供給装置 に関する技術一覧

「供給装置」に関する技術の関連情報です。 「供給装置」 」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「供給装置」の分野ページはこちら

技術一覧

検索結果:1〜50件を表示(54件中)1/2ページ目

  1. 1
  2. 2
  3. 次へ
  1. 技術 粉砕機

    【課題】、所定の大きさを有し、軽い粉砕対象物であっても、円滑に粉砕する。【解決手段】粉砕部10における導入口側に、粉砕対象物をカットする切断部20を有している。そのままでは粉砕部10での粉砕が困難な大きさの粉砕対象物であっても、切断部20において所定の大きさにカットされるため、粉砕が可能となる。粉砕部10が、相対回転する外歯支持部材11と内歯支持部材12とを有し、ぞれ...

    粉砕機

  2. 技術 粉砕機

    【課題】 従来の粉砕機は、被粉砕物の自重による自然落下により投入がおこなわれる。特に起動時に導入部の下方に被粉砕物が落下すると、動力に負担がかかり、粉砕の粒度のばらつきが大きく、粉砕後の被粉砕物の色彩に差が出る。【解決手段】本発明の第1手段は、固定された上臼と回転する下臼とにより粉砕する粉砕機において、上臼に備えられた投入部に流量調整具を設ける。

    粉砕機

  3. 【課題】粉砕対象物を下臼と上臼との間にスムーズに引き込むことができる粉砕装置を提供する。【解決手段】粉砕装置は、粉砕対象物を粉砕する粉砕装置であって、上臼擦り合わせ面360aおよび上臼擦り合わせ面360aの中央に開口部361を含む上臼360と、上臼360の下方に位置し、上臼擦り合わせ面360aに当接する下臼擦り合わせ面350aを含む下臼350と、開口部361内に少なく...

    粉砕装置および飲料製造装置

  4. 【課題】長さ等の形状の異なる粉砕対象物を下臼と上臼との間にスムーズに引き込むことができ、かつ、大量の粉砕対象物を投入可能な粉砕装置を提供する。【解決手段】粉砕装置は、上臼擦り合わせ面360aおよび開口部361を含む上臼360と、下臼擦り合わせ面350aを含む下臼350と、下臼350に設けられ開口部361を貫通して上方に向かって延びるコア355とを備え、コア355は、コ...

    粉砕装置および飲料製造装置

  5. 技術 石臼

    【課題】粉砕後に溝や摺動面に粉砕物が粘着することを防止して、粉砕物の排出を容易にすることができる石臼を提供する。【解決手段】石臼100は、固定側の上臼1と回転側の下臼2との摺動部に連通した粉砕空間1aに供給される原料Mに、粉砕空間1aに向けて押し込む圧力を付与するネジポンプ式圧入機110を有する。

    石臼

  6. 技術 粉砕機

    【課題】本発明は、臼と臼の間に異物が入るのを防ぎ、臼に傷が付かないようにすることを課題としている。【解決手段】臼と臼とにより粉砕を行なう粉砕機において、投入口に金属除去装置を備えたことを特徴とする粉砕機。

    粉砕機

  7. 技術 粉砕機

    【課題】本発明は、連続して投入しても粉砕物がブリッジを起こさず、投入部で詰まらず、順調に運転を続けることができる粉砕機を提供することを目的としている。【解決手段】本発明の第1手段は、投入部と導入部と擂潰部を備えて固定された金属製の上臼と、導入部と擂潰部を備えて回転する金属製の下臼と、下臼を回転させる駆動手段とより構成するとともに、前記投入部かつ上臼の中央にスクリュー羽...

    粉砕機

  8. 技術 粉砕機

    【課題】本発明は、連続して投入する被粉砕物が詰まらず、順調に運転を続けることができる粉砕機を提供することを目的としている。【解決手段】本発明の第1手段は、投入部と導入部と擂潰部を備えて固定された金属製の上臼と、導入部と擂潰部を備えて回転する金属製の下臼と、下臼を回転させる駆動手段とより構成するとともに、前記導入部の表面には凹凸加工をすることを特徴とする粉砕機。

    粉砕機

  9. 【課題】飲料抽出用の原料の安定した粉砕を確保しながら、装置全体としてコンパクトに、かつ低コストで製造することができる飲料抽出用原料の粉砕装置を提供する。【解決手段】抽出による飲料の調理に使用される原料を粉砕する飲料抽出用原料の粉砕装置1であって、上下方向に延びる筒状のホッパ11と、回転自在の回転部21aと、回転部21aの外周面に設けられた螺旋凸部21bとを有し、原料を...

