霧化または噴霧一般,液体または他の流動性材料の表面への適用一般 に関する技術一覧

「霧化または噴霧一般,液体または他の流動性材料の表面への適用一般」に関する技術の関連情報です。 「霧化または噴霧一般,液体または他の流動性材料の表面への適用一般」 の関連技術、「霧化装置,噴霧装置,ノズル」「液体または他の流動性材料を表面に適用する装置一般」 など、その他「霧化または噴霧一般,液体または他の流動性材料の表面への適用一般」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「霧化または噴霧一般,液体または他の流動性材料の表面への適用一般」の分野ページはこちら

霧化または噴霧一般,液体または他の流動性材料の表面への適用一般に所属する技術動向

霧化または噴霧一般,液体または他の流動性材料の表面への適用一般の分野に属する技術の状況としては、2015年に2,263件、2016年に2,134件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、霧化または噴霧一般,液体または他の流動性材料の表面への適用一般の分野においては特に近年霧化装置,噴霧装置,ノズルの分野における動向が活発であり、他にも液体または他の流動性材料を表面に適用する装置一般や 液体または他の流動性材料を表面に適用する方法一般といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはセイコーエプソン株式会社や株式会社吉野工業所、パナソニック株式会社が豊富な実績を残しており、 トヨタ自動車株式会社などは、 運輸や基本的電気素子といった分野も含め、 トリニティ工業株式会社や関西ペイント株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

霧化または噴霧一般,液体または他の流動性材料の表面への適用一般』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】カラーフィルタのフィルタエレメントやEL装置の絵素ピクセルなどといったパターンを形成するためのインクジェットヘッド部分の走査時間を短縮化できる吐出装置を提供する。【解決手段】カラーフィルタ1を製造する液滴吐出装置に、複数のノズル27を列状に設けてノズル列28を構成するインクジェットヘッド20を6個並べて保持するキャリッジ25を有したインクジェットヘッド22を設...

    吐出方法およびその装置、電気光学装置、その製造方法およびその製造装置、カラーフィルタ、その製造方法およびその製造装置、ならびに基材を有するデバイス、その製造方法およびその製造装置

  2. 【課題】 使用者に水補給の手間や付着物除去の手間を強いることなく使用することの可能な静電霧化装置を、素早くミストを発生させることが可能なものとして提供する。【解決手段】 放電極11と、放電極11に対向して位置する対向電極13と、放電極11に水を供給する供給手段とを備え、放電極11と対向電極13との間に高電圧を印加することで放電極11に保持される水を霧化させる静電霧...

    静電霧化装置

  3. 【課題】安価で表示品位の優れたカラー表示可能な有機EL素子及び有機ELディスプレーを提供することを目的とする。【解決手段】基板上に有機EL層と、前記有機EL層を挟時する1対の電極と、隔壁が設けられた有機EL素子において、前記有機EL層の内、少なくとも1層が、有機材料と溶媒を少なくとも含有する有機EL用塗液を用いて凸版印刷法により形成される。

    有機EL素子の製造方法

  4. 【課題】カーボンナノチューブ電子電界エミッタ構造を含む改良された電界放出デバイスを実現する。【解決手段】接着性カーボンナノチューブ膜(単層あるいは多層ナノチューブを含む)が、比較的平坦な導電性基板上に形成される。本発明は、強く接着するカーボンナノチューブ膜を実現する。さらに、放出特性を向上させるために、膜中のナノチューブの一部(例えば、少なくとも50体積%)を、ほぼ同...

    接着性カ—ボンナノチュ—ブ膜を有するデバイス

  5. 【課題】樹脂フィルム基材上に1層以上の樹脂層を形成する際に、光学特性、面品質、あるいは帯電防止性能、更に耐擦傷性、密着性を改善した光学フィルム及びその製造方法を提供することにある。【解決手段】少なくとも樹脂と溶媒を有する含水率5質量%以下の塗布組成物をフィルム基材上に塗布し樹脂層を設けたことを特徴とする光学フィルム。含水率が少なくとも5質量%以下の塗布組成物をフィルム...

新着の技術

霧化または噴霧一般,液体または他の流動性材料の表面への適用一般』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】中心軸に沿って溶射材料を含む材料供給ガスを送入する材料送入管を有する主陽極を備え、中心軸に沿って主プラズマガスを導入する主トーチと、中心軸が主陽極の中心軸と交差し、当該主陽極の中心軸を中心とする円周上に、当該円周方向に互いに間隔を隔てて配置される副陰極を備える複数の副トーチと、を有し、主陽極と副陰極との間に形成されるプラズマアークと、主陽極の中心軸に...

    プラズマ溶射装置

  2. 【課題・解決手段】基板の端面を含む周縁部に膜形成液を薄く且つ均一な膜厚で塗布することができ、膜厚変動が少ない塗膜を安定して形成することができる塗布装置1であって、基板2を支持する支持テーブル10と、一対の塗布ヘッド21を備えた塗布ユニット20と、塗布ユニット20を移動させる移動ユニット40と、塗布ヘッド21に膜形成液51を供給する液供給ユニット50と、塗布ヘッド21の...

    塗布装置、塗布ヘッド及び塗布方法

  3. 【課題・解決手段】多孔質基材の片面又は両面に、樹脂を含有する塗工液を塗工して塗工層を形成する塗工工程と、前記塗工層を凝固液に接触させて前記樹脂を凝固させ、前記多孔質基材の片面又は両面に前記樹脂を含有する多孔質層を備えた複合膜を得る凝固工程と、前記複合膜を水洗する水洗工程と、前記複合膜を搬送速度30m/min以上で搬送しながら前記複合膜から水を除去する乾燥工程であって、...

    複合膜の製造方法

  4. 【課題・解決手段】液送管手段と長尺状流路部材とを接合する接合部の密封装着構造についての追従性を高めることができ、当該接合部分における空気の侵入を完全に阻止可能とした長尺状流路部材並びにプラスチック容器及び粘性液体吐出装置を提供する。プラスチック容器内の粘性液体が加圧によって長尺状流路部材から吐出され、前記粘性液体の吐出作業後には前記プラスチック容器のみを交換可能とされ...

    長尺状流路部材、並びにプラスチック容器、及び粘性液体吐出装置

  5. 【課題・解決手段】課題:Roll to Rollプロセスで電子デバイスを形成できる平坦化膜付き金属箔コイルを提供すること。解決手段:有機溶媒中フェニルトリアルコキシシラン1モルに対して、酢酸0.1モル以上1モル以下、有機スズ0.005モル以上0.05モル以下を触媒として加え、2モル以上4モル以下の水で加水分解後、160℃以上210℃以下の温度で有機溶剤を減圧留去し...

    平坦化膜形成塗布液および平坦化膜付き金属箔コイル

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • 高度運転支援・自動運転

    2015年1月、米国ラスベガスで開催された「2015 International CES (Cons…

  • 燃料電池車

    水素を燃料とし、空気中から取り込んだ酸素と反応させることで生み出した電気エネルギーを駆動力に利用する…

  • 音声認識・音声合成・ボーカロイド

    米国Apple社は、2011年、iPhone向け知能型音声認識サービスSiriを市場に試験投入して以…

ページトップへ

霧化または噴霧一般,液体または他の流動性材料の表面への適用一般 ページ上部に戻る