固体相互の分離,仕分け に関する技術一覧

「固体相互の分離,仕分け」に関する技術の関連情報です。 「固体相互の分離,仕分け」 の関連技術、「ふるいによるか,または気体流を用いる固体相互の分離,ばらの材料,例.ばらの材料と同様に扱われる物品,に適応する乾式によるその他の分離」「郵便に関する選別,順次に仕分けする,例.取り出すことによって,に適した個別の物品またはばらの材料の仕分け」 など、その他「固体相互の分離,仕分け」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「固体相互の分離,仕分け」の分野ページはこちら

固体相互の分離,仕分けに所属する技術動向

固体相互の分離,仕分けの分野に属する技術の状況としては、2016年に229件、2017年に237件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、固体相互の分離,仕分けの分野においては特に近年郵便に関する選別,順次に仕分けする,例.取り出すことによって,に適した個別の物品またはばらの材料の仕分けの分野における動向が活発であり、他にも郵便に関する選別,順次に仕分けする,例.取り出すことによって,に適した個別の物品またはばらの材料の仕分けといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはアンリツインフィビス株式会社や株式会社サタケ、JFEスチール株式会社が豊富な実績を残しており、 株式会社東芝などは、 計算,計数や基本的電気素子といった分野も含め、 東芝インフラシステムズ株式会社や東芝インテリジエントテクノロジ株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

固体相互の分離,仕分け』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】キャリアケースに収納した書留郵便物等に添付した無線データキャリアのデータを正確に読み書きができるようにする。【解決手段】書留郵便物6にID番号を記憶した無線データキャリア7を添付しID番号に対応して差出人、受取人等の情報を引受局サーバ15に登録すると共に中継局サーバ13、配達局サーバ16に同様のデータを転送する。中継局、配達局では無線データキャリア7のID番号...

    データ読取り書込み装置と情報検索および物品配達システム

  2. 【課題】被検物体を透過する光により青果物の内部品質を測定する装置において、測定を中断することなしに装置のキャリブレーションを行うことにより、ベースラインの変動を排除して、青果物の内部品質を正確に測定することができる装置を提供する。【解決手段】本発明においては、対象物を連続して搬送する搬送手段と、搬送手段上に載置された対象物の位置を検知する検知手段と、対象物に測定光を投...

    対象物内部品質測定装置

  3. 【課題】設備コストを低く抑え、セメントキルンより抽気した燃焼ガスに含まれる硫黄分を除去し、有効利用することのできるセメントキルン塩素・硫黄バイパスを提供する。【解決手段】セメントキルンのキルン尻からボトムサイクロンに至るまでのキルン排ガス流路より燃焼ガスの一部を抽気し、抽気ガス中のダストの粗粉を分離し、微粉を含む抽気ガスを湿式集塵装置3で溶媒を用いて集塵する。湿式集塵...

    セメントキルン塩素・硫黄バイパス

  4. 【課題】 青果物を、移送をしながらその大きな又は重さを等を測定して、各種大きさ又は重さ等ごとに選別するようにした選果ライン装置1において、これに残留農薬値の高い青果物が混じることがないようにする。【解決手段】 各農家ごとに生産された同一品種多数個の青果物を一単位として、この一単位における各青果物Aを、送り込み移送手段2にて列状に並べた状態で前記選果ライン装置1に送...

    青果物の選別方法

  5. 【課題】ドット再現性、およびハイライトの再現性が良好で、かつ、画像濃度が高く、地汚れの少ない高画質を得ることができるキャリア、および現像剤を提供し、同時に、キャリア付着の起き難い高信頼・高耐久キャリア、および現像剤を提供し、前記現像剤を収納させた現像剤容器を提供し、前記現像剤容器を搭載した画像形成装置を提供し、前記キャリアの製造方法を提供すること。【解決手段】キャリア...

    電子写真現像剤用キャリア

新着の技術

固体相互の分離,仕分け』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】汚染土壌をキレート剤を用いて浄化する土壌浄化施設において、キレート剤の保有量及び使用量を低減するとともに、キレート剤回収のための設備の敷地面積を低減することを可能にする手段を提供する。【解決手段】土壌浄化システムは、汚染土壌を礫と砂と土とに分級する土壌分級部と、分離された砂及び土をキレート洗浄液で浄化する砂・土浄化部2とを有する。砂・土浄化部2は、砂洗浄部14...

    土壌浄化システム及び土壌浄化方法

  2. 【課題】汚染土壌をキレート剤を用いて浄化する土壌浄化施設において、キレート剤の保有量及び使用量を低減するとともに、キレート剤回収のための設備の敷地面積を低減することを可能にする手段を提供する。【解決手段】土壌浄化システムは、汚染土壌を礫と砂と土とに分級する土壌分級部と、分離された砂及び礫をキレート洗浄液で浄化する砂・礫浄化部2とを有する。砂・礫浄化部2は、砂洗浄部14...

    土壌浄化システム及び土壌浄化方法

  3. 【課題】汚染土壌をキレート剤を用いて浄化する土壌浄化施設において、キレート剤の保有量及び使用量を低減するとともに、キレート剤回収のための設備の敷地面積を低減することを可能にする手段を提供する。【解決手段】土壌浄化システムは、汚染土壌を礫と砂と土とに分級する土壌分級部と、分離された砂及び礫をキレート洗浄液で浄化する砂・礫浄化部2とを有する。砂・礫浄化部2は、砂洗浄部14...

    土壌浄化システム及び土壌浄化方法

  4. 【課題】汚染土壌をキレート剤を用いて浄化する土壌浄化施設において、キレート剤の保有量及び使用量を低減するとともに、キレート剤回収のための設備の敷地面積を低減することを可能にする手段を提供する。【解決手段】土壌浄化システムは、汚染土壌を礫と砂と土とに分級する土壌分級部と、土壌分級部で分離された砂をキレート洗浄液で浄化する砂浄化部2とを有する。砂浄化部2は、砂洗浄部14と...

    土壌浄化システム及び土壌浄化方法

  5. 【課題】厚物の荷物や厚さの不均一な荷物、或いは腰が弱く自立しない紙葉類等の被搬送物のいずれであっても確実に搬送できるようにした。【解決手段】搬送装置1は、荷物の底面に当接して所定方向に案内する底面ベルト6と、荷物の側面に当接して所定方向に案内する側面ベルト7とを備えた。側面ベルト7との間に荷物を挟んで所定方向に搬送する可動ローラ11を備えた。可動ローラ11は、荷物の厚...

    搬送装置及びその搬送方法、振り分け装置、仕分け装置

固体相互の分離,仕分け ページ上部に戻る