工作機械,他に分類されない金属加工 に関する技術一覧

「工作機械,他に分類されない金属加工」に関する技術の関連情報です。 「工作機械,他に分類されない金属加工」 の関連技術、「旋削,中ぐり」「フライス削り」 など、その他「工作機械,他に分類されない金属加工」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「工作機械,他に分類されない金属加工」の分野ページはこちら

工作機械,他に分類されない金属加工に所属する技術動向

工作機械,他に分類されない金属加工の分野に属する技術の状況としては、2019年に3,779件、2020年に3,573件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、工作機械,他に分類されない金属加工の分野においては特に近年ねじ切り,ねじ切りと関連した,ねじ,ボルト頭,またはナットの加工の分野における動向が活発であり、他にも歯車またはラックの製造や フライス削りといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては三菱マテリアル株式会社や株式会社ディスコ、新日鐵住金株式会社が豊富な実績を残しており、 トヨタ自動車株式会社などは、 運輸や基本的電気素子といった分野も含め、 株式会社ジェイテクトや株式会社豊田中央研究所といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

工作機械,他に分類されない金属加工』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】加工対象物の表面に溶融や切断予定ラインから外れた割れが生じることなく、かつ精密に加工対象物を切断することができるレーザ加工方法を提供すること。【解決手段】多光子吸収を起こさせる条件でかつ加工対象物1の内部に集光点を合わせて、パルスレーザ光Lを切断予定ライン5に照射することにより、加工対象物1の内部に改質領域を形成している。改質領域を起点として切断予定ライン5に...

    レーザ加工方法

  2. 【課題】 低温でウエハに貼付可能であり、室温で取扱い可能な程度に柔軟であり、かつ、通常に行われるエキスパンド条件において切断可能である接着シートを提供すること。【解決手段】 I)半導体ウエハに接着シートを貼り付ける工程、II)半導体ウエハ内部に集光点を合わせてレーザ光を照射し、多光子吸収による改質領域を形成する工程及びIII)接着シートに粘着テープを貼り付ける工程...

    接着シート

  3. 【課題】加工対象物の表面に溶融や切断予定ラインから外れた割れが生じることなく、加工対象物を切断することができるレーザ加工方法を提供すること。【解決手段】多光子吸収を起こさせる条件でかつ加工対象物1の内部に集光点Pを合わせて、パルスレーザ光を加工対象物1の表面3の切断予定ライン5に照射している。集光点Pを切断予定ライン5に沿って移動させることにより、改質領域を切断予定ラ...

    レーザ加工方法

  4. 【課題】二面構造体(パネル)の二面の接合を摩擦接合で施工する場合において、継ぎ手部の変形を抑え、良好な接合部を得る継ぎ手形状を提供する。【解決手段】パネル31,32は、実質的に平行な2つの板33,34と該2つの板33,34を接続する第3の部材35とからなる。一方のパネル32のそれぞれの板33,34の端部を他方のパネル32のそれぞれの板33,34の端部に摩擦接合で接合す...

    パネル構造体、摩擦接合方法、およびパネル

  5. 【課題】基板の表面に溶融や切断予定ラインから外れた割れが生じることなく、基板を切断することができるレーザ加工方法を提供すること。【解決手段】本発明に係るレーザ加工方法は、表面3に回路部2が形成されかつ裏面21にダイシングフィルム4が貼り付けられた基板1の内部に集光点Pを合わせて、ダイシングフィルム4に対して透過性を有するレーザ光Lをダイシングフィルム4を介して基板1の...

    レーザ加工方法

新着の技術

工作機械,他に分類されない金属加工』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】工作機械の刃物棒のロック及びアンロック構造。【解決手段】本発明の工作機械の刃物棒のロック及びアンロック構造は、ケースと、ロック手段と、アンロック手段とを含み、ケースは、刃物棒を収容するためのものであり、ロック手段は、ケースの内に差し込まれた刃物棒の端部に軸方向の引っ張り力及び径方向の圧力を印加することにより、刃物棒がより安定的に刃物収容構造に差し込まれる。アン...

    工作機械の刃物棒のロック及びアンロック構造

  2. 【課題】工具すくい面のダイヤモンド被膜の剥離を防止でき、平滑な加工面が得られるダイヤモンド被覆回転切削工具及びその製造方法を提供する。【解決手段】ダイヤモンド被覆回転切削工具は、工具直径をD0とし、すくい面側ダイヤモンド被膜の平均膜厚をd1とし、逃げ面側ダイヤモンド被膜の平均膜厚をd2としたときに、工具すくい面における基体切れ刃部の先端から50μm又は工具直径D0の1...

    ダイヤモンド被覆回転切削工具の製造方法

  3. 技術 工作機械

    【課題】コラムの姿勢変化を低コストで高精度に測定し、主軸先端の変位を補正する。【解決手段】コラムに対して離間して配置され、コラムと線膨張係数の異なる第1基準バー、第2基準バーと、第1基準バー側の測定対象部位とコラムの第1コラム側測定対象部位との間の鉛直方向距離を測定する第1測定手段と、第2基準バー側の測定対象部位とコラムの第2コラム側測定対象部位との間の鉛直方向距離を...

    工作機械

  4. 技術 ドリル

    【課題】小径の深穴加工でも切屑を確実に分断する。【解決手段】ドリル本体1の先端部外周に形成された切屑排出溝6の先端側辺稜部に主切刃8が形成され、切屑排出溝6の先端内周部に形成された凹溝状のシンニング部7の先端側辺稜部にはシンニング刃9が形成され、切屑排出溝捩れ方向から見て切屑排出溝内接円の半径が第2の円の直径D2に対して0.3×D2〜0.7×D2の範囲内とされ、シンニ...

    ドリル

  5. 【課題】フラックスフリーでろう付を安定して行う。【解決手段】心材片面に犠牲材、他面にAl−Si−Mg−Bi系ろう材をクラッドし、犠牲材の心材側と反対側の片面にAl−Si−Mg−Bi系ろう材が配置された4層のAl合金クラッド材であり、ろう材がSi:6.0〜14.0%、Mg:0.05〜1.5%、Bi:0.05〜0.25%、Sr:0.0001〜0.1%を含有し残部がAl及び...

    アルミニウム合金クラッド材

工作機械,他に分類されない金属加工 ページ上部に戻る