工作機械,他に分類されない金属加工 に関する技術一覧

「工作機械,他に分類されない金属加工」に関する技術の関連情報です。 「工作機械,他に分類されない金属加工」 の関連技術、「旋削,中ぐり」「フライス削り」 など、その他「工作機械,他に分類されない金属加工」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「工作機械,他に分類されない金属加工」の分野ページはこちら

工作機械,他に分類されない金属加工に所属する技術動向

工作機械,他に分類されない金属加工の分野に属する技術の状況としては、2015年に4,333件、2016年に4,192件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、工作機械,他に分類されない金属加工の分野においては特に近年ねじ切り,ねじ切りと関連した,ねじ,ボルト頭,またはナットの加工の分野における動向が活発であり、他にも歯車またはラックの製造や フライス削りといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては三菱マテリアル株式会社や新日鐵住金株式会社、株式会社神戸製鋼所が豊富な実績を残しており、 トヨタ自動車株式会社などは、 運輸や基本的電気素子といった分野も含め、 株式会社ジェイテクトや株式会社豊田中央研究所といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

工作機械,他に分類されない金属加工』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】加工対象物の表面に溶融や切断予定ラインから外れた割れが生じることなく、かつ精密に加工対象物を切断することができるレーザ加工方法を提供すること。【解決手段】多光子吸収を起こさせる条件でかつ加工対象物1の内部に集光点を合わせて、パルスレーザ光Lを切断予定ライン5に照射することにより、加工対象物1の内部に改質領域を形成している。改質領域を起点として切断予定ライン5に...

    レーザ加工方法

  2. 【課題】 低温でウエハに貼付可能であり、室温で取扱い可能な程度に柔軟であり、かつ、通常に行われるエキスパンド条件において切断可能である接着シートを提供すること。【解決手段】 I)半導体ウエハに接着シートを貼り付ける工程、II)半導体ウエハ内部に集光点を合わせてレーザ光を照射し、多光子吸収による改質領域を形成する工程及びIII)接着シートに粘着テープを貼り付ける工程...

    接着シート

  3. 【課題】加工対象物の表面に溶融や切断予定ラインから外れた割れが生じることなく、加工対象物を切断することができるレーザ加工方法を提供すること。【解決手段】多光子吸収を起こさせる条件でかつ加工対象物1の内部に集光点Pを合わせて、パルスレーザ光を加工対象物1の表面3の切断予定ライン5に照射している。集光点Pを切断予定ライン5に沿って移動させることにより、改質領域を切断予定ラ...

    レーザ加工方法

  4. 【課題】二面構造体(パネル)の二面の接合を摩擦接合で施工する場合において、継ぎ手部の変形を抑え、良好な接合部を得る継ぎ手形状を提供する。【解決手段】パネル31,32は、実質的に平行な2つの板33,34と該2つの板33,34を接続する第3の部材35とからなる。一方のパネル32のそれぞれの板33,34の端部を他方のパネル32のそれぞれの板33,34の端部に摩擦接合で接合す...

    パネル構造体、摩擦接合方法、およびパネル

  5. 【課題】基板の表面に溶融や切断予定ラインから外れた割れが生じることなく、基板を切断することができるレーザ加工方法を提供すること。【解決手段】本発明に係るレーザ加工方法は、表面3に回路部2が形成されかつ裏面21にダイシングフィルム4が貼り付けられた基板1の内部に集光点Pを合わせて、ダイシングフィルム4に対して透過性を有するレーザ光Lをダイシングフィルム4を介して基板1の...

    レーザ加工方法

新着の技術

工作機械,他に分類されない金属加工』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】コテ部の通電発熱特性に優れ、導体細線と端子部材との接合加工を効率よく安定確実に行えるヒータチップを提供する。ヒータチップ(10)は、通常使用形態の姿勢において最下端に位置するコテ部(12)と、このコテ部(12)と一体的にその左右両端から上方に対称または非対称に延びる一対の接続端子部(14L,14R)とを有している。コテ部(12)は、通電時にヒータチッ...

    ヒータチップ及び接合装置及び接合方法

  2. 【課題・解決手段】ウェーハのレーザー光照射面に形成された薄膜のばらつきによる影響を受けることなく、ウェーハのレーザー光照射面の高さ位置の検出を精度よく安定して行うことができるレーザーダイシング装置を提供する。AF装置110(高さ位置検出手段)は、光源部200から出力されたAF用レーザー光L2(波長の異なる複数のAF用レーザー光L2a、L2bの合成光)をウェーハWの表面...

    レーザーダイシング装置

  3. 【課題・解決手段】特に過酷な摺動環境下で使用される摺動部材の素材として用いられても、摩擦圧力と摩擦熱による使用中の変形に対して高い抵抗性を有するクラッド板を提供する。板厚方向へ積層された第1層2、第2層3および第3層4をこの順に備えるクラッド板1である。第1層2および第3層4は、焼入れ硬化した炭素鋼またはマルテンサイト系ステンレス鋼であって、同一の材料からなる。第2層...

    クラッド板とその製造方法

  4. 【課題・解決手段】所定の開先条件として、板厚:10mm 以上の2枚の厚鋼材(1)を、ウイービングを用いる一層溶接または多層溶接により接合する立向き狭開先ガスシールドアーク溶接方法において、曲げ部とこの曲げ部によって画定される先端部とをそなえる溶接トーチ(4)を用いて、初層溶接のウイービングを行うものとし、その際、厚鋼材の開先面(2)に対するウイービング時に、所定の条件...

    立向き狭開先ガスシールドアーク溶接方法

  5. 【課題・解決手段】回転フレーム(5)は、回転軸(4a)から水平方向両側に延びる第1水平フレーム(51)と、第1水平フレーム(51)の長手方向両端からそれぞれ第1水平フレーム(51)と直交する水平方向に延びる一対の第2水平フレーム(52)と、各第2水平フレーム(52)の長手方向の端部同士を橋絡する一対の第3水平フレーム(53)とを備え、第3水平フレーム(53)には、治具...

    ワーク位置決め装置

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • 燃料電池車

    水素を燃料とし、空気中から取り込んだ酸素と反応させることで生み出した電気エネルギーを駆動力に利用する…

  • 3Dプリンター医学応用

    3Dプリンタ、正しくは、積層造形(AM:Additive Manufacturing)技術は、今や家…

  • 人工知能

    米国Google社が2015年6月23日に発表した“A Neural Conversational …

ページトップへ

工作機械,他に分類されない金属加工 ページ上部に戻る