霧化装置,噴霧装置,ノズル に関する技術一覧

「霧化装置,噴霧装置,ノズル」に関する技術の関連情報です。 「霧化装置,噴霧装置,ノズル」 の関連技術、「消雪,融雪ノズル」「気体放出のためのもの,」 など、その他「霧化装置,噴霧装置,ノズル」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「霧化装置,噴霧装置,ノズル」の分野ページはこちら

霧化装置,噴霧装置,ノズルに所属する技術動向

霧化装置,噴霧装置,ノズルの分野に属する技術の状況としては、2017年に378件、2018年に355件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、霧化装置,噴霧装置,ノズルの分野においては特に近年消雪,融雪ノズルの分野における動向が活発であり、他にも気体放出のためのもの,や 可動排出口,可動偏向要素を有する噴霧,散布装置といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては株式会社吉野工業所やパナソニック株式会社、パナソニックエコソリューションズ内装建材株式会社が豊富な実績を残しており、 トヨタ自動車株式会社などは、 化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池や他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品といった分野も含め、 トリニティ工業株式会社やランズバーグ・インダストリー株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

霧化装置,噴霧装置,ノズル』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】 使用者に水補給の手間や付着物除去の手間を強いることなく使用することの可能な静電霧化装置を、素早くミストを発生させることが可能なものとして提供する。【解決手段】 放電極11と、放電極11に対向して位置する対向電極13と、放電極11に水を供給する供給手段とを備え、放電極11と対向電極13との間に高電圧を印加することで放電極11に保持される水を霧化させる静電霧...

    静電霧化装置

  2. 【課題】インクジェット法による薄膜の形成方法において、吐出する液体の溶媒が密度の大きな溶媒である場合でも、基板面内での均一性の高い薄膜が得られるようにする。【解決手段】インクジェットヘッド2の後部に、十分な長さのガスフロー用チューブ5を固定する。このチューブ5から基板1面に向けて常時気体を吹き出しながら、液体の吐出を行う。基板1上に配置された液滴から蒸発した溶媒蒸気は...

    インクジェット法による薄膜形成方法、インクジェット装置、有機EL素子の製造方法、有機EL素子

  3. 【課題】 使用者に水補給の手間や付着物除去の手間を強いることなく使用することが可能であるとともに素早くミストを発生させることが可能であり、且つコンパクトな静電霧化装置を提供する。【解決手段】 放電極4と、放電極4に対向して位置する対向電極6と、放電極4に水を供給する供給手段とを備え、放電極4と対向電極6との間に高電圧を印加することで放電極4に保持される水を霧化させ...

    静電霧化装置

  4. 【課題】 使用者に水補給の手間を強いることなく継続的に使用することの可能な静電霧化装置を提供する。【解決手段】 静電霧化装置を、毛細管現象によって水を搬送する水搬送部11と、吸熱面8上で空気を冷却して生成した結露水を水搬送部11に供給する熱交換部4と、水搬送部11が搬送する水に対して電圧を印加する印加電極21と、水搬送部11と対向して位置する対向電極13と、印加電...

    静電霧化装置

  5. 技術 加湿器

    【課題】単独あるいは空気調和機等の他の機器に組込んで使用される加湿器において、ファン、可変式のガイドやルーバーを設けることなく微細水滴を所望の方向に吹き出すことができるような加湿器を提供することを目的とする。【解決手段】噴射部1内部の噴射電極3には高圧電源5が接続されている。対向電極4と噴射電極3の間に高圧電源5によって高電圧を印加することで、静電霧化作用により噴射孔...

    加湿器

新着の技術

霧化装置,噴霧装置,ノズル』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】ドローン(800)用又は、自動車アフターマーケットキット(1101)用としての自給型小型カメラ洗浄システム(1000)は、普通のエアゾール缶と類似した加圧容器(1002)を利用して洗浄液を洗浄ノズル(1020)へ操作可能なバルブを介して供給する。流体供給容器はドローンカメラでの使用のため小さく(例えば約15ミリリットル容量)、小型のアセンブリに容易に...

    自給型カメラ洗浄システム及びその方法

  2. 【課題・解決手段】本発明は、携帯式噴霧装置を使った液状活性物質の塗布に関する。本発明の主題は、活性物質を塗布するための携帯式装置、および携帯式噴霧装置を使って活性物質を塗布する方法である。

    非加圧式噴射材料容器を備える噴霧装置

  3. 【課題・解決手段】本発明は、可搬型の噴霧装置を使った液状活性物質の塗布に関する。本発明の主題は、活性物質を塗布するための可搬型の装置、および可搬型の噴霧装置を使って活性物質を塗布する方法である。

    流量測定式噴霧装置

  4. 【課題】優れた防眩性能を有する防眩膜付き基材を短時間で製造できる製造方法、優れた防眩性能を有する防眩膜付き基材およびこれを備える物品の提供。【解決手段】基材3と、基材3上に形成された防眩膜5とを備える防眩膜付き基材1の製造方法であって、シリカ前駆体(A)および粒子(C)の少なくとも一方と、液状媒体(B)とを含み、かつ前記液状媒体(B)が、沸点150℃以下の液状媒体(B...

    防眩膜付き基材および物品

  5. 【課題】貯水部の水位を精度よく検知できる液体微細化装置及びそれを用いた熱交換気装置、空気清浄機又は空気調和機を提供すること。【解決手段】液体微細化室1は、揚水管により揚水される水を貯水する貯水部4と、貯水部4に水を供給する給水部7と、給水部7から貯水部4へ水を案内する第1水路21と、貯水部4の水位を検知する水位検知部8と、を備えている。給水部7及び水位検知部8は、貯水...

    液体微細化装置及びそれを用いた熱交換気装置、空気清浄機又は空気調和機

霧化装置,噴霧装置,ノズル ページ上部に戻る

周辺技術分野

整理標準化データをもとに当社作成

分野番号表示ON

その他の分野

霧化装置,噴霧装置,ノズル』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。