医療または製剤目的のために特に適合させた容器,医薬品を特定の物理的形態または服用形態にするために特に適合させた装置または方法,食品または医薬品の経口投与装置,おしゃぶり,唾受け用具 に関する技術一覧

「医療または製剤目的のために特に適合させた容器,医薬品を特定の物理的形態または服用形態にするために特に適合させた装置または方法,食品または医薬品の経口投与装置,おしゃぶり,唾受け用具」に関する技術の関連情報です。 「医療または製剤目的のために特に適合させた容器,医薬品を特定の物理的形態または服用形態にするために特に適合させた装置または方法,食品または医薬品の経口投与装置,おしゃぶり,唾受け用具」 の関連技術、「医薬品容器で医学的事項に特徴を有するもの」「乳首」 など、その他「医療または製剤目的のために特に適合させた容器,医薬品を特定の物理的形態または服用形態にするために特に適合させた装置または方法,食品または医薬品の経口投与装置,おしゃぶり,唾受け用具」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「医療または製剤目的のために特に適合させた容器,医薬品を特定の物理的形態または服用形態にするために特に適合させた装置または方法,食品または医薬品の経口投与装置,おしゃぶり,唾受け用具」の分野ページはこちら

医療または製剤目的のために特に適合させた容器,医薬品を特定の物理的形態または服用形態にするために特に適合させた装置または方法,食品または医薬品の経口投与装置,おしゃぶり,唾受け用具に所属する技術動向

医療または製剤目的のために特に適合させた容器,医薬品を特定の物理的形態または服用形態にするために特に適合させた装置または方法,食品または医薬品の経口投与装置,おしゃぶり,唾受け用具の分野に属する技術の状況としては、2015年に615件、2016年に470件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、医療または製剤目的のために特に適合させた容器,医薬品を特定の物理的形態または服用形態にするために特に適合させた装置または方法,食品または医薬品の経口投与装置,おしゃぶり,唾受け用具の分野においては特に近年唾受け用具,例.たんつぼの分野における動向が活発であり、他にも乳首あてや おしやぶり,歯がためといった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては株式会社湯山製作所やテルモ株式会社、株式会社トーショーが豊富な実績を残しており、 株式会社エルクエストなどは、 医療または製剤目的のために特に適合させた容器,医薬品を特定の物理的形態または服用形態にするために特に適合させた装置または方法,食品または医薬品の経口投与装置,おしゃぶり,唾受け用具や物品または材料を包装するための機械,器具,装置または方法,荷解といった分野も含め、 キヤノンライフケアソリューションズ株式会社やキヤノンマーケティングジャパン株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

医療または製剤目的のために特に適合させた容器,医薬品を特定の物理的形態または服用形態にするために特に適合させた装置または方法,食品または医薬品の経口投与装置,おしゃぶり,唾受け用具』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】調剤業務を簡単かつ効率的に行うための支援システムを実現する。【解決手段】患者情報、医薬品情報、在庫情報、医師情報の各データベースを結合した統合システムとし全てに統一的なポインティングデバイスを使わないでホームポジションで全ての操作が可能なシステムとする。

    薬局システム

  2. 【課題】確実に各収納部に収納されている薬剤を混合した後に患者に投与することを保証し、誤って薬剤を混合しないで患者に投与する事故を確実に防止し得る医療用複室容器を提供する。【解決手段】第1及び第2収納部10,11と、両収納部10,11を仕切る仕切り用弱シール部20と、第2収納部11に接続された薬剤排出口32と、第2収納部と薬剤排出口32との間を仕切る排出用弱シール部21...

    医療用複室容器

  3. 【課題】水薬の調合を自動化する機械を提供する。【解決手段】薬品容器12を複数個設置する薬品棚9と、前記薬品容器から薬液をノズルに移送する複数個のポンプ19をインデックスロータリーベース4に設け、このインデックスロータリーベースを所定位置まで回転させる薬品選択モータ27を設けると共に、所望する薬品が所望する位置まで回転されると、その薬液の移送のポンプに接触して駆動するポ...

    水薬自動調剤機

  4. 【課題】信頼性が高く、処理速度が速いうえ、患者に手渡された後でも検査データを監視することができ、検査調剤師の検査労力を緩和できる錠剤検査装置を提供する。【解決手段】透過線(X線)発生手段14によって錠剤包装物12aに透過線(X線)を照射し、該透過線(X線)を透過線(X線)検出手段16によって検出する。透過線(X線)検出手段16の検出結果から、錠剤包装物12aに包装され...