    飲料抽出用原料の粉砕装置

  10. 【課題】飲料抽出用の原料によるブリッジの発生を防止したり、発生したブリッジを解消したりすることができ、それにより、原料の良好な粉砕を確保することができる飲料抽出用原料の粉砕装置を提供する。【解決手段】抽出による飲料の調理に使用される原料を粉砕する飲料抽出用原料の粉砕装置であって、上下方向に延びる筒状のホッパ11と、このホッパ11内に回転自在に設けられ、原料を粉砕するた...

    飲料抽出用原料の粉砕装置

  11. 【課題】高精度で撹拌が出来しかも生産性の高い、シンプルな構造の流動体処理装置を提供する。【解決手段】本願発明に係る装置は、被処理流動体に圧力を付与して導入部から導入すると共に、密封された流体通路中に配置されると共に互いに対向して当該通路の一部を構成する第1処理用面1及び第2処理用面2の少なくとも2つの処理用面と、両処理用面1,2を圧接する接面圧力付与機構とを用い、両処...

    流動体処理装置

  12. 【課題】粉砕された汚物の圧送方法を工夫して、機構を単純化すると共に精度良く汚物流動体を排出できるようにする。【解決手段】洗浄水と共に汚物を粉砕する粉砕装置2と、この粉砕装置2により粉砕された汚物流動体が流入する共に圧縮空気を充填可能な圧送タンク3を備える。この構成によって、汚物を粉砕して流動化する粉砕機構とこの汚物流動体を圧送する機構とを分離でき、各機構が粉砕処理又は...

    トイレ装置

  13. 技術 石臼

    【課題】上臼と下臼の分解組み立てが容易で、被粉砕物の供給量を簡単に微調整ができる石臼を得る。【解決手段】下臼3及びこの下臼3に固定された下臼ホルダー4からなる下臼ユニット1と、上臼5及びこの上臼5に固定された上臼ホルダー6からなる上臼ユニット2と、下臼ホルダー4を固定支持するホルダー支持部7と、下臼ホルダー4の中心部に設けられた嵌合穴とホルダー支持部7の嵌合穴7aに嵌...

    石臼

  14. 【課題】本発明は、電気などの追加の動力源および追加の操作を要することなく、適量の被粉砕物を最適なタイミングで挽臼に供給可能な供給装置を提供することを目的とする。【解決手段】本発明の挽臼用自動被粉砕物供給装置においては、被粉砕物を貯溜した漏斗の出口孔と挽臼の供給孔とを重力方向に直接連通させず、漏斗の出口孔と上臼の供給孔との間にスライド部材を介在させ、該スライド部材の移動...

    挽臼用自動被粉砕物供給装置

  15. 技術 電動石臼

    【課題】持ち運びが可能な重量の石臼を採用し、穀物の供給を石臼の回転に連動して適量の穀物を確実に間歇供給可能とし、粗い穀粉、細かい穀粉と用途に応じて穀物の供給量を自在に変えることが出来、かつ穀物の供給時の穀物の飛び散りの無い衛生的な電動石臼を提供する。【解決手段】電動石臼は、上臼と該上臼の下部に重ねて前記筐体内に設置した下臼とで構成した電動石臼であって、前記上臼の中心か...

    電動石臼

  16. 技術 石臼装置

    【課題】 製粉すべき穀物の種類や状態に応じて、製粉される粉の挽き加減を調整することができる石臼装置を提供する。【解決手段】 本発明の石臼装置(1)は、石臼を載置するための台座部(2)と、台座部の上に載置された下臼(4)と、この下臼の上に配置され、上面中央に形成された供給通路入口から半径方向外方に延びる供給通路が形成された上臼(6)と、上臼を回転駆動する原動機(8)...

    石臼装置

  17. 【課題】 最小限の初期投資で安定した連続運転と製品の高品質化を可能とする。【解決手段】 液中磨砕装置に原料を投入するための供給装置である。一端が開放されるとともに他端が液中磨砕装置2の原料供給口3に連結される筒状体4を備え、当該筒状体4内に供給される固体原料6が自重により液中磨砕装置2へ導入される。筒状体4は、例えば多孔筒状体である。その周囲には、液体原料8を供給...

