履物 に関する技術一覧

「履物」に関する技術の関連情報です。 「履物」 の関連技術、「履物の特徴,履物の部分」「履物の緊締具または付属品,靴ひも一般」 など、その他「履物」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「履物」の分野ページはこちら

履物に所属する技術動向

履物の分野に属する技術の状況としては、2017年に335件、2018年に324件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、履物の分野においては特に近年履物の製造または修理用機械,道具,装置または方法の分野における動向が活発であり、他にも履物の緊締具または付属品,靴ひも一般や 履物の特徴,履物の部分といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはナイキインターナショナルリミテッドやアシックスジャパン株式会社、ナイキイノヴェイトシーヴィーが豊富な実績を残しており、 アキレス株式会社などは、 履物や積層体といった分野も含め、 バーコ株式会社やアキレスソーイング株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

履物』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】アスカーC硬度20〜80、低比重で圧縮永久歪みが小さく、引裂強度および反発弾性に優れたオレフィン系エラストマー架橋発泡体用組成物の提供。【解決手段】(A)密度880〜920kg/m3、MRF0.1〜10g/10分であるエチレン・α- オレフィン共重合体、(D)有機ペルオキシド、(E)架橋助剤、(F)発泡剤、(G)周期律表2〜12属から選ばれる金属の有機金属化合...

  2. 【課題】靴内部の換気を強制的に行う。【解決手段】歩行に伴う荷重変化により弾性変形して容積が変化する2つの空気室12及び14と、一方の空気室12を経由して、靴外部の空気を靴内部へ導入する空気導入通路16と、他方の空気室14を経由して、靴内部の空気を靴外部へ排出する空気排出通路18と、を靴底10内部に形成すると共に、空気導入通路16の空気室12を挟んだ両位置に、靴内部に空...

    換気機能付き靴

  3. 【課題・解決手段】面に沿って走行又は歩行中の人間の速度を測定するシステム。1個の加速度センサ(8)が、順方向における加速度を測定し、増幅され、アナログディジタル変換機(12)によって実際的に標本化された加速度信号を供給する。前記ディジタル信号を、マイクロプロセッサ(14)によって処理し、マイクロプロセッサ(14)は、歩幅及び歩期間を前記ディジタル化加速度信号から決定し...

    運動中の性能を測定する方法及びシステムと、このシステムにおいて使用する運動靴

  4. 【課題】軽量でありながら、ウェットグリップ性に優れる靴底1及びこのような靴の提供。【解決手段】本発明の靴底1は、気泡を含まない架橋ゴム成形体からなる。この成形体の基材ゴム100質量部中にアクリロニトリル−ブタジエンゴムが70質量部以上含まれる。補強性充填剤が基材ゴム100質量部に対して10質量部以上40質量部以下含まれる。この成形体の比重は、1.000以上1.100以...

    靴底及び靴

  5. 【課題】旅館やホテル、病院等で提供するスリッパにRFIDタグを取り付け、使用者の氏名を表示して滞在中同一のスリッパを継続使用できるようにする。使用済のスリッパは消毒と同時に表示を消去後、再び来館者に提供することで水虫、白癬菌の感染拡大を防止するとともに来館者の不快感を解消する。【解決手段】旅館等内でスリッパの使用者が携行する部屋のICカードキーや病院等にあっては患者が...

    無線表示タグ(RFIDタグ)を備えたスリッパ

新着の技術

履物』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】加硫速度に優れ、柔軟性、引裂強度、引張特性、ドライグリップ性能及びウェットグリップ性能のバランスに優れた樹脂組成物及び当該樹脂組成物の成形体を提供する。【解決手段】特定の水添ブロック共重合体(I)及び架橋剤(II)を含有し、ポリオレフィン系樹脂を含有しないか又は前記水添ブロック共重合体(I)100質量部に対するポリオレフィン系樹脂の含有量が10質量部未満である...

  2. 【課題・解決手段】組立性および耐久性を向上するように、本発明は、上面部に収容溝が形成された底部、上記収容溝に回転可能に挿入され、回転時にワイヤが選択的に巻き取られるリール部、下端部が上記収容溝に固定される固定隔壁部と、上記リール部をカバーするように上記固定隔壁部の内周に沿って半径方向内側に延長され、中央部に中空型支持管部が形成された延長部と、上記延長部の上部に配置され...

    ワイヤ締め装置

  3. 技術 靴底

    【課題】高い防滑性と耐摩耗性とを両立した靴底を提供する【解決手段】足裏の踵に対応する後足部と、前記足裏の土踏まずに対応する中足部と、前記足裏の土踏まずより爪先側の部分に対応する前足部と、からなる靴底であって、前記前足部は、該前足部の幅方向中間域を始点として前記中足部側から前記靴底の最前端側に傾斜して延びる傾斜溝を、前記幅方向中間域を挟む一方側及び他方側に各々少なくとも...

    靴底

  4. 【課題・解決手段】ヒール高さ調節可能な靴10は、前ブラケット110、後ブラケット120、伸縮型リンケージ210、伸縮型支持部材220、連動部材300及びロック機構600を含む。後ブラケット120は、前ブラケット110に対して回動可能に接続される。伸縮型リンケージ210は、後ブラケット120の連動によって伸縮することに用いられ、後ブラケット120に枢着される。伸縮型支持...

    ヒール高さ調節可能な靴

    • 公開日:2019/02/14
    • 出願人: 江宗儒
    • 発明者: 江宗儒 、...
    • 公開番号:2019-503811号
    • 公開日:2019/02/14
    • 出願人: 江宗儒
    • 発明者: 江宗儒 、...
    • 公開番号:2019-503811号
  5. 【課題・解決手段】組立性および耐久性が向上するために、上面に収容隔壁部が備えられたベースボディ部と、該収容隔壁部内に回転自在に配置されて回転時にワイヤーが選択的に巻き取られるリール部と、下端が収容隔壁部に結合され内周の上端にラチェットギヤが突設した締結隔壁部およびリール部の上端が拘束されるようにラチェットギヤの下部に沿って半径方向内側に突設され中央部に昇降孔が形成され...

    ワイヤー締め装置

履物 ページ上部に戻る