    錠剤検査装置

  5. 【課題】 実績のある診断装置等による診断結果を活用して、生体内の患部に対して直接的に投薬をすること。【解決手段】 薬剤保持部と、前記薬剤保持部で保持した薬剤を放出する薬剤放出部と、外部と信号の送受信を行う通信部とを有するカプセル型医療装置10と、該カプセル型医療装置10と信号の送受信を行う外部通信部とを有する外部装置35と、該外部装置35に前記薬剤放出部を動作させ...

    カプセル投薬システム

新着の技術

医療または製剤目的のために特に適合させた容器,医薬品を特定の物理的形態または服用形態にするために特に適合させた装置または方法,食品または医薬品の経口投与装置,おしゃぶり,唾受け用具』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】割線が刻設された錠剤の裏面に対しても印刷処理を行うことができる錠剤印刷装置を提供する。【解決手段】搬送ドラム10によって搬送される複数の錠剤2の一方面を第1割線カメラ51が撮像する。搬送ドラム10から第1搬送ベルト20に錠剤2が受け渡されるときに、全ての錠剤2が方向性を維持したまま表裏反転される。第1搬送ベルト20によって搬送される複数の錠剤2の他方面を第2割...

    錠剤印刷装置

  2. 【課題・解決手段】本発明は、対象物(2)をカウントして放出するためのデバイス(1)に関するものであって、互いに対して相対的にスライド移動可能とされた2つの構成部材(10,11)を具備してなり、第1構成部材(10)がコンジット(100)を備え、第2構成部材(11)が、第1構成部材と協働して、閉塞部材(1A,1B)を形成し、閉塞部材(1A,1B)が、第1構成部材と第2構成...

    対象物をカウントして放出するためのデバイス

  3. 【課題】ニードル外れを起こさず、汎用シリンジとの区別が可能で、安価に提供でき、投与薬剤が不均一にならない、別々の成分を保存し、これらの成分を需要に応じて混合し分注するための混合器具およびシステムを提供する。【解決手段】混合器具10は、混合チャンバ20と共に形成された略筒状ハウジング14を有するシリンジを含む。プランジャ46は、筒状ハウジングと嵌合されて、第1のシリンジ...

    別々に保存された成分を混合および分注するための器具およびシステム

  4. 【課題】印刷ヘッドのメンテナンスに伴う印刷停止に起因して生産性が低下することを抑えることができる錠剤印刷装置を提供する。【解決手段】錠剤印刷装置は、錠剤Tが搬送される、少なくとも二本の搬送経路として機能する二本の搬送ベルト21と、二本の搬送ベルト21の間に設けられ、メンテナンスを行うメンテナンス部として機能する液受け部71と、搬送ベルト21ごとに搬送ベルト21の上方で...

    錠剤印刷装置

  5. 技術 混注装置

    【課題】薬液が入れられた柔軟性のある樹脂製薬液容器を適切に取り扱うことができる混注装置を提供する。【解決手段】円筒状の本体部と、本体部の外側において、本体部の中心を基準にして、互いに180度異なる2つの位置に存在する硬質部とを有した樹脂製薬液容器を保持する容器保持部25と、注射器を保持し、注射器によって、容器保持部に保持された樹脂製薬液容器内の薬液を吸引する注射器操作...

    混注装置

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • 燃料電池車

    水素を燃料とし、空気中から取り込んだ酸素と反応させることで生み出した電気エネルギーを駆動力に利用する…

  • 超小型モビリティ・パーソナルモビリティ

    軽自動車よりも更にコンパクトな電気自動車で、1人から2人程度の乗車定員のものを超小型モビリティと呼ば…

  • IoT/M2M (InternetOfThings / MachinetoMachine)

    「Software-Defined Car(ソフトウェアで定義されるクルマ)」。そう呼ばれる米国Te…

ページトップへ

医療または製剤目的のために特に適合させた容器,医薬品を特定の物理的形態または服用形態にするために特に適合させた装置または方法,食品または医薬品の経口投与装置,おしゃぶり,唾受け用具の詳細カテゴリ一覧

医療または製剤目的のために特に適合させた容器,医薬品を特定の物理的形態または服用形態にするために特に適合させた装置または方法,食品または医薬品の経口投与装置,おしゃぶり,唾受け用具の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

医療または製剤目的のために特に適合させた容器,医薬品を特定の物理的形態または服用形態にするために特に適合させた装置または方法,食品または医薬品の経口投与装置,おしゃぶり,唾受け用具 ページ上部に戻る

その他の分野

医療または製剤目的のために特に適合させた容器,医薬品を特定の物理的形態または服用形態にするために特に適合させた装置または方法,食品または医薬品の経口投与装置,おしゃぶり,唾受け用具』と近しいカテゴリにある他の技術分野一覧です。