鋳造,粉末冶金 に関する技術一覧

「鋳造,粉末冶金」に関する技術の関連情報です。 「鋳造,粉末冶金」 の関連技術、「鋳造用鋳型造型」「金属の鋳造,同じ方法または装置による他の物質の鋳造」 など、その他「鋳造,粉末冶金」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「鋳造,粉末冶金」の分野ページはこちら

鋳造,粉末冶金に所属する技術動向

鋳造,粉末冶金の分野に属する技術の状況としては、2017年に2,563件、2018年に1,965件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、鋳造,粉末冶金の分野においては特に近年鋳造用鋳型造型の分野における動向が活発であり、他にも金属質粉の加工,金属質粉からの物品の製造,金属質粉の製造や 金属の鋳造,同じ方法または装置による他の物質の鋳造といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては新日鐵住金株式会社やJFEスチール株式会社、日立金属株式会社が豊富な実績を残しており、 新日鐵住金株式会社などは、 冶金や成形といった分野も含め、 三菱重工業株式会社や黒崎播磨株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

鋳造,粉末冶金』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】ナノメータスケールの微粒子(30)を所定の位置に配列することにより、磁性粒子に応用した場合は高記録密度を可能にする磁気記録媒体が得られ、高密度磁気記録再生装置を実現することが可能となる。【解決手段】基板(32)上に微粒子(30)を固定した配列体であって、前記微粒子(20)の表面には前記微粒子の表面と結合した有機コーティング膜(31)が形成され、前記基板(32)...

    微粒子配列体とその製造方法及びこれを用いたデバイス

  2. 【課題】多層配線板の回路パターンや、基板の表裏方向の導通用孔部(ビアホール)などの一層の微細化を図ることを目的とする。【解決手段】平均粒径1〜100nmの金,銀,銅などの金属微粒子の表面が、当該金属微粒子に含まれる金属元素と配位可能な分散剤2(アミン, アルコール, チオールなど)で被覆され、有機溶媒中に安定に分散した銀ナノペーストなどを、250℃以下の温度で燒結して...

    多層配線板およびその形成方法

  3. 【課題】金属含量を上げても分散安定性が良い金属コロイド液、その金属コロイド液を用いて製造される導電性インク、導電性に優れる導電性被膜、及び、導電性被膜形成用基底塗膜を提供する。【解決手段】金属成分と有機成分とからなる粒子を主成分とする固形分と、溶媒とからなる金属コロイド液であって、前記金属成分は、金、銀、銅、白金、パラジウム、ロジウム、ルテニウム、イリジウム及びオスミ...

  4. 【課題】ナノ粒子を形成する方法を提供する。【解決手段】この方法は、遷移金属から金属前駆体溶液を形成するステップ、この金属前駆体溶液を界面活性剤溶液に注入するステップ、凝集剤を加えて永久凝集を起こさせることなく溶液からナノ粒子を析出させるステップ、およびハイドロカーボン溶媒を加えてナノ粒子の再分散または再コロイド化を行うステップを含む。

    遷移金属ナノ粒子の製造方法

  5. 【課題】耐熱性絶縁被覆を有する鉄基粉末および圧粉磁心を提案する。【解決手段】鉄を主成分とする原料粉末に、シリコーン樹脂および顔料を含有する塗料を添加し、 攪拌、 混合した後、 乾燥処理を施し、 鉄基粉末の表面にシリコーン樹脂および顔料を含有する被膜を形成する。該被膜中のシリコーン樹脂含有量と顔料含有量との比は、 質量比で0.01以上4.0 未満であることが好ましい。顔...

    鉄基粉末およびこれを用いた圧粉磁心ならびに鉄基粉末の製造方法

新着の技術

鋳造,粉末冶金』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】 作業者の手作業による仕上型への離型剤塗布作業を不要にし、離型剤塗布作業にかかる作業者の負担を低減すると共に離型剤塗布にける作業者の安全性をより向上でき、離型剤塗布作業によるガラスびん成形の停止時間を短くでき、仕上成形における離型剤の塗布位置の変化や塗布量等のばらつきを低減でき、さらに、仕上型への離型剤塗布に適した構成を提供することにより、ガラスびんの品質安...

    ガラスびん仕上成形用金型への離型剤塗布装置、ガラスびん仕上成形用金型への離型剤塗布方法、ガラスびん製造装置、および、ガラスびん製造方法

  2. 【課題・解決手段】高い初透磁率の磁心およびそれを用いるコイル部品を提供する。X線回折スペクトルにおける、2θ=33.2°付近に表れるコランダム構造を有するFe酸化物の回折ピークのピーク強度P1と、2θ=44.7°付近に表れるbcc構造を有する前記Fe基合金の回折ピークのピーク強度P2とのピーク強度比(P1/P2)が0.015以下であり、且つ2θ=26.6°付近に表れる...

    磁心およびコイル部品

  3. 【課題】従来よりも気泡を大きくして、溶融金属中の介在物がノズル内面に付着してノズル内孔が詰まるのを防止し、かつ、介在物の除去によって鋼の品質を向上させる。【解決手段】ガス吹き用ノズルの製造方法において、多孔質材料を型成形し焼結させてガス吹き用ノズルを作製する作製工程(ステップS10,S11)と、作製工程で作製されたガス吹き用ノズルに対して内孔の表面の少なくとも一部を研...

    ガス吹き用ノズルの製造方法およびガス吹き用ノズル

  4. 【課題・解決手段】本開示は、向上した保磁力及び残留磁気を有する希土類ベースの永久磁石を製造する方法であって:(a)第1のGBM合金の粒子の第1の集団を、第2のコア合金の粒子の第2の集団と均質化させて、複合合金プリフォームを形成することであって、該第1のGBM合金が、実質的に、式:ACbRxCoyCudMzで表わされ、該第2のコア合金が、実質的に、式G2Fe14Bで表わ...

    焼結磁性合金及びそれから誘導される組成物の粒界工学

  5. 【課題】 製造される成型部品の強度及び弾性率の改善と、鋳型の部品に対するより良い断熱効果とともに、現在主に使用されている軽量フィラーの少なくとも部分的な代替として使用できる、鋳型の製造のための軽量フィラーを特定すること。【解決手段】 本発明は、発泡パーライトの独立気孔微小球の、鋳物業用の鋳型を製造するためのフィラーとしての使用、並び...

    発泡パーライトの独立気孔微小球の、鋳物業用の鋳型を製造するためのフィラーとしての使用

鋳造,粉末冶金 ページ上部に戻る