外着,保護衣,付属品 に関する技術一覧

「外着,保護衣,付属品」に関する技術の関連情報です。 「外着,保護衣,付属品」 の関連技術、「衣服」「パジャマ,寝衣」 など、その他「外着,保護衣,付属品」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「外着,保護衣,付属品」の分野ページはこちら

外着,保護衣,付属品に所属する技術動向

外着,保護衣,付属品の分野に属する技術の状況としては、2016年に376件、2017年に429件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、外着,保護衣,付属品の分野においては特に近年毛皮服,模造毛皮の衣服の分野における動向が活発であり、他にもゲートル,短かいゲートルや 耳保護物といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては東レ株式会社や帝人フロンティア株式会社、東洋紡株式会社が豊富な実績を残しており、 東レ株式会社などは、 積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品や高分子化合物の組成物といった分野も含め、 東レ・デュポン株式会社や美津濃株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

外着,保護衣,付属品』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】本発明は、ナノファイバーの糸、リボン、およびシートに関するものであって;前記糸、リボン、およびシートを製造する方法;そして前記糸、リボン、およびシートの応用を対象とする。幾つかの実施形態において、ナノチューブの糸、リボンおよびシートはカーボンナノチューブを含む。詳細には、本発明のその様なカーボンナノチューブは以下の様な独特な特性および特性の組み合わせ...

    ナノファイバーのリボンおよびシートならびにナノファイバーの撚り糸および無撚り糸の製造および適用

  2. 【課題】適用する対象物の形状に制限が少なく、用途の広い真空断熱材を提供する。【解決手段】真空断熱材10は、複数個の略正八角形に成形されたガラス繊維からなる厚さ5mm以下の芯材11をガスバリア性の外被材12で覆い内部を減圧して成り、この芯材11は、八角形の各辺に平行に、縦、横、斜め45度の4方向の折曲線を形成できるように格子状に所定間隔離して配置されており、複数個の芯材...

    真空断熱材およびその製造方法、並びに真空断熱材を使用した防寒具およびパーソナルコンピューター

  3. 【課題】優れた防水性能と透湿性能とを兼ね備え、ソフトな風合いを有するノンコーティングタイプの透湿防水性ポリエステル織物およびその製造方法および繊維製品を提供する。【解決手段】島成分がポリエステルからなり、かつ島成分の径が10〜1000nmである海島型複合繊維を用いて、織物の厚みが0.3mm以下、かつ下記式で定義するカバーファクターCFが1700〜3800の範囲内である...

    透湿防水性ポリエステル織物およびその製造方法および繊維製品

  4. 技術 衣 料

    【課題】股関節の安定性を向上し、腰椎の前湾を弱め、若々しい体型・姿勢を作り、腰痛などの痛みの緩和にも寄与し、高齢者においては転倒の防止にもつながる機能を有する衣料を提供する。【解決手段】第4腰椎から仙骨に相当する位置2に於いて左右部分が連結しており、大殿筋の筋繊維方向に沿って臀部の膨らみの頂点近傍を通り大転子3近傍に至る強緊締力部1と、下腹部の腹直筋上4の位置から左右...

    衣  料

  5. 【課題】優れた耐塩素脆化性能と熱セット特性を有する水着用途に好適に使用されるポリウレタン弾性繊維を提供すること。【解決手段】ポリウレタンウレア重合体およびポリウレタン重合体から形成されてなることを特徴とするポリウレタン弾性繊維。

新着の技術

外着,保護衣,付属品』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】作業現場以外の場所でも使用に違和感のないファッショナブルなファン付上着を提供する。【解決手段】ファン付上着1は、下部に空気取り込み口6が開口した後身頃3と、内側から襟5の左右の間隔を短縮して襟5を弛ませる首当帯7とを有し、空気取り込み口6に取り付けられたファン15を用いて空気を取り込み、襟5と首当帯7の間を排出させる。首当帯7の端部は、夫々両肩に固着されている...

    ファン付上着

  2. 【課題】作業現場以外の場所でも使用に違和感のないファッショナブルなファン付上着を提供する。【解決手段】ファン付上着1は、下部に空気取り込み口6が開口した後身頃3と、内側から襟5の左右の間隔を短縮して襟5を弛ませる首当帯7とを有し、空気取り込み口6に取り付けられたファン15を用いて空気を取り込み、襟5と首当帯7の間を排出させる。首当帯7の端部は、夫々両肩に固着されている...

    ファン付上着

  3. 【課題】縫着せずに襦袢に取り付けることができるとともに、襦袢の衿部にしっかりと固定できる半衿を提供する。【解決手段】襦袢の掛衿に被せて用いる差込式半衿であって、帯状の布(2)と、その長辺縁部をそれぞれ掛衿に固定するための2つの固定具(3)とからなり、前記固定具は、可撓性を有する略直線状の基部(4)と、任意の間隔で前記基部上に連立する差込片(5a・5b)を有しており、前...

    差込式半衿

  4. 【課題】ネクタイを構成する部位を裁断するにおいて、無地の布は型紙を効率よく配置できるが、柄物は縫製された時、模様が合うよう事前に調整して型を配置し、裁断するので布を余分に使っていた。【解決手段】 ネクタイの部位として裁断した柄布の部位を任意により正バイアスを考慮しながら、効率よく並べた配置のままを一つのデザインとし、該デザインで布を織ったり(染織)、プリント(捺染)...

    ネクタイ構成部位を配置したデザインによる布。

    • 公開日:2018/07/12
    • 出願人: 高元祐
    • 発明者: 高元祐 、...
    • 公開番号:2018-109259号
    • 公開日:2018/07/12
    • 出願人: 高元祐
    • 発明者: 高元祐 、...
    • 公開番号:2018-109259号
  5. 【課題】 高齢者等の認知機能低下の対処法の一つである手浴を安全かつ手軽に実施することができる用具を提供する。【解決手段】 手袋内に温度制御されたヒータ部と遠赤外線を放出するシートを設けた温熱手袋により、手袋に手を入れるのみで、前頭前野を賦活することができ、高齢者等が日常生活の状態に左右されることなく、手浴と同様の処置を安全かつ手軽に実施することができる。

    温熱手袋およびそれを用いる前頭前野の賦活化方法

外着,保護衣,付属品 ページ上部に戻る