固体廃棄物の処理,汚染土壌の再生 に関する技術一覧

「固体廃棄物の処理,汚染土壌の再生」に関する技術の関連情報です。 「固体廃棄物の処理,汚染土壌の再生」 の関連技術、「固体廃棄物の処理」「汚染土壌の再生」 など、その他「固体廃棄物の処理,汚染土壌の再生」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「固体廃棄物の処理,汚染土壌の再生」の分野ページはこちら

固体廃棄物の処理,汚染土壌の再生に所属する技術動向

固体廃棄物の処理,汚染土壌の再生の分野に属する技術の状況としては、2017年に625件、2018年に541件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、固体廃棄物の処理,汚染土壌の再生の分野においては特に近年汚染土壌の再生の分野における動向が活発であり、他にも汚染土壌の再生といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては太平洋セメント株式会社やJFEスチール株式会社、新日鐵住金株式会社が豊富な実績を残しており、 JFEエンジニアリング株式会社などは、 器械や鋳造,粉末冶金といった分野も含め、 JFEスチール株式会社やJFEミネラル株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

固体廃棄物の処理,汚染土壌の再生』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】物性・リサイクル性に優れた自動車部品や家電部品、および、そのシュレッダーダスト等の製品、並びに、経済性に優れたその製品のリサイクル方法を提供することができる。を提供する。【解決手段】自動車部品又は家電部品は、乳酸系樹脂組成物を主成分として含み、シュレッダーダストは乳酸系樹脂組成物を主成分として含む自動車部品又は家電部品に由来する。乳酸系樹脂組成物は、1)乳酸系...

  2. 【課題】製紙スラッジから回収した顔料が填料あるいは塗工用顔料として使用されていながら、白色度及び平滑性が高く、しかもその製造に際して抄紙ワイヤー等の磨耗を生じさせることのない紙とする。【解決手段】(1)製紙スラッジを、所定の形状及び大きさに成形する成形工程、(2)成形して得た成形物を炭化する炭化工程、(3)炭化して得た炭化物を燃焼する燃焼工程、(4)燃焼して得た燃焼灰...

    紙の製造方法

  3. 【課題】製品のライフサイクルでの環境負荷を簡易に把握する手法および装置を提供する。【解決手段】製品の各構成部品、材料および量などの製品固有の情報を入力する入力手段21と、製品のライフサイクルを、その製品が製造されて、使用される段階での環境負荷と、その製品の廃棄、リサイクル段階での環境負荷にモデル化し、製品の各構成部品、材料および量などの製品固有の情報はその製品対応に個...

    製品の環境負荷評価装置、環境負荷評価方法及び環境負荷評価プログラムを格納した記憶媒体

  4. 【課題】製紙工程にて排出されるペーパースラッジの利用価値を向上し、あるいは再利用出来るための処理方法及びその処理によって得られた材料の提供する。特に摩耗性に優れ、安定した品質を有する白色無機粒子を回収する。【解決手段】有機物と白色無機粒子を含む混合物を酸素含有ガスの存在を制限した貧酸素状況下、温度1000℃以下、好ましくは、少なくとも450℃〜700℃の範囲で第1及び...

    有機物と白色無機粒子を含む混合物の処理方法及びその処理をして得られた材料とその使用方法

  5. 【課題】本発明は、原位置処理が可能で、高い生物学的脱窒能力や揮発性有機化合物低減能力を有し、有機物や窒素を環境中へ放出することによる2次汚染が極めて少ない土壌や地下水の硝酸態窒素および揮発性有機化合物の低減方法を提供することを目的とする。【解決手段】本発明は、炭素数が10以上の脂肪酸、炭素数12以上のアルコール、炭素数が14以上の直鎖状飽和脂肪酸と1価アルコールのエス...

    土壌や地下水における硝酸態窒素および揮発性有機化合物の低減方法

新着の技術

固体廃棄物の処理,汚染土壌の再生』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】外熱キルンを用いて水銀含有物質から水銀を揮発除去する際に、外熱キルンの内面に付着したダスト等の成長を防止して処理装置の安定運転を確保する。【解決手段】水銀含有物質(水銀含有ダスト)D3を加熱して該物質に含まれる水銀を揮発させる外熱キルン5と、外熱キルンから排出される水銀含有ガスG2から水銀を回収する水銀回収装置(活性炭吸着塔)8とを備える水銀含有物質の処理装置...

    水銀含有物質の処理装置及び処理方法

  2. 【課題・解決手段】本発明の改質フライアッシュの製造方法は、下記の工程を含むことを特徴とする。微粉炭焚きボイラから排出されるフライアッシュ原粉を原料として用意する原料工程; 前記フライアッシュ原粉を粗粉と微粉に分級する分級工程;前記粗粉を500〜1000℃の温度域で加熱することにより該粗粉に含まれる未燃カーボンを除去する未燃カーボン除去工程; 未燃カーボンが除去され...

    改質フライアッシュの製造方法

  3. 【課題・解決手段】空の容器、特に、好ましくはプラスチックまたは金属材料、例えばPETまたはブリキ金属で作製される飲料用ボトルまたは缶を押し固めるための、空き容器回収機に取り付け可能な容器圧縮装置(100)であって、前記容器圧縮装置は:第1および第2の回転可能なローラ(102、104)を含み、前記ローラのそれぞれは、対向して配置された2つの端部(110a〜110b、11...

    容器圧縮装置、および容器圧縮装置の動作方法

  4. 【課題・解決手段】本発明は、エネルギー源、肥料などの使用可能製品への廃棄物の連続的な(非バッチ操作)転換のための、低コストで、オンサイトの、効率的で、コンパクトな(据え付け又は携帯型)システムを開示している。

    使用可能製品を形成するために廃棄物を処理するシステムおよびその方法

  5. 【課題】最終的な廃棄物量の低減と廃棄物の保管容器の劣化による有害物質の溶出を防ぎ、事前に液漏れを防止することができ、再資源として利用する部材で、汚染廃棄物の処理及び保管方法を提供する。【解決手段】この処理及び保管方法は、重金属及び汚染物質を含む焼却灰及び汚染水を入れた容器7の外側に、絶縁コイルの両端を巻き付け装着したコイル内で、電子及び分子の陽イオン物質及び陰イオン物...

    汚染廃棄物の固化体貯蔵容器3

固体廃棄物の処理,汚染土壌の再生 ページ上部に戻る

周辺技術分野

整理標準化データをもとに当社作成

分野番号表示ON