分離,混合 に関する技術一覧

「分離,混合」に関する技術の関連情報です。 「分離,混合」 の関連技術、「沸騰,沸騰装置」「分離」 など、その他「分離,混合」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「分離,混合」の分野ページはこちら

分離,混合に所属する技術動向

分離,混合の分野に属する技術の状況としては、2016年に5,582件、2017年に6,057件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、分離,混合の分野においては特に近年沸騰,沸騰装置の分野における動向が活発であり、他にも一般的に使用される化学または物理研究装置や 混合,例.溶解,乳化,分散といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはトヨタ自動車株式会社や日本碍子株式会社、独立行政法人産業技術総合研究所が豊富な実績を残しており、 トヨタ自動車株式会社などは、 運輸や基本的電気素子といった分野も含め、 株式会社豊田中央研究所や株式会社キャタラーといった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

分離,混合』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】室内壁面等に付着した臭い、菌、ウィルスを除去することができる空気清浄機を提供する。【解決手段】フィルターにより空気を濾過する空気清浄部2を有する空気清浄機である。これにおいて、脱臭作用を有する液体Lや殺菌作用を有する液体Lや抗ウィルス作用を有する液体Lを溜める液溜め部5と、前記液溜め部5の液体Lを霧化する霧化手段6と、前記霧化手段6によって霧化されたミストMを...

    空気清浄機

  2. 【課題】レシプロエンジン、ロータリーエンジン、ジェットエンジンやガスタービンなどの熱機関またはプラズマ装置において、混合気中の燃料の割合を下げて薄い混合気を燃焼・反応させる場合においても、安定、かつ、高効率の燃焼・反応が行えるようにし、着火の安定化、火炎伝播速度の向上、出力向上、排気ガスの清浄化、不均一混合気の安定着火、燃費消費率の改善等を図る。【解決手段】燃焼・反応...

    点火装置、内燃機関、点火プラグ、プラズマ装置、排ガス分解装置、オゾン発生・滅菌・消毒装置及び消臭装置

  3. 【課題】発生したミストを効率的に室内に拡散させ、室内空気及び室内壁面等の付着物の脱臭を効果的に行うことができる。【解決手段】吸込み口1から吸込んだ空気をフィルタ2で浄化して吐出口3から吐出させる送風部4を有する空気清浄機Aに、水溜め部5と、水溜め部5の水を水溜め部5の外部に位置する先端側へ搬送する搬送部6と、搬送部6に対向するように配置された電極7と、搬送部6と電極7...

    空気清浄機

  4. 技術 調湿装置

    【課題】吸着剤を用いて空気の湿度調節を行う調湿装置において、調湿装置の調湿能力が低下するのを回避しつつ、その運転に要するエネルギを削減する。【解決手段】扁平なケーシング(11)の内部に、吸脱着ユニット(60)を設ける。吸脱着ユニット(60)は、ペルチェ素子(61)と2つの吸着部材(62,65)とによって構成される。ペルチェ素子(61)には、その上面に第1吸着部材(62...

    調湿装置

  5. 【課題】プラズマを用いた表面処理を行なった後の表面処理の効果の低減を少なくする絶縁部材の表面処理方法及び絶縁部材の表面処理装置を提供する【解決手段】 絶縁材料により形成される被処理物Pを移動させる搬送手段1と、プラズマ生成用ガスGが流入する流入口2aaと生成されたプラズマPLを被処理物Pに向けて吹き出す吹出口2abとを備える反応容器2aと、反応容器2a内に流入したプ...

    絶縁部材の表面処理方法及び絶縁部材の表面処理装置

新着の技術

分離,混合』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】周囲空気の第1のパラメータを処理するように構成された空気清浄機(110)と、空気清浄機(110)の動作を制御するように構成されたコントローラ(130)と、第1のパラメータを示す値を検出し、且つこの値を示すセンサデータをコントローラに出力するように構成されたセンサ(120)とを有する空気処理システム(100)が提供される。コントローラ(130)は、空気...

    空気処理システム

  2. 【課題・解決手段】本発明は、高い酸素還元能を持つチタン酸窒化物からなる酸素還元触媒を提供することを目的とする。本発明の酸素還元触媒は、窒素元素含有量が8.0〜15質量%であり、粉末X線回折測定においてアナターゼ型の二酸化チタンの結晶構造を有し、X線光電子分光分析における信号強度比 N−Ti−N/O−Ti−Nが0.35〜0.70の範囲であるチタン酸窒化物である。

    酸素還元触媒

  3. 【課題・解決手段】高い空塔速度(SV)での通水処理においても、高い総トリハロメタンろ過能力を有する活性炭を提供する。QSDFT法によって算出される細孔容積のうち、1.5nm以下の範囲の細孔径の細孔容積Aが0.3cc/g以上0.5cc/g以下であり、 かつ、QSDFT法によって算出される細孔容積のうち、1.5nm以上2.5nm以下の範囲の細孔径の細孔容積Bが0.03c...

    活性炭及びその製造方法

  4. 【課題・解決手段】単位比表面積あたりのジクロロメタン吸着性能に優れる活性炭を提供する。QSDFT法によって算出される細孔容積のうち、1.0nm以下の細孔容積A(cc/g)が0.35cc/g以上であり、 かつ、QSDFT法によって算出される細孔容積のうち、1.0nm以上3.0nm以下の範囲の細孔径の細孔容積Bが0.15cc/g以上0.35cc/g以下である、活性炭。

    活性炭及びその製造方法

  5. 【課題・解決手段】本発明は、高い酸素還元能を持つチタン酸窒化物からなる酸素還元触媒を提供することを目的とする。本発明の酸素還元触媒は、窒素元素含有量が0.1〜2.0質量%であり、粉末X線回折測定においてルチル型の二酸化チタンの結晶構造を有し、X線光電子分光分析における信号強度比 N−Ti−N/O−Ti−Nが0.01〜0.50の範囲であるチタン酸窒化物である。また、本発...

    酸素還元触媒

分離,混合 ページ上部に戻る