    液中磨砕装置用付属供給装置及びこれを用いた液中磨砕装置、液中磨砕システム、液中磨砕方法

  18. 技術 破砕機

    【課題】コンパクト化や破砕効率の向上を図ることのできる破砕機を提供する。【解決手段】盤面に破砕刃19を有し一端に向かって徐々に狭くなるよう所定間隔を隔てて対峙するよう配置されて破砕空間4を形成する一対の破砕盤2a,2bと、上記破砕空間4に投入された被破砕物1を破砕空間4が狭くなる方向に押し込んで被破砕物1を破砕する押し込み部材21とを備え、上記両破砕盤2a,2bのうち...

    破砕機

  19. 技術 破砕機

    【課題】コンパクト化や破砕効率の向上を図ることのできる破砕機を提供する。【解決手段】破砕刃19を有する一対の破砕盤2a,2bを、被破砕物1が押込まれる方向に向って徐々に狭くなるよう所定間隔を隔てて対峙させることにより破砕空間4が形成され、上記破砕空間4内へ被破砕物1を押込む押込み部材21を備えた破砕機であって、上記破砕盤2a,2bのうち少なくとも一方の破砕盤2aまたは...

    破砕機

  20. 【課題】異物量が少なく、短い処理時間で、分散性の優れたペーストを提供する。【解決手段】ペースト供給口を有し、円筒容器内に砥石が装入された分散機を用いて処理を行う無機粉末含有ペーストの製造方法であって、該ペーストと分散機の接触部がセラミック材で作製またはコーティングされていることを特徴とする無機粉末含有ペーストの製造方法。

    無機粉末含有ペーストの製造方法

  21. 【課題】手動回転式の石臼を動力により回転駆動することができる石臼駆動装置を提供する。【解決手段】本発明の石臼駆動装置(1)は、手動回転式の石臼(M)を回転駆動するための石臼駆動装置であって、石臼の上臼(M1)に対して着脱可能に固定されて上臼を保持する保持手段(2)と、この保持手段を回転駆動する駆動手段(4)と、石臼で碾くべき材料を、石臼の穀物供給孔(M3)に供給する材...

    石臼駆動装置及びそれに使用する材料供給装置

  22. 【課題】碾臼設置の自由度を大きくし、碾臼を備えた製粉装置のコンパクト化モジュール化を容易にし、ホッパに貯蔵した被粉砕物をその形態や貯蔵量が異なり、被粉砕物ガ落下して行く通過穴の形状や大きさ等が変化しても、被粉砕物を碾臼に円滑に供給することができ、製粉開始時や製粉中等に必要な調整時間を短縮化する。【解決手段】ホッパ36を上臼26に重ねて一体的に取り付け固定し、その上臼2...

    ホッパ一体型碾臼

  23. 【課題】原料ホッパから石臼に送り込まれる穀物粒の供給量を常に一定に確保すると共に、供給量の調整を容易に行うことのできる穀物粒の製粉装置を提供することにある。【解決手段】原料ホッパ21と、該原料ホッパ21に投入された穀物粒を原料ホッパ21の送出口26から石臼22に供給するための原料供給管34とを備えた穀物粒の製粉装置において、前記原料ホッパ21の送出口26に穀物粒を所定...

    穀物粒の製粉装置

  24. 【課題】手作業による被粉砕物の供給や被粉砕物定量供給装置の必要をなくし、碾臼設置の自由度を大きくする。【解決手段】上すり合せ面21の被粉砕物供給孔30の出口31を含む内周側面26aと、下すり合せ面22の相対する内周側面26bとを傾斜角度が小さな被粉砕物定量供給面とし、その上下被粉砕物定量供給面26の隙間を被粉砕物38が臼回転中に出口31よりその隙間を通じて外周側方向に...

    被粉砕物定量供給機能を有する碾臼

  25. 【課題】粉砕機の低コスト化の達成と、ランニングコストの低減と、設備の小型化および軽量化とを可能にし、破砕域の構成部材の耐久性を確保するとともに、粉砕粒度の変更や設定に対する融通性を高める。【解決手段】被粉砕原料を落とし込んで回転羽根15A、15Bの近傍に誘導する工程と、該被粉砕原料を回転羽根15A、15Bによる粉砕域に供給する工程と、供給した被粉砕原料を回転方向に移動...

    固形物の粉砕方法および酸化粉砕品の製造方法とその設備

    • 公開日:2003/03/04
    • 出願人: 橋爪康純 、...
    • 発明者: 那須誠
    • 公開番号:2003-062475号
  26. 【課題】低温定着性に優れ、かつ高温での耐オフセット性において実用上なんら問題を発生しない電子写真用トナーと、その製造方法を提供すること。【解決手段】油脂および/または脂肪酸(a1)と多塩基酸類(a2)と多価アルコール類(a3)からなり、油脂および/または脂肪酸(a1)中の二重結合が重合してなる油長1〜30のポリエステル系樹脂(A)と、着色剤(B)とからなる電子写真用ト...

