円盤粉砕機による破砕または粉砕 に関する技術一覧

「円盤粉砕機による破砕または粉砕」に関する技術の関連情報です。 「円盤粉砕機による破砕または粉砕」 の関連技術、「同軸円盤を有するもの」「偏心円盤を有するもの」 など、その他「円盤粉砕機による破砕または粉砕」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「円盤粉砕機による破砕または粉砕」の分野ページはこちら

円盤粉砕機による破砕または粉砕に所属する技術動向

円盤粉砕機による破砕または粉砕の分野に属する技術の状況としては、2018年に7件、2019年に3件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、円盤粉砕機による破砕または粉砕の分野においては特に近年偏心円盤を有するものの分野における動向が活発であり、他にもペースト状原料の粉砕に特に適した円盤粉砕機,例.塗料,チョコレート,コロイドや 穀粒に特に適した円盤粉砕機といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはエム・テクニック株式会社や富士電機株式会社、独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構が豊富な実績を残しており、 株式会社クボタなどは、 牧草,穀類,またはその他の作物の収穫機や移植機械といった分野も含め、 カンリウ工業株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

円盤粉砕機による破砕または粉砕』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】 最小限の初期投資で安定した連続運転と製品の高品質化を可能とする。【解決手段】 液中磨砕装置に原料を投入するための供給装置である。一端が開放されるとともに他端が液中磨砕装置2の原料供給口3に連結される筒状体4を備え、当該筒状体4内に供給される固体原料6が自重により液中磨砕装置2へ導入される。筒状体4は、例えば多孔筒状体である。その周囲には、液体原料8を供給...

    液中磨砕装置用付属供給装置及びこれを用いた液中磨砕装置、液中磨砕システム、液中磨砕方法

  2. 技術 石臼装置

    【課題】粒径が不揃いの穀物であっても、ホッパーに詰まることなく円滑に石臼に供給できる石臼装置を供給すること。【解決手段】下臼90と駆動体により回転駆動される上臼80との摺接面への穀物の供給は、前記上臼80の上方に配設されて作業者が穀物を投入する第1ホッパー30と、前記上臼80上に立設されて前記第1ホッパー30から落下する穀物を前記上臼80に形成された供給孔81内に供給...

    石臼装置

  3. 【課題】本発明は、被破砕物を効率良く破砕することができる破砕装置を提供することを目的としている。【解決手段】破砕装置1は、固定円盤側突起を固定円盤40の径方向に複数設けて固定円盤側突起群T’を形成し、前記回転円盤側突起を回転円盤30の径方向に複数設けて回転円盤側突起群Tを形成し、更に、回転円盤側突起群Tと固定円盤側突起群T’とを食い違いになるように配列し、固定円盤側刃...

    破砕装置及び破砕刃物

  4. 技術 ミル

    【課題】 粉粒体繊維質の粉砕を可能とし、粉粒体の粉砕効率を促進するミルを提供する。【解決手段】回転盤7の外周部に回転櫛歯16が外周方向を向いて形成される回転補助衝撃片17と、回転櫛歯16と対向し回転櫛歯16と隙間18を空けて噛み合う固定櫛歯19を有し回転盤7の外側に固定される固定補助衝撃片20と、を備え、回転櫛歯16が固定櫛歯19と円周方向に噛み合うようになっている...

    ミル

  5. 【課題】下臼と上臼の間隙で切削方式の粉挽きを行い、小型軽量で取扱いも軽便な、ソバ粉用等に最適な粉挽き装置を提供する。【解決手段】下臼1及び上臼2に下臼目立てヤスリ4、上臼目立てヤスリ3を固着し、この間の間隙を製粉粒の粒度に合わせて一定に保ちつつ上臼2又は下臼1のいずれかを回転駆動するように構成する。一方、製粉加圧力は加圧用バネ6にて調整ができ、さらに素粒の供給、排出を...

    粉挽き装置

新着の技術

円盤粉砕機による破砕または粉砕』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】下部砥石周辺の洗浄に優れる洗浄機能を備えるとともに、この洗浄機能を有する部位が汚れにくい洗浄機能付き摩砕機を提供する。【解決手段】本発明の洗浄機能付き摩砕機は、回転可能に設けられたリング状の下部砥石7と、下部砥石7に対向するリング状の上部砥石17と、下部ケース15、及び下部ケース15に対して開閉可能に設けられる上部ケース20によって構成され、下部砥石7と上部砥...

    洗浄機能付き摩砕機

  2. 【課題】安価な構成で清浄にすることができるミル刃及びミル装置を提供する。【解決手段】円盤状の円盤体150と、この円盤体150の一面側に一体化された円盤状の刃部151とを有し、前記円盤体150が、外周側ほど細く且つ浅くなるように形成された複数の溝部153,153,153,153からなる溝部群154を有し、前記刃部151が、前記溝部153に沿って形成された前側湾曲縁部15...

    ミル刃及びミル装置

  3. 【課題】適切なタイミングで破砕機のメンテナンスを行えるようにすることを課題とする。【解決手段】本発明は、コンケーブとマントルとを有する粉砕機構10と、ポンプを備え、粉砕機構10に潤滑油を供給する潤滑油供給機構20と、潤滑油供給機構20から供給された潤滑油の圧力を測定する測定装置30と、潤滑油の圧力の基準値からの低下率に基づきメンテナンスタイミングを通知する演算装置40...

    破砕機、演算装置、通知方法及びプログラム

  4. 技術 摩砕機

    【課題】下部砥石と上部砥石とのクリアランスをより高い精度で調整することができる摩砕機を提供する。【解決手段】本発明の摩砕機は、回転可能且つ上下動可能に設けられた下部砥石9を備える装置本体2と、下部砥石9に対向する上部砥石10を備える上蓋3と、装置本体2又は上蓋3に設けられ、運転中の振動又は音を測定するセンサ22と、下部砥石9を上下動させて摩砕上面12と摩砕下面13との...

    摩砕機

  5. 技術 粉砕機

    【課題】円盤状の歯面を有して対向する回転歯及び固定歯を備える粉砕機において、粉砕により付着性を備える処理物でも問題なく処理することを可能とする。【解決手段】円筒状の容器20と、容器20の一端側壁21を挿通して設けられる回転軸30と、回転軸30に取り付けられる回転歯50と、容器20の他端側壁22に設けられる固定歯60と、固定歯60の中央部を経由して設けられる処理物の供給...

    粉砕機

円盤粉砕機による破砕または粉砕の詳細カテゴリ一覧

円盤粉砕機による破砕または粉砕の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

円盤粉砕機による破砕または粉砕 ページ上部に戻る