化合物または医薬組成物の治療活性 に関する技術一覧

「化合物または医薬組成物の治療活性」に関する技術の関連情報です。 「化合物または医薬組成物の治療活性」 の関連技術、「消化器官,消化系統の疾患治療薬」「呼吸系疾患の治療薬」 など、その他「化合物または医薬組成物の治療活性」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「化合物または医薬組成物の治療活性」の分野ページはこちら

化合物または医薬組成物の治療活性に所属する技術動向

化合物または医薬組成物の治療活性の分野に属する技術の状況としては、2016年に9,772件、2017年に10,507件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、化合物または医薬組成物の治療活性の分野においては特に近年麻酔薬の分野における動向が活発であり、他にも外科的療法において使用される医薬,例.癒着防止剤または硝子体代替物や 一般的保護剤または解毒剤といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはノバルティスアーゲーやエフ.ホフマン−ラロシュアーゲー、花王株式会社が豊富な実績を残しており、 リージェンツオブザユニバーシティオブカリフォルニアなどは、 医薬用,歯科用又は化粧用製剤や化合物または医薬組成物の治療活性といった分野も含め、 オトノミ—,インク.やジェネンテック,インコーポレイティドといった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

化合物または医薬組成物の治療活性』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】薬効剤が本来有する効果を向上し、保湿及び肌荒れ改善、皮膚の老化防止等に優れた効果を有する皮膚外用剤を提供する。【解決手段】(A)ブクリョウ、ニンジン、アルテア、アルニカ、アロエ、イラクサ、ウイキョウ、ウイッチヘーゼル、コガネバナ、キハダ、オトギリソウ、カミツレ、カワラヨモギ、キウイ、キュウリ、スイカズラ、クララ、ブドウ、コンフリー、サンザシ、ジオウ、シソ、シャ...

  2. 【課題】高いグリケーション阻害効果を有し、かつ副作用を生じさせることのない、安全性の高いグリケーション阻害剤を提供すること。【解決手段】アマチャヅル、銀杏、ウイキョウ、ウコン、エゾウコギ、エルバ・マテ、オオバコ、オリーブ、柿、カミツレ、ガラナ、菊、グァバ、くまざさ、黒大豆、くわ、シナモン、ケツメイシ、ゴーヤ、ゴカヒ、サンザシ、サンシチニンジン、しそ、杉、スギナ、ステビ...

    グリケーション阻害剤及びその利用

  3. 【課題】新規で安全な光毒性抑制剤、化粧料組成物又は飲食品を提供することを課題とする。【解決手段】フラボノイド(バイカリン、クリシン、ミリセチン、ジヒドロミリセチン、モリン、ナリンジン、クエルセチン、クエルシトリン、ルチン、オウゴニン)、クマリン類(クマリン、エスクレチン、スコポレチン、ウンベリフェロン)、フェニルプロパノイド(カフェ酸、クロロゲン酸、ケイヒ酸、p−クマ...

    光毒性抑制剤

  4. 【課題】優れたリパーゼ阻害活性を示し、かつ安全性の高いリパーゼ阻害剤を提供すること。【解決手段】特定の植物又はその抽出物を1種以上含有するリパーゼ阻害剤、並びに脂質吸収阻害剤、抗肥満剤、高脂血症改善剤、ニキビ用皮膚改善剤化粧料及び飲食品。

  5. 【課題】本発明は、美肌作用やアトピー性皮膚炎、湿疹、皮膚真菌症、色素沈着症、尋常性乾癬、老人性乾皮症、老人性角化腫、火傷などの皮膚疾患の改善作用、発毛促進作用、発汗促進作用、消化液分泌促進作用、利尿作用、便通促進作用等の生体活動の改善に止まらず、人体機能の発現に関与する物質群の補給システムを中心とした生体活動の更なる改善手段を提供することを課題とする。【解決手段】津液...

新着の技術

化合物または医薬組成物の治療活性』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】本発明は、プレ配列とCD−RAPとを含むCD−RAP前駆体タンパク質、およびネイティブCD−RAPの製造における前記CD−RAP前駆体タンパク質の使用に関する。本発明はさらに、CD−RAPと正に荷電した少なくとも1種のアミノ酸とバッファーとを含む組成物、前記組成物を含有する医薬品、アグリカンの分解および/または軟骨への水の流入の増加および/またはCD...

    CD−RAP前駆体タンパク質の使用による、CD−RAPの製造方法における発現およびフォールディングの改善

  2. 【課題・解決手段】本発明は、置換ピロリジノンおよびイミダゾリジノン誘導体を対象とする。具体的には、本発明は、式Iの化合物を対象とし、式中、R1、R2、R3、R4、R5、R6、R7、XおよびYは本明細書に定義される通りである。本発明の化合物はPERKの阻害剤であり、活性化されたアンフォールディングタンパク質応答経路に関連する癌、前癌性症候群および疾患/損傷、例えば、アル...

    PERK阻害剤としての1−フェニルピロリジン−2−オン誘導体

  3. 技術 結晶形

    【課題・解決手段】本発明は、(S)−2−(8−((5−クロロピリミジン−2−イル)(メチル)アミノ)−2−フルオロ−6,7,8,9−テトラヒドロ−5H−ピリド[3,2−b]インドール−5−イル)酢酸の結晶形、その製造方法、当該結晶形を含む医薬組成物、そのような結晶形から製造される医薬組成物及び医薬としての、特にCRTH2受容体調節剤としてのそれらの使用に関する。

    結晶形

  4. 【課題・解決手段】本記述は白血病治療のための抗S100A8タンパク質に関する。より具体的には、S100A8タンパク質及び/又はS100A8/S100A9ヘテロダイマーの一部分と特異的に結合する、白血病治療のための抗S100A8抗体が開示される。

    白血病治療用抗S100A8

  5. 【課題・解決手段】パピローマウイルス(HPV)皮膚感染の治療のため、特に疣贅および関連する病変の治療のための医用デバイスが本発明の目的である。特に本発明はHPV皮膚感染、特に良性の感染、より詳しくは疣贅の局所的治療における使用のためのアセチルサリチル酸に関連する。アセチルサリチル酸は、いずれも固体状態のプラスター剤またはパッチ剤、たとえば錠剤、散剤または顆粒剤によって...

    ヒトパピローマウイルス皮膚感染の治療のためのアセチルサリチル酸を含む組成物および医用デバイス

化合物または医薬組成物の治療活性 ページ上部に戻る

その他の分野

化合物または医薬組成物の治療活性』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。