    電子写真用トナーおよびその製造方法

  27. 技術 粉砕機

    【課題】かりがね茶と称される茎茶や筋の多いお茶などを容易に粉砕できる粉砕機を提供する。【解決手段】被粉砕物を投入するホッパー部10の下部にダイス15を設け、該ダイス15の内側に回転駆動軸18により回転するスクリュー17Aを配置する。前記ダイス15とスクリュー17Aに形成したカット用スクリュー部17kにて被粉砕物を粉砕する。前記スクリュー17Aを前記ホッパー部10内へ突...

    粉砕機

  28. 【課題】木材チップ等の処理対象材料の離解機構部分を有効に小型化すると共に離解表面の拡張化を図り、当該装置全体のサイズを増大することなく、当該装置における収率の有効な向上化を図ること。【解決手段】離解機構部分は、一対の円錐台形部材であって、一方を他方の内部に同軸状に短い間隔をもって互いに対向する円錐面を形成するように配置し、外側の円錐台形部材を固定子とする一方、内側の円...

    木材チップ及びそれと同類物用の円錐状離解装置

  29. 技術 粉挽き機

    【課題】粉挽き機において、原料を自動的に供給するための構造を提供し、また、原料の供給量を一定量、或いは適正量に制御することのできる構造を提供し、さらに、粉挽き作業を簡易な構造で自動化できる構造を提供する。【解決手段】駆動モータ141を稼動させると回転駆動軸141aにより、固定された下臼110上を上臼120が回転する。このとき、上臼120の駆動係合ピン122は上臼120...

    粉挽き機

  30. 技術 粉砕機

    【課題】お茶のほか穀物類等を使用者の好みに応じた粒度に粉砕できるようにする。【解決手段】被粉砕物をダイス15とスクリュー17にてせん断する第1粉砕部21と、該第1粉砕部21にてせん断された粉砕物をさらに上臼3と下臼4の粉砕面3a,4aに供給して粉砕する第2粉砕部22と、本体ケース2を構成する上部ケース5に設けられて上記第1粉砕部21へ被粉砕物を供給する第1ホッパー部1...

    粉砕機

  31. 技術 石臼装置

    【課題】粒径が不揃いの穀物であっても、ホッパーに詰まることなく円滑に石臼に供給できる石臼装置を供給すること。【解決手段】下臼90と駆動体により回転駆動される上臼80との摺接面への穀物の供給は、前記上臼80の上方に配設されて作業者が穀物を投入する第1ホッパー30と、前記上臼80上に立設されて前記第1ホッパー30から落下する穀物を前記上臼80に形成された供給孔81内に供給...

    石臼装置

  32. 技術 粉砕装置

    【課題】所望の粒径に粉砕する。【解決手段】所定の間隙幅Dの破砕隙間7を有する一対の第1、第2破砕盤5a、5bを相対立設し、少なくとも一方の第1、第2破砕盤5a、5bを回転自在と成すと共に、一方の第1破砕盤5aに対して他方の第2破砕盤5bを進退自在と成して間隙幅Dを調整自在と成すことによって、回転する第1、第2破砕盤5a、5b間で被破砕物を破砕すると共に、第1、第2破砕...

    粉砕装置

  33. 【課題】本発明は、被破砕物を効率良く破砕することができる破砕装置を提供することを目的としている。【解決手段】破砕装置1は、固定円盤側突起を固定円盤40の径方向に複数設けて固定円盤側突起群T’を形成し、前記回転円盤側突起を回転円盤30の径方向に複数設けて回転円盤側突起群Tを形成し、更に、回転円盤側突起群Tと固定円盤側突起群T’とを食い違いになるように配列し、固定円盤側刃...

    破砕装置及び破砕刃物

  34. 【課題】製粉したときの歩留まりを向上させると共に、粒子の細かいそば粉を得られるようにした穀物粒の製粉装置を提供する。【解決手段】上臼22aと下臼22bとで構成される石臼22を備え、この石臼22の回転によって上臼22aと下臼22bとが擦り合わさる両者の接触面51に穀物粒を供給して粉砕すると共に、粉砕された穀物粉を接触面51の外周部に送り出す穀物粒の製粉装置において、前記...

