に優れたローラ部品を極めて簡単安価に製造できるようにする。【解決手段】ローラ部2の外周部を画成する第1の金型面を有する金型部材7、ローラ部2の第1、第2の平面部3、3を画成する第2、第3の金型面をそれぞれ有する金型部材8、9の金型中にローラ軸1をイ...

    ローラ部材の製造方法、ローラ部材金型、ローラ軸、およびローラ部材

  4. 【課題】成形対象物が上型から落下する可能性を低減すると共に、製造する樹脂成形品をできる限り大きくすることができる樹脂成形装置を提供する。【解決手段】樹脂成形装置20は、成形対象物を保持する保持面(第1保持面2511A)を下側に有する上型(第1上型251A)と、前記上型に対向して配置された、キャビティを有する下型(第1下型252A)と、前記保持面に設けられた、真空ポンプ...

    樹脂成形装置及び樹脂成形品製造方法

  5. 【課題・解決手段】射出構成要素とクランプ構成要素とを含むプラスチック射出成形機で使用するために動作可能な添加剤フィーダシステムが提供される。添加剤フィーダシステムは、フィーダ制御ユニットと、フィーダ供給機構と、フィーダ適用量制御機構とを含む。添加剤フィーダシステムは、所望の製品特徴を達成するために原材料と混合するための添加剤材料の特定の適用量をリアルタイムで提供するよ...

    添加剤フィーダシステムとともに動作可能な射出成形機用のシステムおよび方法

プラスチックの加工,可塑状態の物質の加工一般 ページ上部に戻る