固体廃棄物の処理,汚染土壌の再生 に関する技術一覧

「固体廃棄物の処理,汚染土壌の再生」に関する技術の関連情報です。 「固体廃棄物の処理,汚染土壌の再生」 の関連技術、「固体廃棄物の処理」「汚染土壌の再生」 など、その他「固体廃棄物の処理,汚染土壌の再生」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「固体廃棄物の処理,汚染土壌の再生」の分野ページはこちら

固体廃棄物の処理,汚染土壌の再生に所属する技術動向

固体廃棄物の処理,汚染土壌の再生の分野に属する技術の状況としては、2015年に608件、2016年に540件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、固体廃棄物の処理,汚染土壌の再生の分野においては特に近年汚染土壌の再生の分野における動向が活発であり、他にも汚染土壌の再生といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては太平洋セメント株式会社や新日鐵住金株式会社、栗田工業株式会社が豊富な実績を残しており、 JFEエンジニアリング株式会社などは、 器械や鋳造,粉末冶金といった分野も含め、 JFEスチール株式会社やJFEミネラル株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

固体廃棄物の処理,汚染土壌の再生』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】物性・リサイクル性に優れた自動車部品や家電部品、および、そのシュレッダーダスト等の製品、並びに、経済性に優れたその製品のリサイクル方法を提供することができる。を提供する。【解決手段】自動車部品又は家電部品は、乳酸系樹脂組成物を主成分として含み、シュレッダーダストは乳酸系樹脂組成物を主成分として含む自動車部品又は家電部品に由来する。乳酸系樹脂組成物は、1)乳酸系...

  2. 【課題】製紙スラッジから回収した顔料が填料あるいは塗工用顔料として使用されていながら、白色度及び平滑性が高く、しかもその製造に際して抄紙ワイヤー等の磨耗を生じさせることのない紙とする。【解決手段】(1)製紙スラッジを、所定の形状及び大きさに成形する成形工程、(2)成形して得た成形物を炭化する炭化工程、(3)炭化して得た炭化物を燃焼する燃焼工程、(4)燃焼して得た燃焼灰...

    紙の製造方法

  3. 【課題】製品のライフサイクルでの環境負荷を簡易に把握する手法および装置を提供する。【解決手段】製品の各構成部品、材料および量などの製品固有の情報を入力する入力手段21と、製品のライフサイクルを、その製品が製造されて、使用される段階での環境負荷と、その製品の廃棄、リサイクル段階での環境負荷にモデル化し、製品の各構成部品、材料および量などの製品固有の情報はその製品対応に個...

    製品の環境負荷評価装置、環境負荷評価方法及び環境負荷評価プログラムを格納した記憶媒体

  4. 【課題】製紙工程にて排出されるペーパースラッジの利用価値を向上し、あるいは再利用出来るための処理方法及びその処理によって得られた材料の提供する。特に摩耗性に優れ、安定した品質を有する白色無機粒子を回収する。【解決手段】有機物と白色無機粒子を含む混合物を酸素含有ガスの存在を制限した貧酸素状況下、温度1000℃以下、好ましくは、少なくとも450℃〜700℃の範囲で第1及び...

    有機物と白色無機粒子を含む混合物の処理方法及びその処理をして得られた材料とその使用方法

  5. 【課題】本発明は、原位置処理が可能で、高い生物学的脱窒能力や揮発性有機化合物低減能力を有し、有機物や窒素を環境中へ放出することによる2次汚染が極めて少ない土壌や地下水の硝酸態窒素および揮発性有機化合物の低減方法を提供することを目的とする。【解決手段】本発明は、炭素数が10以上の脂肪酸、炭素数12以上のアルコール、炭素数が14以上の直鎖状飽和脂肪酸と1価アルコールのエス...

    土壌や地下水における硝酸態窒素および揮発性有機化合物の低減方法

新着の技術

固体廃棄物の処理,汚染土壌の再生』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】微生物用組成物は、土壌浄化の現場に運搬された後、運搬容器ごと野外に放置される場合があるが、数週間放置されると、運搬容器内で結晶化する現象が発生した。土壌、地下水中の有機塩素化合物を浄化することのできる微生物用組成物であって、ソルビトール、マンニトール、キシリトールから選択される1種類以上の糖アルコールと、グリセリンと、非イオン性界面活性剤と、水から構...

  2. 【課題・解決手段】グリセリン、ステアリン酸、炭酸カルシウムを有する微生物用組成物は、チキソ性を有するため地中に注入された際に、ゲル状になり地下水などで拡散しない。そのため、高い徐放性が期待できるものであった。しかし、経年的に数年は効果が継続する予定であったものが、1年足らずで効果が消失する現象が発生した。グリセリンと、炭酸カルシウムを含み、脂肪酸を含まないことによって...

    微生物用組成物

  3. 【課題・解決手段】本発明では、バイオマスをガス化する際、調整タンク100から供給され、前処理装置140により熱水処理するバイオマスを予め破砕する破砕ポンプ110と、これらの間に架設され、当該破砕ポンプ110にて破砕されたバイオマスを、調整タンク100へと循環させる循環配管16と、破砕ポンプ110の流路出口に設けられ、当該破砕ポンプ110の出口を開閉する開閉弁17とによ...

    バイオマスガス化システムおよびバイオマスガス化方法

  4. 【課題】焼却灰処理方法では、セメントと水と焼却灰とを撹拌後、さらに、セメントを混合して、焼却灰とセメントとを固化するという方法であったため、焼却灰とセメントとが完全に固化せず、結果として、焼却灰を再利用出来ないものであった。【解決手段】焼却灰とセメントとを混合し、固化させて成る固化混合物の生成に用いる液体キレート剤であって、ナフタレンスルフォン酸ソーダ及びオキシカルボ...

    液体キレート剤、焼却灰処理方法

  5. 【課題】競走馬の育成牧場又は厩舎から回収した敷藁を半炭化するためのトレファクション装置を提供する。【解決手段】トレファクション装置は、投入口のある手前側から落下口のある奥側に向かって傾斜する回転可能に支持された円筒体と、円筒体の外周側に空気層が確保された上で空気層を断熱材で覆い被せられた外装体と、円筒体の手前側から奥側にかけて円筒体の内周に沿って設けられた環状又は円弧...

    トレファクション装置

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • ロコモーティブ症候群・関節疾患

    加齢や過負荷のほか、スポーツ損傷や肥満によっても引き起こされる変形性関節症(OA:osteoarth…

  • 機械学習・深層学習(Deep Learning)

    2012年6月26日、Google Official Blog は、ネコと思しき1枚の画像とともにあ…

  • 生体情報デバイス・バイオセンサ

    「音楽を学習した人工知能は、人間を感動させることができるか?」をテーマに、クラブイベント「2045」…

ページトップへ

固体廃棄物の処理,汚染土壌の再生 ページ上部に戻る

周辺技術分野

整理標準化データをもとに当社作成

分野番号表示ON