成形 に関する技術一覧

「成形」に関する技術の関連情報です。 「成形」 の関連技術、「金属の圧延」「圧延以外の方法による金属板,線,棒,管,または型材の製造,実質的に材料を除去しない金属加工と関連して用いる補助作業」 など、その他「成形」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「成形」の分野ページはこちら

成形に所属する技術動向

成形の分野に属する技術の状況としては、2015年に1,623件、2016年に1,597件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、成形の分野においては特に近年チェーンの製造の分野における動向が活発であり、他にも針,ピンまたは釘の製造や 転造,ロール加工または圧延による特定の金属対象物の製造,例.スクリュー,車輪,リング,バレル,ボールといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては新日鐵住金株式会社やJFEスチール株式会社、株式会社神戸製鋼所が豊富な実績を残しており、 新日鐵住金株式会社などは、 冶金や成形といった分野も含め、 株式会社IHIやNSプラント設計株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

成形』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】二面構造体(パネル)の二面の接合を摩擦接合で施工する場合において、継ぎ手部の変形を抑え、良好な接合部を得る継ぎ手形状を提供する。【解決手段】パネル31,32は、実質的に平行な2つの板33,34と該2つの板33,34を接続する第3の部材35とからなる。一方のパネル32のそれぞれの板33,34の端部を他方のパネル32のそれぞれの板33,34の端部に摩擦接合で接合す...

    パネル構造体、摩擦接合方法、およびパネル

  2. 【課題】 内面溝付管の溝形状が高リード・ハイフィン・スリムフィン化および底肉厚が厚肉化されても、拡管によるフィン変形が抑制されると共に、伝熱性能が低下せず、かつ、拡管作業の作業性が低下しない内面溝付管の拡管用工具およびそれを使用した拡管方法を提供する。【解決手段】 内面溝付管を拡管率3%以上8%以下に拡管させる熱交換器用内面溝付管の拡管用工具20であって、内面溝付...

    拡管用工具およびそれを使用した拡管方法

  3. 【課題】簡便な工程により十分に高い強度を得ることができる構造部材及びその製造方法を提供する。【解決手段】ケーブル16に接続されたスイッチSWを閉じることにより、電磁拡管コイル15にケーブル16から電源を供給する。この結果、円筒補強部材2のフランジ面1aの内部に収まっている部位は、瞬間的に拡管される。また、円筒補強部材2のフランジ面1aから突出した部位は瞬間的に外側に倒...

    構造部材及びその製造方法

  4. 【課題】熱交換性能の向上及び薄型化を図り得る蒸発器を提供する。【解決手段】本発明の蒸発器は、上流側及び下流側熱交換チューブ群P1、P2が前後に併設されたコア1と、コア1の上下両端に配置される上側及び下側ヘッダー部材10、50とを備える。上側ヘッダー部材内が前後に仕切られて、入口側及び出口側タンク11、12が形成される。上流側チューブ群P1における各チューブ6の一端が入...

    蒸発器、その製造方法、蒸発器用ヘッダー部材及び冷凍システム

  5. 【課題】金属板をヘアピン状に折り曲げた後、ろう付のために加圧するさいにの補強壁形成部どうしおよび側壁形成部どうしの位置ずれを防止する。【解決手段】連結部を介して連なった2つの平坦壁形成部、各平坦壁形成部に隆起状に一体成形された複数の補強壁形成部83,84、および両側縁に隆起状に一体成形された側壁形成部を備えている。一方の平坦壁形成部の補強壁形成部の先端面に凸部85を形...

    偏平管製造用金属板、偏平管および偏平管の製造方法

新着の技術

成形』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】本開示に係るプレス成形品を製造する方法は、長尺な天板と、該天板の短手方向の端部に一端が繋がり、前記天板の上側から見て前記天板の反対側に凸状に湾曲し、急湾曲部を有する壁と、該壁の他端に繋がりかつ前記壁の板厚方向において前記天板側とは反対側に延びるフランジとを含むプレス成形品の製造方法であって、プレスによって、仮フランジとを含む中間成形品を成形する第1工...

    プレス成形品の製造方法、プレス成形品及びプレス装置

  2. 【課題・解決手段】タービンブレードに使用される難加工性材であっても、ラジアル鍛造機を用いて容易に鍛伸を行うことが可能な熱間鍛造用金型と熱間鍛造方法を提供する。棒状の鍛造素材をラジアル鍛造により熱間鍛造するための熱間鍛造用金型であって、前記熱間鍛造用金型は、前記鍛造素材を挟み込むための一対の半割状押圧部を有し、前記各半割状押圧部は平坦面を凹状に形成した面からなり、前記鍛...

    熱間鍛造用金型及び熱間鍛造方法

  3. 【課題】引抜加工で製造されるスクリューバーの捩じり量をさらに増す手段を提供する。【解決手段】引抜加工機上でダイス901を所望の速度で周方向に回転させながら引き抜くことでスクリューバーを製造する。この回転方向をSdとする。線材Aを引き抜くための引抜駆動力は引抜用ボビン912が回転することで得られるが、この引抜駆動力が大きくなるほどスクリューバーが1回転する為の軸方向の長...

    スクリューバー製造装置及びスクリューバー製造方法

  4. 【課題・解決手段】Zrを含む固体酸化物形燃料電池用鋼において、薄板で安定して優れた耐酸化性を得ることのできる組成バランスを有する固体酸化物形燃料電池用鋼を提供する。質量%でC0を超えて0.05%以下、N0.05%以下、O0.01%以下、Al0.2%以下、Si0.15%以下、Mn0.1〜1.0%、Cr20.0〜25.0%、Ni0%を超えて1.0%以下、La0.02〜0....

    固体酸化物形燃料電池用鋼及びその製造方法

  5. 【課題・解決手段】このプレス成形装置は、ダイとパンチをプレス方向に近接させることで、被加工板から、天板部と、前記天板部の両縁に形成される稜線部を介してつながる第一縦壁部及び第二縦壁部と、を有するプレス成形品を製造するプレス成形装置であって、前記ダイが、ダイスライドと;第一分割ダイと;第二分割ダイと;第二分割ダイ駆動部と;ダイパッドと;ダイパッド駆動部と;インサートブロ...

    プレス成形装置およびプレス成形方法

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • ワクチンと自然免疫制御

    2009年6月、世界保健機関(WHO)は、新型インフルエンザA(N1H1)のパンデミック(pande…

  • ロコモーティブ症候群・関節疾患

    加齢や過負荷のほか、スポーツ損傷や肥満によっても引き起こされる変形性関節症(OA:osteoarth…

  • 人工知能

    米国Google社が2015年6月23日に発表した“A Neural Conversational …

ページトップへ

成形 ページ上部に戻る