工具としての電極を使用し,工作物に高密度の電流を作用させることにより行う金属加工,このような加工と他の形式の金属加工とを複合させたもの に関する技術一覧

「工具としての電極を使用し,工作物に高密度の電流を作用させることにより行う金属加工,このような加工と他の形式の金属加工とを複合させたもの」に関する技術の関連情報です。 「工具としての電極を使用し,工作物に高密度の電流を作用させることにより行う金属加工,このような加工と他の形式の金属加工とを複合させたもの」 の関連技術、「放電加工,すなわち,誘電性流体の中に置かれた電極と工作物との間に放電を高速で繰返すことによって行う金属の除去」「他に分類されない補助装置または細部」 など、その他「工具としての電極を使用し,工作物に高密度の電流を作用させることにより行う金属加工,このような加工と他の形式の金属加工とを複合させたもの」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「工具としての電極を使用し,工作物に高密度の電流を作用させることにより行う金属加工,このような加工と他の形式の金属加工とを複合させたもの」の分野ページはこちら

工具としての電極を使用し,工作物に高密度の電流を作用させることにより行う金属加工,このような加工と他の形式の金属加工とを複合させたものに所属する技術動向

工具としての電極を使用し,工作物に高密度の電流を作用させることにより行う金属加工,このような加工と他の形式の金属加工とを複合させたものの分野に属する技術の状況としては、2017年に147件、2018年に89件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、工具としての電極を使用し,工作物に高密度の電流を作用させることにより行う金属加工,このような加工と他の形式の金属加工とを複合させたものの分野においては特に近年他に分類されない補助装置または細部の分野における動向が活発であり、他にも電解加工,すなわち.電解液中に置かれた電極と工作物との間に電流を流すことによって行う金属の除去や 複合加工といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては三菱電機株式会社やファナック株式会社、株式会社ソディックが豊富な実績を残しており、 三菱電機株式会社などは、 電気加熱,他に分類されない電気照明や家庭の洗浄または清浄,吸引掃除機一般といった分野も含め、 JFEエンジニアリング株式会社や独立行政法人科学技術振興機構といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

工具としての電極を使用し,工作物に高密度の電流を作用させることにより行う金属加工,このような加工と他の形式の金属加工とを複合させたもの』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】陽極酸化ポーラスアルミナを鋳型として、高分子フィルム面に所望の反射防止膜を形成可能な反射防止膜の製造方法およびその方法により形成された反射防止膜、並びに、その反射防止膜を効率的に形成可能なスタンパ及びその製造方法を提供する。【解決手段】高分子膜の表面に凹凸を形成し、屈折率を連続的に変化させることで反射を低減させる反射防止膜の製造方法であって、前記凹凸の形成に、...

    反射防止膜及びその製造方法、並びに反射防止膜作製用スタンパ及びその製造方法

  2. 【課題】初期凹凸を容易に平坦化でき、かつ余分な銅膜の除去効率に優れ、銅膜の下層の層間絶縁膜などへのダメージを抑制することが可能な研磨方法および装置と、銅膜を平坦に堆積可能なメッキ方法および装置を提供する。【解決手段】被研磨ウェーハWの被研磨膜の膜厚相当データを測定し、被研磨面よりも小さな陰極部材Eを被研磨面の一領域に対向させ、被研磨面の一領域と陰極部材の間に電解液EL...

    研磨方法、研磨装置、メッキ方法およびメッキ装置

  3. 【課題】超純水中の水酸化物イオンを用いて被加工物の加工面に不純物を残さない清浄な加工を行なうことができる加工方法を提供する。【解決手段】超純水中に、被加工物である陽極2と、これに所定の間隔を置いて対向する陰極1とを配置し、前記被加工物と前記陰極との間に、超純水の解離を促進するとともに通水性を有する触媒部材3bを配置し、被加工物と陰極間に電圧を印加しつつ該触媒部材内に超...