    穀物粒の製粉装置

  35. 【課題】茶葉が支えることなく臼に供給できる茶葉粉砕器を提供する【解決手段】上臼40と下臼34とから成り、上面に茶葉の投入口40aが形成された臼44と、臼44の上方に配置されると共に内底面がロート状に形成され、収容した茶葉を投入口40a内へ供給する円形の供給孔14bが内底面の下部に開口されたホッパ14とを具備する茶葉粉砕器10において、ホッパ14の内底面に形成され、供給...

    茶葉粉砕器

  36. 技術 粉砕機

    【課題】粉砕機の小型化、作業効率の改善、メンテナンスと施工の容易性、粉塵とデッドストックの防止を図る。【解決手段】上流側から空気輸送により供給されてくる茶葉を受け入れる空気輸送受入部2と、空気輸送受入部2の下方に配置された分配部3と、分配部3から茶葉を受け入れて粉砕して抹茶とする6個の環状に配置された粉砕部4a〜4fと、粉砕部4a〜4fを支持する架台6と、粉砕部4a〜...

    粉砕機

  37. 【課題】粒径が揃った小粒形の砂すなわち自然の砂に近い砂を製造する、供給する原石の詰まりを起こしにくい砂製造装置を提供する。【解決手段】回転側円盤3と固定側円盤6とが各々の一側面を対向させて配置され、両円盤の対向面にはそれぞれライナ5、7が設けられ、両ライナの表面には複数の凸条がそれぞれ形成されており、固定側円盤に設けたライナ7には案内通路を構成し、固定側円盤にホッパ3...

    砂製造装置

    • 公開日:2001/01/16
    • 出願人: 樋口満
    • 発明者: 樋口政雄 、...
    • 公開番号:2001-009302号
  38. 技術 製粉機

    【課題】変位差吸収機構により蓋部材の開閉動作とシャッター部材の開閉動作との変位差を吸収することができ、それだけ蓋部材の開閉動作変位とシャッター部材の開閉動作変位のそれぞれの変位の融通性を高めることができる。【解決手段】ホッパー部1の投入口1cを開閉可能な蓋部材1dの開閉動作とシャッター部材41の開閉動作とを連動させる連動機構42を配設し、連動機構に蓋部材の開閉動作とシ...

    製粉機

  39. 技術 粉砕機

    【課題】葉茶等を上下の臼で微粉砕するものにおいて、上下臼の摩擦熱を良好に放出する。外部にこぼれた粉砕物の掃除を容易にする。【解決手段】下部ケース6の上面に複数の支柱4を、これらの間に空間が形成されるようにして立設する。支柱4に予備粉砕部2と本粉砕部3を設ける。本粉砕部3の側周面を上記の空間に露出して本粉砕物3の熱の放出を高める。本粉砕部3の側周面に送風する冷却ファン3...

    粉砕機

  40. 【課題】下臼と上臼の間隙で切削方式の粉挽きを行い、小型軽量で取扱いも軽便な、ソバ粉用等に最適な粉挽き装置を提供する。【解決手段】下臼1及び上臼2に下臼目立てヤスリ4、上臼目立てヤスリ3を固着し、この間の間隙を製粉粒の粒度に合わせて一定に保ちつつ上臼2又は下臼1のいずれかを回転駆動するように構成する。一方、製粉加圧力は加圧用バネ6にて調整ができ、さらに素粒の供給、排出を...

    粉挽き装置

  41. 技術 粉砕機

    【課題】第1及び第2粉砕部で粉砕する粉砕機において、第1粉砕部をケース内に収納して美観の向上、小型化を図る。【解決手段】被粉砕物aをダイス8とスクリュー9の夫々のカット部8a、9aにてせん断して粉末物bにする第1粉砕部14と、第1粉砕部14にてせん断された粉砕物bをさらに上臼19、下臼16の粉砕面19c、16cにて微粉末cにする第2粉砕部32を有する。上記本体ケース2...

    粉砕機

  42. 【課題】生活廃棄物や産業廃棄物として大量に排出される生ごみ類を、下水道に直接流し出してもなんら支障を生じない程度まで潰砕するための処理装置を提供する。【解決手段】(A)上面が開放された収納容器(1)、(B)下方固定円板(2)と上方回転円板(3)とからなる対向円板対及び(C)上方回転円板(3)を回転させる駆動機構(5)とから構成された装置において、(B)の対向円板対の対...

