頭部に着用するもの に関する技術一覧

「頭部に着用するもの」に関する技術の関連情報です。 「頭部に着用するもの」 の関連技術、「ハット,頭を覆うもの」「ハットまたは他の頭を覆うものの製造あるいは仕立」 など、その他「頭部に着用するもの」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「頭部に着用するもの」の分野ページはこちら

頭部に着用するものに所属する技術動向

頭部に着用するものの分野に属する技術の状況としては、2015年に109件、2016年に108件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、頭部に着用するものの分野においては特に近年ハットまたは他の頭を覆うものの製造あるいは仕立の分野における動向が活発であり、他にもハットまたは他の頭を覆うものの製造あるいは仕立といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては株式会社谷沢製作所や東レ株式会社、ミドリ安全株式会社が豊富な実績を残しており、 株式会社谷沢製作所などは、 頭部に着用するものや地中もしくは岩石の削孔,採鉱といった分野も含め、 オリジン電気株式会社や清水建設株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

頭部に着用するもの』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】本発明は、走行中にライダが自動二輪車の車体側から必要な情報を無線にて簡単かつ迅速に得ることができるようにしたものである。【解決手段】本発明に係る自動二輪車の通信装置33は、自動二輪車の車体側に車載通信装置30を設け、この車載通信装置30をヘルメット16側の通信装置31と無線を利用して双方向通信可能に配設したものである。車載通信装置30とヘルメット側通信装置31...

    自動二輪車の通信装置ならびにこの通信装置を利用したヘルメットおよび盗難防止装置

  2. 【課題】高速の飛来物に対し、優れた耐衝撃性を有し、かつ、軽量な高強度繊維強化プラスチック及び多層構造体を提供する。【解決手段】2つ以上の曲げ弾性率の異なる層からなる高強度繊維強化プラスチック、及び該高強度繊維強化プラスチックを接着剤を介してセラミックスまたは金属と積層してなる多層構造体。

  3. 【課題】本発明は、浮遊する花粉が付着しにくい花粉付着防止繊維構造物を提供せんとするものである。【解決手段】本発明明の花粉付着防止繊維構造物は、KES法による布帛表面の摩擦係数の平均偏差(MMD)のタテ方向、ヨコ方向の各々の値が0.04以下および表面粗さの平均偏差(SMD)のタテ方向、ヨコ方向の各々の値が4.0μm以下であめ花粉付着防止繊維構造物。

  4. 【課題】蒸れを防止しながら遮光効果が高く、冷却機能を有する日除け具とこれに適した日除け用シートを提供できるようにすることを目的とするものである。【解決手段】日除け用シートは、アルミ蒸着したフラットヤーンを引き揃えた表面反射面部と、通気性を有する通気裏面部とをシート状に保形しするとともに、日除け具は、首筋を覆う覆い部材と、覆い部材に連結された吸湿放熱部材とを備え、覆い部...

    日除け用シート及びこれを用いた日除け具

  5. 【課題】構造強度が高く、顔面シールドを円滑に開閉することができ、また、外観と安全性に優れた顔面シールド付きヘルメットを提供する。【解決手段】ヘルメット殻体1に顔面シールド2を開閉自在に設けたヘルメットにおいて、ヘルメット殻体1の前頭部の表面に弧状ガイド部4を設けて、顔面シールド2のほぼ中央部に設けたスライド部材5を案内せしめるように構成する。

    顔面シールド付きヘルメット

新着の技術

頭部に着用するもの』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】ヘルメットの着用時に高い快適性が得られるだけでなく、ヘルメットに十分な墜落時保護性能を付与することができるヘルメット用ハンモックを提供する。【解決手段】ヘルメットの帽体4の内部に設けられて人頭に接するヘルメット用ハンモック1であって、放射状に配設された複数本の脚部8と、各脚部8を一体に連結する連結部9とからなるハンモック本体6を備えるものにおいて、人頭と帽体4...

    ヘルメット用ハンモック

  2. 【課題】ヘルメットの着用時に高い快適性が得られるだけでなく、ヘルメットに十分な墜落時保護性能を付与することができるヘルメット用ハンモックを提供する。【解決手段】ヘルメットの帽体4の内部に設けられて人頭に接するヘルメット用ハンモック1であって、放射状に配設された複数本の脚部8と、各脚部8を一体に連結する連結部9とからなるハンモック本体6を備えるものにおいて、人頭と帽体4...

    ヘルメット用ハンモック

  3. 【課題】ヘッドウエアを製造するための新規な方法又は他の方法で改善された方法及びシームレスなヘッドウェアを提供する。【解決手段】ヘッドウェア100に形状を与えるため相補的にプロファイルされている第1の及び第2のモールド成型表面を持つ、少なくとも2つのモールド部品を包含するモールドを提供するステップ。

    ヘッドウェアを製造する方法及びそのヘッドウェア

  4. 【課題】優れた紫外線に対する耐久性を備え、その結果、衝撃に対する耐擦傷性が長期に亘って維持された風防板、および、かかる風防板を備える信頼性に優れた車両を提供すること。【解決手段】本発明の風防板100は、熱可塑性樹脂を含む材料を用いて形成された基材1と、この基材1の少なくとも一方の面側に設けられ、シリコン変性(メタ)アクリル樹脂を含む樹脂組成物を用いて形成されたコート層...

    風防板および車両

  5. 【課題】 クラウン形成生地におけるエンブレムが表された部分での通気性を確保することのできる帽子の製造方法を提供する。【解決手段】 クラウン形成生地11におけるエンブレム50を表す箇所をエンブレム50の外郭線L4に沿って切断することにより、エンブレム50に倣った形状の通気口51をクラウン形成生地11に形成する通気口形成工程と、通気口51が形成されたクラウン形成生地1...

    帽子の製造方法

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • ロコモーティブ症候群・関節疾患

    加齢や過負荷のほか、スポーツ損傷や肥満によっても引き起こされる変形性関節症(OA:osteoarth…

  • 高度運転支援・自動運転

    2015年1月、米国ラスベガスで開催された「2015 International CES (Cons…

  • CCS(CO2の分離・回収、地下・海底貯留)

    CCS(Carbon dioxide Capture and Storage:二酸化炭素回収・貯蔵技…

ページトップへ

頭部に着用するもの ページ上部に戻る