プラスチックの加工,可塑状態の物質の加工一般 に関する技術一覧

「プラスチックの加工,可塑状態の物質の加工一般」に関する技術の関連情報です。 「プラスチックの加工,可塑状態の物質の加工一般」 の関連技術、「成形材料の準備または前処理,造粒または予備成形品の成形,プラスチックを含む廃棄物からプラスチックまたはその他の成分の回収」「プラスチックの成形または接合,可塑状態の物質の成形一般,成形品の後処理,例.補修」 など、その他「プラスチックの加工,可塑状態の物質の加工一般」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「プラスチックの加工,可塑状態の物質の加工一般」の分野ページはこちら

プラスチックの加工,可塑状態の物質の加工一般に所属する技術動向

プラスチックの加工,可塑状態の物質の加工一般の分野に属する技術の状況としては、2015年に4,500件、2016年に4,868件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、プラスチックの加工,可塑状態の物質の加工一般の分野においては特に近年成形材料の準備または前処理,造粒または予備成形品の成形,プラスチックを含む廃棄物からプラスチックまたはその他の成分の回収の分野における動向が活発であり、他にもプラスチックまたは可塑状態の物質からの特定物品の製造や サブクラスB29B,B29CまたはB29Dに関連する成形材料,あるいは補強材,充填材,予備成形部品用の材料についてのインデキシング系列といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては株式会社ブリヂストンや富士フイルム株式会社、東レ株式会社が豊富な実績を残しており、 トヨタ自動車株式会社などは、 運輸や基本的電気素子といった分野も含め、 トヨタ紡織株式会社や村田機械株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

プラスチックの加工,可塑状態の物質の加工一般』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】溶媒を使用することなく光学的、物理的に優れ、特に寸法安定性に優れた光学フィルムを提供すること。特にその中でもセルロースエステルフィルムを偏光板保護フィルムとして採用した偏光板及び該偏光板を装着した液晶表示装置を提供すること。【解決手段】溶融流延によって形成されたセルロースエステルフィルムを有することを特徴とする光学フィルム。

    光学フィルム、偏光板及び液晶表示装置

  2. 【課題】電気的性質、熱的性質、機械的性質などの性質について、従来では得られなかった優れた異方性機能を発揮することができるカーボンナノチューブ複合成形体及びその製造方法を提供する。【解決手段】カーボンナノチューブ複合成形体5は、母材となるマトリックス中にカーボンナノチューブ6が一定方向に配列されて複合された状態で成形されている。マトリックスとしては、熱可塑性樹脂、硬化性...

    カーボンナノチューブ複合成形体及びその製造方法

  3. 【課題】耐熱性及び耐衝撃性に優れる成形品が、成形性良く得られるポリ乳酸系ステレオコンプレックスポリマー組成物、前記ポリマー組成物からの耐熱性ポリ乳酸系ポリマー成形品及びその製造方法を提供する。【解決手段】L−乳酸を主成分とするポリL−乳酸と、D−乳酸を主成分とするポリD−乳酸とからなるポリ乳酸を主成分とするステレオコンプレックス形成可能なポリマー(A)100重量部に、...

    ポリ乳酸系ポリマー組成物、成形品及びその製造方法

  4. 【課題】 溶融製膜した未延伸及び延伸セルロースアシレートフィルムにおいて、液晶表示装置に組み込んだ時に発生する表示むら、湿度による視認性の変化を大幅に解消する。【解決手段】 溶融流延によって形成され、Reむらが0〜10%、Rthむらが0〜10%、厚みむらが0〜2%、又はRe及びRth湿度変化率が0〜1.5%/%RHとする。

  5. 【課題】極めて均一な発熱領域を有し発熱層と絶縁層とが強固に一体化された発熱定着ベルト及びその製造方法を提供することを目的とする。【解決手段】本発明に係る発熱定着ベルトは、電子写真画像形成装置の画像定着部に用いられるシームレスの発熱定着ベルトであって、発熱層、絶縁層及び離型層を備える。発熱層は、カーボンナノ材料及びフィラメント状金属微粒子が分散されるポリイミド樹脂からな...

    発熱定着ベルト及びその製造方法並びに画像定着装置

新着の技術

プラスチックの加工,可塑状態の物質の加工一般』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】加硫後のゴムと金型との離型性に優れるとともに、製造後に離型剤を容易に除去することができる加硫ゴム成形用離型剤を提供する。ポリオキシアルキレングリセリルエーテル(A)を含有する加硫ゴム成形用離型剤であって、前記ポリオキシアルキレングリセリルエーテル(A)が、オキシアルキレン基100質量部中にオキシエチレン基を50〜95質量部含有する、加硫ゴム成形用離型...

  2. 【課題・解決手段】片持ち支持構造のボールねじを用いつつ、ボールねじ軸が危険速度に達するのを避けることのできる型開閉装置を提供する。本発明の型締装置10は、ボールねじ軸34と、ボールねじ軸34に噛み合うボールねじナット35と、を有するボールねじ33と、ボールねじ33を駆動する電動機31と、を備える。ボールねじ軸34は、一端側が、固定盤12又は可動盤13に、回転可能又は回...

    型開閉装置

  3. 【課題・解決手段】板材などの非常に安価な材料で、しかも容易に作製することができる流路構造体を用い、粘度の大きい材料でも、所定量の造形材料を所定の場所に吐出することができる造形材料吐出ヘッドを提供する。造形材料を流動させる流路を形成する側壁の一部である第1側壁部(121)を構成すると共に、流路内の造形材料を加熱する第1加熱板(2)と、第1側壁部(121)以外の側壁の一部...

    造形材料吐出ヘッドおよび造形方法

  4. 【課題・解決手段】板材などの非常に安価な材料で、しかも容易に作製することができる流路構造体を用い、光硬化性樹脂からなる造形材料でも、所定量の造形材料を所定の場所に吐出することができる造形材料吐出ヘッドを提供する。ほぼ同じ形状の断面が細長の貫通孔を有する板状体を複数枚重ねて、貫通孔の両端が閉塞されることにより、貫通孔の孔と垂直方向で、かつ、細長の長手方向に流路を形成する...

    造形材料吐出ヘッドと造形方法および流路構造体と流路から造形材料を吐出するための加熱板

  5. 【課題】高透過率性で良好な色相を有する薄肉光学部品用ポリカーボネート樹脂組成物及び薄肉光学部品を提供する。【解決手段】ポリカーボネート樹脂(A)100質量部に対し、一般式(I)で表される直鎖アルキレンエーテル単位(B1)及び一般式(II−1)〜(II−4)で表される単位から選ばれる分岐アルキレンエーテル単位(B2)を有するポリアルキレングリコール共重合体(B)を0.1...

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • 画像診断・生体イメージング

    医療の診断において、非侵襲的あるいは低侵襲的な検査方法として、生体組織を可視化するin vivoイメ…

  • 高度運転支援・自動運転

    2015年1月、米国ラスベガスで開催された「2015 International CES (Cons…

  • CCS(CO2の分離・回収、地下・海底貯留)

    CCS(Carbon dioxide Capture and Storage:二酸化炭素回収・貯蔵技…

ページトップへ

プラスチックの加工,可塑状態の物質の加工一般 ページ上部に戻る