液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離,固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離 に関する技術一覧

「液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離,固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離」に関する技術の関連情報です。 「液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離,固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離」 の関連技術、「液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離」「固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離」 など、その他「液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離,固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離,固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離」の分野ページはこちら

液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離,固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離に所属する技術動向

液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離,固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離の分野に属する技術の状況としては、2015年に263件、2016年に221件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離,固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離の分野においては特に近年浮遊選別,差別沈降の分野における動向が活発であり、他にも液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離や 固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては三菱電機株式会社や太平洋セメント株式会社、シャープ株式会社が豊富な実績を残しており、 株式会社日立製作所などは、 基本的電気素子や計算,計数といった分野も含め、 日立多賀テクノロジー株式会社や東京都といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離,固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】室内壁面等に付着した臭い、菌、ウィルスを除去することができる空気清浄機を提供する。【解決手段】フィルターにより空気を濾過する空気清浄部2を有する空気清浄機である。これにおいて、脱臭作用を有する液体Lや殺菌作用を有する液体Lや抗ウィルス作用を有する液体Lを溜める液溜め部5と、前記液溜め部5の液体Lを霧化する霧化手段6と、前記霧化手段6によって霧化されたミストMを...

    空気清浄機

  2. 【課題】イオン発生器(1) におけるイオン発生量を増やすことで、イオン発生器(1) の利用範囲を広げるとともに帯電中和などの効果を高め、かつ運転効率も高める。【解決手段】放電電極(2) と、この放電電極(2) に対して所定間隔を離して配設された対向電極(3) と、両電極(2,3) に接続された高圧電源(4) とを備えたイオン発生器(1) で、放電電極(2) と対向電極...

    イオン発生器

  3. 【課題】マイナスイオンを発生させる運転と、マイナスイオンおよびプラスイオンを発生させる運転とを切り替えることができるイオン発生装置を提供する。【解決手段】誘電体11と、誘電体11を挟んで対向する一対の電極12、13と、該一対の電極12、13間に交流電圧を印加するスイッチングトランス31と、二次巻線31s1と電極13との接続点にアノードが接続されカソード側が接地されるダ...

    イオン発生装置及びこれを用いた空気調節装置

  4. 【課題】 発生したイオンの消滅を抑えて効率的でバランスの良いイオン放出を行うことが可能なイオン発生素子、イオン発生装置、及びこれを備えた電気機器を提供することを目的とする。【解決手段】 本発明に係るイオン発生素子10は、1つの誘電体11上に取り付け、または印刷されるプラスイオンを発生するための第1放電部12と、マイナスイオンを発生するための第2放電部13とを少なく...

    イオン発生素子、イオン発生装置、電気機器

  5. 【課題】負イオンだけでなく人体に有効な正イオンも確実に大気中に供給することができ、しかも大気中における正イオンと負イオンのバランスを最適に保つことができ、安全である空気イオン発生器および空気イオンの供給方法を提供する。【解決手段】放電電極針21と放電電極針21の基端に接続された高圧電源ユニット23とを備えた空気イオン発生器10であって、高圧電源ユニット23が、放電電極...

    空気イオン発生器および空気イオンの供給方法

新着の技術

液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離,固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】本発明に集塵ユニットが開示され、集塵ユニット100は、第1の環状リング110と、第2の環状リング120と、絶縁スペーサユニット130と、導風部材220とを備える。第2の環状リング120は第1の環状リング110の下方に設けられ、絶縁スペーサユニット130は第1の環状リング110と第2の環状リング120との間に設けられ、第1の環状リング110と第2の環状...

    集塵ユニット、空気清浄化装置及び空気調和器

  2. 【課題】排ガスを屋外に排出する前に通す空気浄化機は従来からあるが、既存のものはメンテナンスの負担が重かった。【解決手段】縦型円筒体19には、蓋7付きの突設部5が設けられており、針状電極31の先端部(エッジ)33が突設部5の出入口側を向いている。針状電極31は対向電極となる縁部27、27との間で放電を起こすので、旋回流(A)となっている排ガスは、スリット25を介して突設...

    空気浄化機

  3. 【課題】砂が気泡とともに溢出口からオーバーフローすることのないようにするとともに、スラッジが溢出口にいっきに流れ込むことがないようにして、スパイラル分級機の分級性能を向上させる。【解決手段】漏斗状に形成された沈殿槽1と、螺旋状の羽根を有する回転体6を該沈殿槽1内に傾斜状に設けたスクリューコンベヤ5とからなり、沈殿槽1に幅方向の邪魔板13を設けることで、該沈殿槽1内を下...

    スパイラル分級機

  4. 【課題】非水系電解質二次電池用正極の全体製造時間を短縮しながら、内包する磁着物量を少なくした正極活物質を容易に得ることができるリチウム化合物を提供する。【解決手段】晶析反応で得られた遷移金属複合水酸化物等と混合され、混合されて得られた混合物を焼成してリチウム遷移金属複合酸化物を得ることが可能な、非水系電解質二次電池用正極活物質の製造に用いられるリチウム化合物であって、...

    リチウム化合物、このリチウム化合物の製造方法、および非水系電解質二次電池用正極活物質の製造方法

  5. 【課題】モリブデン鉱物を選別する方法を提供すること。【解決手段】 下記アミノ酸配列(1)又は(2)のアミノ酸配列を有するペプチド。(1) (ALRKNMDFCPQSETGWHYIV)−(LIVFA)−(HPWRK)−(TSNQ)−(TSNQ)−(LIVFA)−(TSNQ)−(TSNQ)−(LIVFA)−(FYW)−(LIVFA)−(HPWRK)(2) (LIVF...

    新規ペプチド及びその利用方法

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • 燃料電池車

    水素を燃料とし、空気中から取り込んだ酸素と反応させることで生み出した電気エネルギーを駆動力に利用する…

  • 音声認識・音声合成・ボーカロイド

    米国Apple社は、2011年、iPhone向け知能型音声認識サービスSiriを市場に試験投入して以…

  • 高度運転支援・自動運転

    2015年1月、米国ラスベガスで開催された「2015 International CES (Cons…

ページトップへ

液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離,固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離の詳細カテゴリ一覧

液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離,固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離,固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離 ページ上部に戻る