家庭用具または食卓用具 に関する技術一覧

「家庭用具または食卓用具」に関する技術の関連情報です。 「家庭用具または食卓用具」 の関連技術、「鏡,絵画用額ぶちまたは類似物」「テーブル掛け」 など、その他「家庭用具または食卓用具」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「家庭用具または食卓用具」の分野ページはこちら

家庭用具または食卓用具に所属する技術動向

家庭用具または食卓用具の分野に属する技術の状況としては、2015年に499件、2016年に556件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、家庭用具または食卓用具の分野においては特に近年釘,ねじまたは類似のものの取り外し可能な装飾した頭部の分野における動向が活発であり、他にもテーブル掛けや 他の家庭用具といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては住江織物株式会社やパナソニック株式会社、株式会社石野製作所が豊富な実績を残しており、 株式会社大和などは、 家庭用具または食卓用具や他に分類されない乗客設備といった分野も含め、 株式会社祥永や株式会社八千代といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

家庭用具または食卓用具』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】一種以上の茶殻抽出液、茶殻残留廃液及び茶殻を活用できる、安価な使い捨て衛生シーツ及びその製造方法。【解決手段】上面を形成する透水性の多孔層部、下面を形成するプラスチック製の不透水性膜部、多孔層部の下面に接する吸水性の第一紙層部、第一紙層部の下面に接する吸水性材料粉と吸水性樹脂との配合物を含む吸水性混合層部並びに吸水性混合層部の下面に接する吸水性の第二紙層部とを...

    衛生シーツ及びその製法

  2. 【課題】受取人の不在による宅配物の持ち帰り、再配達による配送コストの増大、受取人以外に預けることによるトラブルの発生を防止する。【解決手段】宅配物受取ロッカー2は、宅配物を収納する収納部4と、収納部4に宅配物を収納したときに扉をロックするロック部5と、宅配物の受取人Pへ宅配物の到着およびロック部を解錠するロック解除キーを伝達する送付手段7と、ロック解除キーによりロック...

    宅配物受取システム

  3. 【解決課題】塩素晒工程にも耐えうる優れた白度とソフトな触感が得られる弾性複合弾性紡績糸布帛を提供すること。【解決手段】ポリオレフィン弾性繊維を芯に、短繊維を鞘に配した芯鞘型複合紡績糸を経糸及び/又は緯糸に配した織物であって、ポリオレフィン系弾性糸が配された方向の織物特性が、定荷重伸長率が10%以上、織物の収縮率が5%以下である複合紡績糸織物を、ポリオレフィン繊維をドラ...

  4. 【課題】客へのサービスを提供するレストランなどの場において、人手が少なくても注文の受付などの対応を迅速に行えると共に、客に喜ばれるようなサービスも提供できる手段を提供する。【解決手段】サービスロボット1は、移動のための走行部と、周囲の状況を検知する状況検知手段と、現在位置を検知する位置検知手段と、状況検知手段及び位置検知手段からの信号に基づいて目標位置に到達するように...

    サービスロボット及びこれを使用する給仕システム

  5. 【課題】敷設面下側から侵入する騒音は勿論のこと、屋根、ドア、窓などを介して上方側から車室内空間に侵入する騒音に対しても優れた吸音性を発揮できて十分な静粛性を確保できる車輌用カーペット及びその製造方法を提供する。【解決手段】表皮材層2と、不織布吸音層3とを、熱可塑性樹脂パウダーを加熱溶融することにより形成された通気性の接着樹脂層4を介して接着一体化し、かつカーペット1全...

    車輌用カーペット及びその製造方法

新着の技術

家庭用具または食卓用具』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】本発明は、料理の際、塩、砂糖、薬味等の調味料を便利に使用することができるようにするための、開閉が容易で計量機能を備えた厨房容器を提供する。本発明の開閉が容易で計量機能を備えた厨房容器10は、磁性体60、62のように互いに接続される固定手段16によって据置台12に調味料入れ14が固定されるため、据置台12の設置位置を自由に動かすことができて、厨房の壁面...

    開閉が容易で計量機能を備えた容器

  2. 【課題】急須との着脱が極めて容易で、茶漉し自体と注ぎ口の清掃が容易となるとともに、汎用の急須に適用できるとともに、急須の周壁の形状・大きさが異なる場合にも適用できて製造コストを低減させることができる急須用茶漉しを提供する。【解決手段】急須用茶漉し5は、支持部30と支持部30に着脱する茶漉し本体10とを有し、茶漉し本体10は、多数の開口部が形成された筒状部12と、筒状部...

    急須用茶漉し及び急須セット

  3. 【課題】従来、破棄されることの多かった鶏手羽先の細い方から第一関節までを食べられることが出来るようにする、鶏手羽先の骨を砕く道具を提供する。【解決手段】長方形の板1二枚の短手側一ヶ所を、上下に動くようにピン3でつなぎ支点とし、その支点側の内上下それぞれに、平歯車の歯の形状に加工した直方体2を歯がかみ合うように設け、支点−力点−作用点が生まれて、テコの原理によって鶏手羽...

    鶏手羽先の骨を砕く道具

  4. 【課題】 広口の花瓶に、一輪挿しや少数の花を花立てをするには、これを適合させるためのアダプターが必要である。【解決手段】 球状の立体物を使用するが、具体的一例として、約ゴルフボールの大きさの球に口径3〜4cmの貫通孔を設けてアダプターとし、これを花瓶の口部又は内周面に置く(下細りの花瓶の時)。設置後、前記貫通孔に、花の一輪等を挿通させる。次に、花瓶に置かれたアダプ...

    花瓶の口径調節具

  5. 【課題】シールを側面に貼った急須の中のお湯の温度がお茶の抽出最適温度になったことを、シールの温度による色の変化で分かる様にする、お茶抽出最適温度検知シールを提供する。【解決手段】急須の側面に貼るシール3であって、お茶の抽出最適温度で色の変化を示す可逆性示温塗料により変色する示温部分6、10を設ける。また、補助的温度で色の変化を示す可逆性示温塗料により変色する示温部分4...

    お茶抽出最適温度検知シール

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • 3Dプリンター医学応用

    3Dプリンタ、正しくは、積層造形(AM:Additive Manufacturing)技術は、今や家…

  • 人工知能

    米国Google社が2015年6月23日に発表した“A Neural Conversational …

  • がん医療

    国立がん研究センターの統計予測は、2015年の国内全がん罹患者数を982,100人、同死亡数を370…

ページトップへ

家庭用具または食卓用具 ページ上部に戻る