頭部に着用するもの に関する技術一覧

「頭部に着用するもの」に関する技術の関連情報です。 「頭部に着用するもの」 の関連技術、「ハット,頭を覆うもの」「ハットまたは他の頭を覆うものの製造あるいは仕立」 など、その他「頭部に着用するもの」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「頭部に着用するもの」の分野ページはこちら

頭部に着用するものに所属する技術動向

頭部に着用するものの分野に属する技術の状況としては、2015年に109件、2016年に108件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、頭部に着用するものの分野においては特に近年ハットまたは他の頭を覆うものの製造あるいは仕立の分野における動向が活発であり、他にもハットまたは他の頭を覆うものの製造あるいは仕立といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては株式会社谷沢製作所やミドリ安全株式会社、東レ株式会社が豊富な実績を残しており、 株式会社谷沢製作所などは、 頭部に着用するものや地中もしくは岩石の削孔,採鉱といった分野も含め、 オリジン電気株式会社や清水建設株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

頭部に着用するもの』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】本発明は、走行中にライダが自動二輪車の車体側から必要な情報を無線にて簡単かつ迅速に得ることができるようにしたものである。【解決手段】本発明に係る自動二輪車の通信装置33は、自動二輪車の車体側に車載通信装置30を設け、この車載通信装置30をヘルメット16側の通信装置31と無線を利用して双方向通信可能に配設したものである。車載通信装置30とヘルメット側通信装置31...

    自動二輪車の通信装置ならびにこの通信装置を利用したヘルメットおよび盗難防止装置

  2. 【課題】高速の飛来物に対し、優れた耐衝撃性を有し、かつ、軽量な高強度繊維強化プラスチック及び多層構造体を提供する。【解決手段】2つ以上の曲げ弾性率の異なる層からなる高強度繊維強化プラスチック、及び該高強度繊維強化プラスチックを接着剤を介してセラミックスまたは金属と積層してなる多層構造体。

  3. 【課題】本発明は、浮遊する花粉が付着しにくい花粉付着防止繊維構造物を提供せんとするものである。【解決手段】本発明明の花粉付着防止繊維構造物は、KES法による布帛表面の摩擦係数の平均偏差(MMD)のタテ方向、ヨコ方向の各々の値が0.04以下および表面粗さの平均偏差(SMD)のタテ方向、ヨコ方向の各々の値が4.0μm以下であめ花粉付着防止繊維構造物。

  4. 【課題】蒸れを防止しながら遮光効果が高く、冷却機能を有する日除け具とこれに適した日除け用シートを提供できるようにすることを目的とするものである。【解決手段】日除け用シートは、アルミ蒸着したフラットヤーンを引き揃えた表面反射面部と、通気性を有する通気裏面部とをシート状に保形しするとともに、日除け具は、首筋を覆う覆い部材と、覆い部材に連結された吸湿放熱部材とを備え、覆い部...

    日除け用シート及びこれを用いた日除け具

  5. 【課題】構造強度が高く、顔面シールドを円滑に開閉することができ、また、外観と安全性に優れた顔面シールド付きヘルメットを提供する。【解決手段】ヘルメット殻体1に顔面シールド2を開閉自在に設けたヘルメットにおいて、ヘルメット殻体1の前頭部の表面に弧状ガイド部4を設けて、顔面シールド2のほぼ中央部に設けたスライド部材5を案内せしめるように構成する。

    顔面シールド付きヘルメット

新着の技術

頭部に着用するもの』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】位置及び角度を微細に調整することによりレンズ体の最適なフィット感を得る。【解決手段】一対のレンズを支持する枠部材と、その左右端部からレンズの後方へ延びる側枠部材とから成るレンズ体に2つの回転支点を持つ角度調整部材を連結し、さらに、角度調整部材を伸縮可能に保持する位置調整保持部材と、からなるレンズ体の取付機構であって、レンズ体の位置及び角度をフレキシブルに調節する。

    レンズ体の取付機構

  2. 【課題】バイザの耐用期間によってヘルメット全体の耐用期間が制限されることのないヘルメットを提供する。【解決手段】ヘルメット1は、ヘルメット本体2と、その内側に設けられるハンモック4と、ヘルメット本体2に取り付けられるバイザ3と、バイザ3をヘルメット本体2に取り外し可能に取り付けているバイザ取付手段とを備える。バイザ取付手段は、ヘルメット本体2に設けられた貫通孔8と、貫...

    ヘルメット

  3. 【課題】雨天に雨合羽を着用して困ることは、顔面にフードが垂れ下がって前方視界が妨げられることである。顔面透明フードが開発されているが、雨水が付着すると直ぐ不透明になってしまう。自転車バイク用ヘルメットを着用した上に、雨合羽を着用すれば、前方視界は良く見えるが、ヘルメット帽子つばが不透明の為、頭上視野が妨げられ交通信号灯、道路標識等が雨の中、上を向かないと見えにくい欠陥...

    ブラインド形格子つば付、雨合羽

  4. 【課題】トランシーバを用いた、騒音環境下にいる作業者間の安全システム,作業者間安全装置および該装置を用いた情報伝達方法を提供する。【解決手段】通信手段として、業務用無線機として用いられているトランシーバ29を利用し、作業員が同時に携帯するマイク付きのユニット本体1に、トランシーバ29からの緊急信号としてDTMF信号を送受信する送受信回路を配置する。被災した作業員の緊急...

    トランシーバを用いた騒音環境下作業者間安全システム,作業者間安全装置および該装置を用いた情報伝達方法

  5. 【課題】 使用者の頭部に装着して使用する電子制御装置とバッテリーを備え、ウェアラブル機器を頭部に装着したときにのみシステム電源がON状態、それ以外の場合にはOFF状態になり、誤作動がなく安定に作動し、また頭部に対する圧迫もないウェアラブル機器におけるシステム電源装置を提供する。【解決手段】 第1スイッチ13と第2スイッチ5から構成され、第1スイッチは、ウェアラブル...

    ウェアラブル機器におけるシステム電源装置

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • 超小型モビリティ・パーソナルモビリティ

    軽自動車よりも更にコンパクトな電気自動車で、1人から2人程度の乗車定員のものを超小型モビリティと呼ば…

  • 人工筋肉・ソフトアクチュエータ

    人工筋肉とは、ゴムや導電性ポリマー、形状記憶合金、カーボン・ナノチューブなどで作られた伸縮性のアクチ…

  • 燃料電池車

    水素を燃料とし、空気中から取り込んだ酸素と反応させることで生み出した電気エネルギーを駆動力に利用する…

ページトップへ

頭部に着用するもの ページ上部に戻る