履物 に関する技術一覧

「履物」に関する技術の関連情報です。 「履物」 の関連技術、「履物の特徴,履物の部分」「履物の緊締具または付属品,靴ひも一般」 など、その他「履物」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「履物」の分野ページはこちら

履物に所属する技術動向

履物の分野に属する技術の状況としては、2016年に298件、2017年に332件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、履物の分野においては特に近年履物の製造または修理用機械,道具,装置または方法の分野における動向が活発であり、他にも履物の緊締具または付属品,靴ひも一般や 履物の特徴,履物の部分といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはナイキインターナショナルリミテッドやアシックスジャパン株式会社、ナイキイノヴェイトシーヴィーが豊富な実績を残しており、 アキレス株式会社などは、 履物やプラスチックの加工,可塑状態の物質の加工一般といった分野も含め、 バーコ株式会社やアキレスソーイング株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

履物』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】アスカーC硬度20〜80、低比重で圧縮永久歪みが小さく、引裂強度および反発弾性に優れたオレフィン系エラストマー架橋発泡体用組成物の提供。【解決手段】(A)密度880〜920kg/m3、MRF0.1〜10g/10分であるエチレン・α- オレフィン共重合体、(D)有機ペルオキシド、(E)架橋助剤、(F)発泡剤、(G)周期律表2〜12属から選ばれる金属の有機金属化合...

  2. 【課題】靴内部の換気を強制的に行う。【解決手段】歩行に伴う荷重変化により弾性変形して容積が変化する2つの空気室12及び14と、一方の空気室12を経由して、靴外部の空気を靴内部へ導入する空気導入通路16と、他方の空気室14を経由して、靴内部の空気を靴外部へ排出する空気排出通路18と、を靴底10内部に形成すると共に、空気導入通路16の空気室12を挟んだ両位置に、靴内部に空...

    換気機能付き靴

  3. 【課題・解決手段】面に沿って走行又は歩行中の人間の速度を測定するシステム。1個の加速度センサ(8)が、順方向における加速度を測定し、増幅され、アナログディジタル変換機(12)によって実際的に標本化された加速度信号を供給する。前記ディジタル信号を、マイクロプロセッサ(14)によって処理し、マイクロプロセッサ(14)は、歩幅及び歩期間を前記ディジタル化加速度信号から決定し...

    運動中の性能を測定する方法及びシステムと、このシステムにおいて使用する運動靴

  4. 【課題】軽量でありながら、ウェットグリップ性に優れる靴底1及びこのような靴の提供。【解決手段】本発明の靴底1は、気泡を含まない架橋ゴム成形体からなる。この成形体の基材ゴム100質量部中にアクリロニトリル−ブタジエンゴムが70質量部以上含まれる。補強性充填剤が基材ゴム100質量部に対して10質量部以上40質量部以下含まれる。この成形体の比重は、1.000以上1.100以...

    靴底及び靴

  5. 【課題】旅館やホテル、病院等で提供するスリッパにRFIDタグを取り付け、使用者の氏名を表示して滞在中同一のスリッパを継続使用できるようにする。使用済のスリッパは消毒と同時に表示を消去後、再び来館者に提供することで水虫、白癬菌の感染拡大を防止するとともに来館者の不快感を解消する。【解決手段】旅館等内でスリッパの使用者が携行する部屋のICカードキーや病院等にあっては患者が...

    無線表示タグ(RFIDタグ)を備えたスリッパ

新着の技術

履物』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】第1の熱可塑性樹脂を主成分とする第1ベースと、第1の熱可塑性樹脂を主成分とし、第1ベースから突出する突起と、第1ベースに埋設された少なくとも1つの第2強化繊維と、第1ベースから突起に向かって屈曲して配向された少なくとも1つの第1強化繊維とを備える、靴のソール。

    靴のソールおよびソールの製造方法

  2. 【課題・解決手段】履物のソール構造が、丸形シェルコンポーネントを含む。各丸形シェルコンポーネントは、荷重下で機械的に変化することにより力または衝撃を減衰し、荷重が除去されたときに休止状態に戻る、リガメントのネットワークを含む。

    履物のソール構造

  3. 【課題・解決手段】複数の温度センサを備えたフットウェアシステムにより、人間の足の潰瘍または潰瘍前病変の発現を判定する。複数の温度センサが複数の離散的な温度データ値を生成した後、システムおよび方法は温度マップを形成し、この温度マップは、足の少なくとも1つの部分の現時点の幾何学的形状を実質的に表し、かつ足の少なくとも1つの部分の温度分布を表す。次に、この方法およびシステム...

    潰瘍または潰瘍前病変を検出するためのフットウェアシステム

  4. 【課題】若者の中で薄れかけている京都の古き良き伝統に、少しでも関心を持ってもらえるように、スニーカーに鼻緒をつけた斬新なデザインのHANAOSHOESを提供する。【解決手段】スニーカーの先端部分の中心に穴1を開け、鼻緒2を差し込み接着剤で接着。スニーカーの両側面に切り込み3を入れ、鼻緒2の後方を差し込む。鼻緒2の後方は中敷の下で紐を接着剤で接着し、その後中敷を接着し固...

    HANAO  SHOES

  5. 【課題】複数の部材を積層して形成される靴底を製作又は修理する際に、靴底を強固に一体化することができ、かつ釘の打ち込みに強い力を必要とせず、作業効率を向上させる靴底固定用釘及び該靴底固定用釘を用いた靴底の固定方法を提供する。【解決手段】靴底固定用釘1は、略逆円錐の頭頂部2と、円柱形状の軸部3と、扁平な形状で先端が尖鋭な釘先部4とからなり、前記靴底固定用釘を、靴底の地面に...

    靴底固定用釘及び靴底の固定方法

    • 公開日:2018/12/13
    • 出願人: 奥山武
    • 発明者: 奥山武
    • 公開番号:2018-196479号
    • 公開日:2018/12/13
    • 出願人: 奥山武
    • 発明者: 奥山武
    • 公開番号:2018-196479号

履物 ページ上部に戻る