重錘載替 に関する技術一覧

「重錘載替」に関する技術の関連情報です。 「重錘載替」 」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「重錘載替」の分野ページはこちら

技術一覧

検索結果:1〜6件を表示(6件中)1/1ページ目

  1. 技術 注湯装置

    【課題】鋳枠無し鋳型の注湯において、注湯作業の効率を向上させることのできる注湯装置を提供する。【解決手段】注湯装置において、注湯エリアは、係脱機構を作動させて複数の鋳枠無し鋳型を載置した複数の台車を停止させる停止装置と、鋳枠無し鋳型に注湯するための注湯機器と、を備え、鋳型排出エリアは、係脱機構を作動させて台車を停止させる第三停止装置と、鋳枠無し鋳型を台車から排出する排...

    注湯装置

  2. 【課題】タイムサイクルが短い無枠造型注湯冷却ラインにおいても、鋳型に貼りついたジャケットを事前に取り外しやすくすることにより、ライン停止などのトラブルを防止することができる無枠造型注湯冷却ラインにおけるジャケット緩め方法及びジャケット緩め装置を提供する。【解決手段】無枠造型注湯冷却ラインにおける、ジャケット移し変え部のジャケット取り外し側ラインの上流にジャケット緩め装...

    無枠造型注湯冷却ラインにおけるジャケット緩め方法及びジャケット緩め装置

  3. 【課題】重錘の上・下面に付着した付着物を適確に除去し清掃することができる装置を提供する。【解決手段】第2移送手段2側における所要の高さ位置に配設されて吊り上げ手段10によって吊り上げられた重錘9の上面を掻く第1スクレーパ14をそのピストンロッドの先端に装着した横向きのシリンダ15と、第1移送手段3と第2移送手段2の間に配設されて第1スクレーパ14によって掻き取られた重...

    重錘の上・下両面の清掃装置

  4. 【課題】造型ラインより注湯ラインへと搬送される大小如何様な形状の鋳型であっても同一の重錘を安定的に載置すると共に、冷却完了後の鋳型上より当該重錘を取外して、再度注湯前の鋳型に乗せ替え可能として成るべく少ない重錘を効率良く利用して、作業能率の向上を図らんとする。【解決手段】ローラーコンベアー上の注湯定盤に載置される大小種々の鋳型に対して該注湯定盤と大略同長とした重錘の両...

    自硬性無枠造型ラインの鋳型クランプ装置

  5. 【課題】鋳型を形成する粘結剤を含んだ鋳物砂の使用量を低減可能とした。【解決手段】上下方向に伸縮自在な型枠7内に、充分な空間を存して粘結剤を含んだ鋳物砂で、鋳型のもつ強度が注入する溶金属重量に対し充分に対応できない鋳型3を形成し、該鋳型3と前記型枠7との間の空間に粘結剤を含まない鋳物砂8を充填し前記型枠7の上部にウエイト9を載置して鋳造することを特徴とする。

    自硬性鋳型による鋳物製造方法とその型枠

  6. 【目的】循環使用される鋳型定盤、重り、ジャケットの組合せが常に対をなし不変になる抜枠鋳型鋳造循環ライン設備を提供することを目的とする。【構成】抜枠鋳型鋳造循環ライン2の上方に重り8とジャケット7を共吊り昇降させるジャケット外し装置10と、ジャケット被ぶせ装置21とを間隔をおいて配置すると共にその下方に鋳型定盤5を位置決めするストッパ9、20を配設し、かつ循環ライン2に...

    抜枠鋳型鋳造循環ライン設備

    重錘載替の詳細カテゴリ一覧

    重錘載替の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

    該当するデータがありません

    重錘載替 ページ上部に戻る