破砕,または粉砕,製粉のための穀粒の前処理 に関する技術一覧

「破砕,または粉砕,製粉のための穀粒の前処理」に関する技術の関連情報です。 「破砕,または粉砕,製粉のための穀粒の前処理」 の関連技術、「製粉のための穀粒の前処理,表面加工によって粒状果実を商品に精製すること」「破砕,または粉砕一般,穀粒の粉砕」 など、その他「破砕,または粉砕,製粉のための穀粒の前処理」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「破砕,または粉砕,製粉のための穀粒の前処理」の分野ページはこちら

破砕,または粉砕,製粉のための穀粒の前処理に所属する技術動向

破砕,または粉砕,製粉のための穀粒の前処理の分野に属する技術の状況としては、2016年に304件、2017年に307件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、破砕,または粉砕,製粉のための穀粒の前処理の分野においては特に近年製粉のための穀粒の前処理,表面加工によって粒状果実を商品に精製することの分野における動向が活発であり、他にも製粉のための穀粒の前処理,表面加工によって粒状果実を商品に精製することといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては井関農機株式会社や宇部興産機械株式会社、株式会社サタケが豊富な実績を残しており、 太平洋セメント株式会社などは、 セメント,コンクリート,人造石,セラミックス,耐火物や基本的電気素子といった分野も含め、 株式会社神戸製鋼所や川崎重工業株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

破砕,または粉砕,製粉のための穀粒の前処理』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】超微粒子相互の接合を実現し、熱を加えることなく、高密度、高強度の膜または造形物を成形することができる成形法を提供すること【解決手段】基板上に吹き付けた超微粒子脆性材料に機械的衝撃力を負荷して粉砕して超微粒子材料を接合させる

    脆性材料超微粒子成形体の低温成形法

  2. 【課題】高精度で分散、乳化、破砕が出来しかも生産性の高い、シンプルな構造の分散乳化装置を提供する。【解決手段】本願発明に係る装置は、密封された流体通路中に配置されると共に互いに対向して当該通路の一部を構成する第1処理用面1及び第2処理用面2の少なくとも2つの処理用面と、両処理用面1,2を圧接する接面圧力付与機構とを備え、第1処理用面1に対し、第2処理用面2を相対的に回...

    分散乳化装置及び分散乳化方法

  3. 【課題】水分を多く含んだ状態で細断すると生ゴミが粥状になるとか、粘性が高い団塊状となるとか、乾燥が進むとマイクロ波照射による局所的な加熱過多となって発火したり焦げ付く等の問題を解消する。【解決手段】回転カッタを回転させるカッタモータの回転を複数のステップに切り替え、各ステップ毎に切替時間及び回転数を任意に設定できるカッタモータ制御手段を備える。タッチ操作パネルの画面上...

    生ゴミ処理機

  4. 【構成】本発明の目的は、熱水存在下で焼結体内部への劣化の進行を抑制し、これに加えて焼結体の表面平滑度の安定性にも優れたジルコニア焼結体の提供;ならびにそのジルコニア焼結体を簡易なプロセスにより製造することのできる方法の提供を目的とするものである。【解決手段】Y2O3が固溶したジルコニア焼結体であって、該ジルコニア焼結体の正方相の結晶粒子の配向度が45%以下であるジルコ...

  5. 【課題】複数の装置を用いることなく不要な微粉を含まない処理粉体を得ることができる、コンパクトかつ清掃作業が容易な取扱性の良い粉体処理装置を提供する。【解決手段】本体11内部で原料を一括処理して処理粉体を作製する粉体処理装置10は、原料に機械的エネルギーを加えて処理して処理粉体とする回転片14と、原料および/または処理粉体のうち、所定の粒径以下の微粉のみを選択的に通過さ...

    粉体処理装置および粉体処理方法

新着の技術

破砕,または粉砕,製粉のための穀粒の前処理』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】縦型ローラミルは、回転可能な粉砕台の粉砕通路上を転がる粉砕ローラと、ガスを搬送し分離するための、周りを囲むノズルリング分離エリアとを有する。粉砕された材料の粗い破片は、ノズルリング分離エリアの下に、その場所に、またはその上にある位置から、ガスに同伴されてダクト内を上り、粉砕台の上に位置付けられた材料セパレータへの入口に入るように移送される。

    縦型ローラミル

  2. 【課題・解決手段】本発明は、初期状態において互いに軸方向に平行に配置され、反対方向に回転するローラであって、それらの間にローラギャップ(54)を形成する2つの並列ローラ(12,14,112,114;212,214)と、ベース(11)と、2つのローラ取り付け部(28,30)と、ローラギャップ(54)の外側に配置されて両方のローラ取り付け部と互いに連結し、ローラギャップ(...

    材料ベッドローラミル

  3. 【課題】撹拌ボールミルにおいて、最高の処理量、さらに、広い動作範囲において、粉砕室に沿った粉砕体の均一な分布を確実にし、同時に、均一な粉砕効果をもたらすこと。【解決手段】撹拌ボールミルは、撹拌軸上に複数の撹拌ディスク18を備え、2つの隣接する撹拌ディスク18は、それぞれ、粉砕セルの境界となる。撹拌ディスク18は、粉砕室内側境界19に密接してのみ配置され、隣接する粉砕セ...

    撹拌ボールミル

  4. 【課題】撹拌ディスクのより低い周速度での粉砕プロセスの高効率と、加えて、高い生産性だけでなく、処理された粉砕材料のより狭い粒径分布での生産のための粉砕プロセスの改善されたエネルギ効率と、を達成する撹拌ボールミルの提供。【解決手段】撹拌ボールミルは、回転方向38に駆動可能な撹拌軸上に、取込形状35が設けられた撹拌ディスク18を備える。これらの取込形状35は、それぞれが、...

    撹拌ボールミル

  5. 【課題】産地名及び銘柄名が区別された今摺り米を円滑に出荷する。【解決手段】籾米を入荷する入荷工程と、前記入荷した籾米を籾米のまま産地名及び銘柄名が区別された状態で低温保管する保管工程と、産地名及び銘柄名と精米の重量とが指定された注文を受ける受注工程と、前記注文で指定された産地名及び銘柄名の籾米について、前記注文で指定された精米の重量と籾摺歩留値と精米歩留値とに基づいて...

    今摺り米の出荷方法、今摺り米として出荷する籾米の在庫を管理する装置

破砕,または粉砕,製粉のための穀粒の前処理 ページ上部に戻る