医療または製剤目的のために特に適合させた容器,医薬品を特定の物理的形態または服用形態にするために特に適合させた装置または方法,食品または医薬品の経口投与装置,おしゃぶり,唾受け用具 に関する技術一覧

「医療または製剤目的のために特に適合させた容器,医薬品を特定の物理的形態または服用形態にするために特に適合させた装置または方法,食品または医薬品の経口投与装置,おしゃぶり,唾受け用具」に関する技術の関連情報です。 「医療または製剤目的のために特に適合させた容器,医薬品を特定の物理的形態または服用形態にするために特に適合させた装置または方法,食品または医薬品の経口投与装置,おしゃぶり,唾受け用具」 の関連技術、「医薬品容器で医学的事項に特徴を有するもの」「乳首」 など、その他「医療または製剤目的のために特に適合させた容器,医薬品を特定の物理的形態または服用形態にするために特に適合させた装置または方法,食品または医薬品の経口投与装置,おしゃぶり,唾受け用具」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「医療または製剤目的のために特に適合させた容器,医薬品を特定の物理的形態または服用形態にするために特に適合させた装置または方法,食品または医薬品の経口投与装置,おしゃぶり,唾受け用具」の分野ページはこちら

医療または製剤目的のために特に適合させた容器,医薬品を特定の物理的形態または服用形態にするために特に適合させた装置または方法,食品または医薬品の経口投与装置,おしゃぶり,唾受け用具に所属する技術動向

医療または製剤目的のために特に適合させた容器,医薬品を特定の物理的形態または服用形態にするために特に適合させた装置または方法,食品または医薬品の経口投与装置,おしゃぶり,唾受け用具の分野に属する技術の状況としては、2015年に613件、2016年に470件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、医療または製剤目的のために特に適合させた容器,医薬品を特定の物理的形態または服用形態にするために特に適合させた装置または方法,食品または医薬品の経口投与装置,おしゃぶり,唾受け用具の分野においては特に近年唾受け用具,例.たんつぼの分野における動向が活発であり、他にも乳首あてや おしやぶり,歯がためといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては株式会社湯山製作所やテルモ株式会社、株式会社トーショーが豊富な実績を残しており、 株式会社エルクエストなどは、 医療または製剤目的のために特に適合させた容器,医薬品を特定の物理的形態または服用形態にするために特に適合させた装置または方法,食品または医薬品の経口投与装置,おしゃぶり,唾受け用具や物品または材料を包装するための機械,器具,装置または方法,荷解といった分野も含め、 キヤノンライフケアソリューションズ株式会社やキヤノンマーケティングジャパン株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

医療または製剤目的のために特に適合させた容器,医薬品を特定の物理的形態または服用形態にするために特に適合させた装置または方法,食品または医薬品の経口投与装置,おしゃぶり,唾受け用具』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】調剤業務を簡単かつ効率的に行うための支援システムを実現する。【解決手段】患者情報、医薬品情報、在庫情報、医師情報の各データベースを結合した統合システムとし全てに統一的なポインティングデバイスを使わないでホームポジションで全ての操作が可能なシステムとする。

    薬局システム

  2. 【課題】確実に各収納部に収納されている薬剤を混合した後に患者に投与することを保証し、誤って薬剤を混合しないで患者に投与する事故を確実に防止し得る医療用複室容器を提供する。【解決手段】第1及び第2収納部10,11と、両収納部10,11を仕切る仕切り用弱シール部20と、第2収納部11に接続された薬剤排出口32と、第2収納部と薬剤排出口32との間を仕切る排出用弱シール部21...

    医療用複室容器

  3. 【課題】水薬の調合を自動化する機械を提供する。【解決手段】薬品容器12を複数個設置する薬品棚9と、前記薬品容器から薬液をノズルに移送する複数個のポンプ19をインデックスロータリーベース4に設け、このインデックスロータリーベースを所定位置まで回転させる薬品選択モータ27を設けると共に、所望する薬品が所望する位置まで回転されると、その薬液の移送のポンプに接触して駆動するポ...

    水薬自動調剤機

  4. 【課題】信頼性が高く、処理速度が速いうえ、患者に手渡された後でも検査データを監視することができ、検査調剤師の検査労力を緩和できる錠剤検査装置を提供する。【解決手段】透過線(X線)発生手段14によって錠剤包装物12aに透過線(X線)を照射し、該透過線(X線)を透過線(X線)検出手段16によって検出する。透過線(X線)検出手段16の検出結果から、錠剤包装物12aに包装され...

