7/00〜13/00に含まれない特殊歯車の製造方法または装置 に関する技術一覧

「7/00〜13/00に含まれない特殊歯車の製造方法または装置」に関する技術の関連情報です。 「7/00〜13/00に含まれない特殊歯車の製造方法または装置」 の関連技術、「作用半径の変動するホイール周面の歯切り,例.楕円ホイール周面」「特殊な機械加工法による時計用ホィールまたは類似したものの周面の小ピッチ歯切り」 など、その他「7/00〜13/00に含まれない特殊歯車の製造方法または装置」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「7/00〜13/00に含まれない特殊歯車の製造方法または装置」の分野ページはこちら

7/00〜13/00に含まれない特殊歯車の製造方法または装置に所属する技術動向

7/00〜13/00に含まれない特殊歯車の製造方法または装置の分野に属する技術の状況としては、2015年に1件、2018年に1件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、7/00〜13/00に含まれない特殊歯車の製造方法または装置の分野においては特に近年特殊な機械加工法による時計用ホィールまたは類似したものの周面の小ピッチ歯切りの分野における動向が活発であり、他にも作用半径の変動するホイール周面の歯切り,例.楕円ホイール周面や ホィール正面の歯切り,例.歯面を持つクラッチまたは接手のためのものといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはアトラスコプコエアーパワー,ナームローゼフェンノートシャップや株式会社ジェイテクト、三菱電機株式会社が豊富な実績を残しており、 株式会社カシフジなどは、 製造されるべき歯に対する工作物のローリングオフ運動または包絡運動に連動して工具を移動させる直歯の製造や7/00〜13/00に含まれない特殊歯車の製造方法または装置といった分野も含め、 川崎重工業株式会社や株式会社神戸製鋼所といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

7/00〜13/00に含まれない特殊歯車の製造方法または装置』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】複雑な形状のスクリュ歯形の加工を汎用の加工装置で行う。【解決手段】スクリュ歯形を加工するシングルカッタ1の回転軸を前記ワークに形成される歯形のねじれ角に応じて傾斜させると共に、カッタの回転中心Ocの移動方向5を、前記ワーク6の回転軸芯7に対して直交方向と成し、かつ、前記ワーク6の回転軸芯7を該カッタ1の回転中心Ocの移動方向5の延長線と重ならない位置に配置した...

    スクリュロータのスクリュ歯形加工方法および加工装置

  2. 【課題】波動歯車装置の剛性内歯歯車を、歯部形成側リングと歯車本体側リングからなる複合構造とし、これら両部材の確実に一体化すること。【解決手段】波動歯車装置の剛性内歯歯車2は、内歯が形成された歯部形成側リング12と、歯車本体側リング11とを接合して一体化することにより構成されている。歯部形成側リング12は、強度、耐摩耗性に優れた鉄系あるいは銅系の材料から製造され、歯車本...

    波動歯車装置の剛性内歯歯車の製造方法

  3. 【課題】内歯を備えた焼結成形品に、研削した表面内の孔を閉鎖することなくアンダーカットを有効かつ経済的に付与する方法を提供する。【解決手段】内歯に接して開口する気孔を持ち、アンダーカット面が作成された自動車変速装置内のスライドスリーブのような焼結成形品を製造するために、内転サイクロイド軌道上でフライス軸を動かしながらこの軌道の先端領域内で当接する切断刃をかみ合わせ、かつ...

  4. 【課題】歯車の噛み合い振動を低減することにより、騒音の低い遊星歯車装置を提供することにある。【解決手段】太陽歯車1、太陽歯車1と噛み合う複数個の遊星歯車2a、2b、2c及び遊星歯車2a、2b、2cと噛み合う内歯車5の各々の歯形をインボリュ−ト曲線で形成するはすば歯車、及びこれらを収納するケ−ス12、13を備え、太陽歯車1及び内歯車5の歯数が遊星歯車2a、2b、2cの個...

    遊星歯車装置

  5. 【課題】機械の同期精度の不足による影響を低減させ、被加工物に対する軸線方向の保持力を安定させることにより、被加工物の加工精度の向上及び被加工物の損傷の防止を図ることのできる加工装置及び歯車部品の製造方法を提供する。【解決手段】被加工物Wにおける加工部位の軸線方向の両側を保持する第1保持部及び第2保持部128Bを有する保持機構と、保持機構によって保持された被加工物Wを加...

    加工装置及び歯車部品の製造方法

新着の技術

7/00〜13/00に含まれない特殊歯車の製造方法または装置』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】ねじれ角が異なる溝を有する加工物の溝の加工時間の短縮化を図れる加工装置及び加工方法を提供する。【解決手段】制御装置100は、少なくとも二つの溝のそれぞれについて、溝の切削加工のアプローチ位置から切削開始位置を通って切削完了位置に至るまでの距離、及び溝のねじれ角に基づいて、加工物115の回転位相に対する補正角を算出する補正角算出部104と、加工物115の回転軸線...

    加工装置及び加工方法

  2. 【課題】ねじれ角が異なる歯面を高精度に加工できる歯車加工装置及び歯車加工方法を提供する。【解決手段】歯車加工装置(1)において、歯車の歯(115a)の側面(115A)は、第一歯面(115b)及び第一歯面(115b)とねじれ角が異なる第二歯面(121)を有し、加工用工具(42F)の工具刃(42af)は、予め加工された第一歯面(115b)に対し第二歯面(121)を加工可能...

    歯車加工装置及び歯車加工方法

  3. 【課題】ラックの隣り合う各歯を連続して高精度に加工することができる可変ギヤ比ラックの加工装置および加工方法を提供する。【解決手段】ピニオン型工具Tの複数の突条部Taは、ラックの各歯の歯すじ長さより長い所定長さを有するようにそれぞれ形成する。ピニオン型工具Tの回転とピニオン型工具Tと棒状ワークWとの相対移動との関係を可変ギヤ比に応じて変化させるように、ピニオン型工具Tの...

    可変ギヤ比ラックの加工装置および加工方法

  4. 【課題】軸部材の加工時間が短縮可能となる。【解決手段】単純遊星減速機構38を備える単純遊星減速装置14であって、単純遊星減速機構38のキャリヤ32と一体化される出力部材(軸部材)44を有し、出力部材44はフランジ部44Aと出力軸部44Bとを有し、フランジ部44Aと出力軸部44Bには同一モジュールのスプライン44AA、44BAが形成されている。また、出力部材44は、キャ...

    遊星歯車減速装置およびその製造方法

  5. 【課題】種々の凹凸歯車の凹歯を加工することができる加工装置を提供する。【解決手段】加工装置100は、凹歯(揺動凹歯)15bの加工前の凹凸歯車(揺動歯車)15である円盤状ワークWに対してトロイダル砥石140を相対的に移動可能な、相互に直交する3つの直動軸と1つの回転軸とを備える。そして、相手歯車(固定軸)12と凹凸歯車15との間で動力を伝達する際における凹凸歯車15に対...

    凹凸歯車の加工装置

7/00〜13/00に含まれない特殊歯車の製造方法または装置の詳細カテゴリ一覧

7/00〜13/00に含まれない特殊歯車の製造方法または装置の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

該当するデータがありません

7/00〜13/00に含まれない特殊歯車の製造方法または装置 ページ上部に戻る