液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離,固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離 に関する技術一覧

「液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離,固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離」に関する技術の関連情報です。 「液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離,固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離」 の関連技術、「液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離」「固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離」 など、その他「液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離,固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離,固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離」の分野ページはこちら

液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離,固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離に所属する技術動向

液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離,固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離の分野に属する技術の状況としては、2016年に222件、2017年に313件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離,固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離の分野においては特に近年浮遊選別,差別沈降の分野における動向が活発であり、他にも液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離や 固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては三菱電機株式会社や太平洋セメント株式会社、シャープ株式会社が豊富な実績を残しており、 株式会社日立製作所などは、 基本的電気素子や計算,計数といった分野も含め、 日立多賀テクノロジー株式会社や東京都といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離,固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】室内壁面等に付着した臭い、菌、ウィルスを除去することができる空気清浄機を提供する。【解決手段】フィルターにより空気を濾過する空気清浄部2を有する空気清浄機である。これにおいて、脱臭作用を有する液体Lや殺菌作用を有する液体Lや抗ウィルス作用を有する液体Lを溜める液溜め部5と、前記液溜め部5の液体Lを霧化する霧化手段6と、前記霧化手段6によって霧化されたミストMを...

    空気清浄機

  2. 【課題】イオン発生器(1) におけるイオン発生量を増やすことで、イオン発生器(1) の利用範囲を広げるとともに帯電中和などの効果を高め、かつ運転効率も高める。【解決手段】放電電極(2) と、この放電電極(2) に対して所定間隔を離して配設された対向電極(3) と、両電極(2,3) に接続された高圧電源(4) とを備えたイオン発生器(1) で、放電電極(2) と対向電極...

    イオン発生器

  3. 【課題】マイナスイオンを発生させる運転と、マイナスイオンおよびプラスイオンを発生させる運転とを切り替えることができるイオン発生装置を提供する。【解決手段】誘電体11と、誘電体11を挟んで対向する一対の電極12、13と、該一対の電極12、13間に交流電圧を印加するスイッチングトランス31と、二次巻線31s1と電極13との接続点にアノードが接続されカソード側が接地されるダ...

    イオン発生装置及びこれを用いた空気調節装置

  4. 【課題】 発生したイオンの消滅を抑えて効率的でバランスの良いイオン放出を行うことが可能なイオン発生素子、イオン発生装置、及びこれを備えた電気機器を提供することを目的とする。【解決手段】 本発明に係るイオン発生素子10は、1つの誘電体11上に取り付け、または印刷されるプラスイオンを発生するための第1放電部12と、マイナスイオンを発生するための第2放電部13とを少なく...

    イオン発生素子、イオン発生装置、電気機器

  5. 【課題】負イオンだけでなく人体に有効な正イオンも確実に大気中に供給することができ、しかも大気中における正イオンと負イオンのバランスを最適に保つことができ、安全である空気イオン発生器および空気イオンの供給方法を提供する。【解決手段】放電電極針21と放電電極針21の基端に接続された高圧電源ユニット23とを備えた空気イオン発生器10であって、高圧電源ユニット23が、放電電極...

    空気イオン発生器および空気イオンの供給方法

新着の技術

液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離,固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 課題】【解決手段】実施形態は、細胞及びビーズを含む流体からビーズを除去するシステム及び方法に関する。一実施形態では、1以上の分離チャンバ(212、304、400、600)、1以上のフローセル(216、712、800、1100)、1以上の磁石(832A〜832I、1330A〜1330I)、及び/又は1以上の磁場を用いて、流体流からビーズを除去する。

    ビーズ除去

  2. 【課題】鉄鋼スラグから金属鉄などの金属を回収して高炉原料などとして利材化するために、鉄鋼スラグを利材化に適した状態に効率的に処理することができる処理方法を提供する。【解決手段】製鉄工程で発生した鉄鋼スラグを回収して破砕する破砕工程(A)と、この破砕工程(A)で破砕された鉄鋼スラグを篩分けする分級工程(B)と、この分級工程(B)の篩下の鉄鋼スラグを磁力選別して磁着物xと...

    鉄鋼スラグの処理方法

  3. 【課題】粒子状物質を燃焼させる燃焼部を常時稼働させる場合、余分に電力を消費するのでエネルギー効率の観点で望ましくない。【解決手段】粒子状物質燃焼装置であって、粒子状物質含有ガス中の粒子状物質を帯電させる帯電部と、帯電部から離間して設けられ、帯電部により帯電された粒子状物質を捕集する捕集部と、捕集部の内部に設けられ、捕集部において捕集された粒子状物質を燃焼させる燃焼部と...

    粒子状物質燃焼装置

  4. 【課題】高い収率、且つ高い精度で粗大粒子を除去できる固体微粒子の製造方法を提供する。【解決手段】体積平均粒子径が20μm以下の固体微粒子が液媒中に分散された分散液を、スピノーダル構造由来の貫通孔が多数形成された多孔質膜で分級することを特徴とする固体微粒子の製造方法である。

    固体微粒子の製造方法

  5. 【課題】高度にエレクトレット化されたエレクトレット濾材の製造方法を提供する。【解決手段】本発明のエレクトレット濾材の製造方法は、多孔性誘電体シートに、金属酸化物ゾルを1〜10000ppm含有する水溶液を、該水溶液が多孔性誘電体シート内を通過するのに十分な圧力で接触させ、次いで前記多孔性誘電体シートを乾燥する。

液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離,固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離の詳細カテゴリ一覧

液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離,固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

液体による,または,風力テーブルまたはジグによる固体物質の分離,固体物質または流体から固体物質の磁気または静電気による分離,高圧電界による分離 ページ上部に戻る