切断手工具,切断,切断機 に関する技術一覧

「切断手工具,切断,切断機」に関する技術の関連情報です。 「切断手工具,切断,切断機」 の関連技術、「他に分類されない手持ち切断工具」「切断,切断機,例.切断,穴あけ,押抜,型抜によるもの,に共通の細部」 など、その他「切断手工具,切断,切断機」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「切断手工具,切断,切断機」の分野ページはこちら

切断手工具,切断,切断機に所属する技術動向

切断手工具,切断,切断機の分野に属する技術の状況としては、2017年に710件、2018年に718件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、切断手工具,切断,切断機の分野においては特に近年他に分類されない手持ち切断工具の分野における動向が活発であり、他にも穴あけ,押抜き,切抜,型抜,切断刃以外の手段による切断や 切断,切断機,例.切断,穴あけ,押抜,型抜によるもの,に共通の細部といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはザジレツトカンパニーやフィリップスエレクトロニクスネムローゼフェンノートシャップ、日立マクセル株式会社が豊富な実績を残しており、 日立金属株式会社などは、 基本的電気素子や機械要素または単位,機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段といった分野も含め、 株式会社日立金属安来製作所や株式会社安来精密といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

切断手工具,切断,切断機』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】テーブル上に重ね合わせて載置した複数枚の紙を切断する装置であって、紙押え及びカッターを小型モータで駆動することが出来ると共に、切断時間の短縮と省力化を図った切断装置の提供。【解決手段】紙1が位置ズレしないようにする紙押え機構はモータ10で回転するスクリュー7にナット8a,8bを螺合し、このナット8a,8bと紙押え2をリンク5a,5bを介して連結し、そしてカッタ...

    紙の断裁装置

  2. 【課題】半導体装置の製造工程を簡素化できる半導体素子のモールド装置及びモールドされた半導体装置の切断方法を提供する。【解決手段】モールドされる複数の半導体素子を切断刃で切断して分離できる間隔をおいて配設した絶縁基板をモールド装置の一つのキャビティ内に収容し、該キャビティ内にモールド材を加熱圧入し、一括してモールドされた複数の半導体装置からなるモールド体25を切断刃50...

    モールド装置、モールド方法、モールドされた半導体装置の切断方法及び半導体装置の作製方法

  3. 【課題】 基材シート上にパターン部からなるアンテナを迅速かつ確実に形成すること。【解決手段】 基材シート11上に、導電体13aと感熱接着層13bとからなる導電体シート13を配置する。導電体シート13を抜き刃20により打抜いて、導電体シート13をパターン部14と、不要部15とに分離する。パターン部14は抜き刃20の加熱部22により加熱および加圧されて基材シート11上...

    非接触データキャリア用導電部材製造方法および非接触データキャリア用導電部材製造装置

  4. 【課題】農作物の不要部分を切除する作業が正確且つ確実に行え、作業の省力化及び能率アップを図ることができる農作物の不要部切断装置を提供する。【解決手段】前処理済みの農作物を搬送コンベアの載置部に載置して、農作物の根部を載置部側部に突出して搬送する。農作物の根部を揃え装置の揃えベルトに当接して、搬送コンベア側部の基準線に沿って略真っ直ぐに揃えた状態に修正して搬送する。判定...

    農作物の不要部切断装置

  5. 【構成】本発明の目的は、熱水存在下で焼結体内部への劣化の進行を抑制し、これに加えて焼結体の表面平滑度の安定性にも優れたジルコニア焼結体の提供;ならびにそのジルコニア焼結体を簡易なプロセスにより製造することのできる方法の提供を目的とするものである。【解決手段】Y2O3が固溶したジルコニア焼結体であって、該ジルコニア焼結体の正方相の結晶粒子の配向度が45%以下であるジルコ...

新着の技術

切断手工具,切断,切断機』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】綴じ機を使用するために必要な操作力を有効に削減することができる綴じ機に用いられる切込刃を提供する。【解決手段】本発明に係る綴じ機の切込刃は、用紙にカット孔を形成するための刃先をその先端部に備えた刃本体と、この刃本体に厚み方向に貫通して設けられ、前記刃本体を前記カット孔内から抜き取る際に用紙を綴じるための帯状をなす綴じ部材を係わり合わせた状態で前記カット孔に該綴...

    綴じ機に用いられる切込刃

  2. 【課題】押し割り後の製品としてのガラス板の折割面に欠け等を生じさせないガラス板の折割機械を提供すること。【解決手段】ガラス板の折割機械1は、可撓性の無端ベルト3と、無端ベルト3を支持する支持部材4と、ガラス板受け面6及び6aを有している2機のガラス板受け装置7及び7aと、ガラス板受け装置7及び7aの夫々を、X方向と、X方向と直交するY方向とに移動させる移動装置8及び8...

    ガラス板の折割機械

  3. 【課題】本発明は、剛体の刃支持体を、バッグに対する刃の衝撃を緩和することができる振動システムに置き換える、冷凍血液製剤のバッグを空にするための自動装置に関する。【解決手段】冷凍血液製剤のバッグを空にするための自動装置は、製剤取出装置と、製剤受容ホッパと、バッグを受容領域から製剤取出装置に輸送するための輸送手段と、受容領域と製剤取出装置との間に形成されたバッグの経路に配...

    冷凍血液製剤のバッグを空にするための自動装置

  4. 技術 理髪用鋏

    【課題】軽量で使用者の使用時における負荷を減らすことができ、しかも、安価な理髪用鋏を提供する。【解決手段】理髪用鋏1は、刃部3、中途部4及び柄部5が先端側から順に形成された一対の刃体2を備える。各刃体2の中途部4に設けられた第1軸支孔91a及び第2軸支孔93aに枢軸11が嵌挿され、枢軸11によって両刃体2が互いに回動可能に連結する。刃体2の中途部4及び柄部5は、中空状...

    理髪用鋏

  5. 技術 切断装置

    【課題】汎用性を向上させることができる切断装置を提供すること。【解決手段】丸鋸60は、幅方向における板材Pの切断寸法を可変に構成されるので、その切断寸法の変化に応じて残材Pbの幅寸法が変化する。この場合に、幅方向に変位する返送ローラ4を備えるので、残材Pbの幅寸法が変化しても、その幅寸法に応じて返送ローラ4を幅方向に変位させることができる。即ち、残材Pbの幅寸法に合わ...

    切断装置

切断手工具,切断,切断機 ページ上部に戻る