プラスチックの加工,可塑状態の物質の加工一般 に関する技術一覧

「プラスチックの加工,可塑状態の物質の加工一般」に関する技術の関連情報です。 「プラスチックの加工,可塑状態の物質の加工一般」 の関連技術、「成形材料の準備または前処理,造粒または予備成形品の成形,プラスチックを含む廃棄物からプラスチックまたはその他の成分の回収」「プラスチックの成形または接合,可塑状態の物質の成形一般,成形品の後処理,例.補修」 など、その他「プラスチックの加工,可塑状態の物質の加工一般」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「プラスチックの加工,可塑状態の物質の加工一般」の分野ページはこちら

プラスチックの加工,可塑状態の物質の加工一般に所属する技術動向

プラスチックの加工,可塑状態の物質の加工一般の分野に属する技術の状況としては、2015年に4,489件、2016年に4,862件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、プラスチックの加工,可塑状態の物質の加工一般の分野においては特に近年成形材料の準備または前処理,造粒または予備成形品の成形,プラスチックを含む廃棄物からプラスチックまたはその他の成分の回収の分野における動向が活発であり、他にもプラスチックまたは可塑状態の物質からの特定物品の製造や サブクラスB29B,B29CまたはB29Dに関連する成形材料,あるいは補強材,充填材,予備成形部品用の材料についてのインデキシング系列といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては株式会社ブリヂストンや富士フイルム株式会社、東レ株式会社が豊富な実績を残しており、 トヨタ自動車株式会社などは、 運輸や基本的電気素子といった分野も含め、 トヨタ紡織株式会社や村田機械株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

プラスチックの加工,可塑状態の物質の加工一般』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】溶媒を使用することなく光学的、物理的に優れ、特に寸法安定性に優れた光学フィルムを提供すること。特にその中でもセルロースエステルフィルムを偏光板保護フィルムとして採用した偏光板及び該偏光板を装着した液晶表示装置を提供すること。【解決手段】溶融流延によって形成されたセルロースエステルフィルムを有することを特徴とする光学フィルム。

    光学フィルム、偏光板及び液晶表示装置

  2. 【課題】電気的性質、熱的性質、機械的性質などの性質について、従来では得られなかった優れた異方性機能を発揮することができるカーボンナノチューブ複合成形体及びその製造方法を提供する。【解決手段】カーボンナノチューブ複合成形体5は、母材となるマトリックス中にカーボンナノチューブ6が一定方向に配列されて複合された状態で成形されている。マトリックスとしては、熱可塑性樹脂、硬化性...

    カーボンナノチューブ複合成形体及びその製造方法

  3. 【課題】耐熱性及び耐衝撃性に優れる成形品が、成形性良く得られるポリ乳酸系ステレオコンプレックスポリマー組成物、前記ポリマー組成物からの耐熱性ポリ乳酸系ポリマー成形品及びその製造方法を提供する。【解決手段】L−乳酸を主成分とするポリL−乳酸と、D−乳酸を主成分とするポリD−乳酸とからなるポリ乳酸を主成分とするステレオコンプレックス形成可能なポリマー(A)100重量部に、...

    ポリ乳酸系ポリマー組成物、成形品及びその製造方法

  4. 【課題】 溶融製膜した未延伸及び延伸セルロースアシレートフィルムにおいて、液晶表示装置に組み込んだ時に発生する表示むら、湿度による視認性の変化を大幅に解消する。【解決手段】 溶融流延によって形成され、Reむらが0〜10%、Rthむらが0〜10%、厚みむらが0〜2%、又はRe及びRth湿度変化率が0〜1.5%/%RHとする。

  5. 【課題】極めて均一な発熱領域を有し発熱層と絶縁層とが強固に一体化された発熱定着ベルト及びその製造方法を提供することを目的とする。【解決手段】本発明に係る発熱定着ベルトは、電子写真画像形成装置の画像定着部に用いられるシームレスの発熱定着ベルトであって、発熱層、絶縁層及び離型層を備える。発熱層は、カーボンナノ材料及びフィラメント状金属微粒子が分散されるポリイミド樹脂からな...

    発熱定着ベルト及びその製造方法並びに画像定着装置

新着の技術

プラスチックの加工,可塑状態の物質の加工一般』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】自動車用バンパーにおいて、バンパービーム(11)は、前方に向けて凹状に湾曲する中央湾曲部(A)と、前方に向けて凸状に湾曲する一対の左右湾曲部(B)とからなり、左右湾曲部(B)は、バンパービームエクステンション接続部(B1)と、バンパービーム(11)のうちで前方に最も突出する荷重入力部(B2)とを備える。これにより前後方向の衝突荷重を左右一対の荷重入力...

    自動車用バンパー

  2. 【課題・解決手段】液媒を利用して充填剤を合成樹脂に分散させる技術において、生産効率の向上、使用エネルギーの節減、環境負荷の低減を図った樹脂複合材料の製造技術を提供する。樹脂複合材料の製造装置10は、合成樹脂及び充填剤を投入するホッパ11と、合成樹脂及び充填剤に高圧蒸気を導入する導入部12と、高圧蒸気の凝縮液(液媒)、合成樹脂及び充填剤を設定温度で混練する混練部13と、...

    樹脂複合材料の製造方法

    • 公開日:2017/03/16
    • 出願人:大野孝
    • 発明者:大野孝
    • 公開番号:WO2015-087415号
  3. 【課題・解決手段】強化繊維と熱可塑性樹脂とを含むプリプレグ基材の表面の少なくとも一方に、空隙率50%以上99%以下のシート状物を積層した積層基材。

    繊維強化熱可塑性プラスチックを用いた積層基材

  4. 【課題・解決手段】本発明の成形方法は、割型構造を有しており且つ割型同士の突合せ面である割面にガス流路37に通じているエアベント孔39が形成されている成形型30を用い、成形型30により樹脂の成形を行うプラスチックの成形方法において、成形型30に樹脂を供給して成形を行い、得られた成形品を成形型から取り出した後、次の成形サイクルで樹脂を成形型30に供給するに先立って、少なく...

    プラスチックの成形方法

  5. 【課題・解決手段】従来のガラス繊維織物−樹脂組成物積層体よりも肉薄であり該積層体と同等以上の強度を備えるガラス繊維織物−樹脂組成物積層体を提供する。ガラス繊維織物−樹脂組成物積層体1は、1層以上の第1のガラス繊維織物2〜5が、全厚に対して50〜100%の合計厚さを備える。第1のガラス繊維織物2〜5のガラス組成は、SiO2が57〜70質量%、Al2O3が18〜30質量%...

    ガラス繊維織物−樹脂組成物積層体

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • 音声認識・音声合成・ボーカロイド

    米国Apple社は、2011年、iPhone向け知能型音声認識サービスSiriを市場に試験投入して以…

  • IoT/M2M (InternetOfThings / MachinetoMachine)

    「Software-Defined Car(ソフトウェアで定義されるクルマ)」。そう呼ばれる米国Te…

  • 3Dプリンター医学応用

    3Dプリンタ、正しくは、積層造形(AM:Additive Manufacturing)技術は、今や家…

ページトップへ

プラスチックの加工,可塑状態の物質の加工一般 ページ上部に戻る