外着,保護衣,付属品 に関する技術一覧

「外着,保護衣,付属品」に関する技術の関連情報です。 「外着,保護衣,付属品」 の関連技術、「衣服」「パジャマ,寝衣」 など、その他「外着,保護衣,付属品」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「外着,保護衣,付属品」の分野ページはこちら

外着,保護衣,付属品に所属する技術動向

外着,保護衣,付属品の分野に属する技術の状況としては、2016年に378件、2017年に429件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、外着,保護衣,付属品の分野においては特に近年毛皮服,模造毛皮の衣服の分野における動向が活発であり、他にもゲートル,短かいゲートルや 耳保護物といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしては東レ株式会社や帝人フロンティア株式会社、東洋紡株式会社が豊富な実績を残しており、 東レ株式会社などは、 積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品や高分子化合物の組成物といった分野も含め、 東レ・デュポン株式会社や美津濃株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

外着,保護衣,付属品』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】本発明は、ナノファイバーの糸、リボン、およびシートに関するものであって;前記糸、リボン、およびシートを製造する方法;そして前記糸、リボン、およびシートの応用を対象とする。幾つかの実施形態において、ナノチューブの糸、リボンおよびシートはカーボンナノチューブを含む。詳細には、本発明のその様なカーボンナノチューブは以下の様な独特な特性および特性の組み合わせ...

    ナノファイバーのリボンおよびシートならびにナノファイバーの撚り糸および無撚り糸の製造および適用

  2. 【課題】適用する対象物の形状に制限が少なく、用途の広い真空断熱材を提供する。【解決手段】真空断熱材10は、複数個の略正八角形に成形されたガラス繊維からなる厚さ5mm以下の芯材11をガスバリア性の外被材12で覆い内部を減圧して成り、この芯材11は、八角形の各辺に平行に、縦、横、斜め45度の4方向の折曲線を形成できるように格子状に所定間隔離して配置されており、複数個の芯材...

    真空断熱材およびその製造方法、並びに真空断熱材を使用した防寒具およびパーソナルコンピューター

  3. 【課題】優れた防水性能と透湿性能とを兼ね備え、ソフトな風合いを有するノンコーティングタイプの透湿防水性ポリエステル織物およびその製造方法および繊維製品を提供する。【解決手段】島成分がポリエステルからなり、かつ島成分の径が10〜1000nmである海島型複合繊維を用いて、織物の厚みが0.3mm以下、かつ下記式で定義するカバーファクターCFが1700〜3800の範囲内である...

    透湿防水性ポリエステル織物およびその製造方法および繊維製品

  4. 技術 衣 料

    【課題】股関節の安定性を向上し、腰椎の前湾を弱め、若々しい体型・姿勢を作り、腰痛などの痛みの緩和にも寄与し、高齢者においては転倒の防止にもつながる機能を有する衣料を提供する。【解決手段】第4腰椎から仙骨に相当する位置2に於いて左右部分が連結しており、大殿筋の筋繊維方向に沿って臀部の膨らみの頂点近傍を通り大転子3近傍に至る強緊締力部1と、下腹部の腹直筋上4の位置から左右...

    衣  料

  5. 【課題】優れた耐塩素脆化性能と熱セット特性を有する水着用途に好適に使用されるポリウレタン弾性繊維を提供すること。【解決手段】ポリウレタンウレア重合体およびポリウレタン重合体から形成されてなることを特徴とするポリウレタン弾性繊維。

新着の技術

外着,保護衣,付属品』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】内部表面および外部表面を定義し、所定数の糸を使用して縫い目がなく編まれた、エネルギーを取り入れ、熱を管理する複数効果の治療用衣類が、提供される。治療用衣類を構築するための糸は、相変化を通して熱エネルギーを吸収し、貯えおよび放出する糸、熱エネルギーおよび紫外線放射エネルギーを遠赤外放射エネルギーに変換し、および遠赤外放射エネルギーをその他の糸に、および...

    エネルギーを取り入れ、熱を管理する複数効果の治療用衣類

  2. 【課題】使用者の胸を覆うのに適したテーブルナプキンを提供する。【解決手段】紙、布又は不織布からなるテーブルナプキンであって、当該テーブルナプキンの周辺の一箇所にワイシャツボタンのボタン穴を有し、そのボタン穴よりもテーブルナプキンの中央に近い箇所にネクタイを通すネクタイ穴を有する。テーブルナプキンの周辺であって、ワイシャツボタンのボタン穴を有する部分とは他の箇所に、ワイ...

    ネクタイ穴を有するテーブルナプキン

  3. 【課題】 フード付き外衣着用中に首を回して左右を見ようとした場合、フードの中だけで頭部が動き、フードに視野を塞がれることが多い。本発明はこの様な場合でも、フードを頭部の動きに伴って動かす手段を提供する。【解決手段】 頭部に内バンドを巻き、その外側にフードを被り、そして頭部の左右の米噛み辺りの内バンドからフード留め具として外バンドを設け、フードの外側を巻く。或いは前...

    フードを留めるヘッドバンド

  4. 【課題】運動の軽重や強弱、動作のバラエティーなどに拘わらず、着用者に対する導電部の移動を確実に防止でき、もって外乱の無い正確なデータとして運動量の変動に伴うバイタルデータの変位量を採取すること等に、好適に使用できる。【解決手段】伸縮性生地より成る上衣部2を有した衣類であって、上衣部2には、着用者Mの肩上辺と背部及び/又は胸部との左右同側となる対応領域を身丈方向に渡る箇...

    導電ライン付き衣類

  5. 【課題・解決手段】足裏から足の後面を通り下腿の下端部の後面に沿って延びる第1部と、下腿の下端部の前面を覆う第2部とを備え、着用時に第1部および第2部は足および下腿に沿った長手方向に沿って伸張し、50%伸張時における長手方向についての第1部の単位幅当たりの弾性率が第2部のそれよりも大きく、下腿のうちの外果の下端から上方に向かって長手方向の1/4の領域の下腿の後面を第1部が覆う。

    運動用のウェアおよびその使用方法

外着,保護衣,付属品 ページ上部に戻る