鋳造用鋳型造型 に関する技術一覧

「鋳造用鋳型造型」に関する技術の関連情報です。 「鋳造用鋳型造型」 の関連技術、「耐火性鋳型の組成物または中子材料,その粒子構成,鋳型成形または製作上の化学的または物理的特徴」「鋳型または中子製作用造型機械」 など、その他「鋳造用鋳型造型」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「鋳造用鋳型造型」の分野ページはこちら

鋳造用鋳型造型に所属する技術動向

鋳造用鋳型造型の分野に属する技術の状況としては、2016年に266件、2017年に318件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、鋳造用鋳型造型の分野においては特に近年造型機械の構成要素または附属品の分野における動向が活発であり、他にも鋳型から原型を分離するため,または鋳枠またはパターン・プレートを反転するための機構を特徴とする造型機械や 鋳型造型用プラントといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては新東工業株式会社やトヨタ自動車株式会社、花王株式会社が豊富な実績を残しており、 トヨタ自動車株式会社などは、 他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品や化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池といった分野も含め、 新東工業株式会社やアイシン精機株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

鋳造用鋳型造型』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】向上した機械的特性を有し、現在のセラミックコアより薄い厚みで製造できるインベストメント鋳造用のコアを提供する。【解決手段】コアは、耐熱金属要素とセラミック要素とを含む複合物である。耐熱金属要素は、コアの機械的特性を向上させるように、あるいは、他の方法では得ることができなかったであろう形状および形状寸法を有するコアの製造を可能とするように、提供される。一実施態様...

    精密インベストメント鋳造用コア

  2. 【課題・解決手段】本発明は、金属性抵抗加熱器及びその使用法を特徴とする。該抵抗加熱器は、導電性の(すなわち低い抵抗率を有する)金属成分と、電気絶縁性の(すなわち高い抵抗率を有する)金属成分の酸化物、窒化物、炭化物、及び/または硼化物誘導体とを含む。抵抗率は、金属成分及び誘導体の堆積中の酸化物、窒化物、炭化物、及び硼化物形成の量を制御することによって部分的に制御される。

    抵抗加熱器及びその使用法

  3. 【課題】部品の内部空間を形成するための犠牲コアと、内部空間を有する金属製部品を形成するための方法とが提供される。【解決手段】部品の内部空間を形成するための犠牲コア40は、セラミックコア部材42と、耐熱金属部材を含む第一コア部材50、60、80A、80Bとを含む。セラミックコア部材は、第一コア部材の上に成形でき、または第一コア部材との組み立てを可能にする組み立て形状部と...

    インベストメント鋳造用コア

  4. 【課題】流動性に優れ、高強度かつ表面が平滑な鋳造用鋳型を製造することができる球状鋳物砂およびその製造方法、ならびに該鋳造用鋳型を提供すること。【解決手段】Al2 O3 およびSiO2 を主成分として含有してなり、Al2 O3 /SiO2 重量比率が1〜15、平均粒径が0.05〜1.5mmである火炎溶融法で製造された球状鋳物砂;Al2 O3 およびSiO2 を主成分とし...

    球状鋳物砂

  5. 【課題】耐熱亀裂性と耐酸化性を同時に向上できる表面被覆成形型とその製造方法を提供する。【解決手段】JIS鋼種SKH、SKDあるいはこれらの相当材である鋼からなる母材表面に、(Al1-x、Crx)N被膜(ただしxは原子比であり、1.0>x≧0.02)を形成する。母材には窒化処理を施しておくことが好ましい。上記被覆と窒化処理の相乗効果により耐熱亀裂性と耐酸化性を兼ね備える...

    表面被覆成形型およびその製造方法

新着の技術

鋳造用鋳型造型』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】鋳造時に砂型が健全な強度を有しているか否かを判断することが可能な砂型鋳造方法における自硬性砂の熱間圧縮強度予測方法を提供する。【解決手段】温度θ[℃]における粘結剤の限界熱分解量をΔCsat(θ)[wt%]、粘結剤の熱分解速度定数をkd[1/秒]、粘結剤の熱分解が始まる温度をθs[℃]、自硬性砂の材質に依存した材料パラメータをA、α、βとすると、自硬性砂が温度...

    砂型鋳造方法における自硬性砂の熱間圧縮強度予測方法

  2. 【課題・解決手段】金属又は金属合金の金型を冷却するシステムであって、圧縮空気及び霧状にされた水を含む冷却用分散媒の主要な流れを各々が移動させるための1つ又はそれ以上の主導管(6)、及び、主導管(6)に接続されそこから始まり、対応した主導管(6)の第1の搬送部(S1)の下で各々が第2の搬送部(S2)を備えている複数の第2の導管(7)を含む冷却システム。各々の第2の導管(...

    金属又は金属合金の型を冷却するシステム、及び、前記冷却システム及び少なくとも1つの金型を含む金型セット

  3. 【課題・解決手段】管状体に装着された押湯スリーブを含む金属鋳造のための押湯システム。押湯スリーブは、実質的に、第1端部と、第2端部と、第1端部と第2端部との間に延びる長手軸とを有する。押湯スリーブは、鋳造中に液体金属を受けるためのキャビティを規定する、長手軸の実質的に周囲に延びる連続した側壁を含み、側壁は押湯スリーブの第1端部において基部を有する。管状体は、使用時にキ...

    押湯システム

  4. 【課題・解決手段】本発明は、複合鋳型の層状生成による鋳物部品の直接鋳造方法に関し、複合鋳型は、一体形要素として、かつ同時にそれらそれぞれのコアを組み立てられた形態で、生成される。可動底部を持上げかつ下げる機器(4)から分離され、三次元モデルの層状生成用のシステムに内蔵される、可動底部(2)を備える取り外し可能な容器(1)内での粉末材料からの三次元モデルの層状生成用のシ...

    一体形複合鋳型の積層造形によって鋳物部品を直接鋳造するための方法及びシステム

  5. 【課題】軸流タービンのノズルリングの鋳造技術的製造のために新規なリングコア製造方法を提供する。【解決手段】本製造方法では、製造すべきノズルリングのアウターカバーリングに相当する外側の支持要素及び製造すべきノズルリングのインナーカバーリングに相当する内側の支持要素に製造すべきノズルリングのガイドベーンに相当する要素が取り付けられ、外側の支持要素、内側の支持要素及び支持要...

    軸流タービンのノズルリングの鋳造技術的製造のためのリングコア製造方法

鋳造用鋳型造型 ページ上部に戻る

その他の分野

鋳造用鋳型造型』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。