人命救助,消防 に関する技術一覧

「人命救助,消防」に関する技術の関連情報です。 「人命救助,消防」 の関連技術、「人命救助用の器具,装置または方法」「消防」 など、その他「人命救助,消防」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「人命救助,消防」の分野ページはこちら

人命救助,消防に所属する技術動向

人命救助,消防の分野に属する技術の状況としては、2017年に532件、2018年に556件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、人命救助,消防の分野においては特に近年消火のための化学的手段,化学変化の影響により有害化学物質を無害にするまたはより有害でなくする方法,有害な化学剤に対して保護被覆または保護おおいを与える物質の組成,防毒マスク,呼吸保護器,呼吸袋,またはヘルメットの透明部分の材料の組成,呼吸装置で使用される化学物質の組成の分野における動向が活発であり、他にも人命救助用の器具,装置または方法や 消防といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては能美防災株式会社やホーチキ株式会社、デュポンパフォーマンスエラストマーズエルエルシーが豊富な実績を残しており、 ホーチキ株式会社などは、 信号や人命救助,消防といった分野も含め、 鹿島建設株式会社や株式会社竹中工務店といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

人命救助,消防』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】引出し力や収納スペースを増加させずにホース長を約40メートルを実現可能とし、更にホースの内巻き作業を容易にする。【解決手段】消火栓装置1は、筐体2内に、前方に開口したホース収納枠8と、ホース収納枠8の開口部に装着されたU字形状の支持アーム7とを設け、ノズル付きホース9をホース収納枠8に内巻きにして収容し、消火時に筐体の扉を開いてノズル付きホースを引き出して消火...

    消火栓装置

  2. 【課題・解決手段】冷却装置におけるペンタフルオロプロペン(HFO−1225)およびテトラフルオロプロペン(HFO−1234)の使用が開示される。これらの材料は一般に、加熱および冷却用の冷媒、発泡剤、エアゾール噴射剤、溶剤組成物、並びに消火剤および鎮火剤として有用である。

  3. 【課題】エレベータホールの本来の大きさを確保できるようになるエレベータ用防災装置を提供すること。【解決手段】壁4の開口部6に設置されたエレベータ用扉7よりも手前側に、火災発生時に開口部6を閉鎖する防災用開閉手段となっているシャッターカーテン30が配置されているとともに、開口部6の内面に配設された開口部用外枠組み15の上部内面部材となっている上枠部材13の上方空間部Sに...

    エレベータ用防災装置

  4. 【目的】アレルゲン不活性化剤と吸湿性組成物を含有する抗アレルゲン組成物及びそれを加工した抗アレルゲンフィルター材またはシートを提供することを目的とする。【構成】アレルゲン不活性化剤と無機塩類等の吸湿性組成物を含有する抗アレルゲン組成物及びこの組成物を加工したフィルター材またはシートに関する。

  5. 【課題】有機物を含む廃棄物を、環境に悪影響を及ぼすことなく、かつ電気集塵機の性能低下をきたすことなく、高品質のセメントクリンカの製造に活用すること。【解決手段】有機物を含む廃棄物Aを、流動性を与えるための溶媒Bを加えて湿式ミル11で粉砕した後、これをセメント焼成設備のロータリーキルン5の窯尻部5B、ロータリーキルン5の前段の仮焼炉、プレヒータ3のサイクロン3a等に投入...

    有機物を含む廃棄物の処理方法

新着の技術

人命救助,消防』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】膨張速度が増大しつつ優れた形状保持性を有する熱膨張性耐火シートを提供すること。【解決手段】熱膨張性耐火シートは、厚みに対して1〜90%の深さを有する凹部を有し、熱膨張性耐火シート全体の面積に対する前記凹部の面積比率が10〜80%である。

    熱膨張性耐火シート

  2. 【課題】配管の外周面と貫通孔の内周面との間に熱膨張性部材を設ける場合に、現場での施工作業性を良好にするとともに、施工時間を短くする。【解決手段】耐火部材1は、貫通孔の内周面と配管の外周面との間に配置され、火災時の熱によって膨張する熱膨張性部材2と、熱膨張性部材2に固定され、貫通孔の内周面と配管の外周面との隙間を覆う弾性材からなるシール材3、4とを備えている。

    耐火部材及び耐火構造

  3. 【課題】 涎の流出を防止することができる涎防止マスクを提供することにある。【解決手段】 マスク本体と、マスク本体の口側面に設けられた、上下の唇の間に左右方向に口角まで伸びる横方向凸部と、横方向凸部の少なくとも片側に横方向凸部に対し略ト字状又は略L字状に垂直に伸びる口角凸部とを有する口部凸部と、口側に口部凸部を覆うように設けられたシート状の涎を吸収する涎吸収材とを備...

    涎防止マスク

  4. 【課題】装着時の肌触りが良好で、しっとり感が十分に感じられ且つ持続性もあり、さらに、マスクとの擦れが生じやすく、肌の荒れやすい頬、口元、鼻の下、顎の皮膚に潤いを与える保湿効果にも優れた、合成繊維又はセルロース系繊維からなる不織布により形成されているマスク用不織布シート及びこれを用いたマスクの提供。【解決手段】接触冷感qmaxが、0.065〜0.150J/cm2/sec...

  5. 【課題】消火栓装置又は消火器箱において、インサートアンカーを使用しつつ、監査員通路より上方に筐体を設置することができるようにする。【解決手段】消火用ホース2が収納されるホース収納部3を内蔵する筐体4を有し、インサートアンカーACが壁面Wに設けられるトンネルTに設置される消火栓装置1−1であって、前記のインサートアンカーACに固定されて、前記の筐体4が吊り下げられる吊り...

    消火栓装置及び消火器箱

人命救助,消防 ページ上部に戻る