破砕,または粉砕,製粉のための穀粒の前処理 に関する技術一覧

「破砕,または粉砕,製粉のための穀粒の前処理」に関する技術の関連情報です。 「破砕,または粉砕,製粉のための穀粒の前処理」 の関連技術、「製粉のための穀粒の前処理,表面加工によって粒状果実を商品に精製すること」「破砕,または粉砕一般,穀粒の粉砕」 など、その他「破砕,または粉砕,製粉のための穀粒の前処理」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「破砕,または粉砕,製粉のための穀粒の前処理」の分野ページはこちら

破砕,または粉砕,製粉のための穀粒の前処理に所属する技術動向

破砕,または粉砕,製粉のための穀粒の前処理の分野に属する技術の状況としては、2018年に203件、2019年に191件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、破砕,または粉砕,製粉のための穀粒の前処理の分野においては特に近年製粉のための穀粒の前処理,表面加工によって粒状果実を商品に精製することの分野における動向が活発であり、他にも製粉のための穀粒の前処理,表面加工によって粒状果実を商品に精製することといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては井関農機株式会社や宇部興産機械株式会社、株式会社サタケが豊富な実績を残しており、 株式会社熊谷組などは、 地中もしくは岩石の削孔,採鉱や建築物といった分野も含め、 奥村組土木興業株式会社や株式会社ファテックといった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

破砕,または粉砕,製粉のための穀粒の前処理』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】超微粒子相互の接合を実現し、熱を加えることなく、高密度、高強度の膜または造形物を成形することができる成形法を提供すること【解決手段】基板上に吹き付けた超微粒子脆性材料に機械的衝撃力を負荷して粉砕して超微粒子材料を接合させる

    脆性材料超微粒子成形体の低温成形法

  2. 【課題】高精度で分散、乳化、破砕が出来しかも生産性の高い、シンプルな構造の分散乳化装置を提供する。【解決手段】本願発明に係る装置は、密封された流体通路中に配置されると共に互いに対向して当該通路の一部を構成する第1処理用面1及び第2処理用面2の少なくとも2つの処理用面と、両処理用面1,2を圧接する接面圧力付与機構とを備え、第1処理用面1に対し、第2処理用面2を相対的に回...

    分散乳化装置及び分散乳化方法

  3. 【課題】水分を多く含んだ状態で細断すると生ゴミが粥状になるとか、粘性が高い団塊状となるとか、乾燥が進むとマイクロ波照射による局所的な加熱過多となって発火したり焦げ付く等の問題を解消する。【解決手段】回転カッタを回転させるカッタモータの回転を複数のステップに切り替え、各ステップ毎に切替時間及び回転数を任意に設定できるカッタモータ制御手段を備える。タッチ操作パネルの画面上...

    生ゴミ処理機

  4. 【構成】本発明の目的は、熱水存在下で焼結体内部への劣化の進行を抑制し、これに加えて焼結体の表面平滑度の安定性にも優れたジルコニア焼結体の提供;ならびにそのジルコニア焼結体を簡易なプロセスにより製造することのできる方法の提供を目的とするものである。【解決手段】Y2O3が固溶したジルコニア焼結体であって、該ジルコニア焼結体の正方相の結晶粒子の配向度が45%以下であるジルコ...

  5. 【課題】複数の装置を用いることなく不要な微粉を含まない処理粉体を得ることができる、コンパクトかつ清掃作業が容易な取扱性の良い粉体処理装置を提供する。【解決手段】本体11内部で原料を一括処理して処理粉体を作製する粉体処理装置10は、原料に機械的エネルギーを加えて処理して処理粉体とする回転片14と、原料および/または処理粉体のうち、所定の粒径以下の微粉のみを選択的に通過さ...

    粉体処理装置および粉体処理方法

新着の技術

破砕,または粉砕,製粉のための穀粒の前処理』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】炭素繊維含有エポキシ樹脂体を原料とし、需要に合った粒径分布等を有する微粒子群を含有する微粒子群含有体を提供する。【解決手段】1μm以上30μm以下の微粒子群Aを含有する「フィルム、不織布、パッキン、繊維、負極及び塗料からなる群」より選ばれた微粒子群A含有体、及び、3μm以上120μm以下の微粒子群Bを含有する、「シート、塗料、建材、家具及び電気製品の筐体からな...

    微粒子群含有体

  2. 【課題】広い用途に有効利用できる微粒子群の製造方法であり、製造コストが掛からない、炭素繊維の樹脂による好適な包含がなされる、炭素繊維とエポキシ樹脂の割合を制御した微粒子群が得られる、等の内の幾つかの特徴を有する微粒子群の製造方法の提供。【解決手段】炭素繊維含有エポキシ樹脂体を粉砕して、炭素繊維の周囲にエポキシ樹脂がコートされた微粒子群の製造方法であり、下記式で表される...

    微粒子群の製造方法及び該製造方法で製造される微粒子群

  3. 【課題】炭素繊維含有樹脂体を利用し、好適な粒径分布、低コスト、炭素繊維の樹脂包含と無害化等の特徴を有する、複数の微粒子群の製造方法の提供。【解決手段】炭素繊維含有樹脂体Dを、粒径分布の異なる微粒子群に転化させる、以下の工程を有する複数の微粒子群の製造方法。(1)樹脂体を、気流粉砕機11を用いて粒径分布が1μm以上120μm以下のブロード粒子群Fを得る粉砕工程、(2)移...

    複数の微粒子群の製造方法

  4. 【課題】メディアを使用せず、製品にコンタミネーション(微量汚染物質)が混入することがなく、電子部品などの製造工程においても好適に使用することができる粉体液体分散装置を提供する。【解決手段】本発明の粉体液体分散装置1は、ローター軸2に設けられたセラミックス製または合金製のローター3と、ローター3の周囲に設けられたセラミックス製または合金製のステーター4と、ローター3とス...

    粉体液体分散装置

  5. 【課題】解繊された解繊物を効率的に排出することができる解繊処理装置およびシート製造装置を提供する。【解決手段】投入される原料MAを、回転体160に設けられた解繊内刃163と回転体160を覆う固定部材150に設けられた解繊外刃152とで解繊して、導出口182から解繊された解繊物を導出する解繊処理装置において、固定部材150には、固定部材150に対して、回転体160が配置...

    解繊処理装置、および、シート製造装置

破砕,または粉砕,製粉のための穀粒の前処理 ページ上部に戻る