物理的または化学的工程を行なうための遠心装置または機械 に関する技術一覧

「物理的または化学的工程を行なうための遠心装置または機械」に関する技術の関連情報です。 「物理的または化学的工程を行なうための遠心装置または機械」 の関連技術、「遠心分離機」「自由過流を利用する装置,例.サイクロン」 など、その他「物理的または化学的工程を行なうための遠心装置または機械」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「物理的または化学的工程を行なうための遠心装置または機械」の分野ページはこちら

物理的または化学的工程を行なうための遠心装置または機械に所属する技術動向

物理的または化学的工程を行なうための遠心装置または機械の分野に属する技術の状況としては、2017年に170件、2018年に129件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、物理的または化学的工程を行なうための遠心装置または機械の分野においては特に近年自由過流を利用する装置,例.サイクロンの分野における動向が活発であり、他にも自由過流を利用する装置,例.サイクロンといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはリコープリンティングシステムズ株式会社やダイソン・テクノロジー・リミテッド、三菱電機株式会社が豊富な実績を残しており、 株式会社日立製作所などは、 基本的電気素子や計算,計数といった分野も含め、 株式会社日立プラントテクノロジーや株式会社日立パワーソリューションズといった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

物理的または化学的工程を行なうための遠心装置または機械』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】コンパクトで効率の高い真空掃除機用サイクロン式分離装置を提供する。【解決手段】掃除用電気器具、例えば真空掃除機(33)のサイクロン式分離装置(1)が、長手方向軸線(16)、上流側サイクロン式分離器(2)及び下流側サイクロン組立体(8)を有する。下流側サイクロン組立体は、互いに並列に配置された複数個のサイクロン(9a,9b)から成る。下流側サイクロンは、各サイク...

    サイクロン式分離装置

  2. 【課題】小型で取り扱い易いサイクロン分離式の集塵部を備えた電気掃除機を実現する。【解決手段】塵埃を遠心分離して捕捉するサイクロン分離筒104と3層で構成した第1の補助フィルター106を内部に有する集塵ケース105を並べて掃除機本体1の下ケース101に装着し、サイクロン分離筒104の排気の一部を集塵ケース105を介して電動送風機107に流入させるように構成した。

    電気掃除機

  3. 【課題】着色重合体粒子分散液などの重合体粒子分散液から効率よく重合体粒子を分離でき、さらに濾材の交換などのメンテナンスが不要でランニングコストが低減できる重合体粒子の分離方法及び前記分離方法により着色重合体粒子を分離する工程を含むトナーの製造方法を提供する【解決手段】多孔質金属体を濾材として用いた固液分離機を用いて、重合体粒子分散液から重合体粒子を分離する。トナーの製...

    重合体粒子の分離方法及びトナーの製造方法

  4. 【課題】別の汚物回収筒を備えた真空掃除機のサイクロン集塵装置を提供する。【解決手段】本発明の真空掃除機のサイクロン集塵装置は、一端が塞がっている円筒形であり、閉鎖端の円周面上には貫通孔が設けられたカバー胴体と、カバー胴体の貫通孔を閉鎖端の下部に連通させる第1汚物誘導路を備え、サイクロン胴体に結合するサイクロンカバーと、一端が塞がっている円筒形の回収胴体と、回収胴体の開...

    真空掃除機のサイクロン集塵装置

  5. 【課題】熱効率の良い安定した廃棄物ガス化溶融炉を提供する。【解決手段】炉2内に上方から廃棄物Aを順次投入して高温ガスにより乾燥させたのち熱分解させるためのシャフト炉形式のガス化炉本体2と、ガス化炉本体1の下端開口2bに一体に連設され、廃棄物Aの熱分解残渣を受け入れ、熱分解残渣の傾斜面に向けて加熱溶融用バーナ7を備えた溶融室炉3とを備え、溶融室炉3には、溶融したスラグと...

    廃棄物ガス化溶融炉と同溶融炉の操業方法

新着の技術

物理的または化学的工程を行なうための遠心装置または機械』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】本発明は、水、固形物及び少なくとも1つの燃料油を含む油性廃棄物の浄化方法に関する。この方法は、乾燥された油状廃棄物を生成するように浄化すべき油性廃棄物から水を除去する段階と、乾燥した油状廃棄物を液体入口(13)を介して二相遠心分離機(12)に導入する段階と、二相遠心分離機の乾燥した油性廃棄物を、浄化された油相とスラッジ相とに分離する段階と、スラッジ相...

    油性廃棄物の浄化方法及び浄化システム

  2. 【課題】パーライト処理装置及びパーライト処理方法において、減容装置を別途設置することなく、連続的に保冷用パーライトを減容可能とする。【解決手段】低温タンクの保冷用パーライトを処理するパーライト処理装置であって、流体の流れに乗せて低温タンクから低温タンクの外部に保冷用パーライトを輸送すると共に、輸送中に保冷用パーライトを減容化する輸送減容部を備える。

    パーライト処理装置及びパーライト処理方法

  3. 【課題・解決手段】固液分離方法は、固形物、固形物よりも密度が小さい軽液、固形物よりも密度が大きい重液を含む混合液を、遠心分離機で分離する工程を含む。これにより、遠心分離機を用い、固形物よりも密度の大きい液体が含まれる混合液を固液分離することができる。

    固液分離方法および固液分離システム

  4. 【課題・解決手段】回転システムを備えたセパレータであって、 a. 回転の垂直軸(D)を備えて、動作中は回転可能なドラムを備え、 b. ドラムはドラム内室(20)を有し、 c. ドラム内室(20)は下部遠心分離室(21)と上部遠心分離室(22)に分けられ、 d. 両遠心分離室(21、22)は、夫々開放され閉塞される固形物の排出開口(34、35)を有し、排出開口は...

    セパレータ

  5. 【課題】ユーザの手間をとらずに、ロータの運転条件を短時間で容易に設定する。【解決手段】遠心分離装置10において、ロータ室23は、電動モータ15によって回転されるロータ14を収容する。操作表示部は、少なくともロータ14の運転条件と運転状態を表示する。本体制御部47が有する制御部は、運転条件に基づいてロータ14の回転を制御する。ロータ判別センサ44は、ロータ室23に収容さ...

    遠心分離機および遠心分離装置

物理的または化学的工程を行なうための遠心装置または機械 ページ上部に戻る