固体相互の分離,仕分け に関する技術一覧

「固体相互の分離,仕分け」に関する技術の関連情報です。 「固体相互の分離,仕分け」 の関連技術、「ふるいによるか,または気体流を用いる固体相互の分離,ばらの材料,例.ばらの材料と同様に扱われる物品,に適応する乾式によるその他の分離」「郵便に関する選別,順次に仕分けする,例.取り出すことによって,に適した個別の物品またはばらの材料の仕分け」 など、その他「固体相互の分離,仕分け」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「固体相互の分離,仕分け」の分野ページはこちら

固体相互の分離,仕分けに所属する技術動向

固体相互の分離,仕分けの分野に属する技術の状況としては、2015年に200件、2016年に224件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、固体相互の分離,仕分けの分野においては特に近年郵便に関する選別,順次に仕分けする,例.取り出すことによって,に適した個別の物品またはばらの材料の仕分けの分野における動向が活発であり、他にも郵便に関する選別,順次に仕分けする,例.取り出すことによって,に適した個別の物品またはばらの材料の仕分けといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはアンリツインフィビス株式会社や株式会社サタケ、株式会社リコーが豊富な実績を残しており、 株式会社東芝などは、 計算,計数や電気通信技術といった分野も含め、 東芝インテリジエントテクノロジ株式会社や東芝ソリューション株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

固体相互の分離,仕分け』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】キャリアケースに収納した書留郵便物等に添付した無線データキャリアのデータを正確に読み書きができるようにする。【解決手段】書留郵便物6にID番号を記憶した無線データキャリア7を添付しID番号に対応して差出人、受取人等の情報を引受局サーバ15に登録すると共に中継局サーバ13、配達局サーバ16に同様のデータを転送する。中継局、配達局では無線データキャリア7のID番号...

    データ読取り書込み装置と情報検索および物品配達システム

  2. 【課題】被検物体を透過する光により青果物の内部品質を測定する装置において、測定を中断することなしに装置のキャリブレーションを行うことにより、ベースラインの変動を排除して、青果物の内部品質を正確に測定することができる装置を提供する。【解決手段】本発明においては、対象物を連続して搬送する搬送手段と、搬送手段上に載置された対象物の位置を検知する検知手段と、対象物に測定光を投...

    対象物内部品質測定装置

  3. 【課題】設備コストを低く抑え、セメントキルンより抽気した燃焼ガスに含まれる硫黄分を除去し、有効利用することのできるセメントキルン塩素・硫黄バイパスを提供する。【解決手段】セメントキルンのキルン尻からボトムサイクロンに至るまでのキルン排ガス流路より燃焼ガスの一部を抽気し、抽気ガス中のダストの粗粉を分離し、微粉を含む抽気ガスを湿式集塵装置3で溶媒を用いて集塵する。湿式集塵...

    セメントキルン塩素・硫黄バイパス

  4. 【課題】 青果物を、移送をしながらその大きな又は重さを等を測定して、各種大きさ又は重さ等ごとに選別するようにした選果ライン装置1において、これに残留農薬値の高い青果物が混じることがないようにする。【解決手段】 各農家ごとに生産された同一品種多数個の青果物を一単位として、この一単位における各青果物Aを、送り込み移送手段2にて列状に並べた状態で前記選果ライン装置1に送...

    青果物の選別方法

  5. 【課題】ドット再現性、およびハイライトの再現性が良好で、かつ、画像濃度が高く、地汚れの少ない高画質を得ることができるキャリア、および現像剤を提供し、同時に、キャリア付着の起き難い高信頼・高耐久キャリア、および現像剤を提供し、前記現像剤を収納させた現像剤容器を提供し、前記現像剤容器を搭載した画像形成装置を提供し、前記キャリアの製造方法を提供すること。【解決手段】キャリア...

    電子写真現像剤用キャリア

新着の技術

固体相互の分離,仕分け』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】ローラスクリーンにおいて、目詰まりを避けながら被処理物を効果的に篩い分けできるようにする。【解決手段】第3回転ローラ16及び第4回転ローラ17は、被処理物が当接する凹凸のある凹凸外周面(第1テーパ面18、第2テーパ面19)を備え、これら凹凸外周面の凹凸面が段違いになるように搬送方向に複数回転可能に配列され、所定の第1外径よりも小さい被処理物を篩い落としながら搬...

    ローラスクリーン

  2. 【課題】コンパクトな設備構成で、複雑な搬送制御を不要として鉱石を選別可能とする。【解決手段】 岩石粉砕物1から目的鉱物の含有比率にて予め決められた鉱石の良品1a・不良品1bを選別する鉱石選別装置であって、岩石粉砕物1を予め決められた落下軌跡wで落下させるように供給する供給装置2と、供給装置2で供給された岩石粉砕物1を落下軌跡wの途中で撮像する撮像器具3と、撮像器具3...

    鉱石選別方法及びその装置

  3. 技術 分離装置

    【課題】チップ型電子部品の割れや欠けを抑制しつつ、複数のチップ型電子部品と複数のメディアとを分離できる分離装置を提供する。【解決手段】分離装置は、上方に向けて先細る円錐形状を有し、頂点を通る回転軸を中心に回転可能に構成されるとともに、複数のチップ型電子部品および複数のメディアが側面21aに供給される第1回転体21と、第1回転体21を回転させる第1回転機構と、第1回転体...

    分離装置

  4. 【課題】搬送される各ワークの状態に応じて圧縮空気の流量や圧力を調整可能で、各不良ワークWを適切に処理でき、ワークWの整列能力が高いエア噴射機構を提供する。【解決手段】エア噴射機構1は、ワークWに向けて順次圧縮空気を噴射するものであって、圧縮空気源11に接続され、開閉量を連続的に変更可能な圧電バルブ3と、各ワークWの状態をそれぞれ判定する状態判定手段6と、状態判定手段6...

    エア噴射機構およびパーツフィーダ

  5. 【課題】圧縮空気の流量や圧力をデジタル管理可能で、かつ作業効率の低下を防止できるエア噴射機構を提供する。【解決手段】エア噴射機構1は、複数のワークWに向けて順次圧縮空気を噴射するものであって、圧縮空気源11に接続され、開閉量を連続的に変更可能な2ポート弁3を有する流量調整手段3Aと、ワークWの種類に適したパラメータを出力する上位コントローラ4と、上位コントローラ4が出...

    エア噴射機構およびパーツフィーダ

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • 太陽光発電・太陽電池・人工光合成

    2015年4月30日、米国の電気自動車ベンチャーTesla Motors社や宇宙開発ベンチャーSpa…

  • CCS(CO2の分離・回収、地下・海底貯留)

    CCS(Carbon dioxide Capture and Storage:二酸化炭素回収・貯蔵技…

  • がん医療

    国立がん研究センターの統計予測は、2015年の国内全がん罹患者数を982,100人、同死亡数を370…

ページトップへ

固体相互の分離,仕分け ページ上部に戻る