機械的振動の発生または伝達一般 に関する技術一覧

「機械的振動の発生または伝達一般」に関する技術の関連情報です。 「機械的振動の発生または伝達一般」 の関連技術、「機械的振動の発生または伝達一般」 など、その他「機械的振動の発生または伝達一般」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「機械的振動の発生または伝達一般」の分野ページはこちら

機械的振動の発生または伝達一般に所属する技術動向

機械的振動の発生または伝達一般の分野に属する技術の状況としては、2015年に107件、2016年に129件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、機械的振動の発生または伝達一般の分野においては特に近年機械的振動の発生または伝達一般の分野における動向が活発です。

この分野でのメインプレイヤーとしてはパナソニック株式会社や株式会社NTTドコモ、日本電産コパル株式会社が豊富な実績を残しており、 三洋電機株式会社などは、 基本的電気素子や電気通信技術といった分野も含め、 日本電産セイミツ株式会社やシステム・ソリューションズ株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

機械的振動の発生または伝達一般』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】操作入力が受付けられたことや操作入力に対する電子機器の応答を、ユーザが画面を見ずに容易に確認できるようにすること。【解決手段】CPU113は、タッチパネル102や操作キーに対する操作入力が受付けられたことを検知した場合に、駆動信号生成回路114を介して振動アクチュエータ115を駆動し、振動を発生させる。この振動によりタッチパネル102および操作キーをその表面に...

    携帯型電子機器、電子機器、振動発生器、振動による報知方法および報知制御方法

  2. 【課題】外からの振動や外気圧の影響を受けにくく、広い周波数範囲で安定に超音波などの圧力波を発生することができ、かつ集積回路技術を適用しての製造が容易な圧力波発生装置を提供することにある。【解決手段】本発明は、電気的に駆動される発熱体薄膜を熱絶縁上に被者された圧力波発生手段を用いる。発熱体薄膜を電気的にして表面の空気層に超音波周期の温度変化を与え、圧力波を生じさせる。特...

    圧力波発生装置

  3. 【課題】 本発明は触覚機能付の入力装置および電子機器並びに電子機器の感触フィードバック入力方法において、複数個配設された振動発生手段に与える振動波形のタイミングや強さをコントロールすることにより、面内のどの位置でもほぼ同一な振動フィードバックを得る様にする。【解決手段】 電子機器を構成するPDA1の筐体2のタッチパネル4とLCD6の間に複数のアクチュエータ5A〜5...

    入力装置および電子機器並びに電子機器の感触フィードバック入力方法

  4. 【課題】接合対象物と被接合部材との接合が確実で装置全体の小型化が可能なボンディングヘッド及びこれを備えたボンディング装置を提供すること。【解決手段】ボンディングヘッドは、1つの振動子2と、振動子2と結合して振動子2からの超音波振動を接合対象物に伝播する振動伝達部材1と、振動伝達部材1を支持固定する支持部材3(第1の支持部材3a及び第2の支持部材3b)と、接合対象物を押...

    ボンディングヘッド及びこれを備えたボンディング装置

  5. 【課題】滑らかな回転を可能とすること。【解決手段】この小型扁平ブラシレス振動モータは、固定基板2の中央にロータ支承手段4を配設し、ロータ抜け止め用に固定基板と同じ厚さのマグネット吸引によるロータ抜止用ヨーク1を固定基板2の内周部にのみ一部配設し、固定基板2上に複数個の電機子コイル3aを有するステータ3を配設し、ロータ支承手段4に回転自在に支承され、かつステータ3に空隙...

    小型扁平ブラシレス振動モータ

新着の技術

機械的振動の発生または伝達一般』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】本発明の振動体は、第1方向に沿った切込みを介する平坦部及び曲部を有する振動板と、一部に圧電性樹脂を含み、かつ前記第1方向に沿う対の前記曲部に張架されるフィルムと、を備える。例えば、各曲部の外側端部には圧電フィルムの端部が固定される。圧電フィルムの両主面の電極に交流電圧が印加されると、圧電フィルムは第1方向に沿って伸縮を繰り返す。すると、対の曲部は、圧...

    振動体及び触覚提示キーボード

  2. 【解決手段】超音波加工装置及び超音波加工方法が提供される。超音波加工装置は、超音波発生装置についての複数の発生装置データを超音波発生装置内で処理できるように、超音波発生装置の信号処理に一体化された、制御/調節モジュール、好ましくはデジタル制御/調節モジュールを特徴とする。【効果】このモジュールにおいて、制御/調節モジュール内の間隙調節装置によって、超音波発生装置のパワ...

    連続超音波溶着加工を制御するための超音波溶着装置及び超音波溶着方法

  3. 【課題】異なる振動感を有する振動モーターを提供する。【解決手段】弾性接続具は、第1の弾性接続具141及び第2の弾性接続具142を含み、振動部材は、それぞれフレーム11の両側に設置された第1の振動システム131と第2の振動システム132を含み、第1の弾性接続具は一部が第1の振動システムに接続され、他の一部は、フレームの一方の側に接続され、第2の弾性接続具は、一部が第2の...

    振動モーター

  4. 【課題】振動モータの大型化を抑制し、可動子の破損を抑制できる技術を提供する。【解決手段】ハウジング21およびコイル22を有する静止部2と、可動部3と、静止部2と可動部3との間に配置される弾性部材4とを有する。可動部3は、コイル22と対向して配置されるマグネット31と、マグネット31の揺動方向の両端に配置されるブラケット32と、揺動方向に隣り合う部材同士を接着固定する接...

    振動モータ

  5. 【課題】動作が安定である且つ製品の性能がより優れたリニア振動モーターの提供。【解決手段】リニア振動モーター2は、振動子21と、スプリング23と、弾性部品25と、収容空間を有するケーシング27とを備える。前記スプリング23は、前記振動子21の両側に対称設置され、その一端が前記振動子21に接続され、他端が前記ケーシング27に接続される。前記弾性部品25が前記振動子21に接...

    リニア振動モーター

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • ロコモーティブ症候群・関節疾患

    加齢や過負荷のほか、スポーツ損傷や肥満によっても引き起こされる変形性関節症(OA:osteoarth…

  • 人工筋肉・ソフトアクチュエータ

    人工筋肉とは、ゴムや導電性ポリマー、形状記憶合金、カーボン・ナノチューブなどで作られた伸縮性のアクチ…

  • 超小型モビリティ・パーソナルモビリティ

    軽自動車よりも更にコンパクトな電気自動車で、1人から2人程度の乗車定員のものを超小型モビリティと呼ば…

ページトップへ

機械的振動の発生または伝達一般の詳細カテゴリ一覧

機械的振動の発生または伝達一般の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

機械的振動の発生または伝達一般 ページ上部に戻る

周辺技術分野

整理標準化データをもとに当社作成

分野番号表示ON