成形 に関する技術一覧

「成形」に関する技術の関連情報です。 「成形」 の関連技術、「金属の圧延」「圧延以外の方法による金属板,線,棒,管,または型材の製造,実質的に材料を除去しない金属加工と関連して用いる補助作業」 など、その他「成形」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「成形」の分野ページはこちら

成形に所属する技術動向

成形の分野に属する技術の状況としては、2016年に1,617件、2017年に1,981件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、成形の分野においては特に近年チェーンの製造の分野における動向が活発であり、他にも針,ピンまたは釘の製造や 転造,ロール加工または圧延による特定の金属対象物の製造,例.スクリュー,車輪,リング,バレル,ボールといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては新日鐵住金株式会社やJFEスチール株式会社、株式会社神戸製鋼所が豊富な実績を残しており、 新日鐵住金株式会社などは、 冶金や成形といった分野も含め、 株式会社IHIやNSプラント設計株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

成形』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】二面構造体(パネル)の二面の接合を摩擦接合で施工する場合において、継ぎ手部の変形を抑え、良好な接合部を得る継ぎ手形状を提供する。【解決手段】パネル31,32は、実質的に平行な2つの板33,34と該2つの板33,34を接続する第3の部材35とからなる。一方のパネル32のそれぞれの板33,34の端部を他方のパネル32のそれぞれの板33,34の端部に摩擦接合で接合す...

    パネル構造体、摩擦接合方法、およびパネル

  2. 【課題】 内面溝付管の溝形状が高リード・ハイフィン・スリムフィン化および底肉厚が厚肉化されても、拡管によるフィン変形が抑制されると共に、伝熱性能が低下せず、かつ、拡管作業の作業性が低下しない内面溝付管の拡管用工具およびそれを使用した拡管方法を提供する。【解決手段】 内面溝付管を拡管率3%以上8%以下に拡管させる熱交換器用内面溝付管の拡管用工具20であって、内面溝付...

    拡管用工具およびそれを使用した拡管方法

  3. 【課題】簡便な工程により十分に高い強度を得ることができる構造部材及びその製造方法を提供する。【解決手段】ケーブル16に接続されたスイッチSWを閉じることにより、電磁拡管コイル15にケーブル16から電源を供給する。この結果、円筒補強部材2のフランジ面1aの内部に収まっている部位は、瞬間的に拡管される。また、円筒補強部材2のフランジ面1aから突出した部位は瞬間的に外側に倒...

    構造部材及びその製造方法

  4. 【課題】熱交換性能の向上及び薄型化を図り得る蒸発器を提供する。【解決手段】本発明の蒸発器は、上流側及び下流側熱交換チューブ群P1、P2が前後に併設されたコア1と、コア1の上下両端に配置される上側及び下側ヘッダー部材10、50とを備える。上側ヘッダー部材内が前後に仕切られて、入口側及び出口側タンク11、12が形成される。上流側チューブ群P1における各チューブ6の一端が入...

    蒸発器、その製造方法、蒸発器用ヘッダー部材及び冷凍システム

  5. 【課題】金属板をヘアピン状に折り曲げた後、ろう付のために加圧するさいにの補強壁形成部どうしおよび側壁形成部どうしの位置ずれを防止する。【解決手段】連結部を介して連なった2つの平坦壁形成部、各平坦壁形成部に隆起状に一体成形された複数の補強壁形成部83,84、および両側縁に隆起状に一体成形された側壁形成部を備えている。一方の平坦壁形成部の補強壁形成部の先端面に凸部85を形...

    偏平管製造用金属板、偏平管および偏平管の製造方法

新着の技術

成形』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】この外装パネルは、曲面部を有する金属板と、中心軸方向の長さが同じである複数の筒体、前記筒体のそれぞれの一方の端部を蓋する頂面、および前記筒体のそれぞれの他方の端部同士をつなぐ基部を備え、前記頂面が前記金属板の曲面部に密着して接合された樹脂構造体と、前記樹脂構造体の前記基部に接合された樹脂または紙からなるシート部材と、を備え、前記シート部材の引張弾性率...

    外装パネルおよび外装パネルの製造方法

  2. 【課題・解決手段】鋼板、及び前記鋼板の片面又は両面に設けられたアルミめっき層を有するめっき鋼板本体と、めっき鋼板本体のアルミめっき層側の面上に設けられ、付着量がZn量換算で7.1〜19.8g/m2の亜鉛系金属石鹸皮膜と、を有する熱間プレス用めっき鋼板(ただし、めっき鋼板本体において、アルミめっき層の面上に酸化亜鉛皮膜を有する場合、前記酸化亜鉛皮膜と前記亜鉛系金属石鹸皮...

    熱間プレス用めっき鋼板、熱間プレス用めっき鋼板の製造方法、熱間プレス成形品の製造方法、及び車両の製造方法

  3. 【課題・解決手段】走行方向に延びる開口部を有するオープン管の、該開口部に両側から相互に臨む管素材の端面部の双方を、誘導加熱手段によって発生させた誘導電流により溶融させるとともに、前記開口部の間隔を次第に狭めながら前記端面部同士をスクイズロール部において接触させて溶接する、電縫管を製造するための電縫管溶接装置であって、前記誘導加熱手段として、前記開口部の両側の前記端面部...

    電縫管溶接装置及び電縫管溶接方法

  4. 【課題・解決手段】板厚25mm超であっても十分な強度、低降伏比および低温靭性を有する角形鋼管用の素材として好適な熱延鋼板を提供する。質量%で、C:0.07〜0.20%、Mn:0.3〜2.0%、P:0.03%以下、S:0.015%以下、Al:0.01〜0.06%、N:0.006%以下を含有し、残部Feおよび不可避的不純物からなる成分組成を有し、 板厚中心部の鋼組織が、...

  5. 【課題・解決手段】本発明は、移動可能な対象物、例えば冶金技術的な設備内における鋳込みストランドの移送通路におけるサイドガイドを測定するための方法および測定システムに関する。このシステムは、平行な光線の放射のため少なくとも1つの光源110と、前記光線131の受光のための、センサー場を有する受光装置120とを有している。評価装置140は、前センサー場から受光された光線の評...

    移動可能な対象物を測定するための方法および測定システム

成形 ページ上部に戻る