    錠剤検査装置

  5. 【課題】 実績のある診断装置等による診断結果を活用して、生体内の患部に対して直接的に投薬をすること。【解決手段】 薬剤保持部と、前記薬剤保持部で保持した薬剤を放出する薬剤放出部と、外部と信号の送受信を行う通信部とを有するカプセル型医療装置10と、該カプセル型医療装置10と信号の送受信を行う外部通信部とを有する外部装置35と、該外部装置35に前記薬剤放出部を動作させ...

    カプセル投薬システム

新着の技術

医療または製剤目的のために特に適合させた容器,医薬品を特定の物理的形態または服用形態にするために特に適合させた装置または方法,食品または医薬品の経口投与装置,おしゃぶり,唾受け用具』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】分包体(10)は、包装体(2)と、薬剤(3)と、分包袋(4)とを有している。包装体(2)は、嚥下補助物質(1)を密封している。薬剤(3)は、包装体(2)の外部に配置されている。分包袋(4)は、嚥下補助物質(1)が密封された包装体(2)および薬剤(3)を密封する。包装体(2)および薬剤(3)は分包袋(4)によって密封されている。これにより、簡易な方法で...

    分包体、分包体の製造方法および分包体の製造装置

  2. 【課題・解決手段】配薬支援システム(1)は、一の服用者が服用する薬品を服用時期ごとに分包する際に用いられる薬包(81)に、前記服用時期及び予め定められた配送先識別情報を含む第1配薬情報を記録すると共に、予め定められた配薬グループに属する複数の服用者の前記薬包(81)を同一服用時期ごとに収容する際に用いられる薬袋(82)に、前記服用時期及び予め定められた配送先識別情報を...

    配薬支援システム

  3. 【課題・解決手段】本発明は、複数の注射針(28、29、39)と、複数の注射針(28、29、39)のうちの少なくとも1つをそれぞれが保持するよう構造化された、複数の注射針(28、29、39)のための1つまたは複数の針容器(11、21、22、31、32)と、少なくとも2つの所定の用量サイズの1つに対する、1つまたは複数の針容器(11、21、22、31、32)内に保持された...

    用量滴定補助器具

  4. 【課題・解決手段】個包装される薬剤の調剤用量を受容し照合する方法が開示される。方法は、個包装される薬剤の調剤用量とするために分配される複数の薬剤を受容するステップ、受容された薬剤を自動認識し、個包装される薬剤の調剤用量の組み合わせを評価するステップ、受容された個包装される薬剤の調剤用量の評価済みの組み合わせとその個包装される薬剤の調剤用量についての記録を照合するステッ...

    個包装される薬剤の用量を受容し照合する方法および装置

  5. 【課題】錠剤を取り出した情報を確実に検出することが可能な錠剤管理容器を提供する。【解決手段】錠剤管理容器2は、複数の膨出部4aを含む成形シート4と、成形シート4に積層されたカバーシート3と、を備える。カバーシート3は、各々に対応する膨出部4aを覆う複数の押込領域14を含む。各押込領域14には、当該押込領域14の輪郭に沿って切込み21とつなぎ31とが交互に並べられ、複数...

    錠剤管理容器

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • ワクチンと自然免疫制御

    2009年6月、世界保健機関(WHO)は、新型インフルエンザA(N1H1)のパンデミック(pande…

  • 人工筋肉・ソフトアクチュエータ

    人工筋肉とは、ゴムや導電性ポリマー、形状記憶合金、カーボン・ナノチューブなどで作られた伸縮性のアクチ…

  • 地下大空間・地下構造物

    周口店洞窟の北京原人、ラスコーやアルタミラの壁画洞窟に象徴されるように、人類は太古から地下空間を生活…

ページトップへ

医療または製剤目的のために特に適合させた容器,医薬品を特定の物理的形態または服用形態にするために特に適合させた装置または方法,食品または医薬品の経口投与装置,おしゃぶり,唾受け用具の詳細カテゴリ一覧

医療または製剤目的のために特に適合させた容器,医薬品を特定の物理的形態または服用形態にするために特に適合させた装置または方法,食品または医薬品の経口投与装置,おしゃぶり,唾受け用具の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

医療または製剤目的のために特に適合させた容器,医薬品を特定の物理的形態または服用形態にするために特に適合させた装置または方法,食品または医薬品の経口投与装置,おしゃぶり,唾受け用具 ページ上部に戻る

その他の分野

医療または製剤目的のために特に適合させた容器,医薬品を特定の物理的形態または服用形態にするために特に適合させた装置または方法,食品または医薬品の経口投与装置,おしゃぶり,唾受け用具』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。