切断手工具,切断,切断機 に関する技術一覧

「切断手工具,切断,切断機」に関する技術の関連情報です。 「切断手工具,切断,切断機」 の関連技術、「他に分類されない手持ち切断工具」「切断,切断機,例.切断,穴あけ,押抜,型抜によるもの,に共通の細部」 など、その他「切断手工具,切断,切断機」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「切断手工具,切断,切断機」の分野ページはこちら

切断手工具,切断,切断機に所属する技術動向

切断手工具,切断,切断機の分野に属する技術の状況としては、2017年に712件、2018年に718件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、切断手工具,切断,切断機の分野においては特に近年他に分類されない手持ち切断工具の分野における動向が活発であり、他にも穴あけ,押抜き,切抜,型抜,切断刃以外の手段による切断や 切断,切断機,例.切断,穴あけ,押抜,型抜によるもの,に共通の細部といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはザジレツトカンパニーやフィリップスエレクトロニクスネムローゼフェンノートシャップ、日立マクセル株式会社が豊富な実績を残しており、 日立金属株式会社などは、 基本的電気素子や機械要素または単位,機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段といった分野も含め、 株式会社日立金属安来製作所や株式会社安来精密といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

切断手工具,切断,切断機』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】テーブル上に重ね合わせて載置した複数枚の紙を切断する装置であって、紙押え及びカッターを小型モータで駆動することが出来ると共に、切断時間の短縮と省力化を図った切断装置の提供。【解決手段】紙1が位置ズレしないようにする紙押え機構はモータ10で回転するスクリュー7にナット8a,8bを螺合し、このナット8a,8bと紙押え2をリンク5a,5bを介して連結し、そしてカッタ...

    紙の断裁装置

  2. 【課題】半導体装置の製造工程を簡素化できる半導体素子のモールド装置及びモールドされた半導体装置の切断方法を提供する。【解決手段】モールドされる複数の半導体素子を切断刃で切断して分離できる間隔をおいて配設した絶縁基板をモールド装置の一つのキャビティ内に収容し、該キャビティ内にモールド材を加熱圧入し、一括してモールドされた複数の半導体装置からなるモールド体25を切断刃50...

    モールド装置、モールド方法、モールドされた半導体装置の切断方法及び半導体装置の作製方法

  3. 【課題】 基材シート上にパターン部からなるアンテナを迅速かつ確実に形成すること。【解決手段】 基材シート11上に、導電体13aと感熱接着層13bとからなる導電体シート13を配置する。導電体シート13を抜き刃20により打抜いて、導電体シート13をパターン部14と、不要部15とに分離する。パターン部14は抜き刃20の加熱部22により加熱および加圧されて基材シート11上...

    非接触データキャリア用導電部材製造方法および非接触データキャリア用導電部材製造装置

  4. 【課題】農作物の不要部分を切除する作業が正確且つ確実に行え、作業の省力化及び能率アップを図ることができる農作物の不要部切断装置を提供する。【解決手段】前処理済みの農作物を搬送コンベアの載置部に載置して、農作物の根部を載置部側部に突出して搬送する。農作物の根部を揃え装置の揃えベルトに当接して、搬送コンベア側部の基準線に沿って略真っ直ぐに揃えた状態に修正して搬送する。判定...

    農作物の不要部切断装置

  5. 【構成】本発明の目的は、熱水存在下で焼結体内部への劣化の進行を抑制し、これに加えて焼結体の表面平滑度の安定性にも優れたジルコニア焼結体の提供;ならびにそのジルコニア焼結体を簡易なプロセスにより製造することのできる方法の提供を目的とするものである。【解決手段】Y2O3が固溶したジルコニア焼結体であって、該ジルコニア焼結体の正方相の結晶粒子の配向度が45%以下であるジルコ...

新着の技術

切断手工具,切断,切断機』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】治具本体を下型から取り外すことなく、損傷部分だけを取り替えることができる位置決め治具を提供する。【解決手段】位置決め冶具21は、材料シートを支持し搬送するための下型に取り付けて使用され、下型を所定位置に位置決めするための部品である。位置決め冶具21は、冶具本体22と位置決め凸部23とからなる。治具本体22はネジ具によって下型に取り付けられる。位置決め凸部23は...

    加工部材とその位置決め治具

  2. 技術 切断工具

    【課題】波形シートを切断するときは切断速度を最大化でき、固体シートを切断するときは正確な切断効果とスムーズな切断プロセスを達成する切断工具を提供する。【解決手段】切断工具100は筒部102と、押え足アセンブリ106と、バネ108と、ブレードアセンブリとを備える。筒部は小外径部及び大外径部を含む。押え足アセンブリは、スライド可能な筒部の小外径部側の端部の外側にスライド可...

    切断工具

    • 公開日:2019/04/04
    • 出願人: 許元吉
    • 発明者: 許元吉
    • 公開番号:2019-051590号
    • 公開日:2019/04/04
    • 出願人: 許元吉
    • 発明者: 許元吉
    • 公開番号:2019-051590号
  3. 【課題】作業者がしゃがみ込む姿勢での切断において、力の加減にも注意が必要で、カッター刃を定規に一定の力で押しつけて直線性よくカッターナイフを移動させることができずに、押しつける力が変動してしまい、壁紙の切断が波打つような状態となってしまうことも発生したり、天井から下方向に定規をずらしながら切断していた切断線と下から上方向に切断した線と下から上に切断する線が一致せずにず...

    切断用工具

  4. 【課題】人力に頼ることなく除染廃棄物の仮置き場に敷かれた遮水シートを切断することが可能な自走式カッター装置の提供。【解決手段】除染廃棄物の仮置き場に敷かれた遮水シートを自走しながら切断する自走式カッター装置が、クローラ3で自走する車体1と遮水シートを切断するカッター装置2からなり、カッター装置2が車体1の前部にワイヤ5により上下方向に回動可能に装着支持されるとともに、...

    除染廃棄物の仮置き場に敷かれた遮水シートの自走式カッター装置

  5. 【課題】生地の搬送を制御し、延反装置、ラベリング装置、裁断装置をうまく連携させたパーツ製造ラインを提供する。【解決手段】延反装置2は、搬送検知センサ21が非検知の状態で延反処理し、延反装置2及びラベリング装置3の搬送機構は、ラベリング基準センサ31が非検知の状態で延反処理を終えた生地6を前記ラベリング基準センサ31が検知する位置まで搬送し、ラベリング装置3は、ラベリン...

    パーツ製造ライン

切断手工具,切断,切断機 ページ上部に戻る