    生ごみ処理装置

  43. 【課題】粒形が揃った小粒径の砂すなわち自然の砂に近い砂を得ることができ、得られた砂を送るホース等を傷めたりすることのない砂製造装置を提供する。【解決手段】回転可能に支持されモータからの駆動力を受けて回転する回転側円盤3と該円盤の回転軸方向に変位可能に支持された固定側円盤6とが各々の一側面を対向させて配置され、両円盤3,6の対向面にはそれぞれ砂の原料となる原石より硬い材...

    砂製造装置

  44. 技術 粉砕機

    【課題】葉茶を所望の粒度に粉砕して、所望の粒度の粉茶を容易に得られるようにする。【解決手段】ケースの上部に設けた材料投入口13より葉茶を投入し、その葉茶を上臼に設けた材料排出口から上臼12と下臼9間の粉砕面9a,12eに導いて該粉砕面で粉砕して粉茶にする。粉茶をハケ22で掃きだしてカップ8内に落下せしめて粉茶を蓄える。上記投入された葉茶を貯溜するためのホッパー部15に...

    粉砕機

  45. 技術 微粉砕機

    【課題】粉砕能力の向上を実現させて粉砕量を増加させ、被粉砕粒子の通過経路を複雑化し粉砕機が粒子に遠心力を与えないようにすることにより粒子粉砕が所定粒径に到達できる前に粉砕部分から粒子が排出されてしまうことがないようにし、粉砕機の回転面板の溝数を増やすことにより滞留時間、衝突頻度を増加させるようにし、粉砕により発生した熱の機外への放散を促進するようにし、粗粉を粉砕する際...

    微粉砕機

  46. 技術 粉砕機

    【課題】上下臼に成形上の寸法誤差があっても、上臼が下臼にカジリを起こすことなく良好に回転できるようにする。【解決手段】上臼12の中央部の取付穴12hに滑り性に優れた穴部材35を固着する。軸穴部35aの一部に凹状の嵌合部35bを形成し、上記軸穴35aに裕度をもって嵌合するとともに上記嵌合部35bに裕度を持って嵌合する引っ掛け部17cを形成した滑り性に優れた引っ掛け部材1...

    粉砕機

  47. 技術 粉砕機

    【課題】上臼と下臼を摺鉢状の粉砕面で被粉砕物を紛糾するものにおいて、上下臼の粉砕面に製造上の寸法誤差があっても良好に粉砕できるようにする。【解決手段】固定された下臼(9)上に上臼(12)を摺鉢状の粉砕面(9a)(12a)で回転可能に嵌合する。上臼(12)には上記粉砕面(9a)(12a)に被粉砕物を供給する材料排出口(13)を形成する。駆動軸(26)を上記両臼(9)(1...

    粉砕機

  48. 技術 製粉機

    【課題】蓋部材1dの開動作に追従して直ちにシャッター部材18により導入路13を閉塞することができると共に蓋部材の閉動作の完了間際までシャッター部材により導入路を閉塞することができ、擂潰部2の外部露呈状態を少なくすることができ、回転擂潰盤7に対しての使用の安全性を高めることができる。【解決手段】ホッパー部1の投入口1cを開閉可能な蓋部材1dを配設すると共にホッパー部と擂...

    製粉機

  49. 技術 粉砕機

    【課題】例えば葉茶等の被粉砕物を効率良く微粉砕する。【解決手段】回転駆動装置25で上臼15を回転する。上臼15の上部に、ホッパー53と、該ホッパー53に連通するシリンダー52と、該シリンダー52から上下臼8,15間に被粉砕物を供給する供給手段54,15fと、シリンダー52内に回転可能に備えてシリンダー52との間で被粉砕物を粉砕して供給するスクリュー51とからなる材料供...

    粉砕機

  50. 技術 粉砕機

    【目的】お茶等を粉茶にするための粉砕機にあって、粉砕面を摺鉢状に形成して粉砕効率を高めるようにし、また上臼側に漏斗形のホッパ−部を一体形成して構造の簡素化とコスト低減化を図り、さらにホッパ−部の材料投入口に蓋体を装着して未処理材料のホッパ−部よりの落ちこぼれを等を防止するようにしたものである。【構成】内面(2c)側に摺鉢状の粉砕面(2a)を備えた下臼(2)と、外面(3...

    粉砕機

    供給装置の詳細カテゴリ一覧

    供給装置の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

    該当するデータがありません

    供給装置 ページ上部に戻る

    公開年

    周辺技術分野

    整理標準化データをもとに当社作成

    分野番号表示ON

    その他の分野

    供給装置』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。