霧化または噴霧一般,液体または他の流動性材料の表面への適用一般 に関する技術一覧

「霧化または噴霧一般,液体または他の流動性材料の表面への適用一般」に関する技術の関連情報です。 「霧化または噴霧一般,液体または他の流動性材料の表面への適用一般」 の関連技術、「霧化装置,噴霧装置,ノズル」「液体または他の流動性材料を表面に適用する装置一般」 など、その他「霧化または噴霧一般,液体または他の流動性材料の表面への適用一般」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「霧化または噴霧一般,液体または他の流動性材料の表面への適用一般」の分野ページはこちら

霧化または噴霧一般,液体または他の流動性材料の表面への適用一般に所属する技術動向

霧化または噴霧一般,液体または他の流動性材料の表面への適用一般の分野に属する技術の状況としては、2015年に2,279件、2016年に2,150件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、霧化または噴霧一般,液体または他の流動性材料の表面への適用一般の分野においては特に近年霧化装置,噴霧装置,ノズルの分野における動向が活発であり、他にも液体または他の流動性材料を表面に適用する装置一般や 液体または他の流動性材料を表面に適用する方法一般といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては株式会社吉野工業所やセイコーエプソン株式会社、関西ペイント株式会社が豊富な実績を残しており、 トヨタ自動車株式会社などは、 運輸や基本的電気素子といった分野も含め、 トリニティ工業株式会社や関西ペイント株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

霧化または噴霧一般,液体または他の流動性材料の表面への適用一般』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】カラーフィルタのフィルタエレメントやEL装置の絵素ピクセルなどといったパターンを形成するためのインクジェットヘッド部分の走査時間を短縮化できる吐出装置を提供する。【解決手段】カラーフィルタ1を製造する液滴吐出装置に、複数のノズル27を列状に設けてノズル列28を構成するインクジェットヘッド20を6個並べて保持するキャリッジ25を有したインクジェットヘッド22を設...

    吐出方法およびその装置、電気光学装置、その製造方法およびその製造装置、カラーフィルタ、その製造方法およびその製造装置、ならびに基材を有するデバイス、その製造方法およびその製造装置

  2. 【課題】 使用者に水補給の手間や付着物除去の手間を強いることなく使用することの可能な静電霧化装置を、素早くミストを発生させることが可能なものとして提供する。【解決手段】 放電極11と、放電極11に対向して位置する対向電極13と、放電極11に水を供給する供給手段とを備え、放電極11と対向電極13との間に高電圧を印加することで放電極11に保持される水を霧化させる静電霧...

    静電霧化装置

  3. 【課題】安価で表示品位の優れたカラー表示可能な有機EL素子及び有機ELディスプレーを提供することを目的とする。【解決手段】基板上に有機EL層と、前記有機EL層を挟時する1対の電極と、隔壁が設けられた有機EL素子において、前記有機EL層の内、少なくとも1層が、有機材料と溶媒を少なくとも含有する有機EL用塗液を用いて凸版印刷法により形成される。

    有機EL素子の製造方法

  4. 【課題】カーボンナノチューブ電子電界エミッタ構造を含む改良された電界放出デバイスを実現する。【解決手段】接着性カーボンナノチューブ膜(単層あるいは多層ナノチューブを含む)が、比較的平坦な導電性基板上に形成される。本発明は、強く接着するカーボンナノチューブ膜を実現する。さらに、放出特性を向上させるために、膜中のナノチューブの一部(例えば、少なくとも50体積%)を、ほぼ同...

    接着性カ—ボンナノチュ—ブ膜を有するデバイス

  5. 【課題】樹脂フィルム基材上に1層以上の樹脂層を形成する際に、光学特性、面品質、あるいは帯電防止性能、更に耐擦傷性、密着性を改善した光学フィルム及びその製造方法を提供することにある。【解決手段】少なくとも樹脂と溶媒を有する含水率5質量%以下の塗布組成物をフィルム基材上に塗布し樹脂層を設けたことを特徴とする光学フィルム。含水率が少なくとも5質量%以下の塗布組成物をフィルム...

新着の技術

霧化または噴霧一般,液体または他の流動性材料の表面への適用一般』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】ユーザーなどが、携帯電話機のディスプレイなどの、保護用コーティングを行う各種の物品の表面に容易にシリカガラスコーティングを行うことができ、しかも適度な柔軟性も有していて塗布時の効率が高く、十分な量のコーティング液を貯蔵することができるコーティング液貯蔵体を提供する。【解決手段】マイクロファイバーを少なくとも主成分として含む基材12と、この基材に含浸された、ジブ...

    コーティング液貯蔵体、コーティング液貯蔵体の製造方法、コーティング液貯蔵用基材およびコーティング皮膜の製造方法

  2. 【課題・解決手段】オムニフォビック特性をもつ構造化された表面、その製造方法、およびその使用を記載する。液体がこの構造化された表面と接触すると、液体の表面張力が強く上昇する。このオムニフォビック表面は、スクワランのような低エネルギー液体に対しても、水のような比較的高エネルギーの液体に対しても、接触角>90°を示す。

    オムニフォビック表面

  3. 【課題・解決手段】本発明は、容器の内面の少なくとも一部を硬化性液体材料でコーティングするための方法であって、前記容器がヒト及び/又は動物と生体適合性のある製品を包含するのに好適である方法;前記方法を実施するための装置;並びに前記方法によって得られる容器に関する。本方法によれば、容器がホルダー上に配置されかつそれに固定され;コーティングを塗布するためのツールが容器に挿入...

    容器の内面をコーティングするための方法及び装置並びにそのような方法を用いて得られた容器

  4. 【課題・解決手段】組成物コーティングを製造するためのプロセスは、木材またはレンガ材料基材を選択すること、ならびにシランまたはシラン誘導体および金属酸化物前駆体を含むゾル−ゲルを利用して、基材をコーティングすることを含み得る。該プロセスは、基材の湿潤および/または染色を防止する組成物コーティングを製造するための、オール溶液プロセスまたは制御環境を利用することができる。木...

    耐候性、真菌耐性および耐染色性のコーティング、ならびに木材、レンガまたは他の多孔質材料に適用する方法

  5. 【課題・解決手段】本発明は、環境ホルモン分解インクジェットコーティング組成物、これを用いたコーティング鋼板及びその製造方法に関するもので、より詳細には、紫外線硬化型アクリルオリゴマー、アクリルモノマー、光開始剤、光触媒、及び内部にフィトンチッド、TiO2及び金属を含むフィトンチッドカプセルを含む環境ホルモン分解インクジェットコーティング組成物、これを用いたコーティング...

    環境ホルモン分解組成物、これを用いたコーティング鋼板、及びその製造方法

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

ページトップへ

霧化または噴霧一般,液体または他の流動性材料の表面への適用一般 ページ上部に戻る