締め具,連結具,外し具,保持具のような他に分類されない工具,または卓上器具 に関する技術一覧

「締め具,連結具,外し具,保持具のような他に分類されない工具,または卓上器具」に関する技術の関連情報です。 「締め具,連結具,外し具,保持具のような他に分類されない工具,または卓上器具」 の関連技術、「万力」「グループ1/00から9/00に分類されない,工作物の保持具または位置決め具,例.工作物磁気保持具,工作物真空保持具」 など、その他「締め具,連結具,外し具,保持具のような他に分類されない工具,または卓上器具」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「締め具,連結具,外し具,保持具のような他に分類されない工具,または卓上器具」の分野ページはこちら

締め具,連結具,外し具,保持具のような他に分類されない工具,または卓上器具に所属する技術動向

締め具,連結具,外し具,保持具のような他に分類されない工具,または卓上器具の分野に属する技術の状況としては、2017年に329件、2018年に277件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、締め具,連結具,外し具,保持具のような他に分類されない工具,または卓上器具の分野においては特に近年手万力,すなわち手で保持されることを意図した万力,ピン万力の分野における動向が活発であり、他にもインパクトレンチまたはドライバや 留め具を適用するための手工具といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはリコープリンティングシステムズ株式会社や株式会社マキタ、中国電力株式会社が豊富な実績を残しており、 トヨタ自動車株式会社などは、 他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品や化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池といった分野も含め、 技研工業株式会社やアトラスコプコ株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

締め具,連結具,外し具,保持具のような他に分類されない工具,または卓上器具』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】作業に応じて適宜アダプタを取り替えることにより、一の遠隔操作用ヤットコのみで、種々の作業を行なうことができる遠隔操作用ヤットコに用いるアダプタを提供する。【解決手段】主軸1と、この主軸1の先端に設けた被把持物を掴むことができる把持部2と、この主軸1の基部に設けた操作部3と、前記把持部2の可動部6と前記操作部3の可動部8とを連結する連結軸4とを備えた遠隔操作用ヤ...

    遠隔操作用ヤットコに用いるアダプタ

  2. 技術 電動工具

    【課題】先端工具および締付け部材の長さに対応して照射角度を任意に調整できる操作性の良いライト付き電動工具を提供する。【解決手段】 駆動源であるモータと、モータを収容する本体胴体部と、本体胴体部と一体に設けられるハンドル部と、ハンドル部に設けた円筒状のレバー支持部と、レバー支持部に設けた第1の係合部と、第1の係合部と噛合う第2の係合部を有しレバー支持部に挿通されるレバ...

    電動工具

  3. 【課題】電動工具、特にポータブルドリルおよびドライバに適用可能な、もしくは適用された照明装置を提供することである。【解決手段】電動工具の内部回路に、一つ以上の導体を介して接続されるのに適した電気回路(14)によって制御される一つ以上の発光体(16)と、少なくとも一つの光度計(17)と、前記光度計(17)から構成される前記電気回路(14)によって感知された光度によつて前...

    電動工具のための照明装置と前記の装置から構成される機械工具

  4. 【課題】ウエハとの摺動に伴う保持面の摩耗を防止することにより、物品保持装置の寿命を向上させるとともに、保持面の平坦精度が損なわれないようにする。また、保持面への埃塵の付着を防止することにより、半導体ウエハに対し悪影響を与えず、ウエハへの回路転写時における断線や短絡の防止、露光時における解像不良を防ぐとともに、ガラス基板の露光時には光の反射を低減し、解像不良を防止する。...

    物品保持装置

  5. 【課題】最適の締付けトルクでネジなどを締付けることができるインパクト締付け電動工具を提供する。【解決手段】モータ15の回転数と、アンビル40の回転数との差が、トルク制御スイッチ36に基づく回転数の差に到達すると、モータ15の回転を停止させるものである。

    インパクト締付け電動工具

新着の技術

締め具,連結具,外し具,保持具のような他に分類されない工具,または卓上器具』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】固定具に設けられている固定具用着脱工具係合孔を閉塞するための固定具用蓋体及び該固定具用蓋体の着脱工具につき、該固定具用蓋体が該固定具用着脱工具係合孔から容易に脱落するのを防止することができ、該固定具用蓋体を該固定具に着脱する際に簡便かつ確実にこれを着脱することができ、特にその素材について限定されることなく形成することができるようにする。【解決手段】固定具用蓋体...

    固定具用蓋体、及び該固定具用蓋体の着脱工具、並びにそれらの組合せ

  2. 【課題】大きな力を必要とせずに接続状態を解除することができる二重給排気筒の接続解除用工具を提供する。【解決手段】蝶番45で結合された2つのリング形成部材43,44の内表面側に滑り止め用の凹凸部42を設け、外表面側にハンドル部61,62を脱着可能とする取付部46を設けた。二重給排気筒をリング部41に嵌まるように締め付けてリング形成部材を閉じた状態て留め具部50で固定し、...

    二重給排気筒の接続解除用工具および二重給排気筒の接続解除方法

  3. 【課題】前記締結対象のボルト・ナット13の締緩時に於ける肢体の挟み込み事故の特異点を物理的に遮蔽することで、事故原因を直接的に排除できるアタッチメント5を提供する。【解決手段】締結対象のボルト・ナット13の締緩の際に、締緩機器に備えられた反力受け4に着脱可能であり、且つ反力受けとしての機能を有するアタッチメント5であって、前記反力受け4に着脱する反力受け保持部7を有し...

    締緩用アタッチメント

  4. 技術 装着装置

    【課題】 作業効率を向上することが可能な装着装置を提供する。【解決手段】 装着装置1Xは、部品であるプラグ2を保持可能な複数の保持部10と、複数の保持部10を、複数の当該保持部10の間隔を変更可能に連結する連結部20Xと、保持部10におけるプラグ2を保持する部位に対して、連結部20Xを介して反対側に設けられている操作部30と、を備え、複数の保持部10は、当該保持部...

    装着装置

  5. 【課題】機械式のトルクレンチに設定された設定トルク値の電子情報を正確に取得する。【解決手段】締付部材を締め付けるときに発生する締付トルクが予め設定された設定トルク値に達したことを作業者に認識させることができる締付工具であって、任意の角度である第1単位回転角度ごとに定められる指標に応じて前記第1単位回転角度だけ回転部材を回転操作することにより設定トルク値を所定の単位トル...

    締付工具、設定トルク値演算装置、設定トルク値演算プログラム、設定トルク値演算方法

締め具,連結具,外し具,保持具のような他に分類されない工具,または卓上器具の詳細カテゴリ一覧

締め具,連結具,外し具,保持具のような他に分類されない工具,または卓上器具の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

締め具,連結具,外し具,保持具のような他に分類されない工具,または卓上器具 ページ上部に戻る

周辺技術分野

整理標準化データをもとに当社作成

分野番号表示ON