    • 公開日:2001/03/13
    • 出願人: 森勇蔵 、...
    • 発明者: 森勇蔵 、...
    • 公開番号:2001-064799号

    電解加工方法及び装置

  4. 【課題】基板表面に堆積させた過剰の銅膜を、製品の品質低下を防止しつつ、より効率的に、かつ安価に研磨するのに使用される研磨液、研磨方法及び研磨装置を提供する。【解決手段】表面に銅を成膜して該銅を微細窪み内に埋込んだ基板の表面を研磨する研磨液であって、水溶性の無機酸あるいはその塩類、または水溶性の有機酸あるいはその塩類の1種類以上と、ヒドロキシキノリン類の1種類以上を含む...

    研磨液、研磨方法及び研磨装置

  5. 【課題】金属膜を研磨によって平坦化する際に、初期凹凸を容易に平坦化でき、かつ余分な金属膜の除去効率に優れ、金属膜下層の層間絶縁膜などへのダメージを抑制可能な半導体装置の製造方法および研磨方法を提供する。【解決手段】陰極部材120と銅膜105との間にキレート剤を含む電解液ELを介在させ、陰極部材120を陰極とし銅膜105を陽極として電圧を印加して、銅膜105の表面を酸化...

    半導体装置の製造方法および研磨方法

新着の技術

工具としての電極を使用し,工作物に高密度の電流を作用させることにより行う金属加工,このような加工と他の形式の金属加工とを複合させたもの』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】脆性材料から構成されるワークに対しても、クラックや割れを発生させることなく、延性モードで安定して精度良く切断加工を行うことができるワーク加工装置を提供する。【解決手段】多結晶ダイヤモンド26aで構成されたブレード26の表面の切れ刃を、水を使用した放電加工により、除去して再生するブレード加工部302を備える。

    ワーク加工装置

  2. 【課題】 ワイヤ放電加工機とロボットと効率的に連携させることが可能なワイヤ放電加工システム等を提供することを目的とする。【解決手段】 ワイヤ放電加工システム1は、ワイヤ放電加工機7、11、15と、工作物をワイヤ放電加工機に設置するロボット部17を備える。ワイヤ放電加工機7、11、15は、中子を保持させた粗加工と、中子を除去した後の仕上げ加工の、一方を行って中子...

    ワイヤ放電加工システム及びワイヤ放電加工方法

  3. 技術 切削装置

    【課題】切削工具の摩耗を防止し、長寿命化が可能な切削装置を提供する。【解決手段】ワークWを切削可能な切削工具と、ワークWから発生する切りくず40をアース可能なアース接点と、ワークWを切削するチップ261の近傍に設けられた放電電極302と、アース接点と放電電極302との間に放電を発生させることが可能な電圧を印加可能な電源と、を備える。ワークWの切削加工中に電圧が印加され...

    切削装置

  4. 【課題】電極の構成の複雑化を回避しながら、曲り孔の形成を容易に行うことができる電解加工方法、孔あき部材の製造方法、加工用電極、及び電解加工システムを提供する。【解決手段】電解加工方法は、電解加工により被加工物に曲り形状の加工孔を形成する方法であって、加工用電極の内部流路に電解液を流通させ、加工用電極の先端面に設けられた内部流路の出口開口から電解液を噴出させるステップと...

    電解加工方法、孔あき部材の製造方法、加工用電極、及び、電解加工システム

  5. 【課題】 ワイヤ放電加工機とロボットと効率的に連携させることが可能なワイヤ放電加工システム等を提供することを目的とする。【解決手段】 ワイヤ放電加工システム1は、ワイヤ放電加工機7、11、15と、工作物をワイヤ放電加工機に設置するロボット部17を備える。ワイヤ放電加工機7、11、15は、中子を保持させた粗加工と、中子を除去した後の仕上げ加工の、一方を行って中子...

    ワイヤ放電加工システム及びワイヤ放電加工方法

工具としての電極を使用し,工作物に高密度の電流を作用させることにより行う金属加工,このような加工と他の形式の金属加工とを複合させたものの詳細カテゴリ一覧

工具としての電極を使用し,工作物に高密度の電流を作用させることにより行う金属加工,このような加工と他の形式の金属加工とを複合させたものの分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

工具としての電極を使用し,工作物に高密度の電流を作用させることにより行う金属加工,このような加工と他の形式の金属加工とを複合させたもの ページ上部に戻る