たばこ,葉巻たばこ,紙巻たばこ,喫煙具 に関する技術一覧

「たばこ,葉巻たばこ,紙巻たばこ,喫煙具」に関する技術の関連情報です。 「たばこ,葉巻たばこ,紙巻たばこ,喫煙具」 の関連技術、「喫煙用たばこまたはかみたばこの製造あるいは処理,たばこ,かぎたばこ」「葉巻たばこまたは紙巻たばこの製造機械」 など、その他「たばこ,葉巻たばこ,紙巻たばこ,喫煙具」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「たばこ,葉巻たばこ,紙巻たばこ,喫煙具」の分野ページはこちら

たばこ,葉巻たばこ,紙巻たばこ,喫煙具に所属する技術動向

たばこ,葉巻たばこ,紙巻たばこ,喫煙具の分野に属する技術の状況としては、2016年に265件、2017年に420件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、たばこ,葉巻たばこ,紙巻たばこ,喫煙具の分野においては特に近年葉巻たばこまたは紙巻たばこの製造機械の分野における動向が活発であり、他にも喫煙用たばこまたはかみたばこの製造あるいは処理,たばこ,かぎたばこや 葉巻たばこ,紙巻たばこ,たばこ煙フィルタ,葉巻たばこまたは紙巻たばこのマウスピース,たばこ煙フィルタまたはマウスピースの製造といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはフィリップ・モーリス・プロダクツ・ソシエテ・アノニムや日本たばこ産業株式会社、アール・ジェイ・レイノルズ・タバコ・カンパニーが豊富な実績を残しており、 日本たばこ産業株式会社などは、 運搬,包装,貯蔵,薄板状または線条材料の取扱いや有機化学といった分野も含め、 株式会社東京自働機械製作所や日本製紙パピリア株式会社といった法人と共に共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

たばこ,葉巻たばこ,紙巻たばこ,喫煙具』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】紙巻きたばこ(10)はたばこ棒(12)と、吸着剤床(15)及び吸着剤床(15)の下流に設けられた香味放出フィルター部(17)を含む多要素フィルター(14)とを含む。好適実施例において、吸着剤はまた香味を支持しており、高表面積の活性炭(20)を含む。主流煙がフィルター(14)の上流部を通して吸引されるとき、ガス相煙成分が除去され、香味が吸着剤床(15)...

    紙巻きたばこ及び下流香味添加を持つフィルター

  2. 【課題】パチンコ台の前面下部に設けられたテーブルに設置された灰皿内の吸殻を自動的に回収すると共に、多量の吸殻が先端方向に堆積しても吸殻の送りに支障が発生せず、しかも、静音性で且つ吸殻等の滞留しないようにした自動吸殻回収装置を提供する。【解決手段】複数のパチンコ台の前面下部の長手状テーブルの下面に、該テーブルにほぼ等しい長さであって、上方開口部を有し、且つ内部下方部が長...

    自動吸殻回収装置

  3. 【課題】生体に不必要な活性酸素を効果的に消去し、かつ、生体への障害を引き起こさない活性酸素消去材、フィルター、健康食品、食品、飲料を提供すること。【解決手段】さとうきび、とうもろこし、バナナ、ニンニク、レンコン、ほうれん草などといった活性酸素消去種と、これらの活性酸素消去種の活性酸素消去作用を促進するサンゴ末などといった活性酸素消去促進種とを用いて活性酸素消去材を製造...

  4. 【課題・解決手段】所定の煙成分のレベルを減少させる多区分フィルタを具備した紙巻きタバコフィルタ。フィルタ(130)は、紙巻きタバコの吸い口端に位置した繊維状フィルタ詰め体(132)、選択性吸着剤物質を含む区分(136)、及び一般的吸着剤物質を含む区分(134)から構成される。主として第1及び第2アミン官能基で表面が官能化されたフェノールホルムアルデヒド樹脂母材などの選...

    紙巻きタバコフィルタ

  5. 【課題】ベールの頂部または底部に妨害となるような膨張部分またはくびれ部分が無い、梱包され、ブロック形態に高圧縮したフィルタートウのベールを提供する。【解決手段】 ここで説明しているのは、 (a)前記ベールが、少なくとも300kg/m3の梱包密度を有し; (b)前記ベールが、機械的に自己支持する弾性梱包材料で完全に包装され、かつこの材料は、対流に対して気密性を有す...

    高圧縮フィルタートウベール、およびその製造プロセス

新着の技術

たばこ,葉巻たばこ,紙巻たばこ,喫煙具』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題・解決手段】紙巻たばこ製造機、紙巻たばこ包装機、およびバッファーから成るグループの動作の制御方法が提供され、紙巻たばこ製造機および紙巻たばこ包装機の動作はバッファーの充填レベルに依存する。方法は、グループの少なくとも1つの動作パラメータを開始値に設定することであって、パラメータは紙巻たばこ製造機または紙巻たばこ包装機の動作状態とバッファーの充填レベルとを相互に関...

    製造機−包装機グループの動作の適応制御方法

  2. 【課題・解決手段】誘導加熱装置34を備える電子蒸気吸入器10を作動する方法であって、誘導加熱装置34は、誘導加熱可能要素28を加熱し、それによって非液体香味放出媒体30を加熱するために、交番電磁場を発生させるための誘導コイル36を備える、方法が提供される。方法は、誘導加熱可能要素28のパルス状の加熱および冷却を提供する断続的な交番電磁場を発生させるために、誘導コイル3...

    電子蒸気吸入器の作動方法

  3. 【課題・解決手段】本発明は、長手方向軸を画定する複数構成要素エアロゾル形成物品に関連し、当該物品は、 − 第一および第二の軸方向に向かい合った端をもつ第一の長手方向の表面を含む第一のロッド状の構成要素であって、第一の長手方向の表面は、第一のラッピングシートで長手方向軸の周りに少なくとも部分的に巻き付けられる、第一のロッド状の構成要素と、 − 第一および第二の軸...

    複数構成要素エアロゾル形成物品

  4. 【課題・解決手段】粉末タバコが内部に含有されたプラスチック材料から成るケーシングを含む、電子タバコのためのカートリッジを製造するための機械であって、製造機械は、該ドラムが空のケーシングの秩序だった集合体を受容し、空のケーシングを充填ステーションへ供給し、充填ステーションで、粉末タバコが各空のケーシング内へ挿入されるドラムと、各空のケーシングの内部に粉末タバコを上方から...

    電子タバコのためのカートリッジを製造する機械

  5. 【課題・解決手段】本発明は、エアロゾル発生システムのためのカートリッジに関連し、カートリッジは、第一のコンデンサー極板(34A)および第二のコンデンサー極板(34B)を有するコンデンサーを含むセンサ(34A、B)と、液体エアロゾル形成基体を保持するための液体貯蔵部分(38A、B)と、気化器とを備え、液体貯蔵部分(38A、B)は、第一のコンデンサー極板(34A)と第二の...

    静電容量センサを有するカートリッジ

たばこ,葉巻たばこ,紙巻たばこ,喫煙具 ページ上部に戻る