耐火性鋳型の組成物または中子材料,その粒子構成,鋳型成形または製作上の化学的または物理的特徴 に関する技術一覧

「耐火性鋳型の組成物または中子材料,その粒子構成,鋳型成形または製作上の化学的または物理的特徴」に関する技術の関連情報です。 「耐火性鋳型の組成物または中子材料,その粒子構成,鋳型成形または製作上の化学的または物理的特徴」 の関連技術、「鋳型材の特徴を有するもの」「鋳型材の測定,検出,判別」 など、その他「耐火性鋳型の組成物または中子材料,その粒子構成,鋳型成形または製作上の化学的または物理的特徴」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「耐火性鋳型の組成物または中子材料,その粒子構成,鋳型成形または製作上の化学的または物理的特徴」の分野ページはこちら

耐火性鋳型の組成物または中子材料,その粒子構成,鋳型成形または製作上の化学的または物理的特徴に所属する技術動向

耐火性鋳型の組成物または中子材料,その粒子構成,鋳型成形または製作上の化学的または物理的特徴の分野に属する技術の状況としては、2016年に66件、2017年に70件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、耐火性鋳型の組成物または中子材料,その粒子構成,鋳型成形または製作上の化学的または物理的特徴の分野においては特に近年その他のものの分野における動向が活発であり、他にも鋳型材の測定,検出,判別や 特別な目的の添加剤を特徴とするもの,例.指示薬,崩壊用添加剤といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては花王株式会社や旭有機材株式会社、リグナイト株式会社が豊富な実績を残しており、 トヨタ自動車株式会社などは、 燃料電池,その製造やグループ41/00から43/00に分類されない電気的制御といった分野も含め、 新東工業株式会社やアイシン精機株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

耐火性鋳型の組成物または中子材料,その粒子構成,鋳型成形または製作上の化学的または物理的特徴』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】流動性に優れ、高強度かつ表面が平滑な鋳造用鋳型を製造することができる球状鋳物砂およびその製造方法、ならびに該鋳造用鋳型を提供すること。【解決手段】Al2 O3 およびSiO2 を主成分として含有してなり、Al2 O3 /SiO2 重量比率が1〜15、平均粒径が0.05〜1.5mmである火炎溶融法で製造された球状鋳物砂;Al2 O3 およびSiO2 を主成分とし...

    球状鋳物砂

  2. 【課題】シェル焼成時の耐酸化性と、鋳造時の反応/溶解に対する保護とを提供する被覆を有する、鋳造システムに使用するための耐熱金属コアが提供される。【解決手段】第一の実施態様では、被覆は、少なくとも一つの酸化物とケイ素含有材料とを含む。第二の実施態様では、被覆は、カルシア、マグネシア、アルミナ、ジルコニア、クロミア、イットリア、シリカ、ハフニア、およびこれらの混合物から成...

  3. 【課題】極めて理想的な性状を有する鋳型用砂を提供することを課題とする。【解決手段】アルミナ40〜90重量%、シリカ60〜10重量%の合成ムライトを主とする球状物からなり、該球状物が、30〜1180μmの粒度分布を有し、かつ6万/d〜180万/d(dは球状物の平均粒子径(μm))の範囲の単位体積あたりの表面積(cm2/cm3)を有することを特徴とする鋳型用砂により上記課...

    鋳型用砂及びその製造方法

  4. 【課題】 成形性がよく、軽量で炭素当量が4.2%以下の溶融金属の鋳込みにおいても精度及び表面平滑性の高い鋳物を製造することができ、且つ鋳込み後の鋳型の除去性にも優れた、鋳物製造用の鋳型又は構造体を提供すること。【解決手段】 炭素当量が4.2%以下の溶融金属から鋳物を製造するための鋳型又は構造体である。有機繊維、無機繊維、無機粒子及び熱硬化性樹脂を含有しており、前記...

    鋳物製造用の鋳型又は構造体

  5. 【課題】シリコンインゴット鋳造用鋳型を提供する。【解決手段】鋳型1の内側に内層3を形成してなるシリコンインゴット鋳造用鋳型であって、前記内層3は、50〜300μmの微細溶融シリカ砂31が、0.2〜4.0μmの窒化ケイ素粉末5および残部:ナトリウム10〜6000ppm含有のシリカ6からなる混合体素地により結合された構造の層であることを特徴とする。

    シリコンインゴット鋳造用鋳型およびその製造方法

新着の技術

耐火性鋳型の組成物または中子材料,その粒子構成,鋳型成形または製作上の化学的または物理的特徴』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】鋳造時に砂型が健全な強度を有しているか否かを判断することが可能な砂型鋳造方法における自硬性砂の熱間圧縮強度予測方法を提供する。【解決手段】温度θ[℃]における粘結剤の限界熱分解量をΔCsat(θ)[wt%]、粘結剤の熱分解速度定数をkd[1/秒]、粘結剤の熱分解が始まる温度をθs[℃]、自硬性砂の材質に依存した材料パラメータをA、α、βとすると、自硬性砂が温度...

    砂型鋳造方法における自硬性砂の熱間圧縮強度予測方法

  2. 【課題】鋳造時の作業環境の悪化を抑制することができる鋳型造型用粘結剤組成物を提供する。【解決手段】下記一般式(1)で表されるモノマーユニットを有する重合体を含む鋳型造型用粘結剤組成物。(m及びnは0以上、3以下で、同時に0ではない。)。

  3. 【課題】砂型の造形不良を抑制できる鋳物砂の製造方法および鋳物砂を提供すること。【解決手段】人工砂とフラン樹脂前駆体を含むフラン樹脂組成物とを混合した後、フラン樹脂組成物が混合された人工砂に、キシレンスルホン酸を含む硬化剤を混合して、人工砂2と、人工砂2を被覆する樹脂硬化物を含有する表面改質層3とを備える鋳物砂1を製造する。

    鋳物砂の製造方法および鋳物砂

  4. 【課題・解決手段】本発明は、粘結剤組成物と硬化剤組成物からなる、鋳型用組成物を製造するための鋳型造型用キットであって、前記粘結剤組成物が、フランアルデヒド化合物と芳香族ヒドロキシ化合物との縮合物を含有し、前記硬化剤組成物が、酸を含有する鋳型造型用キットである。本発明によれば、鋳型製造時の作業環境を悪化させることなく、十分な鋳型強度を得ることが出来る。

  5. 【課題・解決手段】本発明は、水溶性フェノール樹脂と、平均重合度400以下のポリビニルアルコールとを含有する鋳型造型用粘結剤組成物である。本発明によれば、耐火性粒子として再生砂を用い、水溶性フェノール樹脂をエステル系硬化剤で硬化せしめて鋳型を造型する場合でも、鋳型強度の低下を抑制することができる鋳型造型用粘結剤組成物を提供することができる。

耐火性鋳型の組成物または中子材料,その粒子構成,鋳型成形または製作上の化学的または物理的特徴の詳細カテゴリ一覧

耐火性鋳型の組成物または中子材料,その粒子構成,鋳型成形または製作上の化学的または物理的特徴の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

耐火性鋳型の組成物または中子材料,その粒子構成,鋳型成形または製作上の化学的または物理的特徴 ページ上部に戻る