食肉,魚,卵,果実,野菜,食用種子の保存,例.かん詰めによるもの,果実または野菜の化学的熟成,保存製品,熟成製品またはかん詰め製品 に関する技術一覧

「食肉,魚,卵,果実,野菜,食用種子の保存,例.かん詰めによるもの,果実または野菜の化学的熟成,保存製品,熟成製品またはかん詰め製品」に関する技術の関連情報です。 「食肉,魚,卵,果実,野菜,食用種子の保存,例.かん詰めによるもの,果実または野菜の化学的熟成,保存製品,熟成製品またはかん詰め製品」 の関連技術、「食肉,ソーセージ,魚または魚製品の一般的保存方法」「卵または卵製品の保存」 など、その他「食肉,魚,卵,果実,野菜,食用種子の保存,例.かん詰めによるもの,果実または野菜の化学的熟成,保存製品,熟成製品またはかん詰め製品」に関する技術情報を、出願された情報を元に収録しています。 「食肉,魚,卵,果実,野菜,食用種子の保存,例.かん詰めによるもの,果実または野菜の化学的熟成,保存製品,熟成製品またはかん詰め製品」の分野ページはこちら

食肉,魚,卵,果実,野菜,食用種子の保存,例.かん詰めによるもの,果実または野菜の化学的熟成,保存製品,熟成製品またはかん詰め製品に所属する技術動向

食肉,魚,卵,果実,野菜,食用種子の保存,例.かん詰めによるもの,果実または野菜の化学的熟成,保存製品,熟成製品またはかん詰め製品の分野に属する技術の状況としては、2015年に122件、2016年に159件の新たな技術が出願されるといった動きがあります。

また、食肉,魚,卵,果実,野菜,食用種子の保存,例.かん詰めによるもの,果実または野菜の化学的熟成,保存製品,熟成製品またはかん詰め製品の分野においては特に近年卵または卵製品の保存の分野における動向が活発であり、他にも食用種子,例.穀類,の保存や 食肉,ソーセージ,魚または魚製品の一般的保存方法といった分野においても、日々新たな動きが生まれています。

この分野でのメインプレイヤーとしてはパナソニック株式会社や住友ベークライト株式会社、三栄源エフ・エフ・アイ株式会社が豊富な実績を残しており、 パナソニック株式会社などは、 化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池や半導体装置,他に属さない電気的固体装置といった分野も含め、 共同研究を行っている実績もあります。

注目の技術

食肉,魚,卵,果実,野菜,食用種子の保存,例.かん詰めによるもの,果実または野菜の化学的熟成,保存製品,熟成製品またはかん詰め製品』に分類される技術のうち、技術力の高さや近年注目されている・今後活用可能性の高いと目されている技術の一覧です。

  1. 【課題】特に蛍光灯照射による香味劣化現象を有意に抑制することのできる香味劣化抑制剤および香味劣化抑制方法の提供。【解決手段】ロスマリン酸を用いるか、ロスマリン酸と抗酸化剤を併用する。すなわち香味劣化抑制剤についてはロスマリン酸又はロスマリン酸と抗酸化剤を有効成分とし、香味劣化抑制方法については、対象物にロスマリン酸又はロスマリン酸と抗酸化剤を配合することを特徴とする。...

  2. 【課題】添加するグルタミン酸もしくはその塩の残存量が少なく、且つGABAを高濃度で含有する組成物並びにその製造法の提供。【解決手段】発芽玄米糠、米糠、米、脱脂米糠、ふすま、大豆種皮、小豆種皮及び竹小豆種皮よりなる群から選ばれた少なくとも1種のものとグルタミン酸もしくはその塩を含む培地で乳酸菌、例えばラクトバチルスブレビスIFO12005株を培養し、必要に応じて固−液分...

    • 公開日:2005/03/17
    • 出願人:秋田県 他1社
    • 発明者:戸枝一喜 他6名
    • 公開番号:2005-065691号
  3. 【課題】野菜等の青果物を保存している庫内に、水の微細ミストを生成し、噴霧して、保鮮性を高めることができる収納庫および冷蔵庫を提供する。【解決手段】高電圧を発生する電圧印加部309に電気的に接続される印加電極306と対向電極308が設置される噴霧部231を有した静電霧化装置304を備え、印加電極の先端部304aを野菜室225内に臨ませるとともに野菜室225外の低温空気を...

