頭部に着用するもの に関する技術一覧

「頭部に着用するもの」に関する技術の関連情報です。 「頭部に着用するもの」 の関連技術、「ハット,頭を覆うもの」「ハットまたは他の頭を覆うものの製造あるいは仕立」 など、その他「頭部に着用するもの」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「頭部に着用するもの」の分野ページはこちら

頭部に着用するものに所属する技術動向

頭部に着用するものの分野に属する技術の状況としては、2015年に109件、2016年に108件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、頭部に着用するものの分野においては特に近年ハットまたは他の頭を覆うものの製造あるいは仕立の分野における動向が活発であり、他にもハットまたは他の頭を覆うものの製造あるいは仕立といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては株式会社谷沢製作所や東レ株式会社、ミドリ安全株式会社が豊富な実績を残しており、 株式会社谷沢製作所などは、 頭部に着用するものや地中もしくは岩石の削孔,採鉱といった分野も含め、 オリジン電気株式会社や清水建設株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

頭部に着用するもの』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】本発明は、走行中にライダが自動二輪車の車体側から必要な情報を無線にて簡単かつ迅速に得ることができるようにしたものである。【解決手段】本発明に係る自動二輪車の通信装置33は、自動二輪車の車体側に車載通信装置30を設け、この車載通信装置30をヘルメット16側の通信装置31と無線を利用して双方向通信可能に配設したものである。車載通信装置30とヘルメット側通信装置31...

    自動二輪車の通信装置ならびにこの通信装置を利用したヘルメットおよび盗難防止装置

  2. 【課題】高速の飛来物に対し、優れた耐衝撃性を有し、かつ、軽量な高強度繊維強化プラスチック及び多層構造体を提供する。【解決手段】2つ以上の曲げ弾性率の異なる層からなる高強度繊維強化プラスチック、及び該高強度繊維強化プラスチックを接着剤を介してセラミックスまたは金属と積層してなる多層構造体。

  3. 【課題】本発明は、浮遊する花粉が付着しにくい花粉付着防止繊維構造物を提供せんとするものである。【解決手段】本発明明の花粉付着防止繊維構造物は、KES法による布帛表面の摩擦係数の平均偏差(MMD)のタテ方向、ヨコ方向の各々の値が0.04以下および表面粗さの平均偏差(SMD)のタテ方向、ヨコ方向の各々の値が4.0μm以下であめ花粉付着防止繊維構造物。

  4. 【課題】蒸れを防止しながら遮光効果が高く、冷却機能を有する日除け具とこれに適した日除け用シートを提供できるようにすることを目的とするものである。【解決手段】日除け用シートは、アルミ蒸着したフラットヤーンを引き揃えた表面反射面部と、通気性を有する通気裏面部とをシート状に保形しするとともに、日除け具は、首筋を覆う覆い部材と、覆い部材に連結された吸湿放熱部材とを備え、覆い部...

    日除け用シート及びこれを用いた日除け具

  5. 【課題】構造強度が高く、顔面シールドを円滑に開閉することができ、また、外観と安全性に優れた顔面シールド付きヘルメットを提供する。【解決手段】ヘルメット殻体1に顔面シールド2を開閉自在に設けたヘルメットにおいて、ヘルメット殻体1の前頭部の表面に弧状ガイド部4を設けて、顔面シールド2のほぼ中央部に設けたスライド部材5を案内せしめるように構成する。

    顔面シールド付きヘルメット

新着の技術

頭部に着用するもの』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】着用者によって格納状態と展開状態とに変化させられるテレスコピック伸縮式ヘルメットにおいて、展開状態にある当該ヘルメットの耐座屈性が、当該ヘルメットが格納可能であることが原因で低下してしまうことを抑制する。【解決手段】着用者の頭部に装着されるテレスコピック伸縮式ヘルメット1000において、複数のセグメントがヘルメットの高さ方向に相対変位可能であるように連結されて...

    テレスコピック伸縮式ヘルメット

  2. 【課題】着用者によって格納状態と展開状態とに変化させられるテレスコピック伸縮式ヘルメットにおいて、展開状態にある当該ヘルメットの耐座屈性が、当該ヘルメットが格納可能であることが原因で低下してしまうことを抑制する。【解決手段】着用者の頭部に装着されるテレスコピック伸縮式ヘルメット1000において、複数のセグメントがヘルメットの高さ方向に相対変位可能であるように連結されて...

    テレスコピック伸縮式ヘルメット

  3. 【課題】上層および下層を備えた衝撃迂回機構が提供される。【解決手段】上層22および下層18の2層は、衝撃を受けた時に上層が下層に対して動くように構成されるように接続されており、これにより、上層は衝撃を迂回して下層にかかる回転加速度および直線加速度を低減することができる。衝撃迂回機構16は、ヘルメット10のような保護を必要とする物体に取り付けられてもよいし、または、取り...

    衝撃迂回機構

  4. 【課題】二輪車等の運転者と同乗者間で会話が可能な通信ヘルメットを提供することを課題とする。【解決手段】本発明は、ヘルメット本体と制御手段と集音手段と拡声手段と無線伝送手段とを含む通信ヘルメットであり、前記制御手段が各々集音手段、拡声手段及び無線伝送手段に接続され、前記集音手段が前記ヘルメット本体の装着者が発声した第1オーディオ信号を受信し、前記拡声手段が第2装着者から...

    通信ヘルメット

  5. 【課題】簡易な操作によって、フードの開口上側、開口下側、及び側面の各部分を段階的に収縮させ、使用者が所望する部分を段階的にフィットさせることができる衣類用フードを提供する。【解決手段】本発明に係る使用者の顔面に対応する開口を有する衣類用フードは、フード本体と、当該フード本体に形成される紐通し部と、紐通し部内に配設される紐と、当該紐の長さを調節する調節具と、を備え、紐通...

    衣類用フード及びこれを備える衣類

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • 高度運転支援・自動運転

    2015年1月、米国ラスベガスで開催された「2015 International CES (Cons…

  • IoT/M2M (InternetOfThings / MachinetoMachine)

    「Software-Defined Car(ソフトウェアで定義されるクルマ)」。そう呼ばれる米国Te…

  • 超小型モビリティ・パーソナルモビリティ

    軽自動車よりも更にコンパクトな電気自動車で、1人から2人程度の乗車定員のものを超小型モビリティと呼ば…

ページトップへ

頭部に着用するもの ページ上部に戻る