独特な形状の鋳型または中子製作用造型機械 に関する技術一覧

「独特な形状の鋳型または中子製作用造型機械」に関する技術の関連情報です。 「独特な形状の鋳型または中子製作用造型機械」 の関連技術、「型板を備えたもの,例.砂型を掻いていく操作のためのもの」「シエル鋳型またはシエル中子」 など、その他「独特な形状の鋳型または中子製作用造型機械」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「独特な形状の鋳型または中子製作用造型機械」の分野ページはこちら

独特な形状の鋳型または中子製作用造型機械に所属する技術動向

独特な形状の鋳型または中子製作用造型機械の分野に属する技術の状況としては、2015年に8件、2017年に9件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、独特な形状の鋳型または中子製作用造型機械の分野においては特に近年型板を備えたもの,例.砂型を掻いていく操作のためのものの分野における動向が活発であり、他にも管状体または細長の中空物体用のものや 中子用のものといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては新東工業株式会社やトヨタ自動車株式会社、旭有機材株式会社が豊富な実績を残しており、 トヨタ自動車株式会社などは、 燃料電池,その製造やグループ41/00から43/00に分類されない電気的制御といった分野も含め、 新東工業株式会社や東洋産機株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

独特な形状の鋳型または中子製作用造型機械』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】 成形性がよく、軽量で炭素当量が4.2%以下の溶融金属の鋳込みにおいても精度及び表面平滑性の高い鋳物を製造することができ、且つ鋳込み後の鋳型の除去性にも優れた、鋳物製造用の鋳型又は構造体を提供すること。【解決手段】 炭素当量が4.2%以下の溶融金属から鋳物を製造するための鋳型又は構造体である。有機繊維、無機繊維、無機粒子及び熱硬化性樹脂を含有しており、前記...

    鋳物製造用の鋳型又は構造体

  2. 【課題】単独でエアーの吹込み等が可能なブローヘッドにより、各ヘッド部への充填不足を解消しつつエアーの干渉等も防止して、品質的に均一な複数個の中子を効率的に造型し得る中子造型方法及び中子造型装置を提供する。【解決手段】サンドホッパーの各ホッパー部内の砂をブローヘッドの複数に区画された各ヘッド部内に砂供給位置で供給し、このブローヘッドを砂吹込み位置まで移動させ、該位置で各...

    中子造型方法及び中子造型装置

  3. 【課題】 流動性、充填性に優れ、強度を向上させた水溶性中子を時間サイクルを短縮した造型方法と造型装置を提供する。【解決手段】 鋳物砂に水溶性バインダーを混合してスラリー状とし、該スラリーを型内に充填し、その後該充填物を乾燥させて成型する鋳物砂中子の造型方法において、該スラリー状の鋳物砂を該型内に下方から加圧充填する工程(第1工程)と、該スラリー状の鋳物砂を充填した...

    水溶性中子の造型方法及び造形装置

  4. 【課題】 結合剤を被覆したシェルモールド用樹脂被覆砂(RCS)を用いて、鋳型製造時の流動性を確保しつつ低温でも十分な鋳型強度を有する鋳型の製造方法。【解決手段】 耐火性粒子とそれを被覆する結合剤とを有し、該結合剤として、ゲル濾過クロマトグラフによる測定において、(1)低分子量成分(一核体と二核体)の含有量が10%以下、かつ、(2)重量平均分子量(Mw)と数平均分子...

    シェルモールド用鋳型の製造方法

  5. 【課題】複雑形状で厚肉部と薄肉部の差が大きい中子でも、各部位で必要な鋳型強度、通気度などの特性を確保し、また、塗型工程をなくして作業環境を良くするとともに通気度を確保して鋳造後の鋳造部材の品質を向上し、鋳鋼などを鋳造後の鋳物表面に浸炭発生を少なくして被削性を向上でき、さらに、設備の保守管理が容易で、かつ中子と鋳造部材を安価に高い生産性で製作できる生砂中子、その造型方法...

    生砂中子、その造型方法とその造型装置及びそれにより得られる鋳造部材

新着の技術

独特な形状の鋳型または中子製作用造型機械』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】混合時及び圧入時における発泡混合物の飛散を防止又は効果的に抑制することができる鋳型造型装置を得る。【解決手段】攪拌槽20には材料が供給され、蓋部材22で攪拌槽20の開放側を閉塞した状態で攪拌槽20の内部の材料を第一攪拌羽根24が攪拌して発泡混合物を製造する。また、攪拌槽20の側方側には圧入槽30が隣接して配置されており、攪拌槽20の内部と圧入槽30の内部とは、...

    鋳型造型装置

  2. 【課題】造形した中子の品質のばらつきを抑制すること。【解決手段】中子の原料を混練するための混練槽20と、混練槽20に原料を供給する原料供給手段30と、混練槽20内において混練された原料からなる混練材S2を収容し、中子を造形する金型70と、混練槽20内の混練材S2を金型70に射出するピストン50と、ピストン50の位置を検出する位置センサ63と、原料供給手段30から混練槽...

    中子造形装置及び中子造形方法

  3. 【課題】中子の造形設備を小型化して、設備コストを抑えつつ、造形時間を短縮することができる中子造形装置を提供することを目的とする。【解決手段】本発明の中子造形装置は、成形型5、クランプ機構7、型締め機構9、マイクロ波加熱装置11及び充填装置を備えている。この中子造形装置は、型締め機構9により、型締めされた成形型6をクランプ機構7によって、型締め状態を保持し、順次中子砂3...

    中子造形装置

  4. 【課題】型から中子を取出して搬送するとともに、押出ピンと型との間のクリアランスを維持して中子の成形不良を抑制することができる中子搬送装置を提供する。【解決手段】型によって成形された中子を取り出す中子搬送装置100である。中子搬送装置100は、型の貫通孔hに挿通されて昇降可能に設けられ、型から中子を押し上げる押出ピン1と、型の側方から中子の下方へ進入可能に設けられ、中子...

    中子搬送装置

  5. 【課題】高い品質の砂型を安定して得ることが可能な砂型造型方法を提供する。【解決手段】キャビティ(造型部)を47(kPa)以下に減圧したことにより、当該キャビティに充填された水ガラスを含む中子砂(原料)の水分を80℃の温度で除去することが可能であり、延いては当該中子砂を焼成させることができる。これにより、金型と中子砂との温度差を小さくして中子砂の潜熱に起因する金型の熱歪...

    砂型造型方法

独特な形状の鋳型または中子製作用造型機械 ページ上部に戻る