鋳造用鋳型造型 に関する技術一覧

「鋳造用鋳型造型」に関する技術の関連情報です。 「鋳造用鋳型造型」 の関連技術、「耐火性鋳型の組成物または中子材料,その粒子構成,鋳型成形または製作上の化学的または物理的特徴」「鋳型または中子製作用造型機械」 など、その他「鋳造用鋳型造型」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「鋳造用鋳型造型」の分野ページはこちら

鋳造用鋳型造型に所属する技術動向

鋳造用鋳型造型の分野に属する技術の状況としては、2016年に266件、2017年に318件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、鋳造用鋳型造型の分野においては特に近年造型機械の構成要素または附属品の分野における動向が活発であり、他にも鋳型から原型を分離するため,または鋳枠またはパターン・プレートを反転するための機構を特徴とする造型機械や 鋳型造型用プラントといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては新東工業株式会社やトヨタ自動車株式会社、花王株式会社が豊富な実績を残しており、 トヨタ自動車株式会社などは、 他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品や化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池といった分野も含め、 新東工業株式会社やアイシン精機株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

鋳造用鋳型造型』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】向上した機械的特性を有し、現在のセラミックコアより薄い厚みで製造できるインベストメント鋳造用のコアを提供する。【解決手段】コアは、耐熱金属要素とセラミック要素とを含む複合物である。耐熱金属要素は、コアの機械的特性を向上させるように、あるいは、他の方法では得ることができなかったであろう形状および形状寸法を有するコアの製造を可能とするように、提供される。一実施態様...

    精密インベストメント鋳造用コア

  2. 【課題・解決手段】本発明は、金属性抵抗加熱器及びその使用法を特徴とする。該抵抗加熱器は、導電性の(すなわち低い抵抗率を有する)金属成分と、電気絶縁性の(すなわち高い抵抗率を有する)金属成分の酸化物、窒化物、炭化物、及び/または硼化物誘導体とを含む。抵抗率は、金属成分及び誘導体の堆積中の酸化物、窒化物、炭化物、及び硼化物形成の量を制御することによって部分的に制御される。

    抵抗加熱器及びその使用法

  3. 【課題】部品の内部空間を形成するための犠牲コアと、内部空間を有する金属製部品を形成するための方法とが提供される。【解決手段】部品の内部空間を形成するための犠牲コア40は、セラミックコア部材42と、耐熱金属部材を含む第一コア部材50、60、80A、80Bとを含む。セラミックコア部材は、第一コア部材の上に成形でき、または第一コア部材との組み立てを可能にする組み立て形状部と...

    インベストメント鋳造用コア

  4. 【課題】流動性に優れ、高強度かつ表面が平滑な鋳造用鋳型を製造することができる球状鋳物砂およびその製造方法、ならびに該鋳造用鋳型を提供すること。【解決手段】Al2 O3 およびSiO2 を主成分として含有してなり、Al2 O3 /SiO2 重量比率が1〜15、平均粒径が0.05〜1.5mmである火炎溶融法で製造された球状鋳物砂;Al2 O3 およびSiO2 を主成分とし...

    球状鋳物砂

  5. 【課題】耐熱亀裂性と耐酸化性を同時に向上できる表面被覆成形型とその製造方法を提供する。【解決手段】JIS鋼種SKH、SKDあるいはこれらの相当材である鋼からなる母材表面に、(Al1-x、Crx)N被膜(ただしxは原子比であり、1.0>x≧0.02)を形成する。母材には窒化処理を施しておくことが好ましい。上記被覆と窒化処理の相乗効果により耐熱亀裂性と耐酸化性を兼ね備える...

    表面被覆成形型およびその製造方法

新着の技術

鋳造用鋳型造型』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】 本発明は、ビスケット部とランナー部を均等に冷却することを可能にした金型分流子およびそれを備えた鋳造用金型を提供することにより、金型分流子において溶湯が流れるビスケット部とランナー部の形状に対し冷却水の回路を立体的に設計して冷却水の容量を増加させ、ビスケット部とランナー部を均等に冷却することによって冷却効率を上げるとともに鋳造サイクルタイムを短縮することを目...

    ダイカスト鋳造用金型機構

  2. 【課題】タイヤ用の成形モールドを鋳造により製造するときに、成形モールドの鋳物に対する鋳造欠陥の発生を簡易に抑制して、成形モールドの製造効率を向上させる。【解決手段】成形モールドは、タイヤ幅方向に沿って配置される成形部によりタイヤを成形する。タイヤ幅方向に対応する成形モールドの鋳物4の幅方向を垂直方向に合わせる。成形部の背面側に位置する鋳物4の背面部4Bの一部に押湯21...

    タイヤ用の成形モールドの製造方法

  3. 【課題】溶湯の冷却コントロールを適切に行うことを可能としつつ、さらに、製品の鋳造を繰り返して連続的に行う場合の作業効率も良好なものとすることができる技術の提供。【解決手段】型合わせされることにより、間に注湯空間を形成する一対の鋳型100a,100bであって、それぞれ、a)金属により形成され、製品形状と基本的に同一の形状の金型キャビティ面11を有する金型1a,1bと、b...

    一対の鋳型、および、その製造方法

  4. 【課題】鋳物製造用構造体の表面平滑性及び強度に優れ、熱収縮量も小さく、得られる鋳物の耐焼着性に優れる鋳物製造用構造体の製造方法の提供。【解決手段】有機繊維、無機繊維、熱硬化性樹脂及び水を含有するスラリー組成物を得る工程(I)、該スラリー組成物を抄造し繊維積層体を得る工程(II)並びに該繊維積層体を脱水後乾燥する工程(III)を有する鋳物製造用構造体の製造方法であって、...

    鋳物製造用構造体の製造方法

  5. 【課題】本発明は、鋳物砂を焼成する際の加熱不足や急激な温度上昇を抑制できる鋳物砂の再生方法を提供することを目的とする。【解決手段】本発明の使用済み鋳物砂の再生方法は、少なくとも砂及びゴムチップを混合した補助可燃物を用意する工程と、上記鋳物砂と上記補助可燃物とを混合する工程と、上記混合工程で得られた混合物を焼成する工程とを有する。当該再生方法は、上記焼成工程後の砂を研磨...

    鋳物砂の再生方法

鋳造用鋳型造型 ページ上部に戻る

その他の分野

鋳造用鋳型造型』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。