ブラシ製品 に関する技術一覧

「ブラシ製品」に関する技術の関連情報です。 「ブラシ製品」 の関連技術、「ブラシ」「ブラシの製法」 など、その他「ブラシ製品」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「ブラシ製品」の分野ページはこちら

ブラシ製品に所属する技術動向

ブラシ製品の分野に属する技術の状況としては、2017年に226件、2018年に195件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、ブラシ製品の分野においては特に近年ブラシの製法の分野における動向が活発であり、他にもブラシの製法といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはライオン株式会社や花王株式会社、フィリップスエレクトロニクスネムローゼフェンノートシャップが豊富な実績を残しており、 ライオン株式会社などは、 運搬,包装,貯蔵,薄板状または線条材料の取扱いや健康,娯楽といった分野も含め、 信越ポリマー株式会社やパナソニック株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

ブラシ製品』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】帯電ローラの表面に当接して、その表面を清掃するブラシローラを備えたクリーニング装置において、そのクリーニング装置の構成を簡素化すると共に、ブラシローラの耐久性を向上させる。【解決手段】帯電ローラ2の表面に当接するブラシ20を有するブラシローラ12を、その自重で帯電ローラ2の表面に当接させ、かつブラシローラ12を帯電ローラ2の回転に従動して回転させる。

    クリーニング装置、ユニット、画像形成装置及びブラシローラ

  2. 【課題】低吸湿性と、柔軟性のある適度な毛腰を備え、かつ屈曲回復性や繰り返し使用による耐久性に優れたブラシ用毛材の提供。【解決手段】ポリプロピレンテレフタレートを主成分とするモノフィラメントのカットブリッスルからなり、屈曲回復率が65%以上であることを特徴とする。カットブリッスルの少なくとも一端にテーパー部を有することおよび/または断面形状が異形断面であることが好ましい...

    ブラシ用毛材およびその用途

  3. 【課題】刷毛をもった清掃用モップは、使いづらくまた比較的高価なものであった。【解決手段】多数の熱融着可能な繊維または熱融着可能な短冊状フィルム2が密集して刷毛4が形成され、前記繊維または熱融着可能な短冊状フィルム4が基材シート3に熱融着されている本発明の清掃用モップ1は、簡便に且つ安価に製造することができる。また、刷毛4を構成する繊維若しくは短冊状フィルム2の剛性を変...

    清掃用モップ

  4. 【課題】弾力性に優れた高度テーパリング歯ブラシ毛が植毛された歯ブラシ、及びその製造方法を提供する。【解決手段】植毛される歯ブラシ毛の末端部分の直径が0.02mm以内であり、テーパリングされた部分が歯ブラシ毛の末端部分から3.5mm以内であるポリエチレンテレフタレートまたはポリブチレンテレフタレート材質であり、その歯ブラシの製造方法は、歯ブラシ用モノフィラメントを硫酸ま...

    弾力性の優れた高度テーパリング歯ブラシ毛が植毛された歯ブラシ、及びその製造方法

  5. 【課題】眉毛又は睫毛等に製品を適用する器具であって、使用が非常に簡単で、且つ従来の器具に比べて短い期間で操作に慣れることができる器具を提供する。【解決手段】睫毛又は眉毛等のケラチン繊維に製品を適用するための適用具(1)であって、軸Xを有する尾部(4)を具備し、当該尾部の一端には、製品を繊維に塗布することができるアプリケータ部位(3)が接合し、当該アプリケータ部位(3)...

    特に睫毛又は眉毛等のケラチン繊維への製品、特にメーキャップ用品又はケア用品を適用するための器具

新着の技術

ブラシ製品』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】使い終わったコップを洗浄した後、コップを倒立させて支持し、衛生的な保管ができる自立型の水切り機能を有したコップを提供する。【解決手段】取っ手を有するコップにおいて、コップ部1aと取っ手2の間にネック部3を形成したコップ本体1と支持台5とから成り、支持台のベース部5aの一端から上方に延びる二股状の挟みアーム9のネック部6に前記コップ本体のネック部3を嵌挿して使用...

    コップおよび歯ブラシ立て

    • 公開日:2019/02/28
    • 出願人: 井上忠
    • 発明者: 井上忠
    • 公開番号:2019-030476号
    • 公開日:2019/02/28
    • 出願人: 井上忠
    • 発明者: 井上忠
    • 公開番号:2019-030476号
  2. 【課題】細いサイズであっても清掃力および当たり心地に優れた歯間清掃具を提供する。【解決手段】捻り合わされたワイヤー14間に単軸の繊維状用毛で形成された複数のフィラメント16が挟持されたブラシ部10と、ブラシ部を保持するハンドル部とを備える。複数のフィラメントのうち、少なくとも一部のフィラメントは、ワイヤに挟持された基部よりも単軸方向の先端側に配置され、先端側に向けて先...

    歯間清掃具

  3. 技術 歯ブラシ

    【課題】コスト増を招くことなくハンドル部に対して高い把持性を有する歯ブラシを提供する。【解決手段】ハンドル部30は、長軸方向の第1位置P1で幅方向の長さが最大となる第1膨出部41と、第1膨出部よりも後端側の第2位置P2で長さが最小となる第1括れ部43と、第1括れ部よりも後端側の第3位置P3で長さが最大となる第2膨出部42と、第2膨出部よりも後端側の第4位置P4で長さが...

    歯ブラシ

  4. 【課題】特別な化粧テクニックを必要とすることなく、頬紅やアイシャドー等の化粧料をグラデーションをつけながら容易に塗布することができ、美しい仕上がりを得ることができる化粧用ブラシを提供する。【解決手段】筒状部材2の上部開口部2aを平面視において所定の幅を備えた円弧状とし、前記筒状部材の上部開口部から上方に延び出す毛束の先端により形成されるブラシ3の先端面3aが、前記円弧...

    化粧用ブラシ

  5. 技術 歯磨き具

    【課題】 よりブラッシング効率が高い歯磨き具を提供すること。【解決手段】 ユーザの歯を磨くために可撓性を有する歯磨き部7と、歯磨き部7を固定する台座部5と、台座部5に接続されている把持部3と、を有し、歯磨き部7は、少なくとも、一方向における断面視で、中央部が側面部よりも台座部5側に低く形成されている。

    歯磨き具

ブラシ製品 ページ上部に戻る