金属の他の加工,複合作業,万能工作機械 に関する技術一覧

「金属の他の加工,複合作業,万能工作機械」に関する技術の関連情報です。 「金属の他の加工,複合作業,万能工作機械」 の関連技術、「他に分類されない,金属加工の方法による金属部品または金属対象物の接合または分離」「本質的には機械加工を伴なうが単一の他のサブクラスによって分類されない作業による金属物品の製造」 など、その他「金属の他の加工,複合作業,万能工作機械」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「金属の他の加工,複合作業,万能工作機械」の分野ページはこちら

金属の他の加工,複合作業,万能工作機械に所属する技術動向

金属の他の加工,複合作業,万能工作機械の分野に属する技術の状況としては、2018年に281件、2019年に263件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、金属の他の加工,複合作業,万能工作機械の分野においては特に近年金属部品への宝石類の取付け,例.工具へのダイヤモンドの取付けの分野における動向が活発であり、他にも工具の作用または工作物の所望最終状態の達成を促進するべく機械加工の前に,または同作業中にする工作物への補助処理,例.内部応力の除去や 主に摩耗または衝撃に対抗するための較正を伴うか伴わない表面処理または表面仕上げ,例.タービン翼,軸受の平滑または粗面化加工,他に分類されず上記のような表面に特徴があり,その処理法は特殊でないものといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては本田技研工業株式会社やトヨタ自動車株式会社、三菱マテリアル株式会社が豊富な実績を残しており、 トヨタ自動車株式会社などは、 化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池や他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品といった分野も含め、 株式会社ジェイテクトや株式会社協豊製作所といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

金属の他の加工,複合作業,万能工作機械』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】耐磨耗性を損なうことなく靱性を向上させ、且つ耐熱性が維持された硬質積層皮膜被覆工具を提供する。【解決手段】基体12の表面に、平均層厚が0.01〜0.50μm の (AlX Ti1-x ) (Ny C1-y ) (但し、0.05≦x≦0.50、0.50≦y≦1.00) の組成で示される内側層14と、平均層厚が0.01〜0.50μm の (AlZ Ti1-Z ...

    硬質積層皮膜被覆工具

  2. 【目的】TiAl系皮膜において、残留圧縮応力を低減し、厚膜化を実現し、また、TiAlに対し所定の第3成分にを添加することにより、更に耐酸化性を向上させた切削工具を提供する。【構成】Alに対しTiの含有率が75原子%以上98原子%以下であるTiとAlの窒化物、もしくは炭窒化物からなる層[A]と、Alに対しTiの含有率が20原子%以上65原子%以下であるTiとAlの窒化物...

  3. 【課題】1台、1個ごとに異なるリサイクル作業を、各工程ごとに提示し、正確かつ迅速な作業を可能として生産性の向上、再生コストの低減を可能としたリサイクル・リユースにおける作業指示システムを提供する。【解決手段】再生ラインの各工程において、回収機器あるいは部品の識別情報を入力部12から取り込む。作業指示部13は、入力情報に対応した個々の機器や部品の特性情報を特性情報データ...

    製品のリサイクル・リユースにおける作業指示システム

  4. 【課題】コストの最少化を実現できる、部品の調達案を作成して提示する。【解決手段】拠点別生産計画情報201の内容を、拠点別データ収集手段203で収集し、生産計画情報204に格納する。この情報と、BOM情報205の内容と、部品情報208の内容とで、MRP展開手段206によってMRP展開を行い、この結果を所要量情報207に格納する。所要量情報207、部品情報208、ベンダ情...

    グローバル部品調達システム

  5. 【課題】回路部品の供給管理を一層容易にする回路部品供給システムを得る。【解決手段】回路部品供給台車52に、SFUコントローラ530と、その回路部品供給台車52に保持される複数のフィーダ54の各々のF/Dコントローラ540との間で情報交換を可能とするSFUネットワーク534と、各フィーダ54が保持される位置を特定するためのFPIDネットワーク536とを設ける。各F/Dコ...

    回路部品供給システム,フィーダおよび回路部品供給管理方法

新着の技術

金属の他の加工,複合作業,万能工作機械』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】費用効果及び信頼性の高い方法で翼パネルを組み立てるためのシステム及び方法を提供する。【解決手段】翼パネルアセンブリシステム(100)は、翼構築ステーション(112)と、ストリンガ準備ステーション(110)と、ストリンガ昇降アセンブリを有する頭上ガントリサブシステム(120)と、を含み、前記ストリンガ昇降アセンブリは、昇降機構と、エンドエフェクタとを含む。各スト...

    翼パネルアセンブリシステム及び方法

  2. 【課題】移送キャビネットと共に使用するように設計されたバルクリベット・コンテナを提供する。【解決手段】バルクリベット・コンテナが、カバーと、隣接するRFIDタグとを含み、このカバーは、閉鎖位置と開口位置との間で移動可能であり得る。カバー外部は、開口凹部を有することができる。コンテナの周囲側面は、配向突出部と、コンテナ・ロック凹部とを含むことができる。コンテナは、RFI...

    バルクリベット・コンテナ及び移送キャビネット

  3. 【課題】本発明は、複数種類のワークに適用する場合であっても、従来よりもワーク取付部の小型・軽量化を達成することができるワーク搬送機構を備えるワーク搬送システムを提供する。【解決手段】本発明のワーク搬送システムは、多軸ロボットのアーム先端(手首曲げ部15)に固定される親治具5と、前記親治具5に脱着自在に固定される子治具6と、前記子治具6に脱着自在に固定されるとともにワー...

    ワーク搬送システム

  4. 【課題】効率よく複数の面材をフレームに取り付けることができる建物ユニットの製造方法を提供する。【解決手段】面材搬送装置30は、床面材26を建物ユニット11の床フレーム14まで搬送する際に用いられる装置である。面材搬送装置30は、3つの吸着部を備えており、吸着部は長尺状に延びる直方体であり、その下面が真空発生装置による空気吸引に基づいて被吸着面を吸着可能な吸着面となって...

    建物ユニットの製造方法

  5. 技術 固定治具

    【課題】部材の浮きを防止する固定治具を提供する。【解決手段】本発明の固定治具(1)は、処理領域と非処理領域とを有するとともに第1部材(110)上に第2部材(120)が配置された積層体(100)を固定する固定治具であって、積層体(100)の処理領域が露出した状態で、第1部材(110)と第2部材(120)とを引き付ける引付部(2)を備える。

    固定治具

金属の他の加工,複合作業,万能工作機械 ページ上部に戻る

周辺技術分野

整理標準化データをもとに当社作成

分野番号表示ON