    収納庫および冷蔵庫

  4. 【課題】保水性、ゲル強度及びしなやかさ等が改質され、風味等に悪影響を与えずに種々の食品に利用して優れた品質改良効果を有する改質乾燥卵白及びその製造方法、並びに改質乾燥卵白を含有する食品を提供する。【解決手段】改質乾燥卵白はpHが9.5以上であり、製品25gを250mL容量のバイアル瓶に密封して75℃で24時間保存した後の前記バイアル瓶内の二酸化炭素濃度が1%以下である。

  5. 【解決手段】本発明の食品の含浸処理方法は、食品を、減圧処理した後または減圧状態で、液体成分または気体成分と接触させて、食品中に液体成分を含浸させることを特徴としている。【効果】本発明によれば、簡素な方法により、食品に液体成分あるいは気体成分を短時間で含浸することができる。また、加熱あるいは冷却をせずに常温で含浸処理することもできるため、食品の食感、形状、硬度などを損な...

    食品の含浸処理方法

新着の技術

食肉,魚,卵,果実,野菜,食用種子の保存,例.かん詰めによるもの,果実または野菜の化学的熟成,保存製品,熟成製品またはかん詰め製品』に分類される技術のうち、最近新たに出願された技術の一覧です。

  1. 【課題】干し柿等を作る際、柿の収穫方法を選ばず、熟練の技術も必要なく、省力的で商品価値の高い干果を生産できる安価な干果吊り具を提供する。【解決手段】中心部に掛け孔を設けた軸基部から主軸とアームとが細長い隙間の挟み部を中にして二股クリップ状に略平行に伸び、これらの対向面には内側に進むほど鋭利となるエッジ部を形成し、鋭利となった先端には挟持された柿なり軸が押し戻されるのを...

    干し果横吊り具

  2. 【課題・解決手段】フルーツ片保存用の食用コーティングとその製造および塗布方法において、食用コーティングは水溶液で構成する。この水溶液をフルーツ片に塗布して、これらフルーツ片をコーティングする。この水溶液は、カルボキシメチルセルロース多糖類基材と、カルシウムの原料と、酸化防止剤と、付加的に抗菌剤とを含有する。カルボキシメチルセルロースは、1500mPa.sを超える粘度で...

  3. 【課題】だしをとった後、削り魚節に十分な旨味成分が残っていて、そのまま食べることができ、柔らかく優れた食感を有する削り魚節の提供。【解決手段】かつお、さば、まぐろ、いわし及びあじから選ばれる少なくとも一つを原料とする魚節の、繊維方向に対して略垂直に魚節を切削してなる削り魚節であって、前記削り魚節の肉厚が0.20〜0.30mmの範囲であり、前記削り魚節のうち100重量パ...

    だしとり用兼食用の削り魚節

  4. 【課題】だしをとった後、削り魚節に十分な旨味成分が残っていて、そのまま食べることができ、柔らかく優れた食感を有する削り魚節を提供すること。【解決手段】魚節を95℃〜125℃の温度範囲で1分〜15分の間加熱する蒸煮工程と、 魚節の繊維方向に対して魚節を略垂直に切削して削り魚節の肉厚を0.20mm〜0.30mmの範囲とする切削工程と、を備え、 前記切削工程における魚節...

    削り魚節の製造方法

  5. 【課題】細かな粉末の発生を抑制することにより、形状が均一で、カリッとした歯応えが感じられる程度の大きさの粒状物に加工した凍結乾燥果実又は野菜を提供する。【解決手段】果実又は野菜のペースト、搾り汁又はエキスに寒天を配合するとともに加熱して寒天を溶解させ、これを冷却してゼリー状の固形物にした後、このゼリー状の固形物を細断し、次いでこれを凍結させた後、凍結乾燥するようにした...

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • がん医療

    国立がん研究センターの統計予測は、2015年の国内全がん罹患者数を982,100人、同死亡数を370…

  • 太陽光発電・太陽電池・人工光合成

    2015年4月30日、米国の電気自動車ベンチャーTesla Motors社や宇宙開発ベンチャーSpa…

  • 生体情報デバイス・バイオセンサ

    「音楽を学習した人工知能は、人間を感動させることができるか?」をテーマに、クラブイベント「2045」…

ページトップへ

食肉,魚,卵,果実,野菜,食用種子の保存,例.かん詰めによるもの,果実または野菜の化学的熟成,保存製品,熟成製品またはかん詰め製品の詳細カテゴリ一覧

食肉,魚,卵,果実,野菜,食用種子の保存,例.かん詰めによるもの,果実または野菜の化学的熟成,保存製品,熟成製品またはかん詰め製品の分類に属する、詳細カテゴリの一覧です。

食肉,魚,卵,果実,野菜,食用種子の保存,例.かん詰めによるもの,果実または野菜の化学的熟成,保存製品,熟成製品またはかん詰め製品 ページ上部に戻る