液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離,固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離 に関する技術一覧

「液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離,固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離」に関する技術の関連情報です。 「液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離,固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離」 の関連技術、「液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離」「固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離」 など、その他「液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離,固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離,固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離」の分野ページはこちら

液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離,固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離に所属する技術動向

液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離,固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離の分野に属する技術の状況としては、2017年に313件、2018年に271件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離,固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離の分野においては特に近年浮遊選別,差別沈降の分野における動向が活発であり、他にも液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離や 固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては三菱電機株式会社や太平洋セメント株式会社、シャープ株式会社が豊富な実績を残しており、 株式会社日立製作所などは、 基本的電気素子や計算,計数といった分野も含め、 日立多賀テクノロジー株式会社や東京都といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離,固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】室内壁面等に付着した臭い、菌、ウィルスを除去することができる空気清浄機を提供する。【解決手段】フィルターにより空気を濾過する空気清浄部2を有する空気清浄機である。これにおいて、脱臭作用を有する液体Lや殺菌作用を有する液体Lや抗ウィルス作用を有する液体Lを溜める液溜め部5と、前記液溜め部5の液体Lを霧化する霧化手段6と、前記霧化手段6によって霧化されたミストMを...

    空気清浄機

  2. 【課題】イオン発生器(1) におけるイオン発生量を増やすことで、イオン発生器(1) の利用範囲を広げるとともに帯電中和などの効果を高め、かつ運転効率も高める。【解決手段】放電電極(2) と、この放電電極(2) に対して所定間隔を離して配設された対向電極(3) と、両電極(2,3) に接続された高圧電源(4) とを備えたイオン発生器(1) で、放電電極(2) と対向電極...

    イオン発生器

  3. 【課題】マイナスイオンを発生させる運転と、マイナスイオンおよびプラスイオンを発生させる運転とを切り替えることができるイオン発生装置を提供する。【解決手段】誘電体11と、誘電体11を挟んで対向する一対の電極12、13と、該一対の電極12、13間に交流電圧を印加するスイッチングトランス31と、二次巻線31s1と電極13との接続点にアノードが接続されカソード側が接地されるダ...

    イオン発生装置及びこれを用いた空気調節装置

  4. 【課題】 発生したイオンの消滅を抑えて効率的でバランスの良いイオン放出を行うことが可能なイオン発生素子、イオン発生装置、及びこれを備えた電気機器を提供することを目的とする。【解決手段】 本発明に係るイオン発生素子10は、1つの誘電体11上に取り付け、または印刷されるプラスイオンを発生するための第1放電部12と、マイナスイオンを発生するための第2放電部13とを少なく...

    イオン発生素子、イオン発生装置、電気機器

  5. 【課題】負イオンだけでなく人体に有効な正イオンも確実に大気中に供給することができ、しかも大気中における正イオンと負イオンのバランスを最適に保つことができ、安全である空気イオン発生器および空気イオンの供給方法を提供する。【解決手段】放電電極針21と放電電極針21の基端に接続された高圧電源ユニット23とを備えた空気イオン発生器10であって、高圧電源ユニット23が、放電電極...

    空気イオン発生器および空気イオンの供給方法

新着の技術

液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離,固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】本発明の単層カーボンナノチューブ分離装置(10)は、金属型単層カーボンナノチューブと半導体型単層カーボンナノチューブを含む単層カーボンナノチューブ分散液(30)を収容する分離槽(11)と、分離槽(11)内に設置された第1の電極(12)および第2の電極(13)と、分離槽(11)内にて第1の電極(12)と第2の電極(13)の間であって、分離槽(11)の高...

    単層カーボンナノチューブ分離装置、単層カーボンナノチューブ分離方法

  2. 【課題・解決手段】金属型と半導体型のナノカーボンの分離効率と分離速度をさらに向上させる、ナノカーボンの分離方法、カーボンナノチューブの精製方法及び分散液を提供する。ナノカーボンの分離方法は、ナノカーボンが分散した分散液を用意する工程と、液体の比重が重力方向の下から上へ向かって減少するように、電気泳動槽へ前記分散液を含む液体を注入する工程と、電気泳動槽の上部と下部とに配...

    ナノカーボンの分離方法及び精製方法

  3. 【課題・解決手段】金属型と半導体型のナノカーボンの分離効率と分離速度をさらに向上させる、ナノカーボンの分離方法、カーボンナノチューブの精製方法及び分散液を提供する。ナノカーボンの分離方法は、ナノカーボンが分散した分散液を用意する工程と、液体のpHが重力方向の下から上へ向かって増加するように、電気泳動槽へ分散液を含む液体を注入する工程と、電気泳動槽の上部と下部とに配置さ...

    ナノカーボンの分離方法及び精製方法

  4. 【課題・解決手段】量産化を図ることが可能な金属型ナノカーボンと半導体型ナノカーボンとの分離装置及び分離方法を提供する。ナノカーボンの分離装置は、電気泳動槽と、電気泳動槽の上部と下部とに配置された電極と、電気泳動槽に液体を注入する第1の注入口と、第1の注入口よりも下方に設けられ、第1の注入口から注入する液体よりもpHが小さい液体を電気泳動槽へ注入する第2の注入口と、第1...

    ナノカーボンの分離装置及び分離方法

  5. 【課題】繊維分の回収率を向上させるとともに、支持体や周辺機器の腐食を回避する繊維除去装置及び汚泥処理システムを提供する。【解決手段】中心軸10Aが略水平方向に配置され且つその壁面14に汚泥排出部となる多数の孔15を有する円筒形の胴部10と、胴部10の一端側に被処理液Aとなる汚泥を供給する汚泥導入管11と、中心軸10Aを中心として胴部10を回転可能に支持する支持体12と...

    汚泥処理システム

液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離,固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離の詳細カテゴリ一覧

液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離,固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離,固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離 ページ上部に戻る